汐音 さん プロフィール

  •  
汐音さん: 卵とオレンジの日々。
ハンドル名汐音 さん
ブログタイトル卵とオレンジの日々。
ブログURLhttp://shionei.blog19.fc2.com/
サイト紹介文宝塚を扮装と言う歪んだ愛情表現で楽しむ汐音のブログ。毒入観劇記・奮闘扮装記など。
自由文愛ある毒が散りばめられた観劇記、宝塚衣装部への飽くなき挑戦を書きなぐってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2008/02/27 12:40

汐音 さんのブログ記事

  • がーとぼにーと様にやられて。
  • 雪組公演見てきました。すごく久しぶりすごく久しぶりですよわたし、わかってたんですだいもんをみたら私の中の何もかもがぶっ飛んでしまうってだから今朝、NEWSのライブの記事は上げとかなきゃって焦ったんですよ。書いておいいてよかったぁ汐音の脳内の全てがガートボニート様にやられてやられまくって劇場帰りの私は興奮で手の震えが止まらず楽しかったすぎて脳が噴火し足元は3センチ宙に浮き顔は果てし無くやばいことになって [続きを読む]
  • セレモニードレス。
  • 人生で初めての晴れの日のドレス。ご依頼頂いたベビー用セレモニードレスが完成?表地には100%のシルクを、裏地にはベイビーにも優しい国産オーガニックコットンを使用。ご依頼主様¥より『汐音的なセンスで全てお任せ』とのことだったので、ご期待に応えるため繊細なレースをたっっっぷり使用してゴージャスに仕上げました???季節を考慮して赤ちゃんへの風通しの良さを最重視。袖口やウエスト部分はゴムを通さず、リボンで絞 [続きを読む]
  • NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 "Strawberry"に行ってきました。
  • 8月11日の初日に行ってきました。渡仏前のツアーが最高だったテンションからの帰国後のあのグルグル期詳しくは↓参照ですが『NEWSのファンでいるってこと。』↑の記事書いた翌日にこのコンサートの当落が発表になって私は自分・妹・緒海の3つの枠があるんですが全部ハズレた…厳しいジャニオタ事情ジャニオタはこのチケットがね…しんどい。いつもとても。落選が判明したのが雨に唄えば開演前でたま様がいなければ、わたし、地 [続きを読む]
  • 明日はショーメ展でマリー・アントワネット!
  • 三菱一号館美術館で開催されているショーメ展にて開催されるプリンセスデーにマリー・アントワネットのコスチュームで参加いたします!明日8月13日だけの特別開催大人でも仮装参加OKってことで、行くっきゃない?仮装で美術館を見れるってとても素敵な企画だと思うんです!海外でも結構開催されてて、フランスのオルセー美術館なんかでも19世紀の衣装で美術館を見学する日を設けているようです。日本でももっと増えろ!そして仮装 [続きを読む]
  • ファントムのポスター、泣っ!!
  • 美しいっなんて美しいんだ!!シンプルで綺麗後ろのクリスティーヌがとっても宝塚のクリスティーヌ的で物語が見えるまぶたを閉じたクリスティーヌの表情から歌声が聞こえてきそうエリックのなんとも言えない表情も素敵すぎて泣いたポスター見て泣いたこんなシンプルで素敵なポスターに仕上げてくれてありがとう!!!!!ちょっと画像修正過多だけど他のポスター比ましな気がするひかりふるのポスターが超絶微妙で凱旋門のポスター [続きを読む]
  • もうすぐ夏休み。
  • 暑くて暑くて基本クーラーの部屋にずっといるのに熱中症気味…涼しくなってやっと少しずつ復活してきました…ほんと、もう、体力なさすぎて色々心配!先日、栃木のルナさん宅に遊びに行って来ました息子氏が…赤子から子供に成長してた!!すっかり少年だ。すごい。子供っいつもの定番コースに加え、今回は日光の天然氷を食べに行き道の駅で美味いものをどっさり買い耳うどんでランチ(今回は大根そばとのセットにしてみた)そして [続きを読む]
  • 夢に現る、猫のように美しい男。
  • 日中、どうしても必要なものがあって自転車に乗り1時間半くらい問屋周りをしたらぶっ倒れたまじ、気をつけて!涼し目の午前中なら…って思ったんですが街の温度計はすでに37度でした。命に関わる。近所でもバスとタクシー使おうってとても思った。。。帰ってきたらぐったり寝込んでしまいそして猫のように美しい男の夢を見たどこか知らない街中でなんだかよくわからなけど、多分お茶会帰りの私猫のように美しい男役なだいもんが私 [続きを読む]
  • 体感温度45度の『Gato Bonito!!』
  • 熱っ熱っっっっっ本日も雪組公演を熱く熱く見て参りました!フォーヒューなんて楽しいんだよ!全くもうっダイスケフジイのショーを楽しむのに構成がどうのとか、演出がどのとか、そんなことはどうでもいい!!って、宙ファンタジスタ!のくらいからおもってる感じるんだよその光とエネルギーをお休み明けのだいもんと雪組生はとても元気にギラギラとしておりましたいやね、ひかりふるの時のように回数をたくさん見ることはできない [続きを読む]
  • だいもんエリックビジュアル解禁。
