ビーシーアイ さん プロフィール

  •  
ビーシーアイさん: 四季悠々BCI-Architect滋賀
ハンドル名ビーシーアイ さん
ブログタイトル四季悠々BCI-Architect滋賀
ブログURLhttp://bciweblog.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀県の建築会社 四季を感じる自然素材の家づくり
自由文『四季を感じる自然素材の家づくり』個性豊かな、建築会社 有限会社ビーシーアイのスタッフによる楽しくてあった〜いブログです(^-^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/03/20 14:07

ビーシーアイ さんのブログ記事

  • 台風の被害
  • オーナー様からのご依頼で、先日の台風での被害の状況調査と修理です。部分的に屋根棟笠木が飛んで外れています。屋根足場まで組み上げていますので、全体的に見てまわります。四季の移り変わりで風情のある自然を愉しめる日本はすばらしいです。海の大きな海流は豊富な天然資源をもたらしてくれます。でもおおきな太平洋の西に面する形はときには台風という大きな力が国土を通過します。四季は時節の流れを五感で感じることができ [続きを読む]
  • 室内壁天井 総パテ作業
  • 施主様 自らの総パテ作業中全ての壁と天井の仕上げを塗装仕上げとするための下地作業。焼き板の外壁は自然の中にうまく入ります。街中での黒の外壁は目立ちますが自然の中ではしっくりしますね。西川真悟 [続きを読む]
  • 2階リビングデッキ 
  • 鉄骨ベースの2階リビングデッキ構造となる鉄は亜鉛鋼材で耐久性を上げています。この亜鉛のシルバーの上から焦げ茶色のウレタン塗装をします。毎日使用するデッキは耐久性があり、なおかつメンテナンスがなるべく楽なほうがいいですね。まだまだ暑い日が続きます。皆様熱中症にお気を付けて・・・西川真悟 [続きを読む]
  • 造作 施主様参加
  • イタリヤ人のオーナーによる施主参加の造作工事です。イタリヤの男子はなかなかの職技がありますね。構造や外部外壁はこちらで仕上げましたが内装下地内装塗装はオーナー様が頑張ります。造作の仕上げは当方施工で進めていきます。西川真悟 [続きを読む]
  • 中古住宅 周辺調査
  • 先日の中古住宅のリフォームのご相談を受け、現地周辺をまわります。自然豊かな地域ですが、JRにも近く日常生活もいい感じで過ごせる場所ですね。後日、内部を見せていただいたのですが、丁寧にお住まいされた建物でした。水平垂直レベルなど問題なくしっかりした建物です。中古住宅は当然ですが、既に建築されている建物です。年代により建築基準も違います。でも必ずその年代に従った基準で建てられたかどうかはわかりません。で [続きを読む]
  • 理想の家づくりのために
  • ホームページをご覧いただいた方からご連絡頂きましたありがとうございました。土曜日に限らず、ご連絡いただければいつでも相談を受け付けております建築士、建築家に相談する・・・なんだか敷居が高そうな気がする・・・なんて声も聞きますが、そんなことはありません。相談に来られる皆さまからは家づくりに対する熱意をいつも感じます。そういう想いに応えたいと思うのが建築家です。理想の家づくりのために『住まい』について [続きを読む]
  • 耐震診断
  • 耐震診断員の講習を受けてきました。大きな地震がくれば、多くの建物に被害がでます。備えはだれしもしっかりしておきたいものですが、自分の家を地震に対して強くすることは現実はなかなか難しい面があります。 いつくるかわからない出来事(地震)備えて、費用をかけて耐震改修する・・・それもある程度の額がともなうことです。みんなが、はいします とはなかなか、いかないでしょう。たとえ補助をうけて、改修するとしても簡 [続きを読む]
  • 住まいの問題解決会
  • 梅雨ですが、今日は日差しが強いですね。昨日は湿気の多いひでした。今日もですが。住まいに関する諸事情は様々です。リフォームとなればいろいろな住まいに対する要望がみなさんあるとおもいます。現在の住まいをさらに良くしたい・・・だれもが心のどこかで感じていることでしょう。たとえ新築工事でもなにかのきっかけで新築となるのでそれまで必ずどこかで日常生活をされておられるのですから、新たな住まいのステージにステッ [続きを読む]
  • バックシャンプー入替え
