山形県知事 さいとう弘 さん プロフィール

  •  
山形県知事 さいとう弘さん: 山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ハンドル名山形県知事 さいとう弘 さん
ブログタイトル山形県知事 さいとう弘 子育て知事日記
ブログURLhttp://www.hkysaito.jp/
サイト紹介文日記暦40年、年間365日、毎日更新します!
自由文子どもの成長をしっかりと記録にとどめたいと思います。時に、政治の視点も、披露します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/03/19 01:18

山形県知事 さいとう弘 さんのブログ記事

  • 米国の「途上国」性
  • ロサンゼルスに来ました。かつて何年前に来たかすら思い出せないほど久し振りに。でも、空港に降り立った時から、「ああ、変わっていないなぁ〜」と…とにかく、税関を通り抜けるのに1時間半を要しました。税関検査を受ける人が多い、というだけではなさそうです。一人一人が画面に向かって自動チェックインする仕組みですが、その後も改めて「人」からチェックを受ける仕組みです。米国と言えば、毎年必ずノーベル賞を受賞するほ [続きを読む]
  • 暖房の季節、到来!
  • 今朝、我が家では、ついに暖房をつけました。「床」暖房ですが。そのぬくもりに触れると、ホッとします。他方、いよいよ今年も冬がやってきたか、との感慨にも浸ります。はるか東の空に眺める蔵王連峰から、「紅葉」前線が降りてきます。そして、ほどなく、「降雪」前線が降りてくるでしょう。今年の雪は深いのか・・・それを占う「カマキリの卵の産み付け位置」の話は、今年は未だ聞き得ていません。 [続きを読む]
  • 「複雑社会」から「単一社会」へ?
  • 「センサーを通じて『情報』を収集し、それが『データ』となった途端、産業の違いは消滅します」この1週間のフォーラム参加で、最も印象的だったWSさんの言葉です。分かるような気がします。人の位置情報、健康状態、会話内容、関心事項、移動パターン、等々。だから、というわけではないでしょうが、「産業」をIndustryと呼んできましたが、最近ではIndustriesと呼ぶのが一般化しているような気がします。社会のあらゆる情報が、 [続きを読む]
  • Innovative City Forum(その2)
  • 「人口知能AIはアートを創れるか」深淵にも聞こえる刺激的テーマが投げかけられました。そして、アート系のパネリストがとても興味深いお話をしました。「我々のようなアート系の人間が技術開発の現場に呼ばれるようになった」確かに、Air(呼吸をモニターできる都市)、Water(水のきれいな都市)、Light(ガラスをレンズに代えそこから自然発生的にエネルギーを生むことの出来る都市)、そしてNutrients(食を満たす都市)がキー [続きを読む]
  • Innovative City Forum(その1)
  • 一昨日のWEFに続き、Innovative City Forumに参加しました。於 六本木アカデミーヒルズ。  - Data Integration  - Redefine  - Value Add  - Data Standardization  - Shard Assets especially in Logistics  - Create Market Places with On-going EffortsSuper Smart Enterpriseにとっての工程項目、のようなものです。とはいえ、Society 5.0とは、またFourth Industrial Revolutionとは、何を指すのか定義が [続きを読む]
  • ハガティ駐日米国大使の表敬
  • ウィリアム(ビル)・ハガティ駐日米国大使(第30代)を表敬しました。これまで何度か米国大使館を訪問したことはありますが、大使の執務室に招き入れていただいたのは初めてでした。その容姿は、まるで俳優でもあるかのような、素敵な印象でした。目は鋭く、青い瞳に吸い込まれるような錯覚さえ覚えました。2017年3月27日にトランプ大統領から指名され、同年7月27日に宣誓を行い、8月末に着任しました。ボストン・コンサルティン [続きを読む]
  • World Economic Forum in Tokyo
  • 通称「ダボス会議」で有名なWorld Economic Forum。これが東京で開催される、というので参加しました。於 六本木ヒルズ。毎年開催されているわけでもない、ということでした。テーマは“Building Society 5.0 in the Fourth Industrial Revolution” そして “Future of Digital Economy and Society”やはり、キーワードはData。そして、その「進化系」は - Data Sharing - Data Cooperation - Data Standardization - Data [続きを読む]
  • 八波會30周年記念式典
  •  「大波 小波  荒波 さざ波  三角波 津波  人なみ 足なみ」山形県酒田市の8人が、かつて肩が触れ合うほど賑わっていた酒田市を再び元気にしたい、との想いから発足した八波會。そして、そこへ、「八波」の名前を持つ、八波一起さんを、ギャラ無しでお招きし、青森で仕事を終えてからはるばる4時間かけて酒田駅に降り立ったのがスタート。「情熱と真心」八波一起さんの言葉です。あれから30年の歳月を経ました。私は [続きを読む]
