たかゆき さん プロフィール

  •  
たかゆきさん: たかゆきの日々徒然
ハンドル名たかゆき さん
ブログタイトルたかゆきの日々徒然
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/s_takayuki6188
サイト紹介文見習い駅員が日々の苦労もまじえつつこれまでの旅行の記録とか野球の感想とか書き散らかしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/03/17 18:15

たかゆき さんのブログ記事

  • 言っていいこととそうじゃないことがあるぞ
  • ご無沙汰をしております。札幌雪まつりを見てから沖縄キャンプを見に行くという無謀な旅程から完全に気力が切れています。もうちょい更新はしたいんですが、どうもしばらくは無理っぽいです。といいますのも、転勤になってしまいまして。悲しいことですが、東京を離れることになってしまいました。正直もう、余裕無い。やることだらけで不安もいっぱい。もうちょっと書き上げたら、とりあえず一区切りつけてブログ移転しようかな、 [続きを読む]
  • 日本最北端の駅へ 目指せ最北端その11
  • スーパーカムイから降り立ったのは滝川駅。また戻ってきたんかい、って感じです。ここからキハ40に乗り換え。せっかくの特急乗り放題のきっぷなのに、ローカル線ばっかり狙ったかのように乗ってますね。やはりこれは根が田舎モンの証拠であるな。滝川から富良野まで根室本線で移動。駅舎が富良野エクスプレスカラーですね。懐かしいな。たしかプラレール持ってたぞ。もう25年くらい前の話ですけど。北海道は今どきもう珍しい列 [続きを読む]
  • 2018年初勝利
  • 今日は起亜タイガースとの練習試合。序盤の相手のミスにもつけこみ、ベイスターズ見事勝利しました!ソトの打撃が好調ですね。枠どうしますかね。起亜には元ヤクルトの林、去年横浜に来るとかいう報道もあったヤンがおり、ブルペンでこの二人が並び投球練習する場面も。いやこれ贅沢な練習見学やで。練習後、横の広場スペースで着替えシーンまで見られるという。あの、そこはロッカールームとかどっか…。韓国代表格の選手がそこら [続きを読む]
  • 6.4 イースタン公式戦vs埼玉西武 西武第二
  • 二軍戦を見に行って3連勝中。ちょっとこれに味を占めて、この日もイースタン公式戦観戦。一軍がハマスタで試合しているにもかかわらず…ちょっとチケット争奪とかしんどくなってきちゃったのもありますけどね。関東はいいですね。一軍見に行かなくても2軍の試合があるんですから。先発は先週の観戦に続いて石田。今日はちょっと長いイニング投げるのかな。初回、2死から愛斗にヒット、2回は1死から熊代にツーベースを浴びます [続きを読む]
  • 終着増毛駅 目指せ最北端その10
  • 留萌からは海沿いを走ります。礼受駅にも車掌車の駅舎。駅舎の向こうに日本海。舎熊駅も車掌車ですね。こちらはちょっと補修されたような雰囲気ですね。箸別駅ホームは板張り。こんなんもうウッドデッキですやん。北海道特有の、仮乗降場からの昇格駅。それでも周辺民家も見えますし、設置の意義はあったんでしょうね。終点、増毛駅。北の終着駅というのは独特の風情がありますね。無人駅ながら駅舎は立派。これでも小さく改築され [続きを読む]
  • 南の島から
  • 沖縄県は宜野湾市に来ています。今年も春キャンプを見に。いやー、沖縄暖かいわ。半袖で過ごしてますが暑いくらいです。早くも2月から日焼けなんかもしちゃったりして、まぁどこのわんぱくこぞうかって感じに。一年で何が違うかって、まぁ、ファンが多いこと。ベイスターズファンってこんなにいたのな。つくづく、日本シリーズに出るというのはすごいことだ。ちょっと去年よりサイン貰いにくくなってる感じが何ともアレですけど。 [続きを読む]
  • 5.28 イースタン公式戦vs東京ヤクルト 平塚球場
  • 前日の勝利に気分を良くしてこの日もイースタン。今日は平塚球場です。バッティングパレス相石スタジアムひらつかという愛称名。ネーミングライツってあんまり好きじゃないなぁ。まぁ、考え方の古い人間なものですから。スターティングメンバ―。先月の中日戦で勝利をあげた後、ひじの違和感で抹消となっていた石田が先発!1か月ぶりの実戦復帰ですね。石田は初回、2三振を含む三者凡退の立ち上がり。2回には1死から渡邊に2ベ [続きを読む]
  • 終点からの徒歩連絡 目指せ最北端その9
  • 新十津川駅からさらに終端方向を見てみます。かつてはこの先にまだ線路が…とはいえまず車止めすら見えないような状況ですけど。力強い筆文字で歓迎されています。ほほえましいように見えて、そもそも地域の利用客がいないという現実が見て取れますね。駅に、観光客に向けたメッセージしかないって、本来はおかしかないですかね。駅舎は小ぶり。煙突があるのが何とも風情があっていいですね。もしかして、駅舎内に暖炉があるのかな [続きを読む]
