islandreamer さん プロフィール

  •  
islandreamerさん: 沖縄 Islandreamer 海・自然・不動産
ハンドル名islandreamer さん
ブログタイトル沖縄 Islandreamer 海・自然・不動産
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okinawa_st2005
サイト紹介文沖縄の海や自然、世界遺産城跡や観光地、沖縄移住関連の不動産について情報案内リンクもあります。
自由文沖縄不動産の沖縄ST開発がお届けする☆海・砂浜・オーシャンビュー・リゾート・別荘・移住・沖縄移住・マンション・投資物件・コンドミニアム・軍用地・外人住宅・収益物件・一棟売アパート・賃料利回り・競売・入札・落札・沖縄本島・中部・北部・南部・2008年新春・地球温暖化・気候変動・CO2削減・園芸・太平洋の朝日・沖縄本島東部の観光おすすめスポット情報など、その他:お知らせ記事・尋ね人。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/03/28 18:52

islandreamer さんのブログ記事

  • エルサレム問題についての分析情報と同統括上のポイント
  • エルサレム問題についての分析情報と同統括上のポイント 2014年頃のイスラム過激派の問題は、中東全域で起きたアラブの春:民主化運動の失敗後の(情報戦上の)撤退戦の側面もあった。 そこで、民間レベルでも、中東情勢をこれ以上悪化させることなく、ISなどの過激派の問題に向き合う為の必要条件として「イスラム教に対する差別を止める事」を最重要ポイントとして呼びかけた。 こういった反差別の呼びかけは世界中で多く [続きを読む]
  • 五四运动99周年历史验证
  • 五四运?99周年?史??近年来、要分析的??正在?加了。第一、分析中国民运史(1919 - 2018年)第二、分析日本的民主?史(从1920年)第三、分析日本?国主??史(从1930年)第四、分析在日本二??史(1941年〜1945年) 大家都在研究第一的主?、所以我正在研究第二和第三。修?日本?史??是未来中日的政治和外交??。有很多??。我?需要譴?日本右翼的歴史捏造。 --------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 自衛隊を明記する憲法9条改正案の問題点
  • 自衛隊を明記する憲法9条改正案の問題点 現在の右派勢力が主張する憲法改正論でも「自衛隊を憲法に明記〜」などの改憲案が叫ばれているが、憲法上において自衛隊を認めることによって、かつて日本が明治憲法で失敗した統帥権の問題と同様の問題として、「軍部が力を持つことで発生する司法や立法の弱体化」により「法の支配」が揺らぐ危険性も高まることになるが、同右派勢力が十分に三権分立の観点から統帥の問題を考慮している [続きを読む]
  • 「右傾化やファシズムは国家規模の知的障害」という仮説
  • 「右傾化やファシズムは国家規模の知的障害」という仮説 1930年〜1945年当時と現在の右傾化の歴史の流れを比較しつつ、現在と過去の右傾化を取り巻く環境における相違点から、現在の日本の右傾化への対処法を探ってみたい。 まず最初に着目したい「過去と現在の相違点」は、医療(心療内科や精神科を含む)は、昭和初期(1930年〜1945年)の頃と比較すると、現在はかなり進歩している。 これによって、過激思想 [続きを読む]
  • 日本の右傾化は今後も深刻化する
  • 日本の右傾化は今後も深刻化する右傾化の要素・安全保障面・外交、歴史認識問題の側面 歴史認識問題を原因とする右傾化は止められるだろうが、国家的にも大きなエネルギーを必要とするだろう。 日本と中国・韓国の国民の間では、戦前の歴史に対する歴史認識において乖離が進んでいる。 同歴史認識の乖離は、日韓合意問題への日本側の対応を見ても明らかだ。 日本人は、右傾化に流されて戦争への道を突き進んだ過去の苦い経験か [続きを読む]
  • 情報分析経緯に関するレポート
  • 情報分析経緯に関するレポート 当ブログの日本の右傾化に関する分析には、私の個人的な見解(憲法観等)も結構入っているはずだ。 そして、私がこの7〜8年で集めた情報の中には、中国民主化というフィルターを通して観察した中国の国民感情等の情報もあり、歴史認識問題に対する私の分析には同情報が影響しているはずなので、その点を予め認識した上で記事を読んで頂ければ幸いです。【 大まかな情報収集分析作業の内訳 】1、中 [続きを読む]
  • 右傾化した日本、国内右派勢力の強硬論に...
