あおさん さん プロフィール

  •  
あおさんさん: 福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ハンドル名あおさん さん
ブログタイトル福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/aosan1968
サイト紹介文東区をどげんかせんとイカンばいっ!!
自由文福岡市内から少し外れた地区に住み、職場もその近所にある立地の県民にとって、近くて遠い存在の市内の有名店は情報誌に任せといて、福岡市東区とその周辺をエリアとしたラーメン屋情報を、個人的に少し辛口な表現でお伝えして行きます(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/03/31 00:20

あおさん さんのブログ記事

  • 『麺や 佐渡友』東区三苫(さじ加減)
  • 邪道と言われるかも知れないが私は構わない、以前からカレーラーメン好きを公言している。カレーラーメンと言っても種類はそれぞれで、逆に、これが正解という物もないジャンル(笑)‥鮴擇蠅靴震佑縫レーを掛けた系▲レー風味のスープで麺を頂く系K楹陛スパイスを効かせた印度系て?A溝紊蠅縫ーマカレー使う系ゥ淵鵑梁紊蠅北佑鮖箸辰燭弔洩遊家庭っぽいドロッと系から、シャバシャバ系、ベースも牛・豚・鶏からカレーうどん系など [続きを読む]
  • 『麺酒房 たもん』久留米市北野町(筑後うどん大使)
  • 16日(水)のFBS『めんたいワイド』で、うどん手帳:井上こんさんが紹介されていた、久留米市北野町『麺酒房たもん』を訪問した。地元人でなければナビが無いと分かり辛いが、前日のテレビ取材による影響はほぼ見られず、開店時刻に訪れたが待っていたのは二人のみ、私が一番客でもう一人はお持ち帰りされてた。店内は木の食卓と白壁の落ち着いた雰囲気で、この日は寒波の影響でエアコンの効きも微妙、セルフのお茶を飲みなが [続きを読む]
  • 『沖食堂』久留米市 明善高校そば(連日)
  • 急用で久留米に泊まりで出掛ける事になり、地元を13時過ぎに出て15時ギリで到着!と、看板の閉店時刻が15時半に変更され、かなりステキなサプライズだと喜び勇んで、厨房そばの一番端っこに座ってお目当ての…大人気だった焼飯がラインナップ落ちして、それでも生き残ってる目立たない存在だが、逆に言えばそれなりの理由があると思われ、それを検証したくて久々に頼んでみた次第。支那うどん 500円具材はラーメンと同じ [続きを読む]
  • 『大地のうどん』福津市旧道沿い(年末年始)
  • 年末年始に頂いた同店の献立をダイジェストで!12月1日丸天うどん 550円この丸天が好物なので後半にもう一度登場する、この形に整えて油に投入する工程が見てみたい、かしわ飯はとある事情による店からのサービス!12月6日大地セット 650円わかめと牛肉を浮かべた上にバラのごぼう天が、10枚以上も盛り付けられた肉ごぼううどんと、小ぶりなお稲荷さんが2つ付いたお得なセット♪12月21日海老天うどん 550円 [続きを読む]
  • 『酒田ラーメン 花鳥風月』博多阪急8階催事場
  • 今週9日から開催の『東北物産大会』にて、イートインされている山形ご当地ラーメン。まだ正午前で半分程度の客入りだがすでに…各日限定20杯平田牧場三元豚チャーシュー海老ワンタン1,201円は早々と完売御礼との貼り紙が…海老ワンタンメン 881円基本としてはお高めだが百貨店の催事場だ、トレーと紙おしぼり添えなので仕方ない(笑)主役は海老ワンタンでかなり大きめの皮で、海老が一尾まるごと包まれてダイナミック!こ [続きを読む]
  • 『来雷軒』久留米市櫛原(訃報)
  • 休業の貼り紙がされていると耳にしていたが、店主が他界されたとの情報を頂いて仰天した。私自身は常連でもなければ身内でもなかった、ただ久留米で麺好きのオフ会に参加した際に、飲んでハシゴして最後は屋台までご一緒した。店主のラーメンを頂いたのもこの1回きりで、そこにあるのが当然でまた頂くつもりだった。結局、3軒回って〆に訪れた『南京千両』で、ラーメンをすすって現地解散したのが午前様。仕事のストイックさも色 [続きを読む]
  • 年明けうどん『ウエスト』そして『円清』
  • 元旦から仕事だったのでせめて昼食だけでもと、レストラン委託会社のお節とお雑煮を頂戴した。寒鰤・数の子・海老・黒豆・伊達巻・かまぼこ、お赤飯は個人的に苦手だけど縁起物だから完食!今年はかしわが主役でごろごろと三切れ入って、里芋・かまぼこ・お餅は2つとまあまあ具沢山♪で、2日も勤務だったので休憩時間をずらして、混雑を避けて『ウエスト』で冬のうどん祭りを…肉・海老天のパワフル福来たるうどん 680円紅白 [続きを読む]
  • 『牛たん炭焼 利久』博多駅デイトス(ドナドナ)
  • 大晦日の夜に、一足早く宮地嶽神社を参拝し、まだお客がいない沿道の露店を眺めていると、こんな露店があって大好きなドラえもんもが…これが正月と何の関係があるのかは不明だが、参拝客が増えだした頃には紅白歌合戦を肴に、椎名林檎&宮本浩次、石川さゆり&布袋寅泰、MISIA、米津玄師、桑田佳祐、ユーミン、魂が震えるパフォーマンスに酔いしれていた。そのまま神社の近くに住む友人宅に宿泊して、元旦の朝、窓の外に構え [続きを読む]