  • 東高東音会互一会
  • もう30年以上になります−−−昭和51年県立山形東高等学校の音楽部を卒業した仲間、そして家族で、恩師の瀧口正彦先生を囲みながら、一年に一度、一泊二日の集まりを始めたのは。今年は、いろりの里「田田」(山形県三河町)。合計10名の参加。家族の集まりですから、食事や近況報告をしていると、かつては、例えば食事会場を走り回る子供たちも多数参加していました。その時、「いつか、この子供たちも大きくなったら、また我々だ [続きを読む]
  • 「丹精は 誰しらずとも おのづから…」
  •  「丹精は 誰しらずとも おのづから        秋のみのりの まさる数々」(二宮尊徳) (精進している人の仕事は、誰にも見向きされなくても、  <秋に実がなるように>時がくれば自ずから結果として見えてくる)                    『三才獨楽集』そう信じて、取り組みを続けるのです… [続きを読む]
  • 「丹精は 誰しらずとも おのづから…」
  •  「丹精は 誰しらずとも おのづから        秋のみのりの まさる数々」(二宮尊徳) (精進している人の仕事は、誰にも見向きされなくても、  <秋に実がなるように>時がくれば自ずから結果として見えてくる)                    『三才獨楽集』そう信じて、取り組みを続けるのです… [続きを読む]
  • 「国家の運命 を々しく 負はむ」
  • 同級生のK君とランチをしました。於 ナチュラル・カフェ(山形市内の農家レストラン)国を背負ってきただけに、政策のこと、内閣のこと、人間模様のこと、等々。こんな話題を巡って、片田舎のふるさと山形で、人知れず(?)、こうしてふたりで話すことができる、ということ自体、なぜか、とても、不思議な感じがしました。考えてもみれば、我が母校の校歌には、そもそも、そう謳われているのですから。************* [続きを読む]
  • 味噌汁と減塩
  • 「お味噌汁は具沢山で、小さな器としましょう」人間ドックで、管理栄養士さんからの講話を伺った際のお話でした。お味噌汁が大好きな私。家族の中でも人一倍大きな器に、必ずと言ってよいほどお代わりをします。やてはいけない見本、のようなものですね。お味噌汁の平均的な一杯は塩分2.2g、日本人の平均塩分摂取量は一日あたり上限8gとするのが良い、とされているそうです。お味噌汁を大きな器で、お代りしたら、朝食時の味噌汁 [続きを読む]
  • 味噌汁と減塩
  • 「お味噌汁は具沢山で、小さな器としましょう」人間ドックで、管理栄養士さんからの講話を伺った際のお話でした。お味噌汁が大好きな私。家族の中でも人一倍大きな器に、必ずと言ってよいほどお代わりをします。やてはいけない見本、のようなものですね。お味噌汁の平均的な一杯は塩分2.2g、日本人の平均塩分摂取量は一日あたり上限8gとするのが良い、とされているそうです。お味噌汁を大きな器で、お代りしたら、朝食時の味噌汁 [続きを読む]
  • 初冠雪、例年より早く…
  • 我が山形県の名峰・月山(1984m)が初冠雪。例年より結構早い、と報じられています(平年(10月18日)より13日早く、昨年(同25日)より20日早い)。北海道でも手稲山、東北でも岩手山、八甲田山などで観測されたようです。だからといって、今年は厳しい冬になる、とは限りません。が、心理的にはそう思わざるを得ません。備えあれば憂いなし… [続きを読む]
  • 人間ドックでの出会いを通じて想う
  • 年に一度の一泊二日の人間ドック。検診結果はさておき、堂々と、ゆっくり出来るのが楽しみです。もう一つの楽しみは、どんな方々とご一緒かは、という点。朝食は抜いて、血液検査や胃カメラ、腹部エコー、聴力、胸部レントゲン等が初日です。お昼ごはんがほぼ30時間ぶりの食事。ご一緒の方々と言葉をかわすチャンスです。60歳と思しき方。人間ドックは初めて、だそうです。某有名K会社勤めで、中国に赴任してお仕事をなさっている [続きを読む]
  • 季節の移ろい
  • 「いってきまぁ〜す!」そう言って登校した高1の長女。「もう衣替えなんだよ」とも。そうだね、と。実は、すでに気が付いていました。春から夏へ。夏から秋へ。その季節の移ろいが衣替えとともに感じられます。地元蔵王の山々は、いまが紅葉の真っ盛り。間もなく、「紅葉前線」が平地にも降りてきます。そして、雪の便りも…こうして、季節は移ろい、齢(よわい)を重ね… [続きを読む]
  • 若い中国人女性にとっての日本
  • さほど混んでいない列車の中。中国から来たと思しき若い二人の女性。通路を隔てた両サイドの長椅子に互いに向かい合って座りました。「列車に乗って座る際に、両脚の膝と膝をくっつけるんだよ」「へぇ〜」「ほら、こうやって!」(検索後のスマホの画面を相手に見せる)「あっ、こうだね!」(両膝をキチッと付ける)「こうも、かな?」(くっつけた両膝とともに両脚を斜めに)そんな会話を交わしながら(と思われる!)、ケラケラ [続きを読む]
  • 今年度後半のスタートに町内防災訓練
  • 今年度の後半がスタートしました。本来であれば衣替えに当たる日なので街の様子から感じます。が、今日は日曜日とあって、そうした風景も目にすることなく。そんな中で、町内会での年に一度の防災訓練。於 ひぐらし公園。備蓄してある食料の炊き出し等の訓練を兼ねて、消費期限切れ前に消費しよう、という目論見で、毎年開催されます。アルファー米やレトロ食品を温めて…もちろんそうですが、ご近所には畑をやっている方、山歩き [続きを読む]
  • 小池百合子東京都知事の国政再転身はあるか?
