Zone50 さん プロフィール

  •  
Zone50さん: Zone50 デジタルライフの独り言
ハンドル名Zone50 さん
ブログタイトルZone50 デジタルライフの独り言
ブログURLhttp://blogzone50.blog98.fc2.com/
サイト紹介文ウクレレ、ギターの音楽中心に80s、70sなどの洋楽や旅行などのくだらん話を不定期で書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/03/30 12:01

Zone50 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Tinariwen (+IO:I) - Nànnuflày
  • サハラ砂漠のトゥアレグ族のロックバンド、Tinariwen の10日ほど前に公開された新しいPV。昨年出たアルバム”Elwan”の1曲。このアルバムは今年のグラミー賞ワールド部門にノミネートされていたのですが、残念ながら逃しました。この辺りもどの曲も同じように聞こえる系なのですが、聴いてると結構クセになります。 [続きを読む]
  • Ry Cooder - The Prodigal Son
  • Ry Cooder の新作アルバム “The Prodigal Son” が金曜日に発売されました。Ry もすでに71歳。しかし昔の名前で出ています的ではなく、今もこの分野の先頭ににいて、このパワフルな歌とギター。やっぱこの人はレジェンドです。このビデオはタイトル曲のスタジオライブ。YouTubeに何曲か上がってます。Apple Music の先行に予約しておくと当日ライブラリに自動追加されて通知が。これも便利。早速ヘビロテ入り。 [続きを読む]
  • Ladysmith Black Mambazo - Nomathemba
  • 今年のグラミー賞 最優秀ワールドミュージックアルバム賞、昨年夏にヘビロテした Tinariwen がノミネートされてい応援してましたが、取ったのは南アフリカのコーラスグループ Ladysmith Black Mambazo。この曲は受賞アルバム”Shaka Zulu Revisited: 30th Aniversary Celebration” の1曲目 “Unomathemba”。 [続きを読む]
  • Days of Future Passed (Live) - Moody Blues
  • ムーディブルースのアルバム、”Days of Future Passed (Live)が先日発売されました。これは昨年あったライブのCD化+ブルーレイ化。このライブは1967年の同名の名盤”Days of Futre Passed”を再現するという企画。50年前にオーケストラ共演で、架空の場所の朝から夜までを描いた組曲アルバム。その後のバンドのライブではメロトロンを使って2〜3曲は演奏していましたが、全曲再現は多分初めて。メンバーはもう70歳代になり、先日 [続きを読む]
  • 平昌オリンピック NHKテーマソング サザンカ
  • 今日の閉会式でオリンピック〜パラリンピックも終わり。NHKのオリンピックテーマソングは1日にいくつもあるオリンピック放送毎にかかる。番組の冒頭と最後に流れるその時点までのダイジェスト映像と共に流れるのがやはりキモで、すっかり記憶の中に刷り込まれる気がします。実際、毎回選曲もそれなりに良い。その点では、やはりアテネのゆずが刷り込み度最高だったんでしょうね。民法もテーマソングあるもののほぼ意味なし。曲の良 [続きを読む]
  • The Colorist Orchestra & Emiliana Torrini
  • 少し前のアルバムを最近繰り返して聴いている。The Colorist Orchestra & Emiliana Torrini のアルバム。The Colorist Orchestra は女性シンガーソングライターを招いて、その曲をアレンジしてコラボするというスタイルの集団。Emiliana Torrini とのプロジェクトは2014年くらいからで、今は既に他の歌手とのプロジェクトになってるうようです。Emiliana Torrini はアイスランドの歌手で、個性の強いフォークっぽい歌い手。個人名 [続きを読む]
  • LADAMA
  • 最近はワールドミュージック系でいいのを探してて、昨年はアフリカがマイブームだったのですが、今年最初に見つけたのは南米。LADAMA はブラジル、コロンビア、ベネズエラ、アメリカの混成プロジェクト。昨年アルバムも出してるのですが、これが良いのです。ギターみたいな変な楽器が気になるのですが、調べたところ Bandola Llanera というベネズエラの楽器。4弦でEADAなのでギターよりマンドリンに近い楽器なのでしょう。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …