ピアニスト山口絵里 さん プロフィール

  •  
ピアニスト山口絵里さん: クラシックピアニスト山口絵里
ハンドル名ピアニスト山口絵里 さん
ブログタイトルクラシックピアニスト山口絵里
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamaguchieri824/
サイト紹介文音楽から発想を得て、気づきの詩を書いています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/03/15 16:32

ピアニスト山口絵里 さんのブログ記事

  • 私が「人の話を聴かない」理由
  • 今日の発見。私は昔から散々、人の話を聴かないと言われてきた。その理由がやっとわかったのです…!それは、私が音楽家だからです。。自分で言うのも何ですが。どういうことかというと、私は頭で音楽を聴いていない。そして頭で話を聴いていない。心で聴いているようなのです。それも、心の奥底に響いてくるかどうか、心の奥底の琴線に触れてくるかどうか。それしか興味がないようなので、それ以外のものにはまるで無反応のよう [続きを読む]
  • 答えは愛
  • 人間が究極的に求めているもの。あれが欲しいとか、これが欲しいとか、人それぞれ形は違っても、やはり本質は愛ということかと思う。キリスト、釈迦、孔子…みんな辿り着くところは愛を語っている。何かずっと探し物をしている人は、本当は愛を探している。何かを求めている人は、本当は愛を求めている…。究極的には、すべての答えは愛があるかどうかだと思っている。心の真髄から涌き出る泉のような愛。それはまるで音楽そのも [続きを読む]
  • ありがとうございました
  • 今日のマルシェの演奏会に来てくださった方、お忙しいところ、どうもありがとうございました。短い曲なので拍手はいりませんと言いましたが、一曲ごとに拍手をいただいてしまい、とても恐縮です。心から感謝いたします。今日演奏した曲目をご紹介します。渚のアデリーヌ、もののけ姫、上を向いて歩こう、ロミオとジュリエット、野ばら、スウィート・メモリーズ、お父様にお願い、Wiosna、故郷、白い恋人たち、星に願いを、幻想即 [続きを読む]
  • ミニコンサートのお知らせ
  • ボランティアですが、またピアノが聴きたいとの声をいただいて、演奏することになってしまいました。癌患者さんたちが人生を楽しむための会「めぐみの会」さんのイベントで演奏させていただきます。小さな場所で、小さなピアノで、練習時間もとれない事もあり、以前レストランや老人ホーム、緩和ケアなどで演奏していた、リクエストなどを集めた、静かで小さな曲たちを演奏します。映画音楽、日本の歌、ディズニーやジブリ、クラ [続きを読む]
  • 私のお姉さん
  • 今日は、まるで私のお姉さんのような、私の話を物凄くよくわかって、導いてくれていた人に…急に会えなくなるという信じられない事態となりました…。明日会えるはずだったので、前からとても楽しみにしていたのに…。人って、昨日いて、今日もいるから、明日もいるとは限らないものだと、人生は一寸先は闇だということ、改めて教わりしまいました。例えどんなに側にいる人であろうと。私はきっと永遠に…彼女を捜す旅に出るでし [続きを読む]
  • 目に見えない愛には、目に見えないほど体も使う。
  • 人は変えられないけど、自分は変えられる。いや、いつのまにか変えられてしまったと、最近気づく。昔の薄っぺらい私は、人にうるさく細かく言われるのが苦手だった。しかし、うるさく細かく言われることが、どういうわけか、最高の幸せだと思うようになってしまった。どういうことなのか。どMになってきたということ?ではなくて。つまり大事なのは、甘い言葉か、辛い言葉かどうかではない。どんな言い方をしているか、どんな風に [続きを読む]
  • 生き方のいろいろ
  • 思えば元彼は、侍のようなところがあったと私は思っている。地震が起きて揺れている最中、彼が咄嗟に起こした行動は、私を必死に守ろうとすることだった。空手で鍛えた体に自信があったのかわからないけど、私の体を囲う檻のようなものに成りきり、家が崩れてきても私に当たらないようにと、揺れている間、ひたすら筋肉に力を入れて頑丈な盾に成りきっていてくれていた。無謀かもしれないけれど嬉しかった。今思えば、人として感 [続きを読む]
  • 「好き」を分析
