ロッキー さん プロフィール

  •  
ロッキーさん: 今日も良い日で
ハンドル名ロッキー さん
ブログタイトル今日も良い日で
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rocky1010akio
サイト紹介文ヤフー
自由文和の世界を 絵で綴っています。
宜しく御願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/03/10 21:07

ロッキー さんのブログ記事

  • ハリーポッターの街
  • XmasシーズンのUSJ。ハリーポッターエリアでは、映画の様な世界が広がっていました。魔法使いの住むホグズミード村では、魔法学校の生徒たちも立ち寄るお店が並んでいます。ハリーポッターエリアを出て少し歩くと、ビックトップサーカスのメリーゴーランド。カラフルな動物達がメルヘンチックなりメリーゴーランドになっています。こちらは、JAWSのスタッフもサンタさんスタイルです。12月も10日となり、冬の到来を感じ [続きを読む]
  • USJ・Xmasツリー
  • USJに行って来ました。現在ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは2018年1月8日(月・ 祝)まで、クリスマスツリーと伝説のショー「天使 のくれた奇跡掘廚行われています。日が暮れて、夜景広がる街を歩いていると・・・・「ドーン」 「ドーン」花火が上がりました。ニューヨークエリアのグラマシーパーク前では「天使 のくれた奇跡掘廚離轡隋爾始まりました。USJの夜のショー「天使 のくれた奇跡掘廚論こεなエンターテイメ [続きを読む]
  • 名曲 「風」
  • 歌手の、はしだのりひこさんが亡くなられました。はしださんと言えば、フォーククルセダーズシューベルツ クライマックス等で幅広く活躍され、数々の名曲を残されました。中でも風は代表曲の一つです「風」   作詞:北山修  作曲:端田 宣彦 (1969年)人は誰もただ一人旅に出て 人は誰もふるさとを振り返るちょっぴりさみしくて 振り返っても そこには ただ風が吹いているだけ人は誰も 人生につまずいて 人は誰も 夢 [続きを読む]
  • Xmasがやって来る
  • 美しかった紅葉は、多くの所で落葉が始まり、佳境を迎えていますが街ではXmasイルミネーションやディスプレイが増えてきました。大阪の梅田地下街では、今年も阪急百荷店のショーウインドウではクリスマスでいっぱいです。梅田阪急百荷店のショーウインドウディスプレイは縦5メートル×横7メートルが7個。クリスマスのテーマは「100人の小さなサンタの物語」。梅田の地下街は、多くの人が行き交う地下街ですが、この時期は、大人も [続きを読む]
  • 日々雑感「大相撲」
  • 大相撲がややこしい事になっています。事実はどうだったのか・・・・それは、ビール瓶だったのか・・・・リモコンだったのか貴ノ岩の傷は大丈夫なのか・・・・警察の事情徴収は現在進行中で、全容解明はまだこの先です。しかし、TVのワイドショーでは連日、本場所以上の盛り上がりで場外からは旭鷲山に朝青龍が参戦。そしてTVコメンティターも参戦して、協会だ!親方だ!横審だ!と連日熱いバトルが続いています。そこに、九州 [続きを読む]
  • 紅葉スナップ2。
  • この秋も紅葉が綺麗ですね。紅葉は、曇りや雨の日も美しいですが晴れた日の紅葉はことさらに美しいですね。彩りの時を迎えた紅葉。それは、見頃の時を迎えた美しさと、やがて散り行く儚さがあるからでしょうか。今週金曜からは、12月へと入って行くんですね。訪問ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 紅葉万華鏡。
  • 早朝の嵐山。朝晩の冷え込みで、山々も色付いて来ました。見上げると、朝日の中に紅葉が輝いています。赤色・茜色・黄色・・・・何色あるのかわからない程の紅葉万華鏡の世界。これから嵐山は、12月初旬まで紅葉観光で賑わいます。訪問ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 銀杏並木。
