QUYEN さん プロフィール

  •  
QUYENさん: 子供英語とアメリカ留学@ベトナムハウス
ハンドル名QUYEN さん
ブログタイトル子供英語とアメリカ留学@ベトナムハウス
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/trandieuquyen/
サイト紹介文インターナショナルスクールに通う17才の子供が読んだ英語絵本や教材の紹介やアメリカ大学留学の情報
自由文インターナショナルスクールに通う息子が実際読んだおすすめの英語絵本ばかり。もともと不明な単語のデータベース代わりに始めたブログです。多読や読み聞かせに役立つよう単語の例文(原著を改変応用しています)をたくさん列記しています。教科書にない生き生きした表現を通して語彙を豊かに増やしましょう。目指せ1万語!!また、料理や雑貨、占いなどベトナムに関する情報も提供しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 237日(平均4.8回/週) - 参加 2008/02/27 00:02

QUYEN さんのブログ記事

  • アメリカ留学162/息子との約束5カ条
  • 留学の準備は時間をかければ何とかなります。一つ残っている最も大事な作業は、息子との約束です。留学にあたっての契約書のようなものです。祖父母宅から帰って来たら内容を提示するつもり。同意のうえ印刷して、アメリカに持って行ってもらいます。まだプランの段階ですが、以下の5カ条を考えています。①ランニングより学業を優先して学部を4年で卒業する。(ただし成績は本人の責任なので、親としてとやかく言うことはありま [続きを読む]
  • アメリカ留学161/ホームステイの現状と将来
  • ホームステイについてネットを通じて不特定多数を取り扱うことはやめました。理由は民泊新法が施行されたからです。現状では、以前に宿泊し友人になったリピーターのみを受け入れています。これなら法に抵触しません。7月もベトナム系オーストラリア人とベトナム在住の日本人2人を予定しています。大学や日本語学校との直接契約ルートは続いているのですが、食事の用意が仕事との兼ね合いでネックとなっていてほとんど休止状態で [続きを読む]
  • アメリカ留学160/パソコンはどうする?
  • 安堵と興奮の複雑な状態が続いています。この勢いでパソコンも買い替えることにしました。といっても親が使うものをです。画面とキーボードの接続部分が壊れて折り畳めなくなってから2年ほどたちました。機能は優秀なのですが、持ち運べないので、アメリカへ行く時に困ります。こちらは携帯電話とちがって機種をもう決めています。ずっと富士通なのでUH75/B3にするつもり。現在、13インチで世界最軽量の748gです。一方、息子は家 [続きを読む]
  • アメリカ留学159/iPhoneの比較
  • とりあえずiPhoneを国内で購入する場合を調べました。容量は大きいほうの256GBに限定します。X>129800円8 plus>106800円8>95800円いろいろなサイトをチェックしましたが、機能は大差ないように感じました。認証の違い、画面の大きさ、本体の大きさと重量など使い勝手が判断材料になるようです。息子のほうが詳しいので任せることにします。現在持っている5cは1500円で下取りしてもらえるようですが、親はガラケーなので、 [続きを読む]
  • アメリカ留学158/携帯電話にまつわる話
  • 携帯電話にまつまる話を2題。まずはアメリカ。大学の講義中に学生が電話をずっといじっているので、教授がキレて学生から電話を取り上げ、その場で叩き割るという映像をYoutubeで観ました。これは学生が悪い、いけませんよね。もう1つは日本。今回の地震で生徒が電話を学校に持参したら先生が取り上げたというニュースを読みました。学校の規則だからとか、ばっかじゃないの、安否がかかわる時なんだから融通を利かせろよと思い [続きを読む]
  • アメリカ留学157/携帯電話をどうする?