  • 昨日、雪組公演見て来ましたもう、ほんと、楽しすぎて!!お芝居は大号泣、ショーは滾りすぎて大狂乱楽しくて、楽しくて、楽しくて、とにかく楽しくて脳みそが沸き立っていたのですが…そんな中、もう、ほんとほんっっっっとにだいもんのこと好きすぎて辛かった好きすぎて辛い辛すぎてシンドイなんでこの人のことこんなに好きなんだろう…狂いそうに好きだ!なんなんだ!!!って熱くなりすぎて若干自分で自分が怖かったので、その [続きを読む]
  • 7◇汐音のフランス旅2018〜コンシェルジュリ〜
  • TBS系列で放送されている『世界遺産』マリー・アントワネットの人生をたどる特集を先週から2週にわたって放送しています。今日はマリー・アントワネットが最後に過ごした家。プチ・トリアノンやコンシェルジュリが特集されるってことで先週から引き続いてとても楽しみ?それに便乗して旅行記の続きがちょうどコンシェルジュリなので、辿ってみようと思います。パリ2日目の朝、ゆっくり目に起床してのそのそと身支度をしホテルか [続きを読む]
  • 月娘1。
  • あぁ。さようなら…ただただ楽しいばかりだった月組…さようなら…さようなら…このブログのポリシーにより詳細はかかない言いたいことはたくさんあるけど詳細はかかない決まったことだからただ、雨に唄えばを見て致命的にダメだ…と思ってしまったので…これはもう…ダメだ…稀有な存在だった、あの組長も退団しちゃぴという歴史に残る娘役が退団しなんだか???なこともよくよく考えるとちょこちょこあるような気がする月組だけ [続きを読む]
  • キラキラ誕生日。
  • なんだか素敵なお誕生日を過ごしてきました?今回は緒海さんの会社での昇級祝いと私の誕生日を合わせてのお祝いってことで、皇居前のパレスホテルにて優雅に過ごしてまいりました。リニューアル前はよく泊まってたんですが、リニューアル後はなかなか泊りに行く機会がなくて、すごく久しぶり!去年、パリ祭の時に初めてリニューアル後のホテルに入った時に、エントランスが余りに素敵だったので、泊まってみたかった!!いろいろ準 [続きを読む]
  • 1つ歳をとりました。
  • 今年も誕生日がやってまいりました。誕生日を迎える瞬間は静かに、1人、自分と向き合いたいというタイプなのです今年は1分だけ、自分の37歳を振り返りました。楽しいことも楽しい出会いもたくさんたくさんあったけど本当に、しんどい1年でした。いいことが1つあれば、よくないことが1つふりかかって、ある意味バランスは取れていたかもしれません。ただ、そのいいことと、悪いことの振り幅が大きすぎて、自分の制御方法を見失った [続きを読む]
  • 劇場でミッチーに遭遇した話。
  • 先日の星組公演、幕間に今日はミッチー来てるよ!という情報をいただきショー開演前にワクワクしていたのですが及川光博&檀 れい夫妻がスススッと現れ中央よりのお席だった為に、一度逆方向にわざわざ遠回りし(このときみっちーの背中を檀ちゃんがトンってしたのが激萌だった)、逆サイドから座席に向かうまでも、席を立ってくださった(そりゃ立つよ!人類みなスタンドアップだよ!!)方々お辞儀をしつつ席まで向かうその一連 [続きを読む]
  • NINA'S Tea & Sparkling Wine Party に行ってきました!
  • 今年の渡仏でご縁をいただきましてパリのティールームにもご招待いただいきましたパリの高級紅茶ブランドNina's の素敵なティーパーティに招待頂きました!いやぁ。ご縁というのは不思議なものでNina's のブランドイメージであるMarie-Antoinetteがご縁をつないでくれたんですがなんかこう、人生なにがあるかわからなくて面白いね!ってすごく思うし、Marie-Antoinetteという人物が、なんだか次から次へと私に何かを与えてくれるの [続きを読む]
  • 星組公演見てきました。
  • 東京宝塚劇場1ヶ月ぶり!ってなわけで、星組公演観に行ってきました。行くまでは…ぽこちゃんの退団じゃなきゃ行かなかったよな…ぽこちゃんのラストの姿を焼き付けるためだけに行くようなもんだよな…くらいな感じで暑くて暑くてしんどい中劇場に向かう足取りは重めでしたがごめんなさい!本当に、本当に、すごく面白かった!!!!いや、ほんと、宝塚であんなにお腹抱えて笑ったの久しぶりですわANOTHER WORLDすごかった…なに [続きを読む]
  • 6◇汐音のフランス旅2018〜パリでの心得〜
  • 本日7月14日はパリ祭????1789年7月14日にバスティーユ襲撃が起こった日フランス共和国の成立を祝う日フランス語では Fête nationale françaiseもともと高いパリのホテルが1年で1番高い日観光客ばっかりの日(パリ在住の人の多くはバカンスでどっか遊びに行っててパリにはあまりいない)そんな日なのに、某刀剣ミュージカルのパリ公演が本日のため友人がパリに飛んでおります私も一緒に飛びたかったが、さすがに…さ [続きを読む]
  • 凱旋門が好きすぎて。
  • 暑すぎて、全やる気を失っています会社行って仕事して息しているだけで精一杯!!ほんと、過去の私がブログ毎日書いてたの思い返すと、偉すぎ!尊敬する!そんなわけで気が向いた時しかブログに向き合えませんが、舞台の感想文をボチボチ書いて行きます。スカステもほぼ見ていないので千秋楽映像見ようとして、超絶久しぶりにタカラヅカニュース見ようとしたら、仕様が変わってて、OP映像見ながらあれ?私NEWS(ジャニ)のBlu-ray [続きを読む]
  • 月組っ!!!