  • 5.27 イースタン公式戦vs東京ヤクルト 大和スタジアム
  • 1軍が甲子園に遠征中なので、5月最後の週末は2軍戦観戦。週末、ホントそれしかやることないのかって次元で野球ばっかり見てますね…後からこうやって記録にして自分で自分にちょっとひいてる。この日の試合は大和スタジアム。たまにある2軍の神奈川県内遠征ホームゲームですね。こういうの見に行くのが実に楽しいんですよね。大和スタジアムはドカベンスタジアムの愛称があり、山田太郎のブロンズ像も。でもドカベンの聖地って [続きを読む]
  • 車掌車の駅 目指せ最北端その8
  • 旅行4日目の朝。札幌駅に早くから出て来ています。まだ711系がいた頃。早くから、とはいえ始発ではないんですけどね。行きたい路線があったものですから。赤い電車に乗って行きたいところではあるのですが、こちらの721系に乗って行きます。とはいえ、こっちも結構好きなんですけどね。車窓には日の出。日付は12月31日。今年最後の日が昇ってゆきます。石狩当別からは単行のキハ40に。この日最初に乗りつぶすのは札沼線。 [続きを読む]
  • 5.21 vs読売9回戦 ハマスタ
  • 守護神が本来の位置に戻り、連勝でこのカード勝ち越しを決めたい横浜。そして気持ちよく週末を終えて仕事に臨みたい自分。その思いは果たして。この日の先発は今永。初回、2回は無失点。2回など3者連続三振のパーフェクトピッチ。しかし3回、2死から長野に四球を与えると、立岡の打球はセンター桑原の上、フェンス直撃の先制タイムリー…そしてオープンする扉。ちゃんと閉めとけよ。なんとか反撃したいところですが、相手先発 [続きを読む]
  • 走りを知ってるヤツは来ない  目指せ最北端その7
  • 木古内駅舎。三角屋根イメージなんでしょうか。ちょっと不思議なデザインですね。北海道新幹線のポスターがありました。走りを知ってるヤツが来る。ちょっと画質が悪くてわかりづらいですが、写真は北海道日本ハム、糸井嘉男選手。選手のスタイルがキャッチコピーとよく合った、いいポスターです。ただ、糸井選手この前年にオリックスに交換トレードで移籍になっておりまして…ヤツ、来ない、っていうかいない、っていうちょっと切 [続きを読む]
  • 5.20 vs読売8回戦 ハマスタ
  • 4月は全ての週末を野球に費やしましたが、5月も普通に週末を潰しまくり。この日はハマスタで読売戦。先発はクライン。ここまでお世辞にも好投をしているとは言えない内容なのですが、それでも2勝1敗の内容。沖縄での好投もいまだに頭に残り、そろそろアジャストして完璧な投球を見せるのではないのかという思いが捨てられません。もはや呪い。初回からいきなり先頭にフォアボールを出し、立岡にはヒット。怖い坂本をゲッツー! [続きを読む]
  • 海峡を越えて 目指せ最北端その6
  • 帰り道歩くのしんどいなぁ、と思っていましたが。おっ、バス停あるやん!アカンやん!土日祭日運休。まぁ、年末年始も多分アカンのでしょう。というかバス来てもこの行き先ではどこ連れてかれるか分からんもんな。乗れんわな。線路沿い歩いていると、踏切にはこんな看板。馬や牛に注意喚起するってのは初めて見たな。馬は電気に非常に弱いので、踏切歩かせちゃいけないってのはなんかで聞いたことありますけどね。津軽浜名駅に到着 [続きを読む]
  • 5.14 vs阪神6回戦 ハマスタ
  • GW期間中は最初の二軍戦を見たのみ。第二週はチケットはとったものの、13日は雨天中止。仕切り直しの一戦です。先発は2年目の今永。ルーキーイヤーの昨年からホントいい球投げますよね。真っ直ぐで押し込めるのがいいよなぁ。先週から始まった9番倉本という謎の打順。これでどん底の打撃不振から少しでも脱出してくれればいいんですけど。初回、今永はフォアボールとバント処理ミスで無死1,2塁のピンチを背負うも、糸井ゲ [続きを読む]
  • 青函トンネル広場から 目指せ最北端その5
  • 右手に海峡線が別れていくと共に、左手から新幹線の高架が合流していきます。大きなジャンクションのようになっていますね。津軽線の駅名標、スゴイ好き。ここならでは感がホントによく出てるというか。しばらく離れていた海峡線の線路が右からまた近づいてきました。津軽今別駅。新幹線開業後は奥津軽駅(旅行当時の仮称)となる予定。こんなところに新幹線の駅とは…この津軽今別には津軽線津軽二股駅が隣接しています。乗り換えも [続きを読む]
  • 5.3 イースタン公式戦vs埼玉西武 西武第二球場