  • 携帯電話をどうするか、ネットでいろいろ調べているところです。iPhone限定で話を進めます。以下のような選択肢があるみたいです。①現在の機種のまま、海外でも使えるプランに変更する短期なら検討の余地がありますが、長期留学では割高になりそうなので検討から除外します。②現在の機種のsimロックを解除して、simカードをアメリカで購入するiPhone5cをいまだに使わせているので、そもそもロック解除できないようです。③国内版 [続きを読む]
  • アメリカ留学156/滋賀へ強制送還
  • 息子をパパの実家がある滋賀へ強制送還しました。中学1年生の時、東京から1人で新幹線に乗せて以来毎年のことになります。今回は大阪で被災した友達も合流するそうです。もともと計画していたようですが、日程を早めて滋賀に避難してくるようです。パパとママには秘密でした。反対されるとでも思ったのでしょうか。ジジとババに聞いて、この事実を知りました。寂しいような、嬉しいような、複雑な気持ちです。話せないこと、話し [続きを読む]
  • アメリカ留学155/卒業にあたって4
  • 今は便利な時代になりまして卒業アルバムがとても立派なので驚きました。さらに卒業式の映像がダウンロードできるようになっていて有り難いです。残る作業は、①予防接種の証明書、②眼科検診、③祖父母宅へ里帰り、④携帯電話の買い替え、⑤市役所への届、⑥荷造り、だけとなりました。 [続きを読む]
  • アメリカ留学154/卒業にあたって3
  • 卒業式の後には席を取り払い懇親会が開かれました。お世話になった先生方に感謝を述べたり、仲よくしてくれた同級生に卒業のお祝いを伝えたり、親御さんと今後の進路について情報交換をしたりと、有意義な時間でした。その夜には、盛り上がったままの勢いで1泊旅行へ。式には、途中で外に転校して行った子も参列してくれました。また、途中から転校して来た子の思いにも触れることができました。息子はキンダーから12年生の卒業 [続きを読む]
  • アメリカ留学153/卒業にあたって2
  • 親御さんと話して感じたこと①息子は標準的な卒業年齢なのですが、なかには1才、2才年上の子もいました。飛び級の子はいませんでしたが、お子さんにはそれぞれの事情があります。こうした柔軟さが日本でも広まってくれればと願います。②卒業後すぐに進学せずギャップイヤーを利用する子もいます。1年間を学校以外で有意義に過ごし将来を考える時間にあてます。日本の浪人生のような暗いイメージありません。③うちは男の子なの [続きを読む]
  • アメリカ留学152/卒業にあたって思うこと
  • 息子が卒業式を無事に終えました。パパの日本式やママのベトナム式より華やかで厳粛なのに一方でアットホームな印象でした。息子はスポーツで最優秀生徒に選ばれました。本人は誇りに思うでしょう。生徒全員が学業、スポーツ、アート、生徒会などの学内活動、ボランティアなどの学校外の活動でさまざまな表彰を受けていました。こうした方法は日本の学校もぜひ導入すべきだと思います。 [続きを読む]
  • アメリカ留学151/高校の卒業論文
  • 【仮説】息子の学校には卒業発表という課題があります。これまで学んできたことから興味あるテーマを選び1年かけて調査、分析、考察を加えて論文を作成します。これをパネルにまとめて教師、同級・下級生、親の前でプレゼンテーションしたうえでディスカッションもします。こうした取り組みが広がってほしいと考えます。【方法】日本の学校での取り組みをネットで検索する。【結果】見つかりませんでした。【考察】研究の着眼点、 [続きを読む]
  • アメリカ留学150/銀行の休眠口座を整理
  • 身辺整理の過程で使っていない銀行の通帳とカードがいくつか出てきました。名義は息子で、誕生した頃に開設したものばかりです。現在は「出生体重を初回に入金する」みたいなことが流行っているようですが、わが家は特に何もしませんでした。さらに息子の貰ったお年玉や祝い金を積み立てるでもなく、タンスに眠ったままでした。そして、暗証番号をすべて忘れてしまっていて控えもありません。そこで利用を再開しようと各銀行で手続 [続きを読む]
  • アメリカ留学149/スポーツ観戦の年間パス
  • ミネソタ大学体育会への支払いがクレジットカードの明細で判明しました。2万円です。てっきり息子が陸上部に入会する費用だと思い込んでいたのですが。帰宅して再度確認するとアメフトやバスケの試合の年間パス費用だと判明しました。チャンチャン肝心の陸上部かランニングクラブへの入会はまだ迷っているようです。今まさに、日大のアメフト部が大きな問題になっていますが、アメリカの体育会も似たようなものでパワハラが尽きな [続きを読む]
  • アメリカ留学148/学校をサボる日
  • 息子の学校では卒業の1週間前に生徒全員が学校をサボる日があります。Ditch DayとかSkip Dayというみたいです。アメリカでは一般的なようです。起源を調べてみましたが、よくわかりませんでした。進路やテストなどいろいろなストレスから解放されるという狙いがあるのかもしれません。ほかにも仮装やコスプレをして学校で過ごすCostume Dayもあります。しかし、うちの学校ではハロウィンの日はいたって普段通りで何もありません。 [続きを読む]
  • アメリカ留学147/宴会だ!Banquetだ!
