funfunfun409 さん プロフィール

  •  
funfunfun409さん: funfunfun's Blog House ?2
ハンドル名funfunfun409 さん
ブログタイトルfunfunfun's Blog House ?2
ブログURLhttp://funfunfun409.blog82.fc2.com/
サイト紹介文音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っています。
自由文音楽、愛車、出張先での出来事他、ランダムに書き綴っています。
呑んだ喰った話に偏重しているのが気になります。
ちなみにHNは大好きなBeachBoysのヒットナンバーから取りました。
by funfunfun409
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/03/07 18:02

funfunfun409 さんのブログ記事

  • 選曲作業
  • 地域FM局の音楽番組を離れてから15年が過ぎた。放送用に整理した音源は数年前に全て処分し、たまに聴きたくなった時はYoutubeで検索する程度。15年前は入手が困難だったレア音源も簡単に聴ける時代になった。かつて同じ局にいた事があり、後に新札幌でFM局を立ち上げた局長(某マル氏)とは今でもフェイスブックで繋がっている。先般メッセージがあり、ややレアなオールディーズや和製オールディーズを探しているとの事。1950〜60 [続きを読む]
  • 台北観光③
  • 早朝からミニスカートの女子アナがニュース番組の司会を担当する。朝食バイキング会場にて。星形の果物はスターフルーツ。プラムがボケたような味がする。こう見えてもシリアルだ。自由行動日なので、割安な地下鉄の1日フリーパス(150元≒600円)を購入する。このカードは磁気が狂いやすく、長女は2回撥ねられた。すぐ横の係員詰め所に差し出してデータ修正して貰う。超高層タワー、台北101。ショッピングモールには高級ブランド [続きを読む]
  • 台北観光②
  • 翌日はバスで市内観光博物館と、蒋介石の息子が作ったという巨大な公園を見て回る。不動の衛兵衛兵の交替式。ワールド・オーダーの歩き方は、どうやらこれのパクりらしい。2日目、3日目と連続で行った有名店、鼎泰豊(ディンタイフォン)。この日は現地ガイドの交渉ですぐに入れたが、昼食時は1時間待ちが普通。美味い・安い・早いの3拍子に加え、店員の女の子が気品溢れる美人揃いなのには驚いた。微笑を絶やさずに立ち働き、マメ [続きを読む]
  • 台北観光 ①
  • 連休を利用し、家族で台北に行ってきた。9時頃に家を出て新千歳発の直行便に乗り、4時間半程度で松山空港着。ガイドの説明では曇り空ではなくPM2.5の影響らしい。現地のガイドに案内されて他の乗客と一緒にバスで高速道を走り、ホテルに着いたのが現地時間の19時頃(日本時間は20時頃)。歩道沿いに小さな店がびっしり並んでいるのが台湾市街地の特徴だ。繁華街に付きものの客引きもおらず歩きやすい。遅い時間で夕食の店を探すの [続きを読む]
  • 選曲作業
  • 地域FM局の音楽番組を離れてから15年が過ぎた。毎週放送で使っていたオールディーズの音源は全て処分したので、たまに聴きたくなった時はYoutubeで検索する程度。現役当時は入手が困難だった音源も簡単に聴ける時代になった。当時一緒の放送局にいて、後に新札幌でFM局を立ち上げた局長とは今でもフェイスブックで繋がっている。先般メッセージがあり、ややレアなオールディーズや和製オールディーズを探しているとの事。現役のオ [続きを読む]
  • バッテリー交換
  • 11月頃からクランキングスピードが遅くなり、この様子だと冬場に出張先のホテル駐車場でバッテリー上がりとなる可能性が高い。中古購入した6年前から法定点検の度に電圧低下を指摘されていたのでそろそろ替え時だ。困った事に、安価なACデルコは販売が終了している。ホームセンターで売っていない種類の物で、まともに買うと3万もする。そこで、以前耳にした「再生バッテリー」はどうかという事になり、市内の個人事業主に当ったと [続きを読む]
  • BOSE AW-1 ②
  • コチラの続編。聴いているうちに、過剰な低域が耳障りになってきた。アンプラグドの小編成を聴くと明らかにベースの音量が過剰となり、奏者の音楽性や阿吽の呼吸といった要素が台無しになってしまう。BASS調整を最小にしても共鳴現象が収まらない。長い共鳴管を通った低音は下の右側から出るようになっているので、カバーを外して吸音材を仕込んだところ、全体の響きが死んでしまう。出口をガムテープで塞ぐと逃げ場を失った低音が [続きを読む]
  • Fostex FE83