  • 寒くなって来ました。今朝は一番の冷え込みと二ュースは伝えていました。木々の彩りと共に、堀川通の銀杏も色付いて来ました。写真の銀杏並木の所は、堀川今出川を上がった所。堀川通りは、京都を南北に走る太い通り。名前の様に、通りは堀川に沿って走っています。堀川は、戦争中に防火帯として道の幅が拡張されました。堀川通りの二条城前から今出川通りまでは、散策路があり夏の催し「京の七夕」では堀川会場となっています。今 [続きを読む]
  • 紅葉の季節。
  • いよいよ11月。ウェザー二ュースでは、今年の紅葉は例年並みで、鮮やかな紅葉が期待できると載っていました。京都の紅葉で、嵐山は11月20頃。三千院は11月12日頃。延暦寺は11月7日頃に見頃予定との事。ただその時の気候や地理的条件で、多少前後する事もあるそうです。写真は、11月1日の金閣寺。この日も沢山の人で賑わっていました。金閣寺には一年間を通して沢山の方が参拝されています。その参拝者数は年間約5 [続きを読む]
  • 舞鶴にて。
  • コメ欄閉じています。舞鶴湾にある引揚桟橋。奥に見える橋は、舞鶴湾に架かる『クレインブリッジ』 。引揚桟橋から少し山手に上がると、引揚記念館があります。記念館では、戦争後の引揚船やシベリア抑留の様子が当時の資料と共に詳しく展示されています。  第2次世界大戦後、海外に残された日本人の数は、軍人・軍属が330万人、一般邦人が300万人以上と言われました。これらの人々を短期間に、しかも一斉に帰国しなければ [続きを読む]
  • 時代祭りは中止。
  • 週末にかけて大型の台風21号が来ています。京都駅ビル大階段で、LEDライトに浮かび上がるのは、時代祭りの坂本龍馬。さて、今週日曜日(22日)開催予定だった時代祭ですが、台風21号が来ることから中止されることが決まりました。また22日が雨天の場合は、23日に順延する計画でしたが、両日とも台風の影響を受ける事から、23日も中止となりました。時代祭の中止は1988年以来の29年ぶりとの事です。この秋は台風 [続きを読む]
  • 月夜。
  • 今週は月の綺麗な週でした。ゆっくりと秋が進む中、日本の政治は選挙を控え、しばらくバタバタとした日が続きます。朝晩の気温差で風邪も流行り出していますから、ご用心下さいね。今日も訪問ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 中秋の名月・大覚寺にて・・・
  • 嵯峨の大覚寺では、10月4日〜10月6日(金)まで「観月の夕べ」が開催されています。観月の夕べは、嵯峨天皇が大沢池に、中秋の名月の夜に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まったと伝わっています。4日の夜、大沢の池には風もなくて水鏡の世界が広がっていました。空には煌々と輝く月。そして池には水面に映る月。平安の時代、名月の夜に空の月と、水面に映る月を見るのはさぞかし特別な催しだったのでしょうね。 [続きを読む]
  • 彼岸花の里。
  • この時期、田畑等で彼岸花を多く見かけますが、京都で彼岸花が多く咲く所と言いますと・・・それは、亀岡市曾我部町の田園ですね。亀岡と言いますと、嵯峨野トロッコ列車や保津川下り、湯の花温泉などの観光スポットがある所ですが曾我部町の田園では、関西でも有数の彼岸花の群生が楽しめます。京都市内から車だと40分位の距離です。亀岡市曾我部町の彼岸花の群生が楽しめるエリアには西国霊場の札所で、美しい庭園がある穴太寺 [続きを読む]
  • 秋の嵯峨野。
  • 秋は空が綺麗ですね。青空広がる嵯峨野の広沢の池。池の向こうに見える「遍照寺山」(231m)も水鏡の世界。広沢の池から少し歩くと、嵯峨野の田園風景。今の季節、田んぼでは酒米を守る案山子さんが並んでいます。あぜ道を行くと彼岸花が見頃を迎えています。この花は、秋の彼岸の日に合わせた様に咲いて来る不思議な花ですね。今年の秋の「お彼岸」は9月20日が彼岸の入りで、9月23日は中日(秋分の日)、9月26日が彼岸明 [続きを読む]
  • 萩の花咲く平等院鳳凰堂。
  • 台風が過ぎた昨日。秋を迎えた宇治の平等院に行って来ました。藤棚の所ではミスト(霧)で暑さ対策されています。平等院が建てられたのは、今から965年前の1052年(永承7年)。鳳凰堂は、2014年に修復され、当時の艶やかさを取り戻しています。それにしても、優雅な建物ですね。青もみじの中に見える鳳凰堂。鳳凰堂は、鳳凰の鳥が舞い降りた形を表現していると言われています。建物は両側に鳥の羽根の様に建物が延び、背後に [続きを読む]
