谷口晋一 さん プロフィール

  •  
谷口晋一さん: スタバとモレスキン。
ハンドル名谷口晋一 さん
ブログタイトルスタバとモレスキン。
ブログURLhttp://doubleworkjob.blog71.fc2.com/
サイト紹介文『オンリーワンのセラピストになる!』著者が、カフェでふと浮かんだ言葉を手帳に書き留める様な…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/03/29 16:19

谷口晋一 さんのブログ記事

  • 【人生を幸せにするのも、人を健康にするのも、人間同士のつながりである】
  • 【人生を幸せにするのも、人を健康にするのも、人間同士のつながりである】〜ロバート・ウォールディンガー(大学教授)同じ景色を見るのも誰と見るのか?でそれがまったく違って見えるように。人との繋がりが僕を豊かな気持ちにさせてくれていることは間違いありません。また、たとえたった一人から物事を進めるプロジェクトだったとしても。それまでにどれだけの人が自分と繋がっていたのか?を想像できれば、物事を進める意味合 [続きを読む]
  • 今回はそんな想いをもって空港に向かいます。
  • セラピストの学校のオープンキャンパス(第二クール)のために今から北海道に向かいます。実は以前までのセラピストの学校はこの様なスタイルはとっていませんでした。と言いますのも、主に独立開業や経営、運営といったセミナーやDVD教材などをいわば“一方的に提供”していたからです。しかし時代と業界の変化によりそれも徐々に変化させていく必要を感じていて。一方的な学びの提供よりも。それぞれの環境、状況に応じた情報や [続きを読む]
  • 北へ。予習付き。
  • 今日の休み。妻にドライブでもしようか?と話したら指差して、『北へ。』でた。。で、どこに?と聞いたらおもむろにテレビをつけての予習タイムが待っておりました。長野県の標高1000メートルにある日本のチロル 天空の里だそうで。里山というBS番組の予習。そしてその土地の歴史について滔々(とうとう)と講義。た、頼む。寝させてくれ!いやぁでも。天空の里。というだけあって壮観でした。久しぶりに横隔膜思いっきり使って呼 [続きを読む]
  • で、ふと。身につけてみまして。
  • Apple Store名古屋。新製品が発売となったばかりですので大行列。えぇ。新型i Phoneを買いに来たのではなくて、SEのバッテリー交換に。猛アピールが通ったのか?いつ入るかわからないと言われたバッテリーが一週間で入荷したのですから、ただただありがたく。http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-2653.htmlで、ふと。見つけたのが。Apple Watch series4で、ふと。身につけてみまして。Apple Watch series4で、ふと。自 [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜栄ラシック店
  • スタバ探訪記〜栄ラシック店名古屋栄のちょっと南にあって。その地下にあるお店ですが、いつもいい具合の混み方です。いい混み具合というのも変な言い方ですが、全体がピリピリしていません。街中のショッピングモールですので買い物と途中の方も多いですし、平日は仕事の合間にという方もいると思うのですが。たぶんお一人お一人サンクチュアリ(聖域)を守っているからなのかなぁ。それからレジの正面に客席が並ぶのではなく、レ [続きを読む]
  • 可愛げのあるオトナでありなさい。
  • 半世紀近い年齢になりますと。面と向かってはっきり伝えてくれる。叱ってくれる。指摘してくれる人はどうしても少なくなります。でもそのことがすげえありがたい!と感じる様になったのも年齢重ねてからなんですが。いつも一瞬凹みますがそういった経験体験からの一歩が、自分を成長させてくれた原動力となってきたことにはまったく異論はありません。いくつになっても、どんな立場であっても。そういった環境に身を置くためにはど [続きを読む]
  • クライアントをドキドキさせる必要はない。
  • 個人セラピストの活動を支援するために全国を回る活動をしていますと。個々が抗うことが難しい天災など、その地域地域の状況に触れることがあります。そんな時は点と点を繋ぎ線となり、面となっていきますととても大きな力となりますが、セラピストたちについてもまた然り、です。と同時に。クライアントにとってセラピストは『いつも通りの存在』でありつづけて欲しいとも考えています。それがどんなセラピーのカタチであっても。 [続きを読む]
  • 【楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ。】
