ZO〜HIKO さん プロフィール

  •  
ZO〜HIKOさん: 悶遊記
ハンドル名ZO〜HIKO さん
ブログタイトル悶遊記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/live4565
サイト紹介文ZO〜HIKOによる悶々感情をつづった電脳ダイアリー。
自由文私、ZO〜HIKOが日々の出来事・感じた事を思いのままにつれづれに記した不定期のWeb日記。
時事ネタ・芸能・スポーツネタが多いかも。
「見なきゃよかった」てほど、つまらなくないとは思いますが…よかったら見てやってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/03/15 13:11

ZO〜HIKO さんのブログ記事

  • 最終回の結末
  • 高校野球が非常に盛り上がっているようだ。甲子園大会においては伝統的に影のうすい東北勢、それも日本海側の秋田県代表の金足農業高校があれよあれよという間の大躍進で秋田県勢では100数年振りの決勝進出だというから、それも無理からぬことかもしれない。秋田出身の... [続きを読む]
  • 派手
  • テレビの高校野球ダイジェストが流れていたので見たら、ベスト8に残った下関国際高校のユニフォームの色がめちゃくちゃ派手だ。ちょっと前ののヤクルトスワローズを彷彿とさせるが、それよりも、'80年代初期の日ハムの方がより近いか。大沢親分と江夏の頃のやつだ。 [続きを読む]
  • 復活
  • 15年以上使っている自宅の電話機の数字ボタンが一切効かなくなったから「もはやこれまで」と思ったが、接点復活剤なるものを吹きかけると良い、と聞き、分解してみると見事に復活した。これで当分は使えそう。それにしてもイエ電を使う機会が、ほとんどない時代になってしま... [続きを読む]
  • 道端をいきなり横切る一匹の蟹。「ただ横切ってるだけなのに、そんなに驚かれても困るんだよね」が多分蟹の弁。 [続きを読む]
  • 戦術
  • W杯・日本vsポーランド戦の、日本の終盤戦術に対してのブーイングがすさまじい。「どのように戦うべきだったのか」の正解はなく、自分としてもやはり答えはわからないところ。しかしこのことについての検証や評価は次戦のベルギー戦が終わった後でも遅くはない。かな... [続きを読む]
  • POOL
  • 久々にひとり練習ではなく対人対戦。友人曰く浅草でビリヤード店が今ここしかないらしいとのことで、意外といえば意外。ビリヤード二台&ダーツ・ショットバー併設店。 [続きを読む]
  • RITZ
  • リッツにミクロな材料を乗せる「小宇宙カナッペ」は美しく、そして美味い。リッツの箱の裏に、むかーしから載っているリッツパーティーみたいなやつ。 [続きを読む]
  • はっぽうやぶれ
  • 「Mr.麻雀」との代名詞を持っていたプロ雀士の小島武夫死去。「囲碁や将棋のように競技プロとして、麻雀で飯を食う」ということにおいてのパイオニアという人だった。この人をモデルにしたかわぐちかいじ著の劇画「はっぽうやぶれ」が大好きで、中高生の頃に熱心に読んで... [続きを読む]
  • 場外戦
  • 米朝首脳会談でいきなりの中止示唆を言い出したトランプの言動や振る舞いについて「プロレス的である」との評論記事を見たが、なるほどなと合点。「本番」前の「"口撃"場外戦」の盛り上げはトランプにとっては必要不可欠なものなのだろう。プロレスでは戦前パフォーマ... [続きを読む]
  • 出立
  • 西城秀樹の葬儀のニュースを見たが、一般ファン1万人が参列したとのことで、近年の有名人の葬儀では例がないことと思う。近年はかなり著名な人であっても「近親者のみでのこじんまりとした密葬」が流行りなのか、そういう傾向が強い。ニュースで見た西城の葬儀は大... [続きを読む]
  • MONSTER
  • 10年間無敗の相手選手が何ひとつできずに秒殺されてしまった。井上尚弥の「怪物」の異名が誇張ではないことをまざまざと感じてしまう。去年あたりからボクシング界でも最強を決めるべくトーナメントが行われだしている。「タイミングが、体調が、試合条件が噛み合わない」... [続きを読む]
  • STAR
  • 西城秀樹死去の報が駆け巡る近日の芸能NEWS。最近のジャニーズアイドル等は「一般人の等身大の写し絵」のようなのも少なくないが、かつての西城は、長身で顔が良くて、歌がうまくて、スポーツ万能で、おまけに人格者…昭和期のスーパースターは、やはり本物のスターとい... [続きを読む]