汐音 さん プロフィール

  •  
汐音さん: 卵とオレンジの日々。
ハンドル名汐音 さん
ブログタイトル卵とオレンジの日々。
ブログURLhttp://shionei.blog19.fc2.com/
サイト紹介文宝塚を扮装と言う歪んだ愛情表現で楽しむ汐音のブログ。毒入観劇記・奮闘扮装記など。
自由文愛ある毒が散りばめられた観劇記、宝塚衣装部への飽くなき挑戦を書きなぐってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2008/02/27 12:40

汐音 さんのブログ記事

  • たま様トートの降臨。
  • もう、いいかげんネタ切れなんだね!っと宝塚版の衣装を見ると思うなんで1つの作品はずーーーーーっとおんなじ人がデザインして行くシバリがあるんだろうか。いっくら有村さんでもさすがにもうネタがない。まいかいすこーーーーーしずつ違いを出してくるトートとシシィ今回の2着は、割と手が込んでいる。毎回トートは衣装になんらかの共通項を設けて、たとえばまぁ様はやたら皮テープ乱用のハイピング祭なデザインだったバロック [続きを読む]
  • 和ませる女。
  • まったくもってままならない。この先の何もかもがよめない展開になってきた。これが小説やドラマだったら、主人公がこの難局を乗り切ってめでたしめでたしってなるのかもしれないが私は主人公ではないので難局を乗り切れるかどうかは運次第。運だけはいいからなんとかなるさーっと腹立たしいほど楽観的だ。何がそんなにままならないかと言うと、私を取り巻く全ての予定、仕事、家族の健康、猫の健康において、おおごとにならない程 [続きを読む]
  • BADDY2回目。
  • 全てにおいて絶不調!笑いたくなるほど、満遍なくあらゆることがトラブル中!!ここまでくると笑えてくる。私の体が元気以外はほんっっっっっっとどうしようもないことの連続でこんな時期もありますよね〜!っと笑うしかないそんな最中、私の唯一の救いそれはBADDY2回目に行ってまいりましたお互いに忙しくて2年ぶりくらいにお会いしたK談者のHさんに観劇会にお誘いいただきました!賛否両論のカンパニーですが私は結構おもしろく [続きを読む]
  • 祝!はいからさんが見放題!!
  • 朝っぱらから絶望の淵に立たされてボーゼン自失の状態に陥り泣きまくるだけの日曜日その件は今日はもう触れたくないから書かないけどね。北海道の雪組楽にもいけずディズニーリゾート35周年もすっかり蚊帳の外で朝からとんでもニュースが舞い込み地の底まで凹んでましたが今日は待ちに待った「はいからさんが通る」初回放送ってことでなんとか気持ちを立て直しせっせと仕事して21時に正座してオープニングでテンション吹っ切れてが [続きを読む]
  • 拝啓、土方さま。
  • 土方さんたちは、今頃、蝦夷ですね北海道に行きたかったどぉぉぉぉ!!!壁に貼ってある土方さんの四つ切り見ながら…切ない気持ちでいっぱいですよ…BADDYたちに会えた事以外ただただ辛くてしんどい1週間でしたが、なんだか全ツを観劇していたのが遠い昔のような気がします。私はこらからフランス渡航に向けてお貴族のようなドレスをせっせと作らねばならず、幕末のことを考える心の余裕がないのですが、ミシンをする部屋にうっか [続きを読む]
  • BADDYと悪いことがしたい。
  • 今朝起きて、あのBADDYが一体なんだったのか?思い出すだけでも心臓バクバク思わず土方さんの四つ切りに向かって「土方さんもそんなことある?」って話しかけてた。疲れてる!会社が大変なのだ。とてもしんどいのだ。新人教育、この半年で2人目1人目の出来がすこぶるよかったので油断した2人目。どうしてくれようか。ほんと、どうしようかとあれやこれやと手を尽くしていたが今日、ついにキレてトイレにかけこみ、なんとか気を [続きを読む]
  • やばいな!BADDY!!!!!