  • 負けが込んできたので、気分転換に2軍戦でも見に行こうかと。西武第二球場へ。フェンスがちょっと見づらいかも。初回、山下がヒット、飛雄馬が四球も、ゴメス三振、白根ゲッツー。先発は育成の田村丈。結構二軍では主戦で投げてるイメージはあるんですけどね。育成選手って立場は難しいですよね。二軍で主戦を張る程度なら、ずっと育成なんですよね。一軍に上げられるレベルにならないと、支配下にはなれない。厳しいもんですよね [続きを読む]
  • そんな目で見るな
  • 雨が夜更け過ぎに雪へと変わりました。寒いですね。球春到来、キャンプインなんて話が遠い世界の話のようで。いやまぁ距離的に遠いんだけど。早く沖縄行きたいなー、と思うところです。雪は雪で好きですけどもね。平日に降ったんではね…。雪が降ったからか、近所の野良猫が玄関前でスタンバイ。そんな切ない目で見ても何も出ないぞ。とりあえず撫でたけど。ウチのアパートはペット禁止だしなー。こそっと餌やってる人間はいるみた [続きを読む]
  • 名残乗車・寝台特急あけぼの  目指せ最北端その4
  • 3日目の朝からこんな列車に乗ります。寝台特急あけぼの。寝台特急という存在すらももはや死語に近いですが、旅行当時はまだブルートレインが生き残っていたのです。きっぷは見ての通り指定無し。末端の区間に限り、立席特急券が発売されていました。あけぼのが入線。出来れば始発から乗りたいところでしたが、まぁ、これはこれで。前日はさらに先に進んでおく選択肢もありましたが、やっぱりここであけぼのに乗っておきたかったん [続きを読む]
  • 4.29 vs広島5回戦 ハマスタ
  • 結局4月は全ての週末に野球を見に行くという。なんというか熱狂的ファンといえば聞こえはいいけど、本当にそれでいいのか30歳独身。この日の先発は今永。初回、いきなり初球を田中広輔に叩かれ出塁を許します。おいおい、と思う間もなく、2番菊地にまたも初球、この日投じた2球目をライトスタンドに叩き込まれ、いきなりの2失点。重い立ち上がりになってしまいました。まだ全然投げてないのに。すぐに返していきたい打線でし [続きを読む]
  • 想いを乗せて 目指せ最北端その3
  • 鳴子温泉駅では地元の観光協会でしょうか、出迎えが。こんなゆるキャラもいます。でかいこけし。跨線橋から見下ろすと景色は白一色。スゴイな…スコップ片手に歩いていく係員の方の背中が何とも印象的でした。こんな雪の中、本数がさほどでないとはいえ、遅れも無く輸送が出来ているのは驚異的ですらあります。大粒の雪が激しく降っています。再び車内に戻りさらに先へ。紅葉の時期や初夏の時期などは景勝地なのでしょうね。水墨画 [続きを読む]
  • 期待してるぜドラフト1位
  • 昨日は早起きして長浦に合同新人自主トレを見に行こうと思っていました。早起きは出来ませんでした。まぁ、行くだけ行ってみるかー、で行ったら、とっくに練習は終了している様子で。しかしファンがサイン待ちをしているのが見え、さらに臨時の簡易グッズ売店が出ていたので、ペンとボールをその場で買って列の後ろに。ドラフト1位、東投手ドラフト4位、斉藤投手ドラフト6位、寺田投手ドラフト9位、山本捕手にそれぞれサインを [続きを読む]
  • 4.23 vs中日6回戦 ハマスタ
  • 週末、連日の観戦が続きます。この日は久々に外野から。バックスクリーンが見づらいのよな。先発はクライン。クラインと石田ばっかり見ている。初回、先頭京田に四球を出すと、荒木にもヒットでピンチを招き、1死で4番の平田。きっちりライトに犠飛を打ち上げられ、先制を許してしまいます。中日先発はバルデス。早く反撃したい打線でしたが、中日先発バルデスが打てません。なんと3回までパーフェクト投球を許してしまいます。 [続きを読む]
  • リゾートみのりに乗って 目指せ最北端その2
  • 朝もはよから会津若松を出発します。郡山まで乗り通せば磐越西線は完乗になります。列車も雪まみれですねぇ。地物のコーヒー牛乳を飲みつつ。乳製品って地域性というか、どこ行ってもオリジナルがあるのが楽しいですよね。郡山からは新幹線ワープをかけます。18きっぷのとき、ワープするかどうかって結構性格でますよね。ウチは親父も乗り鉄なんですが、親父は意地でもワープしない派でした。自分はどんどんやっちゃいますけど。 [続きを読む]
  • 4.22 vs中日5回戦 ハマスタ
  • この週末もハマスタ。4月はここまで週末全部野球。それでいいのか30歳独身。この日の先発は石田。ローテーションだから当たり前とは言え、石田ばっかり見ている。実際見に行ってるときはそんなでも無かったけど、こうやって記事書いてると「また石田なのか…」って感じにちょっとなりますね。これで開幕から4試合目の登板となる石田。ここまで白星はありません。今日も初回から制球、球威がなんか今ひとつ。去年ほどのモノは無 [続きを読む]