三猿 さん プロフィール

  •  
三猿さん: 三猿の川柳プラスα
ハンドル名三猿 さん
ブログタイトル三猿の川柳プラスα
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/baronwitty/
サイト紹介文本格川柳、時事川柳、ユーモア川柳など川柳と、人間、人生のあれこれを語る万華鏡をお楽しみください。
自由文現在73歳ですが、まだ現役。仕事、ボランティア、趣味(川柳)の3本を柱に、忙しい毎日を送っています。モットーは朗働、楽習、交遊で、遊び心と好奇心を大切にしています。川柳さっぽろ、北海道川柳研究会、あきあじ吟社の会員です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1236回 / 365日(平均23.7回/週) - 参加 2008/02/29 22:37

三猿 さんのブログ記事

  • 休む
  • (お題 休む)・・・川柳さっぽろ誌より・・・  死に化粧やっと休める顔が出来     英柳  一休みいま楢山の道半ば         貴久  蔑みの言葉へ耐えるふた呼吸       美智子  救急車の仮眠市民恙なし          柳花https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 誤変換
  •   誤変換して人生が狂いだす  青蛙いつか河童になるつもり  捨てられて猫は世間を恨まない  まさか明日死ぬと思わぬ団子虫https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 体調まだ不十分
  •  食べるものを食べていないので、体に芯がない感じだ。水曜から木曜にかけて、腹にあったものを殆ど戻してしまった。木曜日は夜お粥を一杯。金曜日は朝晩お粥一杯、昼パン一枚。昨日は朝パン一枚、昼うどん少々、夜ご飯、今朝パン半枚と言った調子。病院へ行っていないので、原因が分からないのだ。やはり風邪の菌が胃の方に来たのかもしれない。食欲もないし、今は様子見と言ったところだ。はやく治して栄養を取らなければと思っ [続きを読む]
  • 急病で寝込む
  •  突然病気になりました。水曜日の夜中に、突然3回戻しました。寝るとき胃が重苦しいなーと思い、寝ながらもこれは一回戻さなければ駄目かなーと思いながら寝ていたのですが、2時ごろでしょうか、トイレに起きた時猛烈に戻してしまいました。翌朝家内に「イヤー夕べひどかったんだ」と話している最中に、また吐き気が来て、今度はトイレが間に合わずブアーっと3回凄い勢いでもどしてひどいことになりました。木曜は何も口に出来 [続きを読む]
  • 空振り
  •  ゴルフを始めたのは、道銀の東京支店にいた頃。支店長が好きだったので、みんなが始めた。その尻馬に乗って、ボクも始めたが、もともと運動神経は鈍い方なので、すこぶる下手くそだった。以後札幌に戻っても、月一ゴルファー、部内コンペではブービー賞の常連だった。それがそうも言っていられなくなったのは、転職後だった。薬の業界はゴルフが大好きだった。コンペでいきなり始球式をお願いしますと幹事役に言われて青くなった [続きを読む]
  • 群れる
  • (お題 群れる)・・・川柳さっぽろ誌より・・・  人間の孤独が群れる朝の歌        白雲  哀しみの色で群れてるヒガン花      倭文子  ひとときの平和か鳩が群れている     百合子  北帰行失意の夜を雁の群れ         緑https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • ラストダンス
  •   足萎えてラストダンスが踊れない  あれ以来耳に住みつく海の音  くよくよと左脳右脳はラララララ  永田町野党はどこにいるのやらhttps://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 別な人生
  •  過去を振り返って、概ねいい人生を送って来たと思っているが、一つだけ残念というか、心残りなことがある。それは、大学で2年間の教養部を終えて、学部を選ぶわけだが、この時少し迷って無難な法学部を選んだ。法学部を出てサラリーマンになろうという、安易な道を選んだのだが、文学部へ進学して学校に残ろうかなという気持ちも少しだけあった。父親は学者だから、そうすれば随分喜んだだろうと思う。最も父は理学部教授で、ボ [続きを読む]
  • 大食い
  •  恥も外聞もないというが、女の大食いはかつては恥ずかしいこととされ、隠すのが普通だった。だが大食いが恥だとか、外聞がはばかられるなんて言うことは、今や過去の遺物になったようだ。そんあものはかなぐり捨てて、テレビの大食いコンテストに出てくる女たち。ガツガツと食いまくり、確かに信じられないほど食う。ライオンだってお腹がい杯になれば、狩りを止めて寝そべっている。そばを縞馬が通ったって知らん顔をしている。 [続きを読む]
  • 魅力
  • (お題 魅力)・・・川柳さっぽろ誌より・・・  老い河童おんなの業へ知った恋      大雄  里の山まだ父がいる母がいる        貞信  僕にだけ君のまばたき響くんだ       ふみ子  すっぴんの母ちゃんだから僕は好き     守https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 明日への扉
  •   明日への扉を開く鍵がない  生き下手の顔で上手に生きている  揉み手して生きたくはない蟇蛙  ウッカリとボケの狭間を行き来するhttps://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 忘年会