  • 月組公演やっとこ見てきました。BADDYが衝撃的すぎましたなんじゃこりゃなんなんじゃこりゃ何をどう思い出しても、理解と想像の斜め上を爆進してて…ガチャガチャごちゃごちゃしてるのにちゃんとまとまってて、新しいのに昭和で、脱ヅカっぽさの反骨精神みたいなものを感じるのにきっちり宝塚のショー一言で言うとBADDY最高だ!!!!翼ある人々や神々の土地みたいな素晴らしいお芝居作るくせに、ショーのぶっかまし方と、ぶっ飛び [続きを読む]
  • たまきさんに助けてもらう予定。
  • 春は嫌いよ。花粉症だし、なんだか気が滅入るし、風邪ひきやすいし。体調を崩し修羅場が重なりまして死んでました全ツのmy楽が終わってから魂が抜けた日々を過ごしていますもう…私には楽しいことなんて何にもない…という意味不明な悲観たかだか2ヶ月雪組に会えないだけなんですけど。その2ヶ月の間にNEWSのライブに広島に行ったり、ベルサイユ宮殿で舞踏会に参加したり、パリでフランス革命に触れたり、ルーブル美術館で思う存分 [続きを読む]
  • 選べない歳三。〜全ツの舞台写真発売日〜
  • キャトルのお姉さんに確認して、今日発売っという情報はおさえてあったので、写真を買うためにキャトルに出向きました。月曜の会社帰りに買えばいいんだけどさ…売り切れあったら嫌だし少しも早く手にしたい!!ってことで、わざわざこのためにメイクまでして日比谷へどっさり出てましたまずは四つ切りコーナー私の自宅PCの横は、なぜか何年か前からだいもんコーナーになっているのですが、ちょうどドン・ジュアンの四つ切りの隣が [続きを読む]
  • 全ツのさきなにやられて。
  • さて、主にだいもんを見ている全国ツアーですが他の出演者も1人1人すごく良いのでボリボリと掘り下げていこうと思います。まずは、咲ちゃんなんども話に出して申し訳ない気すらするけどネモ船長やって、良かったんだよきっとそう。うん。たぶん。あの、やる側はなんか満足しているけど…見る側は不安と動揺と困惑に包まれたネモの経験が咲ちゃんの男役にどっしりと染み込んだなって気がするただ立っているだけでしっかりと男役に [続きを読む]
  • ヅカ愛、伝わってますかね。
  • 先日の劇場で「ブログ見てます!応援してます!」と声をかけてくださる方をみて、横にいた友人が「あなたのブログの読者はみんな優しいね」と言ってくれた。それは私にとって最大の褒め言葉。すごくすごく嬉しかった。そんなにたくさんブログで顔出ししているつもりもないので、よく私だってわかるな?とか、思ったりするのですが、特にムラに遠征中なんかは、劇場やソリオ、ご飯屋さんなんかでも声をかけていただくことがあって、 [続きを読む]
  • Gato Bonito!!の画像、かんぽ生命さんにありがとう!!
  • ものすごい勢いで土方ロスを引きずり2ヶ月以上雪組に会えないという現実とどう戦っていいのかわからず、ひたすらに北海道に行けるんじゃないか?という妄想に取り付かれて、航空券とホテルの格安パックを探し出し、緒海さんを北海道に行こう!!っと真顔で誘って、「落ち着け!」っと正論で諭された。そもそも北海道行ったところでチケットないんだけれどもショーンっと凹んでいたのですが…かんぽ生命様のページにGato Bonito!! [続きを読む]
  • 雪全ツ相模大野3日目、マチソワしてきました。
  • 壮絶な土方ロスそしてSVロスに襲われてますSVに至っては、本公演から数えて25回も見たのに…全然飽きず、毎回ほんの数分だったくらいあっという間で見ればみるほど見たくなる魔力に取り憑かれました全ツ版になって、ますますこのショー好きになったかも誠の群像に関しては私の幕末研究のきっかけとなった原点であり土方歳三というヒーローを私の中に打ち立てた作品であり麻路さきさんのファンだった高校生当時の熱い思い出であり [続きを読む]
  • メールが消えるパニック。
  • 4月1日の深夜、私はパニックに陥っていたこの日の観劇に備えて、万全の準備を済ませ1時頃就寝する前に、フと胸騒ぎがして確認してみるとメインで使ってるメールアドレスが失効しちゃう!ってことに気づいたgooメールというサービスを無料時代から使っていたが有料になった時の支払い方法を「あんまりこういうサービスにクレカを登録したくない」私は、ちょこむチャージ式にしていて…このちょコムのチャージを忘れたのだ。そも [続きを読む]
  • 初演メンバーと見た「誠の群像」雪全ツ相模大野1日目マチネ
  • 先週の梅田に引き続き相模大野1日目、マチネの公演を見て参りました。先週の興奮冷めやまぬ勢いで今週会社がものすっごくしんどかったから(毎週金曜有給くらい許せ!)すごく楽しみにしてましたこの全ツ初見のいつもの観劇友と合流し劇場ロビーで開演待ちしていると「マリコさんがいる!!」っと友人。ぎゃーーーーーーっマリコさんは劇場で何度かお見かけしたことはあるのですが土方だったまりこさん、沖田総司だったぶんちゃん [続きを読む]
  • 太秦 de 誠の群像ごっこ。