  • 【楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ。】〜プルデンティウス (スペイン詩人 )もともと僕は人と一緒に食べるのが好きですが。どんなに知識があっても蘊蓄(うんちく)だけを聞きながらは、ちょっと苦手で。それを語るのは。。うーん、もっと苦手です。やはり目の前にいる人とは。食べる喜びを共感できたり、もっと言えば一緒に過ごすことを喜びながら食べ物を口にしたい。僕にも沢山の人との出会いと同時に、突然の別れなど [続きを読む]
  • ベトナムの叶姉妹からの着信。
  • 昨日から今日にかけて。ちょっとバタバタしていてなかなか着信に気づけなかったのですが、見知らぬ番号からのが幾度となく入っていまして。するとショートメールが入り、そこには見覚えのあるショットが。。ん?おおー!!去年11月にベトナムに行ったのですが、ホーチミンで打ち合わせたスパオーナーからでした。『今どこにいるの?』『来週までチバにいます。アイマショウ!』残念ながらスケジュールが合わなかったのですが再来日 [続きを読む]
  • 『それゼッタイにあかんっ!』と叫ぶ。
  • この前ひっさしぶりに。電話だけの会ったこともない人に、『それゼッタイにあかんっ!』と子どもみたいに叫びました。9月初旬。ウキウキしながらApple Storeに。と言いますのも。使ってるiPhone seの無料バッテリー交換の予約をしてまして。なにしろ電池の持ちが良くなるのが楽しみ。しばらくして爽やかにお兄さんが登場。いきなり申し訳なさそうな作り笑顔で『今、電池の在庫がないので予約を』って。おいおい、予約は一ヶ月前に [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜池袋ショッピングパーク北館店
  • スタバ探訪記〜池袋ショッピングパーク北館店このショッピングパークというのは池袋駅直結で便利なんですが、全体のオープンが10時。で、このお店は7時オープンという特別扱い?店です。しかし。今回は店内特別に蒸し暑い!聞いてみたら空調管理はショッピングパーク全体管理だそうで。それだけは特別扱いしてくれないようです。そんな中、レジはポツリポツリと人の姿が。汗だくなのは僕だけなのでしょうか?と思いきや、皆さんそ [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜新宿サザンテラス店
  • スタバ探訪記〜新宿サザンテラス店しばらく改装していましたので久しぶりの利用でした。どんな風に改装されたのかな?と期待しつつ行きましたが。やはりまぁこんな感じ。。と。窓側は大理石風の長机と一人がけの小さな椅子が並び、奥にテーブルと椅子がありますがゆったりできるものではありません。でもこれは場所柄仕方ありません。訪れたのは平日の朝、そして雨。本当に沢山の人が傘をさして黙々と職場などに向かう流れにあるお [続きを読む]
  • たとえそれが辛辣なものでもピントはずれであっても。
  • 自分が何を目指しているか?自分のしていることはどういうことなのか?それを常に的確に。言葉に表現出来る人はなかなかいませんね。僕もまた自分のやってることの表現方法で一番頭を悩ませます。例えば一つの事例としてセラピストの学校のオープンキャンパス。自分なりに『セラピストにとってのサードプレイス(第三の場)学びと交流、安心、安全な場所。』と言葉づけてやり始めましたが、本当のところ始める前は暗中模索状態。で [続きを読む]
  • 『あの。お尻一つ、いいですか?』
  • 日曜の晩。近所のケンタッキーを通ったらものすごい人と車。なんかカーネルさんの誕生日みたいで。そうしたら無性に食べたくなっちゃいまして。ボックスをお土産に買っていくことにしました。元々フライドチキンは三種あり、その中で僕が好きな部位があり。一つだけ頼む時などそれをなんと言うのかよくわかりませんでした。で、食感とか形とかをスタッフの女の子に思いきって聞いてみたんです。そしたら笑顔で『はい。お尻ですね、 [続きを読む]
  • 人は思いもよらぬ力を発揮する。
  • 今日は大阪でのセラピストの学校のオープンキャンパス開催のため近鉄に乗って大阪に向かっています。(車窓からの風景が好きなんですよねぇ)大阪開催も久しぶり。10数年前に開催した時からのセラピストや、はじめましてのセラピストまで。こうして足を運んでくれることは何度経験しても変わらず嬉しいものです。◆◆◆◇◇◇さて。全国のセラピストたちと関わってきて思うことですが、人は期待されていると感じているときにはそれ [続きを読む]
  • 【逃げない、晴れ晴れと立ち向かう、それがぼくのモットーだ。】
  • 【逃げない、晴れ晴れと立ち向かう、それがぼくのモットーだ。】〜岡本太郎(芸術家)たぶんおひとりおひとり違うのでしょうけど。僕も逃げていい時と逃げちゃいけない時があります。逃げていい時はその理由があるからこそ。しっかり逃げます、それも一目散に。でも。時には逃げちゃいけない時もあって。それにどう立ち向かうのか?きばって。というのもありますが。別にやましいことや後ろめたいことがないんだったら。晴れ晴れと [続きを読む]
  • 『自身その他へのあきらめ』となっているか?
