ばがボンド さん プロフィール

  •  
ばがボンドさん: 広告魂|コウコクダマシイ
ハンドル名ばがボンド さん
ブログタイトル広告魂|コウコクダマシイ
ブログURLhttps://ameblo.jp/victory-manual/
サイト紹介文「笑いとココロと広告」の総合エンターテイメントブログ。
自由文「魂を吹き込むことが出来る真のプロ広告マン」になるべく、広告マンの心得や、ちょっと気になったWeb広告を国内外問わずお知らせ。時々、お笑いも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/02/28 11:42

ばがボンド さんのブログ記事

  • ウェザーマーチャンダイジング
  • 森羅万象の全てが兵となる。天候が影響。アンテリオは、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2017年12月度一般用医薬品カテゴリーランキング」を発表。12月の降水量が例年に比べて非常に少なかった上に、平均気温も低かったことから、「皮膚用薬(殺菌消毒剤を除く)」が前年同月と比較して大きく販売金額を伸ばしたとのこと。 記事:晴天による空気の乾燥で皮膚用薬が好調! [続きを読む]
  • 卒業生応援企画
  • 卒業生たちの今しか作れない「なかま=メイト」との最高の思い出作りをお手伝い。大塚製薬「カロリーメイト」は、人気アーティスト「KEYTALK」とコラボした卒業生応援企画「卒業メイト2018」キャンペーンを2月8日から展開。 卒業までの「なかま=メイト」との思い出の写真や動画をSNSで投稿すると、抽選で全国の卒業生みんなで作るスペシャルムービー「卒業メイトアルバム」に参加できたり、卒業旅行10万円分などの豪華プレゼント [続きを読む]
  • イケメンの二次元編集部による異次元空間マガジン
  • サイバードは、2017年9月13日からβ版として配信しているコダワリ女子のための異次元空間マガジン「numan(ヌーマン)」を、本格的にサービス開始。 ※ただしイケメンに限る、“イケメン“編集部メンバーは全部で5名。「numan(ヌーマン)」は、“イケメンであること”が採用条件の二次元編集部が運営するWEBメディア。マンガ・ゲーム・アニメ・舞台・声優などのニュースや、独自取材によるインタビュー記事などを毎日配信しているそう [続きを読む]
  • 『好きなCM』『嫌いなCM』ランキング
  • J-CASTニュースが『好きなCM』『嫌いなCM』ランキングを発表。アンケートは、J-CASTニュースの記事「2017年、あなたの『好きなCM』『嫌いなCM』は?【投票企画】」上にて2017年12月31日から2018年1月15日まで受け付け、回答数は2900票以上。以下を備忘録としてメモ。【好きなCMランキング】(1)KDDI「au三太郎」シリーズ...368票(2)日本コカ・コーラ「ジョージア」シリーズ...170票(3)アマゾンジャパン...169票(4)日清食品 [続きを読む]
  • 感動のオリンピックハイライトシーンを氷像で再現
  • 前日に目にしたばかりの感動のハイライトシーンが、氷の像になってよみがえる。コカ・コーラは、“ウチのコークは世界一”をテーマにした平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーンとして、競技が行われた翌朝に興奮と感動が詰まったハイライトシーンを氷像で新宿駅メトロプロムナードに再現する『#コーク氷のハイライト』を2月12日から連日7日間開催。 感動や喜びを分かち合える体験を提供。期間中は、氷の像の前での撮影が可能で [続きを読む]
  • あるあるシーンのネタで共感
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構は、認知度向上を目的としたPR動画『社畜ミュージアム』を1月24日に公開。カヤックなどが動画制作。こんな○○はイヤだ、オー人事。『社畜ミュージアム』は、長時間労働、サービス残業など劣悪な労働環境により、不健全になってしまった会社によくいる社員たち(社畜)の様子を、絵画や銅像などのアート作品で表現。それらを美術館に複数展示し、動画で紹介。「社畜あるある」をネーミングやキ [続きを読む]
  • メディアサイトの閲読行動調査
  • ログリーは、メディアサイトのユーザー定着度合いを分析し、育成・増加を支援するツール「Loyalfarm」を導入している104媒体を対象に、再訪率と回遊率がPV数とどのような関係にあるのかなど、メディアサイトの閲読行動調査(期間:2017年9月1日〜9月30日)結果を発表。 【調査結果トピックス】 (1)メディアサイトのPV数が多いほど再訪率・回遊率が高く、 PV数と再訪率・回遊率に相関が認められた。(2)媒体カテゴリによって、サ [続きを読む]
  • 日本最大級の媒体資料ポータルサイト会員数が3万人を突破
  • 有益な情報の「ホワイトペーパー」を集めたポータルサイトで、リード獲得の接点を拡大し、可能性を広げる。アイズが運営する媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」は、2018年1月19日に会員数が3万人を突破。月間700名以上が会員登録しているとのこと。 メディアレーダーは、2007年に運営を開始した「広告主・広告代理店」と「媒体社」を繋ぐ日本最大級の媒体資料のポータルサイトで、会員登録することで、媒体資料やマーケ [続きを読む]
  • 鉄拳が描いた動画「猫のものがたり」がYoutube再生回数100万突破
  • 花王「ニャンとも清潔トイレ」は、猫の排泄ケアを通じて、飼い主と愛猫のかけがえのない絆づくりをサポートし、健康で快適な生活を提案。飼い主による愛猫の日々のオシッコチェックが、病気の早期発見、早期治療につながる大切な習慣であることから、その一助になることを念じて、鉄拳さんによる初めての猫のものがたり動画『小さな便り、大きな便り。』を2017年12月8日に公開し、Youtubeの再生回数が100万回を突破したそうです。 [続きを読む]