  • 忘年会シーズンだ。忘年会なんかしなくても、片っ端から忘れていく毎日なのに。昨日あったことも、今日になれば忘れている。忘れ物をするのは日常茶飯事。この上何回も忘年会をやって何を忘れろというのか。などとグダグダ言っていないで、要は飲み会を楽しめばいいのである。その飲み会も、めっきり酒の量は減った。ジョッキを一杯。そしてワインか水割りを少々。大体そんなものだ。もっとも飲めないわけではない。この間30代の [続きを読む]
  • 深い
  • (お題 深い)・・・川柳さっぽろ誌より・・・  天と地のいのち結んだ深呼吸      大雄  深海魚いのちの音を誇張せず      大雄  仮面剥ぐ深い眠りを確かめる       厚子  夫の掌の深さで夢のつづき織る      美智子https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 窓際の石
  •   窓際の石には誰も気付かない  進むもの老化右傾化温暖化  水鉄砲構え総理の自営論  拡大鏡でここを見たまえワトソン君https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 古時計
  •  ボクの父は75で現役を引退した。函館工業高専の初代学長だった。ゼロから工業高専(国立、5年制)を作り上げたのが自慢だった。凝り性の父は、校歌まで自分でつくってしまった。そんな父は、札幌の自宅へ帰って来た時はえらく元気だった。除雪なんかも、几帳面に仕上げて悦に入っていた。その父が何となく元気がなくなってきたのが、戻ってきて3年目ぐらいからだろか。元気がないばかりでなく、痩せても来た。しかし病院嫌い [続きを読む]
  • 元気
  • (お題 元気)・・・川柳さっぽろ誌よち・・・  大脳の元気へいのち負けていず    大雄  ルージュ引く肌年齢がよみがえる    まどか  趣味梯子家事もこなして母達者     幸美  元気かと声かけてくる吟醸酒       貞信https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 不器用に生きた
  •   不器用に生きた証しの武骨な手  ネクタイを締めるとシャンとする背中  小娘と歩けど誰も疑わぬ  女とは違う男の八十路坂https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 老いぼれ
  •  寝起きの顔を鏡に写すと、そこに写された年相応の貌にがっかりする。やっぱり年取ったなーと。こりゃー不味いな、もう先があまりないかなという気もする。洗顔を終え、髭を当たり、髪を整えると、おー。まだまだ行けるぞという顔になる。気持ちもシャンとなる。人は見た目が9割とかいう言葉が浮かんでくる。起きたばかりの時は、心身ともによれよれなのだ。身支度を整えれば、まだまだ大丈夫という気になる。若いころは、この落 [続きを読む]
  • ゆらゆら
  • (お題 ゆらゆら)・・・川柳さっぽろ誌より  巧妙に揺れる熟女のイヤリング    忍  ロッキングチェアで読書する至福   獏眠  胃袋に小さな秘密揺れている     扇栄  朝鏡デートの揺れを見透かされ    象平https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 風見鶏
  •   あっち向いてホイと右向く風見鶏  振り込めとあの手この手で攻めてくる  ニッポンの未来が見えぬ遠眼鏡  解釈という名で法を弄ぶhttps://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • ピンコロリはいいのか?
  •  昨日同じマンションのMさんの急逝について書いたが、奥さまに聞いたところでは、前日まで何でもなかったという。当日ちょっと調子が悪いと言って横になっていたそうだ。そうしたら体調がどんどん悪くなって驚いて病院に運んだけれどもそのまま逝ってしまったと。まさに世に言うピンコロリに近い。死因は脳溢血で、それも急激に来たらしい。前日にはまさか翌日自分が死ぬとは夢にも思っていなかっただろうと思う。おそらく一日で [続きを読む]
  • サプリの話題
  •  魚があまり好きではない。野菜もあまり好きではない。肉は大好きだ。つまり偏食である。どちらかというと西洋人体質で、そのためか西洋人がかかる病気になりやすい。そこで足りないものをサプリメントで補おうと思う。目にはブルーベリーを。膝にはグルコサミンを。コエンザイムだセサミンだ。あれこれ買うと結構なお値段になる。これらの原価は大したことがないのだが、安くすると効かないような気がして皆が買わない。百均のサ [続きを読む]
  • ワイン
  • (お題 ワイン)・・・川柳さっぽろ誌より・・・  酒愛し酒を怖れてひとり酒      有子  嘘をつく夜のワインは赤にする    清流  少しずつワインに混ぜた惚れ薬    ふみ子  闘いが終わってふたりで飲むワイン  百合子https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • どろどろの恋
  •   どろどろの恋をしました内緒です  うさぎ小屋悪女の夢を見て眠る  お好みの悪女が潜む袋とじ  丸木橋渡り悪女に逢いにいくhttps://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします [続きを読む]
  • 急逝
  •  マンションの理事長さんが急逝した。まだ65歳であった。このマンションの理事長は出来てから17年間、ボクが務めてきた。早くやっておいた方が楽ですよという管理会社の甘言に乗せられて、引き受けたのが運の尽きだった。以後17年やって、もう勘弁してくれと引き受けてもらったのが、副理事長をやってもらったMさんだった。そのMさんが昨日の午後、脳溢血で急逝したのだ。とりあえず今朝香典を持って、お参りに行ってきた [続きを読む]