Qull一級建築士事務所 さん プロフィール

  •  
Qull一級建築士事務所さん: Qull style「自分らしい家」lab
ハンドル名Qull一級建築士事務所 さん
ブログタイトルQull style「自分らしい家」lab
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/qull/
サイト紹介文「どこかかカッコイイ」「なんだか気持ちいい」そんなスタイルを日々模索中・・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/02/26 18:13

Qull一級建築士事務所 さんのブログ記事

  • 2階壁3階床コンクリート打設
  • 中野区で進行中の「中野の複合ビル」。2階の壁及び3階の床の型枠組が終了。コンクリートの打設が行われました。3階の床のコンクリートの打設後の写真です。躯体工事が猛スピードで進行中!年内に4階の屋根まですべて終わる予定です! [続きを読む]
  • 1階型枠外し
  • 中野区で進行中の「中野の複合ビル」。1階の型枠が外されました。露わになった無機質なコンクリートに囲まれた空間は、いつもワクワクしてしまいます。最終的には、外壁面は断熱の関係上ボードを張ってしまいますが、袖壁及び天井はコンクリートのままの仕上げとしています。 [続きを読む]
  • 中間検査
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。建築確認検査機関による中間検査が行われました。検査対象は「2階の床及びこれを支持する梁に鉄筋を配置する工事完了時」となります。写真は2階床の配筋の様子。特に問題もなく無事終了。土曜日にコンクリート打設となります。 [続きを読む]
  • 1階壁の配筋
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。雨続きの悪天候の中、職人さんたちは雨カッパを着ながらの作業で頑張ってくれています!現在、1階壁の配筋が進行中。配筋と並行して、設備配管のスリーブ、電気配線打ち込みのCD管及びボックスの設置も行われています。 [続きを読む]
  • 型枠及びスラブ配筋
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。地中梁及びスラブの型枠が終わり、1階床のスラブの配筋まで進んでいます。スラブ埋設する電気配管や、設備配管の為のスリーブの設置の真っ最中。明日、コンクリート打設となります。 [続きを読む]
  • 基礎配筋検査
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。基礎地中梁の配筋が終わり、構造設計による配筋検査が行われました。問題もなく無事終了。型枠及びスラブ配筋と進んでいきます。 [続きを読む]
  • 捨てコンと墨出し
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。矢板での土留め、根切りと進み、捨てコンクリート及び墨出しまで行われています。捨てコンクリートの上に、カラースプレーと墨ツボで建物の基礎梁位置が出されています。杭頭の位置と基礎梁の位置がズレなく行われているのかの目視確認を行いました。大きなズレもなく、次の工程の型枠及び配筋へと進んでいきます。 [続きを読む]
  • スクリューパイル工法
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。地盤工事が始まりました。地盤調査の結果、地中9メートルあたりに硬い支持層が確認できた為、鋼管杭で行います。先端に羽が付いている「スクリューパイル工法」と言われる認定工法。回転させて地盤に埋め込んでいきます。地盤調査通り、9メートル下には相当硬い支持層が杭を打つことで再確認でき、ホッと一安心です。 [続きを読む]
  • 外観イメージパース
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。外観のイメージパースです。鉄筋コンクリート化粧打ち放しと漆喰調の白壁、木目調の格子組み合わせたデザイン。シングルマザーを対象とした共同住宅の為、丸みを一部取り入れ、コンクリート独特の冷たさを感んじさせないデザインを心掛けました。女性と子供に愛される、お洒落でちょっぴり可愛い建物を目指します!!! [続きを読む]
  • 着工です
  • 中野区でcinq一級建築士事務所さんとの共同設計で進行中の「中野の複合ビル」。1階が物販店、2階が貸し事務所、3,4階が共同住宅となる複合ビルです。お盆前に地鎮祭が終わり、お盆休み明けの昨日、ついに着工となりました。鰻の寝床の様な奥に細長い敷地形状。2以上の用途地域がまたがり、日影規制も厳しい難易度の高い敷地の為、計画は非常に困難を極めましたが、なんとか着工まで漕ぎ着けました。3月末竣工を目指して突進中です [続きを読む]
  • 化粧柱
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。LDK内にポツンと立つ柱。構造上必要な柱でもありますが、LDKの空間装飾の一部として存在しています。無垢の無節の杉材の柱を採用し、美しい木目が、LDKを彩ってくれています。室内に構造体でもある木の柱が見えるというのも、なかなかいいものです。 [続きを読む]
  • レトロな外観
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。外観のお披露目です。円を描くようなテクスチャーの塗り壁と、レンガタイル。そしてこの建物のデザインの象徴となる付け柱で、レトロ感のあるデザインとしました。奇をてらって存在するのではなく、ずっとそこに建っていた。そんな存在感となる建物です。 [続きを読む]