  • 何にしても。継続し続けることって。うーん、大切です。様々な分野のプロフェッショナルな人たちとも結局はそんな話題になるんですよねぇ。そもそもなぜ“続けること”が価値となるのか?を改めて考えてみたんですが。その分野における人との繋がりや、活動範囲の広がり。その土台となる信用や信頼なんかが得られる。また今や情報は手軽にかつ沢山入ってきますが、取捨選択の精度も高めることもできるようになる。まぁただ長くやっ [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜足柄サービスエリア(下り線)店
  • スタバ探訪記〜足柄サービスエリア(下り線)店今まではサービスエリア内のスタバは眠気覚ましのコーヒー。というイメージがありましたが。このサービスエリア店はとっても広い造りで、かつ店内もロードサイト店舗と同じくらいなクオリティ。なかなか居心地が良かったです。店内のお客さんもフラペチーノなんかを片手に自撮りするところなど、どこにでも見られる光景です。ただサービスエリアにあるお店でなかなか見られないのは、 [続きを読む]
  • 想像が現実を超えてるやりとり。
  • 先日のこと。次男と妻がランチしたお店が偶然“大盛りの聖地”なる所だったみたいで。『3キロのオムライスって!新生児の体重じゃないんだから。もうしばらくいいわ。。』こういう話題は行ったものは楽しく語り、行かなかったものはへぇ!と聞ける。楽しいやりとりです。しかし!それをジッと聞いていたのが食にあくなき探究心を持つ20歳長男。もじもじしながら。『あの、今度の土曜って休みですか?』まぁ、別に特に用事ないけど [続きを読む]
  • スタバ探訪記〜東京スカイツリー・ソラマチ東6階店
  • スタバ探訪記〜東京スカイツリー・ソラマチ東6階店このお店、目の前には東京スカイツリー(の足元)が眺められます。地上からは6階の高さのはずなのに、目の前に東京スカイツリーがありますと地上1階くらいな景色です。改めて目の前にそびえる建造物は圧倒的で。これをニンゲンが作ったわけですから、改めてすごいなぁと思いながらコーヒーをいただいてます。店内は圧倒的に観光客。やはり海外の方が多いのかな?と思いきやそうで [続きを読む]
  • 個人セラピストにとってのターニングポイント〜学び直しや掘り下げとは?
  • 個人セラピストにとってのターニングポイント。以前は共通するものであり、それに取り組めば誰もが簡単に壁を乗り越えていけると言われていました。しかし時代の変遷や業界自体の変化から多種多様なものに変わってきたのです。『今までやっていた活動上のやり方が通用しなくなった』と言われて久しい理由です。その大きく変わったターニングポイントの中で具体的に一つ挙げるとするならば『新たな技術の学び直しや基礎技術の掘り下 [続きを読む]
  • なんとなくからなんとなく。
  • 面白いこととかワクワクすることとか。待ってましてもそんなもんは、、僕の前には一向にやってきません。ただなんとなく。いつもアンテナを張ってることはあって。キャッチするそれが人からなのか体験からなのか学びからなのかは決まってなくて、なんとなく。が一番いいみたいです。で。アンテナでキャッチしたら溜め込まないですぐに出す。溜めておいてもったいぶっても大したものにはなりません。身体同様溜め込んでもいいことな [続きを読む]
  • 季節も変わっていくのですから。
  • 今朝は久しぶりに。ホット珈琲が飲みたくなりました。注文を受けてくれたスタッフの女の子と「あれだけ暑かったのにねぇ」と会話して。やはり季節は変わっていくのですね。やっぱり変化ってのは。こうして自然と移り変わっていくものと。自ら変化を起こしていくものとがあって。抗えない自然の変化みたいなのをきっかけとして自ら変わっていく、というのもあるので。なんだか相関関係みたいなのがあるのかなぁ。◇◆トピックス◇◆ [続きを読む]