清流 さん プロフィール

  •  
清流さん: 清流の森
ハンドル名清流 さん
ブログタイトル清流の森
ブログURLhttps://ameblo.jp/oniondx/
サイト紹介文主に九州の四季折々の風景と滝の写真を公開しています。観光名所から知る人ぞ知る穴場まで。
自由文-撮影機材-
PENTAX K-5
PENTAX K100D Super
SIGMA 18-125mm F3.8-5.6DC OS HSM
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
PENTAX DA L55-300mmF4-5.8ED
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/03/22 11:22

清流 さんのブログ記事

  • イチョウ並木
  • 2018年12月1日(土)撮影 この日は午前中用事があってちょっと近所まで出かけたんですが、その途中きれいなイチョウ並木がある事に気づきました。今の家に住んでそろそろ8年ぐらい経ちますが、近所にこんな所があったなんて初めて知った!遠出しなくても近所にもいいところはあるもんですね。 やはりあまり知られてないみたいで人はほとんどいません。車もたまに通るぐらい。 残念ながら近くで工事をやっているようで、入口と [続きを読む]
  • 自宅前のイチョウ
  • 2018年12月1日(土)撮影 自宅の目の前にある大イチョウの木。これが色づいて散ってしまうといよいよ本格的な冬到来です。 この日と次の日ぐらいまでがピークでしたね。その後、結構雨が降って風も強かったのであっという間に散ってしまいました。 写真には写ってないですが右に駐車場があり、朝の出勤時に見たら黄色く染まっていました。掃除したみたいで次の朝には無くなってましたが。 自宅の窓からも少しだけ紅葉を見るこ [続きを読む]
  • 菊地神社と菊池公園
  • 2018年11月24日(土)撮影 せっかくの3連休だったけどちょっと体調を崩してしまい、遠出するには厳しい状況。それでも撮影には行くという大バカ者(^_^;) 人によっては車で1時間は「遠出」と言うかもしれませんが、自分としては「近場」の菊池公園へ行ってきました。 紅葉は見頃を迎えてはいましたが、まだ若干早い感じ。まだまだ緑の葉が多い状況でした。 最近水鏡への写り込みにはまっています。水たまりとかあったら、とり [続きを読む]
  • 旧細川刑部邸ライトアップ 2018
  • 2018年11月23日(金・祝)撮影 熊本城三の丸の旧細川刑部邸。地震の影響で現在も休館が続いていますが、今年も紅葉の時期に一部開放されました。 今年は色づきが良くないというか均一性がない感じ。色づきが早かった葉は枯れ始めているわりに、まだ青い葉もたくさん。 今年から公開範囲が広がったようで竹灯籠のオブジェも設置されていました。ライトアップも黄色一色ではなく青や緑が追加に。不自然なので赤や緑のライトはいら [続きを読む]
  • 熊本県庁プロムナード 2018
  • 2018年11月23日(金・祝)撮影 今年も熊本県庁のイチョウ並木を見に行ってきました。でも残念ながら時期を外したようでイチョウはかなり散ってしまっていました。ただその割には落ち葉が少ないような?散ってても落ち葉の絨毯を撮影するつもりで行ったんですが、薄く積もってるだけでした。なので落ち葉で遊んでる子供とかも少ない。 ピークを過ぎたから掃除したんでしょうか?でも以前はピーク後に行っても落ち葉は大量に残って [続きを読む]
  • 辺春八幡神社
  • 2018年11月17日(土)撮影  去年に引き続き行ってきました。道の駅たちばなから道路を挟んで対面にある神社。 紅葉はまだちょっと早かったみたいですね。ピークは来週かな? 去年行った時、上にあるお社は台風の被害を受けてボロボロでした。今年行ったら鳥居に張り紙がしてあって、修復をするようです。なんとなく不気味でほったらかしなのかと思ったけどちゃんと管理されているようです(^^) この記事が気に入ったらポチッとお [続きを読む]
  • 太原のイチョウ
  • 2018年11月17日(土)撮影  Facebookで話題になっていた広川の太原のイチョウ。去年ぐらいからずっと行きたくてやっと行けました 近くの幼稚園児でしょうか?みんな元気に駆け回っていました。 前日の雨で地面が濡れてたので落ち葉あそびしている子供はいなかったですね。 落ちてる葉っぱの割には木に葉が少ない気がする。今年は台風がたくさん来たからか何処もイチョウは良くないらしい。 土曜だったので車も人も多いかな [続きを読む]
  • 雲八幡宮
