uranaido さん プロフィール

  •  
uranaidoさん: 福岡の霊能者のつぶやき|本物霊能者の本音
ハンドル名uranaido さん
ブログタイトル福岡の霊能者のつぶやき|本物霊能者の本音
ブログURLhttp://ryu.uranaido.net/
サイト紹介文福岡にて鑑定を行っている霊能者のひとりごとブログ。占い師・霊能者探しの参考にどうぞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/02/27 16:14

uranaido さんのブログ記事

  • 未来予想図 神事②
  • 前回の記事の続きからですが・・・・ 驚くことに、この記事を読んで下さってくれている方々より数名、メールやLINEでお便りを頂きました。どの方もそうですが、「神事の際はお手伝いをさせて欲しい」やら、「場所が出来れば必ず会いに行きます」、「人を紹介したいのでぜひ会って欲しい」「また東京でお会いしたいです!」などなど、、、、本当に今の自分には勿体ないお言葉ばかりです。この場をお借りし、心よりお [続きを読む]
  • 未来予想図 神事①
  • さて、以前から書かせてもらっております「未来予想図」ですが、皆さんもコメントの準備はできましたでしょうか?(^^) 本題に入る前に。 行方不明になっていた2歳の男の子、無事で良かった!!!!!!!!(ノД`) 本当に嬉しいです。頑張った2歳の子を褒めてあげたいし、これでご家族の方や祖父さんもようやく生きた心地ではないでしょうか・・・発見したボランティアの方もグッジョブ!心配され、 [続きを読む]
  • 四季のない日本。
  • 最近、タクシーに乗ってて運転手さんとお話をした際、 「最近はね、ほんと四季が無くなったよね。春と秋なんて、もうないんじゃないの??」 なんて唐突に言われ、フト考えてみました。 そう言えば、春と秋が無い。っつーか、少ない。 これは自分が歳をとったせいなのか、、、はたまた、「あ〜暑いよぉ・・・」「うわっ、もう正月か。どうりで寒いワケだ・・・」なん [続きを読む]
  • 子育て通信⑪  和と進化
  • ウチの息子はありがたいことに、先月 4歳を迎えました。 4歳になれば、もう好き嫌いも激しくて、、、、、 えぇ、えぇ。自分は息子からみれば完全に赤の他人らしく(;´Д`) 「パパ、今日は泊まれるの?」ってさぁ、、、、ここ、村雲パパの家だっつーの!これが愛人からのセリフであればまだ幾分、心が救われるんですけどっ!! 家庭の波も時に大波小波があるものの [続きを読む]
  • 未来予想図
  • 久しぶりにノートを広げて、未来を創造してみる。 こんな時、不思議とノートは新しい方がテンションが上がります。(・・・が、本当は続きで書き続けた方が良い(´。`)) 「あぁでもねぇ、こうでもねぇ・・・否、否定はいらない・・・・」 ブツブツ独り言をつぶやきながら、古いけど未使用のノートに鉛筆を走らせる。 こんな時はなぜか鉛筆が良い。時々、気 [続きを読む]
  • みんなが恐れる、魔界について。
  • さて、今晩は「魔界」についてです。 「魔界」と一言でいっても、人によっては捉え方も違いますでしょうし、管理人が最初に触れた魔界は、、、、 「コノウラミハラサデオクベキカ」 の、魔太郎が最初でしょうか・・・・・。 ま、今の若い人なら何のこっちゃか分からない冗談はさておき、「魔界」ならびに「魔界の住人」について、少しお話させて頂きますね(´ー`) [続きを読む]
  • 内の魔界、外の魔界。
  • 前回の記事の終わりにて、 「内の神様、外の神様」の記事書いたら、次は「内の魔界、外の魔界」の記事書かないとバランスが悪いかもですね(笑)」 なんて100%冗談で書いたんですが、やっぱりこれは記事にしても良いような気がして、記事にさせて頂きます(・_・) 内の魔界、まぁ何かといわれれば正直、自分もあまり分かっておりませんがやっぱり神様に対する存在、魔界とい [続きを読む]
  • 内の神様、外の神様
  • さて。今日の記事はかなりマニアックな内容でして。 いつかは、どこかの誰かの役に立つかも知れませんので、記しておきます(^^) まぁ、読み流して貰って結構ですよ。 弟子入りさせて貰ってからしばらくして、 「お前さんの内なる魂の神様は、○○神様と○○神様で構成されている。また道案内といえば良いか、アホなお前さんを指導して下さる神様は、今は○○神様と [続きを読む]
  • 筒守りプレゼント、当選者発表っ!