  • 右傾化した日本、国内右派勢力の強硬論に引き摺られ続ける日本政府機関 外務省は「最終的かつ不可逆的〜」という文言に代表される慰安婦問題に関する日韓合意を維持したいという強硬姿勢を崩そうとしない。 現在、日本国内には大きな問題がある1、日本国内には右傾化という問題がある。2、右傾化した国内世論に便乗して台頭した国内右派勢力による 悪質なクレーム等の政治圧力問題が見過ごされやすくなり、メディア や政府機 [続きを読む]
  • 「最終的且つ不可逆的〜」という文言に注意
  • 日本の政府与党は、どうしようもなく右傾化している。 慰安婦問題の交渉過程の検証を韓国だけに押し付けて、自国は「最終的かつ不可逆的〜」などという極右的で頑なな態度を崩さず、ヘイトスピーチを煽るような煽情的な情報発信を繰り返す日本の政府与党に問題は無かったのだろうか? 私は、この際なので日本も自国の右傾化状況のセルフチェックを行うべき時期に来ていると思う。 日本は、過去に中国大陸に侵略政策を行い、長期戦 [続きを読む]
  • 日本の歴史修正主義と右傾化
  • 日本の歴史修正主義と右傾化 日本の右傾化状況が深刻さを増しているという事実は見落とされがちだ。 歴史修正主義や排外主義に根ざした右派的な一部国民のヘイト感情が、弱い立場の人々に対する人権侵害へと形を変えて暴走し始めている。 川崎市を始め全国で問題になっているヘイトデモや沖縄ヘイトデマ問題なども、そうした右傾化の弊害による人権侵害の実態を表している。 また、国内世論も過剰な外国脅威論に同調しがちで有り、 [続きを読む]
  • 右傾化と立憲主義否定 ( 平成・昭和期の右傾化プロセス比較 )
  • 右傾化と立憲主義否定 ( 平成・昭和期の右傾化プロセス比較 ) 今回、衆議院解散に伴い、立憲主義を否定する大きな動きがあったので、平成・昭和期の右傾化プロセス比較表を改訂した(改訂第5版)。 「立憲主義を否定する大きな動き」とは、小池東京都知事らが立ち上げた新党が憲法改正に賛同しない入党希望者を切り捨てる旨発言している事実などだ。 追加内容・追加事項(平成・昭和の右傾化背景分析で、それぞれ、10項目目を追 [続きを読む]
  • 「日本の歴史認識改善の必要性」と日本経済
  • 「日本の歴史認識改善の必要性」と日本経済 最近、日本国内の一部の進学校の歴史教科書の選定を巡って、極右勢力が教育現場に介入するなどの事例が報道されるようになった。 また、自称愛国者(通称:ネトウヨ)などが、インターネット上で虚偽の戦争史を拡散し、 「南京事件はなかったww」或いは「従軍慰安婦は捏造ww」などと悦に入って中国・韓国の人々を(在日外国人を含めて)罵倒する投稿も後を絶たない(ヘイトスピーチ問題 [続きを読む]
  • 日本の右傾化と沖縄差別への対応について
  • 日本の右傾化と沖縄差別への対応について ※ 今回は、ブログやツイッターでの発信のみとなります。  沖縄県内の皆様へのレジュメ等の資料配布は致しません ので、ご了承ください。〜その1〜 【 沖縄からの視点 】 1 右傾化関連の情報発信の現状について  ブログやツイッターなどで、日本の右傾化の歴史検証を踏まえ、 今起っている右傾化の危険性について、注意喚起のための情報 発信を続けているが、現在のと [続きを読む]
  • 昭和初期の右傾化分析の視点
  • 昭和初期の右傾化分析の視点 ( 2〜3年周期で分析する右傾化の短期波動) 複数の歴史資料を繰り返し読み比べることで、新たな分析の視点が見えてくることがある。 今回発見した分析の視点は、昭和初期の15年戦争の期間の中でも、 「短期間の右傾化の波動(短期波動)」が存在する点である。 論争や事変などの事件が2〜3年の比較的短期間に集中的に起る事がある点に気がついたので、記事としてアップすることにした。 短期 [続きを読む]
  • 歴史認識問題における時間軸上の警戒ライン
  •  日中関係:歴史認識問題における時間軸上の警戒ライン  (日中開戦80周年) 2017年7月7日〜2017年12月下旬    (日中開戦90周年) 2027年7月7日〜2027年12月下旬 (日中開戦100周年)  2037年7月7日〜2037年12月下旬 --------------------------------------------------------------    日中開戦関連での歴史認識問題も多く存在するので、盧溝橋事件発生 から南京大虐殺事件発生までの期間を10年毎の時間軸で [続きを読む]