  • 在来工法の浴室
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。最近はユニットバスもいいものが沢山あり、施工性、メンテナンス性、価格等を考えると、ユニットバスを採用することが多くなっていますが、「Retro Modernな家」は、あえて在来工法で造る浴室としました。1階での設置ですが、モルタルを塗り、防水を行い、石貼り仕上げの浴室です。当初は浴槽まで石で造り込む予定でしたが、いろいろと考え、既製の浴槽の採用となりました。1.5坪程の [続きを読む]
  • ステンドグラス
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。階段の途中に設けたステンドグラス。窓の内側に設置し、ステンドグラス越しに光が入る様にしています。あえて西向きに設置することで、厳しい西日が当たると、よりステンドグラスが輝きます。サンメントという装飾材で額縁をまわして、装飾性を高め、アンティークな造形的な照明器具と共に、階段を彩ってくれています。ただ単に上り下りするだけの階段ではない、この家を楽しむ一部と [続きを読む]
  • 多目的シンク
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。前回の洗面室に隣接している脱衣室の中に多目的シンクを設けました。通常の洗面ボールより大きく、しかも深型の学校の理科室などに設置する実験室シンクを採用。洗面化粧台では洗えない汚れ物、洗濯機に回す前のちょっとしたつけ置き洗いなどなど、多目的に使えるシンクがあると非常に便利なものです。写真では見えていませんが、多目的シンクの前が洗濯機置き場となっており、部屋干 [続きを読む]
  • 脱衣室を兼ねない洗面室
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。洗面室です。一般的に洗面室というと、浴室とつながる、お風呂に入るのに服を脱ぐ場所も兼ねていますが、この家の洗面室は、別に脱衣室を設け、洗面室は独立してものにしています。脱衣室を別に設けることで、誰かがお風呂を使っていると、洗面台が使えないということがない。洗面化粧台の反対面にハンガーパイプを設け、家に帰ってきたら、先ず洗面室に向かい、上着をここに掛け、手 [続きを読む]
  • 異国の様なWIC
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。主寝室と繋がるウォークインクローゼット。よくあるウォークインクローゼットといえば、棚とハンガーパイプだけ建築で造り、後はプラスティックの衣装ケースなど並べてもらう様な、ただ単に洋服を収納する場所という感じのものが多いのですが、この家のウォークインクローゼットは一味違います。サンメントで装飾した回縁や引き出しを多用し、カーペット敷きの床、姿見の鏡も組み込ん [続きを読む]
  • レトロ感満載の洗面コーナー
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。2階の廊下にある洗面コーナーです。洗面室が1階にある為、ちょっと手を洗ったり、歯を磨いたりする場所。将来お子さんが大きくなってきて、朝の準備が混み合う様になったときに、もうひとつ洗面台があるといいものです。エイジング加工したドアに、大理石モザイク貼りの洗面台、拘った照明器具と鏡などなど、この家の名の通り、洗面コーナーもレトロ感満載です。 [続きを読む]
  • かまくらの様な和室
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。上部をアーチ状に化粧した、2帖程の畳コーナー。まだ小さな子供達の、遊び場となり、お昼寝の場所となる。LDKの床より25センチ床を上げることで、腰掛けとして利用するのもまた楽しい。小さいですが、多目的にいろんなことが楽しめる空間となりそうです。奥の窓外に写る、ロートアイアンのシルエットも、この畳コーナーの演出のひとつです。 [続きを読む]
  • チークの玄関ドア
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。この家の顔である玄関です。東京都心は防火指定があり、余程広い敷地でない限り、防火設備という玄関ドアを使用しなければならない。製作で造るスチールか、認定を取っているアルミの既製品を使うことが一般的。「Retro Modernな家」は、スチールもアルミも論外。木製にこだわり、木製で防火設備の認定が取れているものを探し、この木製玄関ドアを採用しました。チークの無垢材を使用 [続きを読む]
  • システムキッチン
  • 世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。私自身の撮影ですが、前回に引き続き、引き渡し前写真のご紹介。LDKの主役のシステムキッチン。写真では分かり難いのですが、色は深いパープル。完全なるアイランドキッチンスタイルです。アイランド側にシンク、壁面側にIHを配置した構成となっています。冷蔵庫もビルトイン化し、キッチンと一体化しました。キッチンからはリビングが正面となり、子供達の遊び場となるであろう、畳 [続きを読む]
  • 完成です!!!
  • 世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。本日、建築検査機関による完了検査が無事終了!!!ついに完成致しました!!!検査終了後、お引き渡し前の雰囲気を残したく、私自身で撮影した写真ですが、ちょっぴりご紹介したいと思います。先ずはLDKに隣接する2帖程の畳コーナーから見たLDKの写真です。アーチ状の下り壁がフレームとなり、LDKのシステムキッチンを彩ってくれています。 [続きを読む]