  • 2018年11月16日(金)撮影  耶馬溪から山国経由で帰っている途中、落ち葉のきれいな神社があったので寄ってみました。「雲八幡宮」という神社でした。 神社の境内へ入ってみると、これは見事な黄色い絨毯! 七五三シーズンですが、平日だからか天気のせいか誰もいませんでした。 国道沿いなので今までも何度か通ったことがありますが、気づかなかったな。 この辺りには河童伝説があるんでしょうか。カッパの像がいく [続きを読む]
  • 八面山神護寺と平和公園
  • 2018年11月16日(金)撮影  中津市八面山の麓にあるお寺。紅葉はまだちょっとピークには早い感じでした。 住職らしき人から聞いた話では今年はあまり色づきが良くないとのこと。紅葉も当たり年と外れ年があるから難しいです。今年は色づきが早かったけど全体的に見ると外れ年なのかな? ここには巨大な石造りの涅槃像があります。全長7.88m、高さ1.4mで、自然石に刻まれた涅槃像としては西日本有数の大きさです。 無理矢理 [続きを読む]
  • 御霊もみじ
  • 2018年11月16日(金)撮影  中津市耶馬溪の「御霊もみじ」。正式には八坂神社です。 以前は写真愛好家が来るぐらいだったのをここ数年で遊歩道などを整備して観光地化したようです。 鳥居をくぐって登っていくと銀杏の黄色い絨毯がきれいです。 人がたくさん来るので踏み固められているのがちょっと残念・・・。 神社の境内も落ち葉で埋め尽くされています。 更にここから石段を登っていくと小さなお堂があります。 [続きを読む]
  • 青の洞門と耶馬渓橋
  • 2018年11月16日撮影  中津市耶馬溪の「青の洞門」。江戸時代に禅海和尚が手彫りで掘ったトンネルです。 明治時代に改修されているため今あるトンネル全てがそうではありませんが、当時掘ったトンネルの後も残されています。 これは当時明かり窓として彫った跡とのことです。 川に架かる橋の上から撮影。こちらも紅葉のピークは過ぎた後のようでした。 車も通れますが、狭いので一方通行です。この日は平日だったの [続きを読む]
  • 八面山 その2
  • 2018年11月16日(金)撮影  小池の方から一旦降りて別の道を行くと箭山(ややま)神社がありました。 ここのご神体はこれらの岩だということです。 神社の紅葉がきれいでした(^^) 駐車場 神社を通り過ぎて先へ行くと展望所がありました。 天気がもっと良ければ・・・。 唐突ですが、この岩、サメに見えませんか?何か気になったので撮ってみました(笑) 八面山を下山し、途中にある大池に寄ってみました。 [続きを読む]
  • 八面山 その1
  • 2018年11月22日(金)撮影  大分県中津市の「八面山」。どの方向から見ても同じような形に見えることから八面山というそうです。Facebookで見たこちらの写真が素晴らしかったので今回ここをメインに行ってきました。 八面山は頂上付近まで道路があります。ずっと登っていくと大きな池が見えました。これは「大池」です。 今回のメインはこの「小池」。 残念ながら紅葉のピークは過ぎてますね。早朝は天気良かったのに雲が多くなっ [続きを読む]
  • 早朝の耶馬溪
  • 2018年11月16日(金)撮影  せっかくの平日休みなので土日は人の多い観光地へ行こうと計画。今回は耶馬溪方面へ行くことにしました。 紅葉時期に耶馬溪へ行くのは20年ぶりぐらい。とにかく渋滞がすごかった覚えがあるので敬遠していました。 早朝に起床し、阿蘇から小国・玖珠を経由して中津市へ。雲海が出てたらついでに撮っていこうと思ったんですが、出ていませんでした・・・。 すごく寒い朝でした(>_ まだ朝早いうちに耶 [続きを読む]
  • 恋人たちの丘(平野台高原展望所)とすずめ地獄
  • 2018年11月10日(土)撮影 今まで気になってたけど、初めて来ました。くじゅうと阿蘇が一望できて素晴らしい展望!紅葉もピークだったようです。 恋人の聖地に選定されているようですが、先客は中年夫婦一組だけでした(笑)特に恋人の聖地のプレートなんかも無いよう。展望台には鐘がありましたが。 ここは先日みたいに雲海の位置が高いときなんかはきれいでしょうね。周辺には何もないので星空撮影とかも良さそう。 下に見え [続きを読む]
  • そば街道の大いちょう
  • 2018年11月10日(土)撮影 南小国のそば街道を通ったときに見つけた大いちょう。ほこらのような建物がありましたがいくら探しても名前は書いてないし、地図にも載っていません。 数年前に通ったときも気になってましたが、車を置く場所がわからず素通りした場所。今回は建物手前の広くなってるところに置きました。本当はここにもいちょうの葉が落ちてるので車を置きたくは無かったんですが。 わざわざこれを目指していく程の場 [続きを読む]
  • 甲の瀬渓谷