  • 先日、フォステクスのFE83をペアで入手した。1976〜91年にかけて製造された初期モデルで箱と取説付き。取説の下部に88年現在とあったので後期のロットとなる。布エッジのダンプ剤が完全に抜けてスカスカになっているので再塗布が必要。コーン紙はパリンとしていて凹みもなく状態は非常に良いのに、出品者はこの事が理由で送料込み2,000円というジャンク価格にしたのだろう。「アラビックヤマト」を水で溶いて刷毛塗りしたところ、 [続きを読む]
  • 彌榮
  • 何と4か月近くも更新をサボっていた。清々しい年明けである。近くの神社に初詣。早朝で参拝客が少なかったので無人の画像が撮れた。「どんど焼き」の煙がどこにも見当たらず、今年は16日との事。古い御札は社務所で預かってくれる。昼食は昨日食べる予定だった年越し蕎麦(年越しちゃった蕎麦)。 [続きを読む]
  • BOSE AW-1
  • 1昨年、帯広のとん平に行った時に、店内でやけに張りのあるBGMが鳴っているのが気になって確認したらBOSEのポータブルオーディオだった。色からしてCDを搭載したAW-1Dと思われる。この時点では見た事のないモデルで、通販でよく見る例の平べったいやつ以外にもあったんだ・・・という印象。1985年から訪問販売で売られていた商品なので知らなくて当然か。同じく実演会場でその場で契約させる販売手法のソニーCD電蓄の登場は3〜4年 [続きを読む]
  • 丸南本店180831
  • 何だかんだでホテルに着いたのが17時頃。宿は今回もシャロームインⅡで今年の初めに予約した。そうでないと連泊が難しい状況が続いている。部屋で少し仕事をして丸南に向かう。この日はとりあえず酒肴セット。店では「六代目」が掃除をしたり注文を取ったりと、出来る範囲で仕事を手伝っている。この子が高校生ぐらいにもなれば店を手伝うようになるだろう、でもその頃には退職しているだろうし・・・みたいな事を考えていただけに [続きを読む]
  • 太田屋
  • 8月31日。「よしのや」を出て海岸の線路伝いに車を走らせる。焼き鳥店やスナックが点在するこの通りが「繁華街」という事なのだろうか?2軒目は太田屋。店は新し目で中も清潔だ。壁際のカウンタ席に座る。こちらは蕎麦メニューが優先。醤油ラーメン 510円。味はやや濃い目でアゴ出汁のような風味を感じる。自分の経験では旭川の駅前藪蕎麦に近い。驚いたのはこの細くてモッチリした麺だ。店の人に訊くと自家製面との事。やはり来て [続きを読む]
  • よしのや
  • 8月31日。今年最後となる函館出張。喜茂別のセコマから。ここのところ頂上が見えない定点観測が続いている。八雲辺りまで断続的な雨で、森町に差し掛かった辺りから晴天となる。森駅近くのよしのや。蕎麦屋の風情だが丼物からカレーまで何でも揃う大衆食堂。塩ラーメン。素朴な味わいだ。老店主に尋ねると店を始めて50年程だという。この街の中では一番古くからラーメンを出している店かも知れない。 [続きを読む]
  • なんくる食堂、風遊斎
  • 8月25日。この日は東札幌のRASORA(旧イーアス)のネコカフェへ。自分は物心ついた時から猫がいる家庭環境だったので扱いには慣れている。一方、次女は今まで猫と触れる機会が全くなく、抱き方も知らない。20匹位いただろうか、殆どが1歳未満の甘えん坊で癒される。大人猫のだるい雰囲気も楽しめればもっと良かった。フリードリンク付き30分950円が基本料金で、後は10分毎に200円加算される仕組み(税抜き)。結局50分居て2人で3,0 [続きを読む]
  • サロンIG (共同施設札幌団地鉄工センター内食堂)
  • 3日間の市内通い出張。盆を過ぎてから急に気温が上がり、澄んだ秋空には似つかわしくない。お昼はお約束のサロンIG。近所のサラリーマンが常連のようで、注文するメニューも大体決まっている。塩分を補給したいので塩ラーメン大盛り(560円)。ちなみにこの店の大盛りは一律60円増し。ちょっと薄く感じられたけれども、プルシコ系の麺が良かった。チャーハン大盛り(610円)。高校の学食で食べた「焼き飯」を連想させる。最終日は [続きを読む]
  • チューニング管をカット
  • Oldsバリトンの話。野外ステージを控え、数十年ぶりにステージに乗せるべく合奏に持ち込んだのはいいが、鳴らないのは吹く側の責任としても、チューニング管を全部入れてもピッチが低い。いくら古い楽器といっても4〜50年前のチューニングはA=442Hzだったはずであり、どうもおかしい。唯一考えられるのはシャンクが微妙に細く、ヤマハのYEP211と比較すると10ミリほど残る事。その程度なら大して上がらないのでチューニング管を切 [続きを読む]
  • ユーフォニアムの立奏ストラップ②