  • ブログ記念日。
  • せっかくの秋の連休なのに台風が来ています。台風には、水害や被害も出さず、とっとと通り過ぎて欲しいです。ブログを続けていると一年に一度、書き始めた日があります。僕のブログも、2007年の今日、9月16日が書き始めた日です。皆様には、いつも暖かいコメントを頂きまして本当にありがとうございます。これからも 宜しくお願い申し上げます。                      Rocky [続きを読む]
  • 萩の花。
  • 京都の今年の夏は、とても暑い夏でした。あんなに暑い日が続いたのだから、秋の訪れは少し遅れるかと思いましたが、秋を感じる萩の花が咲き始めています。左京区・出町柳近くの萩の寺「常林寺」。萩の寺と言われるように、境内は白や紫の萩の花が咲き初秋の賑わいでいっぱいです。ここの萩の花は、高さが背丈程あり、枝垂れ柳の様に流れる萩の花に見入ってしまいます。萩の花は、万葉集で最も多く詠まれている花との事。常林寺さん [続きを読む]
  • 未来を見つめる瞳。カフェ・アイトワにて・・・・
  • 嵐山から嵯峨野を歩きますと、二尊院、落柿舎、常寂光寺、と由緒ある寺院が続いています。常寂光寺からすぐ近くにあるカフェ・アイトワさん(右京区嵯峨小倉山本町1)に寄せて頂きました。ここはカフェと共に、カフェのオーナーであり人形作家の森 小夜子さんの人形教室とギャラリーを見学させて頂けます。 ギャラリーへの見学は、カフェでお好みの「人形のポストカード」を、1人3枚(300円)買い求めると入れます。コーヒーを頂 [続きを読む]
  • 青もみじ美しい二尊院。
  • コメ欄閉じています。九月初めの嵯峨・二尊院。二尊院と言いますと、紅葉の名所。参道は「紅葉の馬場」と例えられ、晩秋には沢山の人で賑わいます。二尊院は小倉山山麓にたたずむ天台宗のお寺。承和年間(834〜847)に嵯峨天皇の勅願により慈覚大師円仁によって開かれました。その後衰退しましたが、鎌倉時代に法然上人らにより再興されました。人が誕生して人生の旅路に出発する際に現れる「発遣の釈迦」様。そして人が、その寿命を [続きを読む]
  • 伊根の花火大会。
  • 前ぺージからのつづき・・・・・午後8時15分。伊根湾海上から花火が打ち上げられました。ドーン ドーン。大きな音が伊根湾に響きます。夜釣りの人も花火を見上げています。大輪の花火に浮かび上がる、舟屋の町並み。次々に打ち上がる約1200発の花火。おーいお茶から、花火の俳句。「追いかける 背中に響く 遠花火」「花火咲き 人の心に 色がつく」「思い出は 夏の花火に どこか似て」この夏は、長雨や豪雨や残暑の厳しい [続きを読む]
  • 夏の終わりの伊根。
  • コメ欄閉じています。八月ラストの週末、京都府与謝郡伊根町の「伊根の花火大会」へと向かいました。 伊根町へは、京都の中心街から116Km。有料道路を走って二時間半位の距離です。伊根町までの経路には、舞鶴・由良海岸・宮津・天橋立があり海水浴場も多くあります。舞鶴を過ぎて、海が近くなって来ると、由良川を渡る宮津線が見えました。 ゴトン ゴトン・・列車が来ました。車窓の右手は由良川 左手には由良の海が広がりま [続きを読む]
  • 行灯の明かり「愛宕街道」。
  • 奥嵯峨では愛宕古道街道灯しが、8月23日から25日まで行われていました。(あたごふるみちかいどうとぼし)と読みます。「愛宕古道街道灯し」の始まりは22年前。 化野念仏寺千灯供養への来訪者を迎える為と、地域の地蔵盆を盛り上げる為に、 瀬戸内寂聴さんと嵯峨野保勝会、京都嵯峨芸術大学が共に 作り上げてきたお祭りで、愛宕街道沿いに、手作りの行灯を 点したのが始まりでした。エリアは、愛宕神社一之鳥居から二尊院、 [続きを読む]
  • 夏の俳句。
  • 以前、子供の夏休みは、八月いっぱい迄ありましたが、今は短くなっているんですね。僕の住む京都市の公立小学校の夏休みは、7日22日〜8日24日の34日間です。 思い出すと、夏休みが始まる頃は、無限に休みが続きそうでワクワクし・・・八月の終わりの頃になると、無性に寂しくなったものです。その頃、夏は大好きな季節でしたが、今は、年々暑くなる気温に、次の季節が待ち遠しいです。夏が詠まれた、伊藤園「おーいお茶」の俳句か [続きを読む]