  • 右傾化も、日本の安全保障上のリスク
  • 右傾化も、日本の安全保障上のリスク 日本の右傾化が話題になるようになって久しい。 最近は、沖縄県内の基地反対運動活動家らに対するヘイトスピーチ等の 問題も発生し、沖縄ヘイトなども議論の種になってしまっている。 ところで、日本の右傾化関連の問題は、国内問題だけにとどまらない。 右派系市民らによる嫌中・嫌韓の憎悪の国民感情を煽るような暴言や、過剰な安全保障論は、海外でも問題視されかねない。 また、東 [続きを読む]
  • 日本国内の極右勢力台頭がもたらす「瓶の蓋論」の復活
  • 日本国内の極右勢力台頭がもたらす「瓶の蓋論」の復活   「瓶の蓋論」とは、日米安全保障条約で米軍が日本に駐留する上での大義名分とも言える理屈だ。 それは、「日本は放って置くと(侵略戦争などの)悪いことをする国だから予防・監視の為に米軍が駐留するが、そのかわりに、日本が必要としている防衛をアメリカも負担する。」という日米安保の説き起こし部分の理論だ。 そして、「放って置くと悪さをする国(瓶の蓋論 [続きを読む]
  • 日本国内の極右勢力台頭がもたらす「瓶の蓋論」の復活
  • 日本国内の極右勢力台頭がもたらす「瓶の蓋論」の復活   「瓶の蓋論」とは、日米安全保障条約で米軍が日本に駐留する上での大義名分とも言える理屈だ。 それは、「日本は放って置くと(侵略戦争などの)悪いことをする国だから予防・監視の為に米軍が駐留するが、そのかわりに、日本が必要としている防衛をアメリカも負担する。」という日米安保の説き起こし部分の理論だ。 そして、「放って置くと悪さをする国(瓶の蓋論 [続きを読む]
  • 日中戦争前夜の和平交渉と広田三原則
  • 他のブログに既に投稿した記事の引用になりますが、今の日中関係・日韓関係を考える上で、参考になりそうな事実関係が歴史資料から見えてきたので、再度記事にします。 ----------------------------------------------------------------------------------  広田三原則とは、日中戦争勃発前 (1935年10月) に日本の外相広田弘毅が提唱した和平交渉に関する原則だが、当時既に軍の意向が外交方針に大きく影響し始めていたため、 [続きを読む]
  • 日中戦争前夜の和平交渉と広田三原則
  • 他のブログに既に投稿した記事の引用になりますが、今の日中関係・日韓関係を考える上で、参考になりそうな事実関係が歴史資料から見えてきたので、再度記事にします。 ----------------------------------------------------------------------------------  広田三原則とは、日中戦争勃発前 (1935年10月) に日本の外相広田弘毅が提唱した和平交渉に関する原則だが、当時既に軍の意向が外交方針に大きく影響し始めていたため、 [続きを読む]
  • 日・独の反動右派に関する比較
  • ドイツの反動右派と日本の反動右派が蓄えている不満のエネルギー比較 1、日本は歴史認識問題等に見られるように、第二次大戦時の自国の 軍国主義に対する反省の戦後教育は、殆どしてこなかった。 2、ドイツは、ナチスの犯した人道的な罪に対する反省を戦後教育に 取り入れてきた。 日本とドイツにおける人道的見地からの歴史教育の違いは、戦後の両国において右翼が蓄積してきた不満のエネルギーの大きさ(反動右派的 [続きを読む]
  • 日・独の反動右派に関する比較
  • ドイツの反動右派と日本の反動右派が蓄えている不満のエネルギー比較 1、日本は歴史認識問題等に見られるように、第二次大戦時の自国の 軍国主義に対する反省の戦後教育は、殆どしてこなかった。 2、ドイツは、ナチスの犯した人道的な罪に対する反省を戦後教育に 取り入れてきた。 日本とドイツにおける人道的見地からの歴史教育の違いは、戦後の両国において右翼が蓄積してきた不満のエネルギーの大きさ(反動右派的 [続きを読む]