  • まわりが婚活コンカツうるさいので考えてみる。人を好きになるとはどういうことか。勝手な理想像をつくり上げることでもなければ、理想像を押し付けることでもない。 私は、無知の知を知り、どこまでも「理解しようとすること」だと思う。無知の知とは、知らないということを知ること。そして、どこまでも謙虚にならざるを得ないということ。無限の可能性を秘めた生物である人間に対して、「あの人はああゆう人だから」とわかった [続きを読む]
  • 愛のレベル
  • 愛とは何でしょうか。価値観は人それぞれです。私にとっての愛というもの。勝手にレベルをつけてみました。完璧だから愛されるのではない。完璧や不完璧に関係なく、愛はある。どういうこと?反対を考えてみればわかる気がして。愛の反対の状態とは、嫌いということ。ここでは、光と闇のように、対極的に考えてみることにします。例えば、嫌悪感しかなく、文句や愚痴ばかりで、全てが嫌いだったりする。少し愛に近づけば、良いと [続きを読む]
  • 私はなぜピアノを弾くのか
  • 今日も、睡眠が足りなさすぎて、あと10分ピアノを練習しなければというところで、とうとう寝てしまいましたが、体力が限界なのに反して、心はまるで日だまりのようです。ピアノを弾いていると、たくさんの愛をいただいてきたことがリアルに音となって溢れてくるのです。私のピアノは、私が弾いているのではなく、まるで私に愛をくれた方の、愛そのもののようなのです。音楽は愛そのものだということを、これほどリアルに感じたこ [続きを読む]
  • 愛に生きるということ
  • 愛に憧れ、愛が大切だと、散々理解したつもりになり、そのように生きようとしてきたけれど、はたして本当に愛を持って生きられていたのだろうか、と改めて思わさせられました。愛とは、自分よりも相手を大切に思うこと。今まで、愛が大切と言いながら、相手に傷つくことを言われたら、ショックで自分を守ることばかりだったことに気づきました。つまり喧嘩をしてしまっていたということです。戦いになったら愛ではありませんね。 [続きを読む]
  • どの側面から見るかによって
  • 最近すっかり「自然」について考えるようになり、野生動物を見習いたいと思うようになりました。人工の食べ物、人工の水、人工の空気。そして人工の音…。クラシックはまだ電気の音ではないので自然な響きの自然な音だけど、やはり人間が意図的に作ったものには違いない。日本の伝統的音楽など、民族音楽の方がまだ自然に近いものだろう。もっといいのは、自然の動物の鳴き声や、鳥のさえずりなどかもしれない。音楽ではなく音か [続きを読む]
  • 虫の大群に遭遇して
  • 良い気分のときに使われる表現…。例えば、真っ青な青空、煌めく日の光、鳥はさえずり、花は咲き、木々は青々と繁り…。 これらは一般的に、美しいとされているもののようです。しかし私は、これら「のみ」 、美しいと感じる感性が好きではありません。ここが芸術の芸術らしいところでしょうか。美しい青空の下、鳥がさえずり、花が咲いている地面の下には、ミミズがいて、ムカデもいて、団子虫もいる。それらがいるから、花が咲 [続きを読む]
  • 上から目線を分析
  • 年上の主婦の方に、私が騙されているかもしれないところを助けていただいた。年上なのに、年上なことを忘れてつい対等に話をしてしまうほど、気さくで優しい方!最近私は、職場でもベテラン特有の上から目線が癖になりつつあるので、反省させられるところです。なぜ上から目線になってしまうのか考えてみると、自分が簡単にできる事、できて当たり前の事を、人ができなかったりすると、なぜこんな事もできないの?と呆れてしまう [続きを読む]
  • 音楽の、理想と現実。
  • いくら自分の奥底から涌き出てきた音楽で、エネルギッシュなものであっても、その作品の隅々まで納得して意味を持つものとなっていることは珍しい。つまり、自分が産み出した作品そのもののように、100%自分が作曲したかのように思えるものは、珍しい。昔、コンクールのためのレッスンのときに先生が、「つまらない箇所はパーッと速く弾いてしまいなさい」と言っていたのを思い出す。つまり意味のないことを舞台上でやっていても [続きを読む]
  • なぜあの人は…と思うとき。
  • 長くなってしまったので、久々に日記に書きます。長文失礼します。期待する人には、いつのまにか、自分の要求ばかりになってしまいがち。なぜもっとこうしてくれないのか、ああしてくれないのか、自分はこんな思いをしているのに何故わかってくれないのか…。しかし我が身を振り返れば、自分は同じことができているのだろうか?それとも、自分は特別だから相手に同じことをする必要などない、と思っていたりしていないか?という [続きを読む]
  • 戦ったら負け
