蝦夷守 さん プロフィール

  •  
蝦夷守さん: ファンダメンタルなアウトローのFX
ハンドル名蝦夷守 さん
ブログタイトルファンダメンタルなアウトローのFX
ブログURLhttps://ameblo.jp/heenheen/
サイト紹介文政策金利、量的緩和の動向を利用したFX投資
自由文FXにはスポット・スワップから2重の利ザヤを稼げます。『金利差理論』を活用したファンダメンタル分析によって、両方から利ざやを得る投資法をとっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供750回 / 365日(平均14.4回/週) - 参加 2008/03/18 21:11

蝦夷守 さんのブログ記事

  • 【データ】日経・製造業PMI 
  • この経済指標。知っている人は少ないと思います。ISM製造業景気指数や製造業PMIみたいな経済指標が日本にないと感じている方は多いと思います。中国にだって2つあるほどメジャーですから。たしかに日銀短観は相当しますが、四半期ごとですし、50.0を分岐にしたものではありませんから使いにくい。(日銀短観は経済指標としては世界有数の精度ですけど) しかし、実は日本にも製造業PMIはあります。あまりメジャーではありませ [続きを読む]
  • 【FX】ようやくスワップ100万円を超えました!
  • 現在、トルコリラ投資を進めています。昨日、エルドアン大統領が大統領選挙の日程を2019年11月から2018年6月へ大幅に前倒ししました。強力な権限をもつ新大統領制への移行を早めたい意向のようです。また自身への支持率が高いうちに再選したい思惑もあるのでしょう。エルドアン大統領の再選が妥当のようです。トルコの政情が安定する思惑などから、トルコリラに買いが入った様です。 含み損がありますが、現状のポジションの保 [続きを読む]
  • 4月19日(木曜) 本日の相場見通し~昨夜トルコリラが急騰!
  • 【 今日の相場観&見どころ 】おはようございます、蝦夷守です。ファンダメンタル全般はリスク選好です。トランプ関税などで強まった目先の強いリスク回避が緩んでいます。日米首脳会談はおおむね良い方向で終了。ただ2国間貿易交渉で合意したのは日本の譲歩でしょうが、日本への鉄鋼関税が解除されるかも知れません。トルコでは大統領選挙が今年6月へ前倒しされたのを受けトルコリラが急騰しています。トルコリラも下げ止まり感 [続きを読む]
  • 4月16日(月曜) 本日の相場見通し〜米・小売売上高、要人発言
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 【 今日の相場観&見どころ 】おはようございます、蝦夷守です。ファンダメンタル全般はリスク選好です。目先は強いリスク回避が続いており投資環境は良くありません。主因は報復関税で、米国がかける1000億?関税に中国が対抗した動きを見せるでしょう。リスクの連鎖により不安心理は続いています。週末に米英仏がシリア攻撃を実施しました。大事に至らなかったことでリスク後退要因になりそう [続きを読む]
  • 今週の相場&論点
  • ■今週の相場観&論点リスクの悪循環から抜け出せるのか?週末に米英仏がシリアへミサイル攻撃を実施しました。リスク環境になるという見方と、これでリスク材料が1つ無くなったという見方があります。貿易関税について先週は静かでしたが、新しい材料が入ってくる可能性があります。引き続きトランプリスクに警戒が必要です。 ファンダメンタル情報は、米・小売売上高、中国・GDP、米・ベージュブックなど多くの材料があります [続きを読む]
  • 〔米国〕ついにシリアへミサイル攻撃開始!
  • トランプ米大統領は13日、シリアのアサド政権の化学兵器関連施設を標的とした精密攻撃を指示した。シリアの首都ダマスカスでは、複数の爆発音が聞こえたとの情報がある。 トランプ氏は、英仏との共同作戦が進行中であり、シリアが化学兵器の使用をやめるまで攻撃を続ける用意があると述べた。米英仏の軍事行動は、7日に反体制派が拠点を置くシリアの東グータ地区のドゥーマで化学兵器が使用されたとみられることを受けて実施 [続きを読む]
  • 〈PB〉川口にある城址へいってきました!