  • 小池百合子東京都知事の国政再転身はあるのでしょうか?多くのマスコミが「女性初の首相」の座を狙って、ある、と囃し立てています。菅官房長官も昨日の記者会見で「出てくるんじゃないか」と指摘しています。私は、ない、と見ています。第一に、「1/1」と「1/465」との「重み」(権力)の違い、すなわち、政治家としての「醍醐味」は、双方とも経験済みだけに、ご自身が十分に承知なさっていると思われること。第二に、老練の自民 [続きを読む]
  • 秋田の新米「あきたこまち」
  • 新米が出た、と聞きました。そこで、さっそく、国際教養大学からの帰途、産直に立ち寄って、「あきたこまち」を買い求めました。米粒はさほど大きくはありませんが、白く輝いて見えます。確かに、帰途道中に拡がる田んぼは、もうだいぶ刈入れが進んでいました。あの、黄金に大地が染まる景色は、先週がピークだったかもしれません。さあ、今夜は、我が山形県のお米と食べ比べてみましょう。甲乙つけがたい、かな? [続きを読む]
  • 解散総選挙
  • 衆議院が解散されました。政権選択選挙です。民進党の前原代表は、同党公認を出さず、同党立候補予定者は、東京都の小池知事が率いる希望の党公認を得る方針を打ち出しました。事実上の民進党解体、与党対野党の2大政党のガチンコ選挙の様相を呈してきました。前回参院選で効を奏した野党共闘を今回も目論んでいた共産党がハシゴを外された形です。それにしても、前原代表は、野党第一党の党首として、思い切った決断をしたもので [続きを読む]
  • 政界を去る方々と残る方々、その決断
  • 今回の衆議院解散を受けて、出馬見送り・政界引退を表明した衆議院議員が少なからずおられます。自民党では、高村正彦副総裁(75歳、山口1区)、谷垣禎一前幹事長(72歳、京都5区)、平沼赳夫元経済産業相(78歳、岡山3区)、金子一義元国土交通相(74歳、岐阜4区)等。民進党では、横路孝弘元衆院議長(76歳、北海道1区)、川端達夫氏(72歳、比例近畿)、高木義明元文部科学相(71歳、比例九州)等。公明党では漆原良夫中央 [続きを読む]
  • シンガポール、多様性の受容が発展の源
  • 「祈祷室 Prayer Room」シンガポールのチャンギ空港で目に入った案内板です。このお祈りの場は、おそらく、イスラム教徒のためにあるのだと想像がつきます。シンガポール市内のオフィスを覗いてみても、多国籍であることが一目瞭然です。こうした多様性を受け入れる国であるからこそ、今のシンガポールの発展があるのでしょう。我が国では、こうした祈祷室は、主要な空港や観光地を中心に、全国26都道府県135ヶ所に設けられている [続きを読む]
  • 日米インフラ投資を巡る円卓会議
  • 日米インフラ投資を巡る円卓会議に参加しました。於 フォーシーズンズホテル in シンガポール。日本側からは経産省、米国側からは国務省、そして両国の関連政府機関と民間企業、総勢50名ほど。本年2月に訪米した安倍首相とトランプ大統領との間で経済・貿易関連問題への取組を最優先することで一致、それを受けて4月に訪日したペンス副大統領と麻生副総理兼財務大臣が日米経済対話を開始しました。その際、(1)貿易・投資のルール [続きを読む]