ヴィンセント・アゲ麿 さん プロフィール

  •  
ヴィンセント・アゲ麿さん: 超猪鹿蝶
ハンドル名ヴィンセント・アゲ麿 さん
ブログタイトル超猪鹿蝶
ブログURLhttp://cho-inoshikacho.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文お笑い、4コマ漫画から、スピリチュアルまで幅広くカバーした、とりとめのないブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 89日(平均2.6回/週) - 参加 2008/03/16 15:57

ヴィンセント・アゲ麿 さんのブログ記事

  • ロズウェル事件、数々の説と宇宙人の正体!その①
  • さて、前回の記事で、ロズウェル事件の経緯について調べ、 そこから、隠蔽されてしまった事実がありそうだという結論を導き出しました。 今回の記事では、最初に軍が発表した「空飛ぶ円盤の捕獲」を真実として捉え、 さらに軍は、その円盤の乗組員を回収もしくは保護したと仮定します。 そして、その円盤のクルーが一体誰なのかについてのいくつかの仮... [続きを読む]
  • ロズウェル事件、事件の経緯と検証!
  • 夢の中で宇宙人と遭遇するという出来事があってから、 今まで、ほとんど関心が無かったロズウェル事件のことを詳しく知りたくなりました。 なぜなら、宇宙人とUFOを語る上で、 けっして避けては通れないのがロズウェル事件なのでございます。 ・・ロズウェル事件は、 1947年7月アメリカのニューメキシコ州ロズウェル付近で 墜落したUFOが米軍によって回収されたいう事... [続きを読む]
  • 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7
  • 村田英雄といえば、佐賀県出身(出生は福岡県)で、昭和を代表する演歌歌手で俳優。 人情味のある歌いっぷりには定評があったのでございます。 ですが、その男らしい風貌とは裏腹に その独特な言動が度々話題となったのも事実でございます。 ・・ある時、楽屋で、若手歌手が、 なかなか売れずに落ち込んでいたのですが、... [続きを読む]
  • 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6
  • 村田英雄といえば、昭和歌謡界の大御所であり、 「無法松の一生」、「度胸千両」、「人生劇場」、「王将」など のヒット曲は、あまりにも有名なのでございます。 また、村田は当時、新栄プロダクションに所属しており、 俳優業もこなすマルチタレントぶりを披露していたのですが、 時折、そのとんちんかんな言動が話題となったそうにございます。 ... [続きを読む]
  • マロ、不動明王と出逢う!
  • さて、アガスティア巡礼の旅から戻って、 翌年の話になるのですが、 当時から、マロは、「パワースポット巡り」と称しては、 日本全国の有名な神社・仏閣をよく訪ね歩いていたのでございます (・∀・)アヒャ そして、九州は大分県にある 宇佐神宮に参拝しようと思い立ちました。 しかし、不思議なこと... [続きを読む]
  • シヴァ神の正体!
  • 前回の記事で、女神パールヴァティの正体は、 ぶっちゃけ、観音菩薩であると豪語いたしましたが、 そうであるならば、 旦那様のシヴァ神は、日本では、 どんな神様になっているのでしょうか?     それは、ずばり、 不動明王 でございます。     不動明王は、サン... [続きを読む]
  • アガスティアの葉の真偽
  • 前回まで、十数回にわたり、 アガスティアの葉で指示された通りに、 インドの寺院を巡礼した回想記事を書かせていただきました。 ・・あの時の、アガスティアの葉の巡礼は、 かなり、「結婚」に焦点が絞られた 聖地巡りでございました (´・∀・` )アラマァ あれから、さらに数年が経過いたしました... [続きを読む]
  • インド・アガスティア巡礼の旅 vol.06
  • ティルナゲスワラム寺院のプージャルームでは、 初老のご夫婦と、 眼鏡をかけた赤いサリーが可愛らしい若いインド女性と、 マロの4人がおりました。 ・・前歯が抜けて、いかにも人の好さそうな旦那さんが、 たどたどしい英語でマロに話しかけてきました。 旦那さん:「わしらは、息子の結婚を祈願しに来... [続きを読む]
  • インド・アガスティア巡礼の旅 vol.04
  • さて、無事、クンバコーナムに到着したマロは、 定宿を探しに出掛けたのでございます (・∀・)スンスンスーン といっても、日本にいる時から、クンバコーナム駅の周辺のホテルはある程度把握しておりました。 日本で情報が取れないようなホテルは、最初から泊まる気もないのでございます。     ありました。 Hotel Ray... [続きを読む]
  • ターザン
  •     男子たるもの、やはり、ターザンの野性味には、憧れるのでございます (・∀・)スンスンスーン なにせ、ターザンは、ナイフ一本でライオンを倒し、ゴリラは素手で殺してしまう程の武闘派なのでございます ヒィー(((; ゚Д゚)))ガタガタ おまえは、大山倍達かっ #1... [続きを読む]
  • ウィッキーさん
  •   ・・マロが、幼少の折、日本テレビの『ズームイン!!朝!』という番組で、 登校の支度をしながら、 「ウィッキーさんのワンポイント英会話」 のコーナーをよく観ていたのが懐かしゅうございます ヽ(・∀・)ノ ワーイ 通勤・通学の超忙しい時間帯に、ウ... [続きを読む]
  • 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5
  • 村田英雄は、1949年、日本一の浪曲師を夢見て上京、 25歳で「村田英雄」に改名。 1958年は、『無法松の一生』で歌手デビュー。 1962年には、見事、第4回日本レコード大賞特別賞を受賞しているのでございます。 その豪快な歌いっぷりには定評がありましたが、村田自身の私生活でも豪放磊落で知られていたのでございます。 また、一方で、どこか風変わりな言動でも有... [続きを読む]