  • 梅芸2daysの翌日は京都に移動して、10年ぶりくらいに太秦映画村に行ってきました新撰組の屯所前でパチリお天気が良かったので結構な人出でした。しばらく来ないうちに随分と変わってしまって???な部分もありましたが、なんせ前日に見てきた誠の群像の世界観がそのままそこにあるので、楽しかったです!で、今回のメインイベントは本格時代扮装本格的なカツラとメイクと着付けで、時代劇の役者さんと同じように変身できて1万円前 [続きを読む]
  • 雪全ツ梅田2日目観劇してきました。
  • 梅田2days観劇してまいりました!なんせ初日が舞い上がって21年ぶりの誠の群像と1ヶ月半ぶりのSUPER VOYAGER!でぱぁ〜っと舞い上がっていたので、2日目はちょっと落ち着いて観劇できました。この回、星組御一行様がいらっしゃった。久々に見た七海ひろき氏、顔の小ささに劇場がザワザワジェンヌさんってほんっっとかおちっさいけど、その中でも群を抜いて小さくてすごい。初日の土方さんは、だいぶ気合が入りまくってテンションが [続きを読む]
  • ひかりふる路のCD。
  • 遠征中に発売日となり大劇場でも全ツ会場でもたくさん売られていたので油断してたら今日、仕事帰りのキャトルで完売という目を疑う自体に…恐る恐るお姉さんに尋ねてみると「再販の予定はございません」っと…え?うそでしょ!!超絶焦った。この私がひかりふるのCD買えないとかあってはならない自体だ。なぜ買わなかった!発売日に!!きっと、探せばまだ置いてる店舗もあるみたいだしきっと、いつかは再販してくれる…と信じてい [続きを読む]
  • シトラスの風−Sunrise−を考える。
  • 20年前に見たシトラスの風華々しい宙組のお披露目公演としてとびっきり爽やかにカラフルに展開されるショー私は足繁く劇場に通ったあの日々から20年宙組誕生20周年にこの作品を上演したいその気持ちはわかるだったら、なぜ、20周年まで我慢できずに度々この作品を再演してしまったんだろうか?しかもここ数年のうちに。そもそもレトロな昭和感満載のこのショーを私たちは何度見るんだろうかもはや、私が人生で一番回数多く [続きを読む]
  • 「天は赤い河のほとり」見て来ました。
  • ゆりかちゃんのお披露目公演を見て来ました!遠征の合間に、大劇場に立ち寄って宙組公演をみてまいりました。見るか見ないかギリギリまで迷ってて、あまりにも詰め込みすぎるとアレだなぁと思って、チケットもなかったので悩んだのですが、ギリギリまでサバキ待ちしてチケットゲットできず、開演5分前に立ち見チケットをゲットして久々に大劇場で立った!しかも立ち見も2列目前に人が立っててさらにその後ろに立つやつ。昨日は最前 [続きを読む]
  • 雪組全ツ初日観て参りました。
  • 遠征中でブログ更新がままらなん!遅くなってしまいましたが、雪組全ツ初日に駆けつけることができました。もうなんども言ってますが誠の群像は私にとって青春の濃い1ページを彩る大切な作品であり、この作品をだいもんが演じると言うことは、もうなんか超ミラクルスペシャルでマーベラスな出来事なのでありますそりゃ、狐遠征を諦めてでも誠にかけるってもんです。(狐は諦めざるをえなくなってしまった…)初日のお席がオミさん [続きを読む]
  • 雪組全ツ稽古場映像を100回くらい見て。
  • ひかりふるが終わって、1ヶ月半くらいの長い冬眠からさめた気分。稽古場映像がヤヴァすぎてっいきなり気合いが入りまくっただいもんの土方さんにノックアウトそしてさすが雪組下級生まで着物の所作が美しくピシっオープニングは大階段ないけどきっと壮観だろうなぁ はぁぁぁぁたのしみだぁぁぁSUPER VOYAGER!の全ツ版は、稽古場映像がざっくり変更点をさらってくださったので、予習バッチリまちくんのセンターで歌う姿を楽しそうに [続きを読む]
  • 華 優希ちゃんのお茶飲み会に行って来ました!
  • 念願の華ちゃんのお茶飲み会に行ってまいりました!かわいい!!!!!もう、とにかく可愛くて可愛くてトロけそうでした。お顔がこっち向くだけで可愛すぎて息が止まった。華ちゃんが着ていたドレス、オフショルダーで袖とデコルテ部分にバラをあしらい、ピンクにグレーの生地をあわーくかけてあってベルトには赤い細いベルトなんかこう、ポーの一族をドレスに表すとこんな感じ!みたいな。どこにあるんだ!そんなドレス!!みたい [続きを読む]
  • ポーの一族3回目。
  • ポー3回目見納めてきました。見れば見るほどシーラの衣装がどれも素敵で!!!見入ってしまう?どの衣装も素敵ですが、グレーの衣装(ケープ付き)が一番好きかな。どの衣装もオペラグラスで詳細をガン見してしまった。本編に関しては相変わらず…これはイケコが作ったオリジナル作品にポーの登場人物が特出してる!くらいの感覚でみないと、原作のエッセンスほぼ皆無で辛かったです。出演者がどんどんよくなているから余計に…イ [続きを読む]
  • 花粉と私の70%生活。
  • やっべ。ブログを3日もサボってしまいました。何かあったわけでもなく何がどうこうしたわけでもなく花粉との折り合いをつけていた前回の記事で色々情報頂き、いろいろ試して、薬と花粉の体内の戦いもだいぶ折り合いついて来て、仕事と日常生活は普通に送れるようになって来た。ただ、ブログを書くののが面倒だった。しょうがない!70%の私ができるのはこれが限界だ金曜日に、先週処方箋を出し間違えたお医者さんに再度行く。薬を [続きを読む]