  • この時の続き。ギターストラップを素材にした自作品を同じバンドのユーフォ奏者が試用する事となった。座奏には不要と思われるが、この先も使ってくれそうなら差し上げようと思っている。ところで、ストラップを付けて立奏しているうちに気になった事があるので記しておきたい。トランペットやトロンボーンを見てお分かりの通り、音域に応じてベルを上下させたり、マウスピースを当てる位置を微妙にずらしたりと色々やっている。ユ [続きを読む]
  • 洞爺 ごきらく亭
  • 8月11.12日。早朝に墓参りを済ませ、9時に出発して豊浦に向かう。簾舞を過ぎた辺りからノロノロ運転となり、定山渓温泉街まで続く。豊浦に着いたのが12時過ぎとなり、ドライブイン みさきで昼食となった。人気のほたてめし(焼き飯)。一回に2人分しか作れないようで、他の客と一緒に作った次女の分と自分達の見た目が少々違うものの、味に大差はない。次回は大盛りを注文したいところだが、「出来ません」と添え書きがあった。豊 [続きを読む]
  • 39年振りの全校応援
  • 先月の話。母校の野球部が勝ち進んでいて、14日の試合が降雨のため4回で無効試合となった。3-0で劣勢だったので命拾いした形。16日に再試合となり、学校のHPに全校応援の案内が出たので楽器を抱えて円山球場へ向かう。昔風のラーメンを楽しみにしていたのに試合の合間とぶつかってこの混み具合。ここはカレーが人気らしいが入れなければ意味がない。結局焼きおにぎりで昼食を済ませた。若い新任の顧問先生は困ったようで、最終的に [続きを読む]
  • とんげん
  • 7月14日。6泊の出張がやっと終わる。早起きして台所を中心に部屋の掃除をし、ゴミをまとめて退出。侘しくも楽しいマンション住まいだった。時間に余裕があるので山岡家で朝ラー。お昼は5年振りのとんげん。10分前の入店時でテーブル席が1つだけ空いていた。12時から混み出して待ち客が出る。かつて「ライス〇藤」と揶揄されていた大食漢の同行者も食が細くなった。注文を合わせる。中ヒレカツ定食。ライスとのバランスからして「4 [続きを読む]
  • 野球軒
  • しばらく放置していた。3週間も経ってしまったが記憶があるうちに記しておく。7月13日。この日は朝から曇り空で時々小雨。今回の出張でラーメンを一度も食べていなかった事に気付く。遅い昼食はお馴染みの野球軒。この店は基本無休だが、夕方の営業時間が微妙に違うので行く機会が限られている方は電話して確認しておくと良い。この日はしお。帯広に来て、こうしたラーメンを食べられる幸せ。飲食店に猫がウロウロするのは好ましい [続きを読む]
  • おっかつぁん
  • 7月10日。雨の中、八丁堀の鳥辰に行くとこんな貼り紙が。4月に来た時にこの店で日高晤郎さんの訃報を知り、よし栄寿しの店主が昨年亡くなったと聞かされた。70代半ばなので心配だ。他所を探すのが面倒になり、今回泊っているウィークリーMS真向かいの居酒屋へ。MSの玄関から撮影。大雨でも傘が不要な距離だ。カウンタには予約席の札が並んでいる。一見客がいると気を使わせるので帰ろうとしたら、1人なら構いませんと言われたので [続きを読む]
  • 芋とウインナーを炒めたやつ
  • 7月8日。朝9時から講演の仕事が入り、昼食後に帯広へ出発。今回の宿。12〜16日に「第34回国際農業機械展 in 帯広」という4年に一度の大きなイベントがあり、2月の時点で市内のホテルが代理店にほとんど押さえられていた。直前になって空きが出ても宿泊料金が下がる事はないのでウィークリーマンションを予約。広々として過ごし易い。でもホテルではないので洗面道具類と寝間着、自炊用の調味料などもこちらで準備が必要。初日の自 [続きを読む]
  • 味特
  • 6月29日。23日からスタートした出張もあと1泊で終了。旭川で1泊してから早朝に湧別町へ向かい、その日は遠軽で1泊。25日から網走で2泊、そして旭川に戻って3泊。出張先では新聞を全く読まないので曜日感覚を完全に喪失している。ホテルのウエルカムドリンク(1杯無料)。前日盛大に飲んだのでオレンジジュース。さて、旭川に戻ってから一度もラーメンを食べていない。4月来た時は日曜日で休みだった味特。相撲取りのような店主は健 [続きを読む]
  • 焼肉カルビ1ばん
  • 6月29日冷え込んでいた道内も一気に気温が上がった。お昼にいつもの「ほのぼの」へ行くと10数人の主婦団体が食券購入で並んでいる。短い昼休みをオーバーするのは確実なので、裏道から流通団地の幹線道路沿いにある焼肉店に向かった。焼肉カルビ1ばん市内に3か所あるようだ。全品540円というサービス価格。カツ丼にした。上から見ると大した事がないが、飯の量が多くて食べ進むうちに不安になる。軽く1合はあったはず。仕事に差し [続きを読む]