  • こんばんは、管理人です(^^)  なかなか更新できず申し訳なかったですが、皆さんお待ちかねの、「筒守り」当選者発表ですっ!!   たくさんのご応募、ありがとうございましたm(_ _)m    それでは、抽選の結果、当選された方は、、、、 ハンドルネーム 「ケリー」さんですっ!! おめでとうございますっ!!! [続きを読む]
  • 福の神。
  • よく村雲宅で交わされる会話。 「ねぇ、あれ誰?知り合い?」 「・・・あぁ。あの人は”福の神”だよ(^^)」 大げさなことではない。 通りがかりの親切なばあちゃんや、じいちゃんを見つけ、縁がもらえると決まって自分は「福の神」と呼んでいます。そして、大事なことは『必ずお返しをする』こと。 「福の神」とは、誰でも親切にしてくださったばあち [続きを読む]
  • 無駄のない生き方とは。
  • 前回の記事で最後に質問させて頂いた、 「あなたが思う、一生を無駄にしない生き方」 ちょっとイジワルな質問というか、これもインスピレーションで皆に訊いてみたいと思って書かせて頂いたんですが、、、、なかなか興味深かったです(´ー`)  キーワード的にエグイというか、誤解を生みやすい言葉でしたので過敏に反応させてしまった方々には申し訳なかったです。ごめんなさい m(_ [続きを読む]
  • 白と黒の羽をもつ天使(村雲友人帳⑫)
  • 先日、東京からわざわざ来てくださった方がいらっしゃいまして、、、、ってか、用事のついでに会いに来てくださいまして(笑)こちらも思った以上に時間もとれず、せっかくのご縁に申し訳なかったなぁ〜と思いつつ。 「だったら、神様の声をブログの記事にしちゃってください!」 的なことを言ってた覚えがかすかにあるんですが、はっきりとした約束もなく載せちゃうのは問題大ありだと思いますので [続きを読む]
  • 八百万の神の唄。
  • ・・・というタイトルで昔、小冊子を作ったことがあります。 まぁ、この世に残っているのか、定かではありませんが売り物じゃなかったので、手渡しで数名に渡した記憶がある(´ー`) ってことで、今日はこの話題について。 自分の中では『八百万の神とは?』ですかね。 神社で普通に祀られているメジャー(この表現は妥当ではないかもですが・・・)な古事記や日本書 [続きを読む]
  • 仕事の悩みと、湧きでる泉
  • 仕事での悩み、、、最近、良く聞きます。 まぁ近しい話だと、家に帰ってこちらから尋ねると毎晩のように(笑) 会社に出社して、一生懸命に仕事をこなしながら仕事で悩み、職場で問題がある人は仕事の悩み&職場での問題と戦いつつ・・・ふと時計をみれば、 「あぁ、もうこんな時間か。」 「今日も一日終わった。」 「お疲れ様、自分。」 「さて、帰ったらあれ [続きを読む]
  • 伊勢への道のり⑦ 神宮の「光」と「闇」
  • つづき。 てんでバラバラになった記事をまとめるのは一苦労ですが、、、、実際、あんまりまとめる気はなかったりもする(*´▽`*) ・・・ってことで、「伊勢への道のりシリーズ」がこのページをもって、ようやく終えます。 良かった、、、ここだけの話、書きだしたのは良いんだけど、着地点が見つからずはやく終わりたかったんですよね・・・・へへへっ・・・・・。 [続きを読む]
  • 伊勢への道のり⑥ 天照様とスサノオ様
  • つづき。 さて。とりとめのない話を気分のまま、ダラダラと続けておりますが。ここで一旦、神話に戻って『天照様 VS スサノオ様』を思い出してみると・・・・・。 伊邪那岐様に命令された天照様は「高天原」を治めます。 「高天原」は今でいう神界の中心。 お祓い・お清めの祝詞で一番メジャーな大祓詞も、「高天原爾神留坐須 皇賀親神漏岐神漏美命以知氐:たかまの [続きを読む]
  • 伊勢への道のり⑤ 海女とゴサイ
  • つづき。 志摩スカイラインを通って鳥羽へ。国道167号線沿いに鎮座する伊雑宮は、「いそべさん」の呼称で古くより伊勢志摩地方の海女さん達が深く信仰してきました。 もっとも大きなお祀りは、『御田植祭(おたうえさい)』。 なんとも稲や米を愛する日本人らしいお祀りでほのぼのですが(´ー`)・・・神田を清め、そこに忌竹を刺して地元の青年たちが奪いあう。 こ [続きを読む]