  • 高校卒業まで残り2週間となりました。最後の期末試験も陸上部の大会も無事に終えました。卒業式の前に親を交えた懇親会があります。今回、banquetが宴会という意味を知りました。さてさて何を着て参加しましょうか。ベトナムのアオザイは盛り上がるかなあ?卒業パーティーと言えばBack to the Futureのダンスシーンしか思い浮かびません。 [続きを読む]
  • アメリカ留学146/民泊やめます
  • 息子の部屋が空くことになるので民泊に力を入れ直そうと意気込んでいたのですが、住宅宿泊事業法が施行されることになったので、やめることにしました。6月15日からAirBnBほかウェブサイトによる仲介事業はすべて届出が必要になります。それに必要な書類や要件がとんでもなく面倒くさいです。海外留学より手間がかかるんじゃないかとさえ思えてきます。このため今後は数人いる常連さんを相手に細々とやっていこうと思います。「 [続きを読む]
  • アメリカ留学145/F-1ビザの申請完了
  • 息子のF-1ビザの申請をやっと済ませました。入力する項目が多くて疲れました。入力するのに時間がかかり過ぎるとタイムアウトしてしまいます。顔写真をスキャンしたデータ、パスポート、I-20(大学が発行する入学許可証)、家族のパスポート情報、在学した学校の情報、アメリカでの滞在先、親戚以外の保証人2人の情報などを事前に準備しておくことをおすすめします。それからビザ申請には手数料がかかるのでクレジットカードの用 [続きを読む]
  • アメリカ留学144/持つべきものは友
  • 夏休み、冬休み、春休みをあわせると3カ月になります。この期間に寮は閉鎖されるので、滞在費と食費を合わせて年間36万円ほどかかります。どこでどう過ごしたら費用を節約できるでしょうか。まず頼りになるのが親戚です。ロサンゼルスには息子のおじさん・おばさん4家族がいます。費用の心配はないのですが、騒がしい人ばかりで、落ち着けなさそう。続いて南部ヒューストンに住むママの友人2人。2人とも高校の同級生で、その [続きを読む]
  • アメリカ留学142/留学は親譲り
  • ママは9人きょうだいです。兄姉妹4人がアメリカ国籍、姉弟2人がフランス国籍です。ベトナムには末っ子1人だけ。日本にはママと兄の2人。兄は日本国籍ですが、ママはベトナム国籍のままです。ちなみに上の4人はベトナム北部タイビン生まれ、下の5人は南部サイゴン生まれです。9人は難民として出国したのではなく、全員が外国に正規留学し、今の生活を築いています。1975年のベトナム戦争終結以来、9人全員で集まったこ [続きを読む]
  • アメリカ留学141/銀行の残高証明書
  • 手続きは残りF-1ビザの申請だけとなりました。いくつか要件がありますが、昨日は一つだけ済ませました。銀行の残高証明書を英文で発行してもらわなくてはなりません。金額はよくわからなかったので、とりあえず学費1年分以上になるように数口座から寄せ集めました。1週間後に窓口で受け取る予定です。 [続きを読む]
  • アメリカ留学140/サイゴン陥落の日
  • 横道にそれます。4月30日はベトナムで南部解放の日として祝日になっています。1975年の同日、ベトナム戦争でサイゴンが陥落しました。ママは敗北した南部の人間だったので祝う気にはなれません。当時、子供だったママには空襲や混乱した街の記憶もあります。息子に何らかの形で戦争体験を伝えることが大切だと考えています。 [続きを読む]