伊藤(仮) さん プロフィール

  •  
伊藤(仮)さん: 聖☆オーラル学園 旧校舎
ハンドル名伊藤(仮) さん
ブログタイトル聖☆オーラル学園 旧校舎
ブログURLhttp://oldskool.blog38.fc2.com/
サイト紹介文ギャグ漫画ゲリラ部隊『中川ホメオパシー』準メンバーによる援護射撃ブログです。
自由文3度のメシよりカオスが好きな『聖☆オーラル学園』準メンバー「伊藤(仮)」による雑食コラム。
マンガのレビューとスニーカー紹介がメイン。記事にむらがるspamコメントへのマジレス企画など、思いつきでカテゴリが増殖中。
ノンジャンルゆえに日々ブログ内記事のカオス化が進行中…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/03/28 04:12

伊藤(仮) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想
  •  2017年4月2日(日)の夕方、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた。放送終了後に賛否両論が入り乱れるのはガンダムシリーズの常だが、今回も例に漏れず大きな話題になっている。バンダイ 1/100 フルメカニクス ガンダムバエル【機動戦士ガンダム 鉄血のオ...価格:2775円(税込、送料別) (2018/3/30時点) 最近とあるサイトで「創作物を減点評価で批評する不毛さ」をかいま見る機会があった。それを己 [続きを読む]
  • 物流サービスの限界を機にネット通販を見直す。
  •  2016年はアニメ業界も人手不足・・・というよりは仕事の入れすぎで作画崩壊、もしくは放送延期という自滅が表面化した年だったが、物流サービス業界も多忙をきわめ、そろそろ限界が近いらしい。 これは会社が採算性や効率の悪さを現場に負担させて大きな仕事を取ってきたツケだと思うが、ネット通販ヘビーユーザーとしては現場がシワ寄せで苦しむのはあまり見たくない。なるべくまとめて注文したり再配達のないよう心掛けてい [続きを読む]
  • ブブキ・ブランキ 星の巨人 第一話(13話) 感想
  •  以前の記事「ブブキ・ブランキ12話(最終回) 感想 」では序盤の無用なわかりにくさが終盤までボディブローのように響いたことと、素材は決して悪くなかったことを指摘した。 そして期待と不安の入り交じる第二期『ブブキ・ブランキ 星の巨人』の第一話。結論から言えば大成功だったと思う。 宝島の落下と王舞のパーツ探しで舞台を台湾に移した新展開。一期を観ている前提での話ということもあって今回は物語にスンナリ入って [続きを読む]
  • 映画『シン・ゴジラ』
  •  遅ればせながら、庵野秀明の『シン・ゴジラ』を観てきた。ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ [ 庵野秀明 ]カッコイイ・・・ もうね、ゴジラの目が逝ってるとか腕が小さいとかはどうでもいい話。歴代最強のゴジラと現代装備の自衛隊、そして事態対応のために奮闘する大人たち。すべてがカッコイイ。その一言に尽きる。 コントロール不能の圧倒的なチカラ、自然現象による被害を「天災」という言葉で受け入れてきた日本人にとって、今 [続きを読む]
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO 回顧編
  • RSRから半月。ハミガキSPAでもらったクリニカを使い切った時に本当の夏の終わりが訪れるだろう。振り返ってみて今後に活かせる情報を書き留めておこうと思う。■暑さ対策2016はRSR史に残る猛暑だった。RSRといえば暑さよりも夜の寒さが有名だが今年は規格外。本州に比べればマシとはいえ蝦夷梅雨による高湿度で、さらに開催期間中はずっと快晴に恵まれた。自分は紫外線に比較的強いほうだが、それでも両腕は熱傷一 [続きを読む]
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO
  • 振り返れば3年連続でのライジングサン参戦。今年はヘブンズテントサイトを確保して公共交通機関&シャトルバスを利用。テントサイト「タンチョウ」はヘブンズレストラン側(サンステージ正面)に位置し、悪くいえばどのステージにも近くないためか比較的不人気のサイトらしく、混雑して行列が居並ぶテントサイト券引換所でもほぼ待ちナシで即テントスペースを確保できた。「どうせ拠点には寝に帰るだけ」という人にはオススメ。今 [続きを読む]
  • 映画『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』
  •  何を観るかは決めずに映画館へ足を運び、その場の気分で『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』を観てきた。 『シビル・ウォー 【MARVELCorner】 [ マーク・ミラー ](コミック版)』 アメコミは好きだが翻訳は遅いし高いしで追いかけておらず、近年はアートと設定をチラ見して楽しむ程度。実写映画のMARVELシリーズもあまり観ていない。それでも誰でも知っている有名ヒーローが殴りあうアクションは大迫力で、MARVELの予備 [続きを読む]
  • 過去の記事 …