  • けっこう前の話だけど、カラダラボの教え「努力禁止」を日に日に実感している毎日です。最近は、戦ったら負けだと思っています。戦うのが好きならば戦えばいいのだけど。私のような怠け者が、戦いたくもないのに戦うという状況は、明らかに無理をしているということだと思うから。戦うということは、対象物をまず受け入れていない。敵というものを作ってそれを何とかしようと戦っているのです。敵(反発したくなるもの)なんて作 [続きを読む]
  • カタチのないもの
  • 人は、目に見えないものを求めて生きていくのかもしれない。例えば、心とか。愛とか。愛とか。そんなものはないと思っていても、どこかでけっきょく、探している。それは掴もうとしても掴めなくて、確かなカタチが欲しくて、カタチが欲しくて、この世に生まれてきたのかもしれないね。この物質世界に、肉体というカタチを持って。そして現実という物質に振り回されながらカタチのないものを求めて、求めて、カタチのないものをカ [続きを読む]
  • 変化した耳
  • 今日は休日でした。睡眠不足解消をして、ホロヴィッツの演奏をじっくり聴くことができ、落ち着きを取り戻しました。久しぶりに聴いて、彼の演奏の聴こえ方が変わっていたのに驚きました。静けさ、砂のような柔らかさ、小さくて細かい音に、とてつもない魅力を感じるようになっていたのです。以前は大きくて派手な音、迫力のある音がメインで、小さい音は対比のような、スパイスのような感覚でした。綺麗でしたが、それほど重点を [続きを読む]
  • 昔は純粋だったと言われ
  • 純粋ではなくなった人が、純粋だった頃に戻ることなんでできるのだろうか。再び子どもに戻ると言われる晩年にならないと無理なんじゃないか?と途方にくれていましたが、先ほどちょっと思い出しました。ひたすら内に入っていくことを…。我慢や忍耐をしすぎているのかもしれない。可能なかぎり、ひたすら心の求めることをしようと思います。理想の姿を目指すのではなく、心の奥深くの、本当の自分が求めることをしていく。一番し [続きを読む]
  • お花は師匠
  • 着物に合うようにと、河童のような髪型にしてしまったせいで、ドレスが似合わなさすぎて困っている、いつもアホな私です。しかもちょうど、着物はすべてお直しに出してしまい、せっかく髪型を合わせた時期に着物が着られないという、やっぱりこれが私ですね…。今日は、河童のような髪型を何とかごまかそうと、ドレスを着るときにお花をつけてみました。なかなか、河童ではなくなり気に入っています♪そして、お花を見ていたらま [続きを読む]
  • その後
  • レストランで、立って弾くのを禁止されてしまいまして、座って弾けないものかと工夫しています。椅子に座布団などを重ねて、立っている時と同じくらいの高さにしてみて、やっとしっくりきました。手の状態も似てきています。これはいけるかも!しかし足が短いためペダルがやっと届くほどで、足が完全に伸びた状態でペダルを踏むことに…。ここまでして、お尻を下ろしている(座っている)意味ってあるのかな?またまた考え出して [続きを読む]
  • またですが
  • また?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、また、ピアノを立って演奏することにしました。というか、これしか方法がありません。数年前の立奏は、体の使い方を模索してのことでしたが、今回は、立奏でないと左の指が動かないため仕方なく、です。格好いいものでもないし、自作ペダルの取り付けや持ち運びも面倒だし、立つことで目立ちたくはないのですが、座っていては左手がもう商品にはなりません。小学校の頃に弾け [続きを読む]
  • 左手
  • 実は数年前に、合気道の受身の練習をしていて左肩を痛め、肩の関節がおかしいのです。左肩は右肩に比べて、骨のようなものが少し出っ張っている。それ以来、左手の指の動きが悪くなりました。練習すれば何とかなるだろうと気にしませんでしたが、やはり、元のようにはいきません。次第に、プロとしてはもうダメだろうかと少しずつ考え始めてきました。何を試してみてもダメ、そんなピアニストにとっては致命的?のような症状とな [続きを読む]
  • 最高の贈り物
  • 今日は仕事の都合で先ほど帰宅。「積み木を積み上げるより崩す方が簡単」の感覚で仕事をしていました。仕事はテキパキやるよりも、バラバラバラッとやる方が速いし楽♪力が抜けているため丁寧にもなる。今日も人の優しさ、あたたかさ、ありがたさに救われ続けていました。生きることは感謝をすること。あらゆるモノを手に入れていく事よりも、人に与えていく事の方が幸せだと思いました。年を重ねることは、少しずつ様々なモノを [続きを読む]