  • LINEショッピングの利用ユーザー約8割が女性
  • ショッピングサービス「LINEショッピング」は、2017年6月15日のサービス開始以降、掲載アイテム数が3,000万点を突破し、スタート当初(2017年6月15日サービス開始時の掲載アイテム数700万点)から約4倍に。 「LINE ポイント」還元によるキャンペーンやリアル店舗連動のテスト運用を行うなどユーザーとの接点強化を継続して行い、会員数は1,400万人を超えたとのこと。 2017年6月15日のサービス開始から半年を迎えた2017年12月15日 [続きを読む]
  • 柳沢慎吾のひとり芝居で表現
  • エースコックは、ロングセラーブランド“わかめラーメン”にて「柳沢慎吾の笑エール応援団〈ひとり福男編〉」キャンペーンを実施し、WEB限定動画を公開。動画は、柳沢慎吾さんの鉄板ひとり芝居「ひとり福男」を、わかめラーメンオリジナルバージョンで配信。わかめラーメンの湯戻し時間「3分間」の間に観られる、笑エール応援動画とのこと。“わかめラーメン”は発売から30年以上にわたり、変わらない美味しさで老若男女に好評の [続きを読む]
  • 映画チケット購入の約6割がネット予約
  • 映画チケット予約アプリ「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパンは、「映画館及び映画鑑賞」について、第2回アンケート調査(期間:2017年10月19日〜11月30日、全国10代〜60代以上男女対象、有効回答者数3,939名)を実施。 「チケット購入方法」について、2016年8月に実施した第1回「映画館及び映画鑑賞」に関するアンケート結果と比較すると、「ネット予約」の割合が約10%増加して57.3%と全体の5割を超え、窓口購入の割合 [続きを読む]
  • 商業施設で開催「ウォーリーラン」
  • 2016年に東京・大阪・愛知で開催し、約12,000人を動員した「ウォーリーをさがせ!」の世界観を体験できるファンランイベント「ウォーリーラン」。人の流れを創造。日本初商業施設をウォーリーファンが埋め尽くす。2018年3月4日に三井アウトレットパーク 滋賀竜王にて「ウォーリーラン」を開催(2月4日まで早割りエントリー、2月5日〜2月25日まで通常エントリーを受付)。「ウォーリーラン」は、イベントの参加賞となる赤白ボーダー [続きを読む]
  • CMを小説化
  • 「あなたとクルマ、どんな物語がありますか」のキャッチフレーズで有名なSUBARUのショートフィルム「Your story with」。「人生とクルマ」をテーマに「恋」や「友情」、「仕事」、「親子の絆」などをドラマ仕立てに描き、新作CMが公開される度にSNSなどでは「泣ける!」「感動する!」と話題に。KADOKAWAより、小説化した『Your story with あなたとクルマの物語』を2018年1月27日に発売。これまで「Your story with」では15本のC [続きを読む]
  • 熊本県とスナックのコラボ企画
  • スナックは、多種多様な人々が集まる“コミュニティの場“として、男性だけでなく女性からも注目され、スナック女子が急増中。ただお酒を飲むだけではなく、愚痴を聞いてくれたり、あるいは悩みを相談できたりなど、受容してくれる環境としてのスナックは、日常生活から離脱できる“サード・プレイス”としての役割を担っているとか・・・。 妖しげな雰囲気を醸し出し、夜の街をひっそりと照らす“スナック”。スナックに対する不 [続きを読む]
  • 本来なら出会うはずのないキャラクターコラボ
  • 意外なキャスティング。タツノコプロのキャラクター「ドロンジョ」と手塚プロダクションのキャラクター「ブラック・ジャック」が初コラボ。婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは、二人のお見合いを描いたWEB動画「ドロンジョとブラック・ジャック」を公開。1月1日に公開した第一弾の総再生回数は、わずか10日で100万回再生を突破したそうです。ギャグアニメとシリアス漫画という本来なら出会うはずのないドロンジョ [続きを読む]
  • 読売新聞がコンテンツマーケティング事業に参入
  • 読売新聞は、企業のコンテンツマーケティングを支援するため、新たに「YOMIURI BRAND STUDIO」(読売新聞、デジタルコンテンツ制作会社ワン・トゥー・テン・デザイン、エートゥジェイ、グルーバー、ナディアの5社によるコンソーシアム)を設立し、2018年1月からサービスを開始。最大のセールスポイントとして「Credibility × Creativity」(信頼性とクリエイティブ力の融合)を挙げ、読売新聞への信頼、記事広告やネイティブ広告 [続きを読む]
  • Instagramの投稿に対する購買行動アンケート調査
  • J-CAST「ギャルウォッチ」のコラムで、毎年恒例の「ギャル的漢字一文字」(「撮」「旅」「筋」「韓」「袖」「動」)を発表。2017年流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれたようにインスタ軸で人気を集めるコトやモノが多かったとか・・・。 記事:ギャル的ことしの「漢字一文字」 2017年はどんな年だった? 実態は・・・。マージェリックでは、Instagramの投稿に対する消費者の購買行動を探るべく、10〜30代の女性を対象にアンケー [続きを読む]
  • 前代未聞!?観客が掃除する『掃除deフエルサ』
  • 東京品川ステラボールで大好評ロングラン上演中の「フエルサブルータWA!!」。風・水・光・音など五感すべてを使った公演では、約10トンの水や大量の紙吹雪を1度の公演で使用し、人のパワーによって作られる非常に手間の掛かったアナログなエンターテインメント。終演後には大量の紙吹雪や水が一面に散らかるそうです。フエルサブルータWA!!前代未聞。昨年末に散らかった床を観客とスタッフが一緒に掃除する『大掃除deフエルサ』企 [続きを読む]