  • 先日、嫁さんを連れて武州赤山城(陣屋)へいってきました。 今住んでいる埼玉県・川口市にある城の1つです。外環自動車道を建設する時、発掘調査がおこなわれ、全容が解明しました。プライベートな話ですが、たまには息抜きとして書かせて頂きます。 赤山城は伊那忠治が築城したと言われます。伊那忠治は、利根川東遷を実質的に指導した人物として知られます。そもそも利根川は東京湾へ流れていて、たびたび洪水をおこしていまし [続きを読む]
  • 【FX】現状のポジション
  • == 中略 == トルコリラ投資を進めています。トルコリラ/円は関税問題、シリア地政学リスクにより非常に弱くなっています。トルコ中銀(TCMB)が利上げに動く気配も減衰したままです。トルコリラは、現在のリスク回避的なマーケット心理が除去されれば必ず上がります。その利益を享受するには、防御的なポジションを維持する必要があると考えています。必ずしも値上がり益を追う必要がないメリットは、上手くいかない時ほどアドバ [続きを読む]
  • 【データ】輸入物価指数(IPI)を時系列で見てみよう
  • どちらも前年比データです。 輸入物価指数(IPI)は、原油など資源・穀物・肉類・自動車・機械類などを海外から輸入する時の物価です。IPIは国内物価に大きな影響を与えることで有名です。 日本を事例にすると分かりやすいでしょう。かつて、原油が投機化してしまい1バレル=100?を超えた時どうなったでしょうか?すぐにガソリン価格に反映されました。次いで運送業やフェリーなどの運賃が上乗せされました。電気料金も上がって [続きを読む]
  • 【FX】スワップ収入の累計が90万円を突破!
  • == 中略 == トルコリラ投資を進めています。トルコリラ/円は目下トランプリスクに巻き込まれて、たいへん下がっています。含み損はおおきくなっていますが、一方でスワップ収入の積み上げが進んでいます。トレードは決済するまで損益は決定しません。決済するつもりがありませんから、当面は問題がありません。レバレッジ管理さえしっかりしてあれば問題ないのです。 ?このポジションの勝敗分岐点とは? ややアバウトな書き方を [続きを読む]
  • 今週の相場&論点
  • ■今週の相場観&論点リスクの悪循環から抜け出せるのか? 先週は状況的にリスク悪化が継続しています。ファンダメンタルは良好です。中国は米国に対し報復関税。それに対しトランプ大統領は1000億?相当の再報復を仕掛けました。それに対して中国が追加関税をかける公算が大きく、恐らく今週のうちに動きがあるでしょう。リスクの連鎖が止まりません。話し合いの兆しがあるものの、解決の糸口が見えません。森友問題も、未だリス [続きを読む]
  • 【データ】雇用統計を時系列的に考えてみよう
  • ※軸の説明に誤りがあります。非農業部門雇用者数が左軸(単位:万人)、失業率&平均時給(前年比)は右軸です。この場を借りて訂正いたします。 経済指標は時系列で俯瞰することが重要です。このようにグラフ化して確認すると、今回の雇用統計に意味づけが出来るでしょう。最近、もっとも注目されている平均時給ですが、これが2.5%程度にとどまるか、3.0%近傍まで上昇するのか?今後の利上げ情勢を占うとても興味深いデータ [続きを読む]
  • 米国では司法長官も更迭される可能性高まる
  •  CNNによると、トランプ大統領は司法長官をセッションズ氏からプルイット環境保護局(EPA)長官に交代させる人事を検討していたと伝えている。ケリー大統領首席補佐官はさらに悪いニュースが伝えられる前にプルイット長官を解任するよう主張したという。(引用:Klug) Klugより引用させて頂きました。かねてから噂に挙がっていたらセッションズ司法長官の更迭が決まりそうな雰囲気です。なお、引用文3行目は「セッション [続きを読む]
  • 4月5日(木曜) 本日の相場見通し〜一喜一憂
  • 【 今日の相場観&見どころ 】おはようございます、蝦夷守です。ファンダメンタル全般はリスク選好です。目先は強いリスク回避がやや緩んでいますが、予断は許しません。トランプ大統領が再度緊張感をたかめています。関税問題は報復関税が激化する可能性がありつつも交渉の匂いもあり、報道に一喜一憂する展開が続きます。 ファンダメンタル情報は、昨日ADP雇用者数が強いデータで相場が持ち直す契機になっていました。ただし他 [続きを読む]