  • 雪組公演の千秋楽のことを書こうとしていたら、まさかの組長の退団いやいやいやいやいやちょっとびっくりしてしまった昨日もちょうど組長のなんか異次元な存在感について語り合ったばかりだというのに退団?!衝撃すぎる…そして、新人公演の主な配役ここにきてありちゃん!いや、個人的にはホッとしたあんまりギョッとするような抜擢続くとみていてモヤモヤしてしまうので。ありちゃんは好みの問題は抜きにしても、私的に10年に1 [続きを読む]
  • 雪組公演、やっとこみてきました!
  • 遠征中!久々の大劇場ですやっと、やっと、雪組公演観て参りました。『凱旋門』大昔見たはずだけど話を全然覚えていなかった。っというか、当時は見ても話がよくわかっていなかったんだと思う。見る前は実はちょっと憂鬱で…ショーがメイン!くらいの心持ちだったんですが、幕が開いたら思いの外すごく良くて!!見所的小さいツボがちりばめられてて、通わなきゃって焦ったなんだか懐かしいだいもんを久々に見れた感。花組時代のだ [続きを読む]
  • 雨に唄えば感想文2・たま様の呼吸。
  • 1週間経ってしまいましたが感想文の続きです「雨に唄えば」っていう作品は、穏やかになんだかずっと幸せな気分になる作品だ特にここがすごいもりあがり!っていう場面もないけど終始、笑顔になれるすごくシンプルなストーリーですごくシンプルな衣装ですごくシンプルな舞台そして、素敵な音楽なんだか私の記憶よりも単調な場面は少なくて、キラキラしてたたま様はシンプルであればあるほど素敵さが際立つ生まれ持っての品と培われ [続きを読む]
  • 祝!生田先生本公演1本物デビュー!!
  • 若手演出家の活躍が目覚ましい今日この頃、この中で誰が1番最初に1本モノを演出するだろう?っておもっていたら生田先生とは!!意外だった。でも個人的には納得だ。今のところ、私の中で打率100%に1番近い演出家が生田先生。生で見てないバウもあるから全てを見たとはいえないし、大劇場デビューは80点くらいだったけど、ここのところほぼ100点満点以上のモノを作ってきているので。バウで忘れられないのは『the WILD Meets the [続きを読む]
  • 私、ひかりふる路どんだけ好きよ?って話。
  • いや、っもう、久々に見たわけですよ。フランス渡航中にCDは聞いてたけど、映像では久々に見たのですそして、そして、NHKさんの映像がすこぶる美しく?これ、へたすっとBlu-rayより綺麗じゃ…ってほど美しくなんだか秋からハイビジョン〜!とかはしゃいでいるスカイステージさんには申し訳ないけども世の中はもっと先の高画質に向かっているわけでなぜか公式には情報が掲載されないまま深夜の放送となりましたはじまって、マクシム [続きを読む]
  • 5◇汐音のフランス旅2018〜パリ1日目いきなりルーブル
  • おもむろに旅行記の続き!今回は頑張ってツイッターにちょこちょこあげて足跡を先に書いてあるので旅行記も完成できるはず!っと思いきや逆にそれに満足して書いてない…だめじゃん目標!今度こそ書き上げるっそんなわけでもう1ヶ月以上も前のことですが、旅行記本格的にはじまりはりまりさて、パリに着くまでの過程はこのシリーズの1に書いてありますパリで書いた分ねエールフランスで機内にドレス持ち込んでぶーんと12時間フ [続きを読む]
  • 「ひかりふる路」 BSプレミアムで今夜放送です!
  • ついに公式には情報でなかったね…なぜ?そして、なぜこんな深夜に?!いや、とにかく、もうすぐ放送です。みなさん録画の準備は大丈夫ですかぁ!!6/30(土)深夜24:35〜27:15 BSプレミアム私は、宝塚といえばベルサイユのばら!みたいな世の中の方々に知らしめたい宝塚歌劇団はこの大きな規模ではおそらく世界一フランス革命に関する作品を扱っている劇団だけどもいろんな切り口の作品があるんだよベルばらだけじゃないんだよスカ [続きを読む]