  • 伊勢への道のり④ 夜の倭姫
  • つづき。 さて、ここはせっかくの神様ブログなので、神様からのお言葉を頂戴してみました(´ー`) 沈みたる湖のごとく、この地にありてこの地にない別世界と申しましょうか。その御姿はまさしく地にありし、我が手にありし鏡と同じで、真を映し出す。おのが生涯を写す鏡とありましょう。人が辿りし己の道は、険しくとも温かくとも、その一歩の想いが大切なことでもございま [続きを読む]
  • 伊勢への道のり③ 瀧原宮の立地
  • つづき。 この地の立地はなんと言っても、 「熊野参詣伊勢路(熊野古道)」 の通り道となっておりまして、熊野と直結しております。ここに通っている、「紀勢自動車道」を北上していきますと、みえてくるのは、 「丹生山 近長谷寺」 や 「丹生山 神宮寺」 丹生山は、昔の近長谷寺や神宮寺の『山号(頭にお山の名前がついてある)』になるのですが、 [続きを読む]
  • 伊勢への道のり② 神様のこぼれ話
  • つづく。 神様のお導きにより、「御杖代(みつえしろ)」となって各地を祭祀しまくった倭姫なのですが、その身分は皇族に連なる身、今のイメージと違って『たった一人の旅』ではなかったと推測されます。 なんせ皇族ですから。また各地で地元のまつろわぬ者たちの妨害?を防ぎながら、祭事を行い歩いたということは、ひょっとして軍隊も率いていたかも?? 祭事(神祭・祭祀)も1人 [続きを読む]
  • 伊勢への道のり① 神宮と別宮
  • こんばんは。とりあえずネタが集まりましたので(笑) 以前からお約束していた、「伊勢の神宮」についてのお話を。 もう、神様好き&神社好きの皆さま方なら言わずと知れた『伊勢の神宮』。これも何度か記事にさせて頂いておりますが、 『伊勢神宮(いせじんぐう)』は、アウト。 正式名称ではございません〜(´ー`) 正式名称は、 『 [続きを読む]
  • 塩をめぐる冒険②
  • つづき。 塩(塩分)って本当に人間の体に欠かせない大切なものです。 また神棚にお供えする神饌としても、水や酒はどうしても腐りやすく、「直会(なおらい)」ができない。神様にお供えした後、一緒に食べにくいものなんですが・・・・ その点、「塩」であれば賞味期限もなく料理にもすぐに使っていただける。 武富さんの作る塩は、しっかりとしたミネラル [続きを読む]
  • 塩をめぐる冒険①
  • どうも。気分がいい時にはいつもの二倍、お酒が入ればいつもの三倍食べて、後からトイレにこもってしまう管理人です。 先日からもったいぶってなかなか更新しない伊勢の話や、その他ちらほらと書きたかったことがあるんですが・・・・ 実は、その中のひとつに、『塩』の話があります! 話せば長くなるのですが。 昔、「福岡の神棚屋さん」をつくった時にですね、どう [続きを読む]
  • 建磐龍命様ってどんな神様?(神様紹介⑮)
  • 耶馬溪の山崩れニュース。とても恐ろしいですね、、、ショックです。あそこにはもう何度も遊びに行かせて頂きました。自然の風景もそのままにとても美しいところです。 被害に遭われた方々に心から哀悼の意を表します。 阿蘇神社!お願いします!南関にある、大津山阿蘇神社というところにたまたま参ってきました。祭神さまのお名前に建磐龍命という神様がいて、隣の公園には、竜の長ーい滑り台があ [続きを読む]
  • 「龍神様が現れた雲の姿です。」「鳳凰が…」
  • さて、前回の「記事募集!」からの続きとなりますが、、、、すみません。神様へのお訊ねではなく、自分の意見を書かせて頂きますね・・・・書き方が悪かったようで(-_-;) まずはこれを。 ところ近頃、「龍神様が現れた雲の姿です。」「鳳凰が…」 と言う様な写真や龍神様と繋がるみたいな本をよく見かけるんですが大丈夫なんでしょうか?そんな簡単に龍神様が現れたり繋がれるとか思 [続きを読む]