  • 2018年11月10日(土)撮影 先週に引き続きマゼノ渓谷に行こうかと思ったんですが、先週と同じ場所というのも芸がない。なので近くの甲の瀬キャンプ場近くへ行って見ました。 落ち葉のきれいな渓谷です。カメラマンには良く知られた場所のようですが、この日は先客が一人だけ。人が少ないのでじっくり撮影できますが、そんなに広くないので長時間いる場所でもないかな。 菊池渓谷に行ってきたばかりなのでどうしても見劣りし [続きを読む]
  • 秋の菊池渓谷 その3
  • 2018年11月10日(土)撮影  広河原の上流は思ったより落ち葉が少ない。数日前の雨で流されてしまったか? 先週はまだ紅葉が始まったばかりという話だったので一週間後に来たらもう終わりかけ。今年は紅葉のペースが速い! 広河原での撮影を満喫した後、入口まで戻ってきました。下流側はまだ紅葉が見頃のようです。 渓谷の撮影は今年もいまいちな結果に終わりました。また来年チャレンジしますかね。 それまでにもっと腕 [続きを読む]
  • 秋の菊池渓谷 その2
  • 2018年11月10日(土)撮影  雲海を撮った後少し日が昇ってから行きましたが、既に駐車場にはたくさんの車が。渓谷を上に上にと登っていくと紅葉ヶ瀬あたりにカメラマンが集中していました。どうやらこの時期はここに光芒が出るようです。 なかなか撮影が難しいですね(ーー;)みなさんどんな写真を撮られてるのか気になります。 黎明の滝下段 しばらく粘ってみましたが左上から人がいなくなる事はありませんでした。 広河原の [続きを読む]
  • 秋の菊池渓谷 その1
  • 2018年11月10日(土)撮影 久しぶりの菊池渓谷。地震の影響で長い間立ち入り禁止になっていましたが、今年の3月頃に入れるようになりました。夏の光芒を撮りに行きたかったんですが、タイミングが合わずに行けずじまい。ようやく行くことが出来ました。結構な枚数撮ったけど、そこそこ上手く撮れたかなって思う物を数点アップします。 最後に掛幕の滝を見に行こうとしたら「蜂がいるから危ない」とのことで警備員に止めら [続きを読む]
  • 阿蘇の薄雲海
  • 2018年11月10日(土)撮影 前日から「明日は雲海が出るだろう」という情報が飛び交っていました。雲海Naviの情報でも出る確率はかなり高め。まあ雲海Naviで60%以上になってても出たことないのであまり信用してないんですが(笑)夜中暗いうちに到着しましたが雲海は出ていません。また外した・・・。 でも日が昇ってくると雲海とまではいかないですが、薄霧がかかってきました。 日が昇った後もしばらくは粘ってみましたが、 [続きを読む]
  • テクノリサーチパーク中央緑地公園
  • 2018年11月6日(火)撮影 職場の近所にある公園です。銀杏がだいぶ色づいてきてたので夜勤明けにちょっと寄ってみました。カメラは持って行ってなかったのですべてスマホ撮影です。 全体的に結構いい感じに色づいてましたが、落ち葉が少ない。見頃はもう少し先のようです。 職場の近所なので休みの日にわざわざ来たくはありません(笑)2週間後の夜勤の日まで持つかな〜?今度はカメラ持って行こう♪ この記事が気に入った [続きを読む]
  • 秋の遊水峡
  • 2018年11月4日(日)撮影 マゼノ渓谷でゆっくりしすぎたせいで着くのが遅くなってしまいました。遊水峡キャンプ場は「ゆうすい自然の森キャンプ場」と名前を変えたようで、新しい道ができています。受付で初めてですか?と言われたので何度か来たことがあることを伝えると入場料50円割引してくれました(^o^)以前来たときにカッパ滝の虹は15時頃と聞いた覚えがあったのでギリギリその時間に着いたんですが、受付のお兄さんによると [続きを読む]
  • 秋のマゼノ渓谷
  • 2018年11月4日(日)撮影 前日夜中に起きて撮影に行ったのでこの日はゆっくりめに起床。11時頃にマゼノ渓谷へ到着。すごい車の数で通常の駐車場は既に満車状態。臨時駐車場みたいな所に止めさせられました。紅葉はちょうど見頃の感じ。赤や黄色に染まった美しい木々を見ながら遊歩道を歩くと渓谷降り口に到着します。 滝壺に落ち葉があるのを確認して、ぐるぐる撮影。結構枚数撮りましたが、撮る度に形が変わるので面白いですね。 [続きを読む]
  • 二週連続の五家荘
  • 2018年11月03日(土)撮影 先週と比べて五家荘への道は大混雑。一方通行の交通規制は日曜日のみなので土曜日のこの日は規制無し。狭い道なのに対向車が来るからその度に道路端ギリギリまで避けたり、バックしたりでなかなか先へ進みません。 駐車場もいっぱいでしたが、幸いにも意外と早く空きました。 車を出たら真っ先に休憩所へ。お店の人に先週三脚の忘れ物がなかったか聞くと、すぐに出してくれました。世の中捨てたもんじゃ [続きを読む]