  • タカラベルモント製  YUME IXIうたた寝 姿勢 スタイル高齢のお客様にも楽な姿勢でシャンプーできるようにとバックシャンプーを交換されました。大きさが以前のバックシャンプーより大型なので位置が変わり配管もやり直しです。でも作業をうまくこなしたので、床の配管跡もなく綺麗に仕上がりました。以前は普通?のバックシャンプー西川真悟もちろんこれはこれで使い勝手の良いバックシャンプーです。 [続きを読む]
  • 家づくり 無料相談会やってます
  • 家づくり 無料相談会開催します家づくりをはじめた方へ リフォーム相談もどうぞ 住宅展示場に行ったり、住宅会社の見学会に参加してみたり、雑誌や本・インターネットなどで勉強されていると思います。そうすることで、いろいろな知識や情報、事例を学ぶことができますが 自分たちの場合はどうなの? どうすれば良いの?いろいろな方法で勉強すればするほど、だんだんわからなくなっていきがちです。 一般的な知識を得ることは [続きを読む]
  • チェスト 製作
  • 引出しの塗装中です。ホワイトアッシュの木目が鮮やかです。組み立て後です。引出しの素材は無垢がいいですね。重量は増しますが、木の風合いは指触りもいいです。薄型の引き出しも併用のチェストになります。オリジナルの家具は長く大切に使われるので、素材も耐久性が求められます。建築設計の楽しさとはまた違う楽しさが家具什器の製作にあります・・・ [続きを読む]
  • 洗面台 オリジナル洗面台の制作
  • 洗面室と浴室を新しい空間にリフォーム!隣に設置するチェストはまだ製作中ですが、まず洗面台を現場にいれました。床は栗のフローリング壁はタイルスライド引出しを2段にし小物収納もできます。オリジナルの什器は場所に合う大きさと好きなデザインでただひとつの家具ができます。製作時間がかかるのとと労力がなかなか大変ですが。 [続きを読む]
  • 現場は雪の中
  • 日本のあちこちが雪で覆われている数日ですが高島市の現場もなかなかの積雪でした。いつものルートは走行不可でした・・・長靴だけではとても無理な積雪。スコップでかき分けてすすみます。キーボックスを雪の中から掘り出して入りましたが。広葉樹が葉を落とした灰色風景と雪の白さそして、焼き板の黒のとり合わせは、私の好きな色合いです。雪景色は大好きですが建築という仕事は雪の影響が大きいですね。 [続きを読む]
  • 什器製作 
  • 新年あけましておめでとうございます。西川真悟建築設計は本年も良い建築に日々励んで参ります。  昨年末にいつもお世話になっておりますお客様からのご依頼で 什器の製作をお受けしました。 階段上の開口スペースの有効利用でグラスを飾る飾り棚を造らせていただきました。私の好きな木材のホワイトアッシュで什器本体と扉を組み上げました。ガラスの向こうは階段なので1階フロアから4m以上あります。 什器の後ろはガラス [続きを読む]
  • ハイブリッド構造のデッキテラス
  • 傷んできたウッドデッキの造り替え。今回は亜鉛メッキ鋼材で既存の鉄骨構造の上に新たにデッキテラスを造ります。平面が台形型のため鋼材の接合は溶接とボルトを各箇所併用します。屋根もアルミ既製品は大きさサイズ、鉄との接合が良くないために亜鉛メッキ鋼材で造ります。 目隠し板に水に強い飫肥杉を使用。キシラデコール塗装中。 [続きを読む]
  • 焼き板 貼る 続き
  • 杉材なので仕上がり寸法やサネの大きさが若干違うことがあります。今回は全面を焼き杉板を貼りますので、長さが4mまでなので、一階から二階まで通して一枚は貼れません。中間のほど良い位置(二階窓下など)で水切り材をいれて、水仕舞とします。 なので、板の目地を一階と二階で通さないとズレて貼るようになり見栄えがしません。貼り始めの幅を決めて、上から下まで目地が通るように施工する。手間はかかりますが綺麗に貼るため [続きを読む]
  • 応急危険度判定士 
  • 地震の多い日本、いやこの頃といいましょうか。昨日は、被災建築物 応急危険度判定士の更新の講習でした。約10年ほど前に最初に応急危険度判定士の登録を済ませていましたが被災現場に出たことはまだありません。ここ10年で何度も大きな地震がありましたが、滋賀県に近い地域ではないので出番がないというのもあるのですが。 地震が発生し、建物に被害が出たなら所有者は不安です。被害がでているかどうかさえわからないこともあ [続きを読む]
  • 焼き板 貼る
  • 焼き板の素材感は好みがありますが、私は好きです。今回の建築のクライアントも焼き板の風合いが好きな方です。でも気軽にはい、貼りましょう!とは私はいいません。なぜなのかそれは簡単には貼れないのです。建築の技術が簡単なわけないといえばその通りですが、窯業系サイディングのような均一な精度が焼き板にはないからです。窯業系サイディングが簡単とはいいませんが。動画は私と大工さんで施工してます。 それから水密性で [続きを読む]