  • 『ざいとん』西鉄香椎駅前(年末と年明け)
  • 30日に受け取りに行くことが条件だった為、当日の予定を確認すると何とか都合がついて、昼食を兼ねて品物を受け取りに香椎を訪れて…うわっ!!JR香椎駅がとんでもない面構えになってる!と言うか、明らかに香椎宮推しになっている…32年前、香椎高校に通っていた中年OBは、思いもよらぬ駅舎の代りように唖然とした(涙)さすがに年末で14時半に伺うも店内は満席!暫し待機してカウンターのいつもの所に着席。普段は夜しか [続きを読む]
  • 『うどんや 栖』JR福間駅そば(これでもか!)
  • 今月はうどん居酒屋で利用しておきながら、うどんを食べていないと言う事実に気付き、一杯は頂いておかないとバチが当たるため…温玉しょうがぶっかけ 600円あつのみ肉も天ぷらもないのに力強〜いルックスで、温泉玉子・ネギ・天かす・削り節、そして…これでもか!と、盛られたおろし生姜の山!さすがに業務用の食材が使用されているが、一杯でこれだと複数重なって注文が来ると、生姜をおろすだけで腱鞘炎になってしまう…か [続きを読む]
  • 『中華料理 春香』福津市西福間(お手の物)
  • 以前に『ギャラリー蔵』の記事でも紹介したが、福津市では「津屋崎千軒かき巡り」と銘打って、市内の飲食店が牡蠣のメニューを提供している。この日は一番乗りで牡蠣メニューを注文したが、品書きには以下のような味変が記載されていた。とろみのあるスープと、プリッとした牡蠣卓上の酢とラー油を加えれば・・・酸辣湯麺(サンラータンメン)として味わえます。津屋崎千軒かきとろみそば 限定10食 ¥900(税込)まずまずの [続きを読む]
  • 『麺や 道』宗像市旧道沿い(新幻らー)
  • 12月28日午前中に店主から連絡があり、召し上がって頂けるように準備が出来たと、待ちに待った嬉しい知らせに心を躍らせた!5月10日店主が Instagramで文章と共に掲載された、見覚えのある盛りつけと澄んだスープの色…彼は『来来』の屋号をきちんと口に出して、あんなラーメンが作りたいと書かれていた。同店の「幻」はそのインスパイア系であり、店主なりに『来来』の味を追い続けていた。12月23日23:54付で「新 [続きを読む]
  • 『うどん秀』博多区千代(今どきのうどん店?)
  • 九州大学病院の入り口そばで黄色い看板が目印、店の裏通りには福岡県庁や東公園がある立地で、学生さんやサラリーマン等の行き来も多い場所。私と入れ替わりでOLさんが5人ほど出て来た、看板には(うどん大盛分無料・キムチ食べ放題)学生さんや男性客には嬉しすぎるサービスだが、実際、店内では大きめの丼ですする客ばかりで、うどんの量を聞かれたので「普通」と答えると、店員は拍子抜けした感じで店主に注文を通した。ゴボ [続きを読む]
  • 『栖(すみか)』JR福間駅そばグランデポ
  • 夜はうどん居酒屋として使い勝手の良い同店、半月前に予約なしで伺ったが見事に満席…(涙)12月で駅前の飲み屋が空いてるハズもなく、仕方なく入った焼鳥屋は閑古鳥が鳴いていて、食べた瞬間に鳴いてる理由が分かったあの夜…この日は会社の忘年会、その後に友人と共に、22時を過ぎていたが相変わらずほぼ満席で、相席なら座れる位置が1ヶ所だけ空きがあり、女性2人組が了承してくれて何とか席を確保♪鱈の白子ポン酢茹で加減 [続きを読む]
  • 『うどんウエスト』古賀市花見交差点角(祭)
  • 今年も冬の『笑う門には福来る祭』が開催中で、海老天・肉・紅白揚げ餅が載った恒例のヤツと、新たにナカジー(中島浩二さん)が考案された…鴨団子がネギとほうれん草をしょってやって来たうどん〜出汁が違うスペシャル〜これまでと比較すればかなりシンプル素材だが、ナカジーうどん 580円個人的に喉越しが好きなので細麺でお願いした、冷凍と言えども鴨団子3個はコスト頑張ってる♪ほうれん草もおつゆが染みやすくて食感も [続きを読む]
  • 『三角山五衛門ラーメン』黒崎井筒屋6階催場
  • 12月12日(水)〜25日(火)の半月、『北海道美味フェア』と銘打った物産展が、黒崎井筒屋の6階催場にて開催されている。この日は全くの別件で7階書店に出掛けた。ラジオ番組内でまだ入手出来ると耳にして、諦めてた『おもろい家族本』を購入すべく、偶然にも黒崎井筒屋クエストを訪れていた。辛うじて5冊残っていた内の2冊を購入し、一冊は友人へのプレゼントで包んで頂いた♪勿論『北海道美味フェア』にも味を運んで、 [続きを読む]
  • 『ほしの村』北九州市若松区(新そば)
  • 古賀市美明の『花音』が休業されて一年が経ち、久しくまともな蕎麦を食べてない事に気付いた。春先頃に香椎の『不老庵』で頂いたのを最後に、ウエストの蕎麦ぐらいしか食った覚えがない(涙)新そばの季節が訪れているにも関わらず未食で、しかし昼間しか営業されていないお店が多くて、ようやく機会に恵まれてこちらにたどり着いた♪そば豆腐とおぼしき小鉢がそば茶と共に運ばれ、常連客と店主の会話を耳にしながら暫しの待機。もり [続きを読む]
  • 『こなみ』福津市津屋崎(提供開始)
  • Instagram ページで突如として掲載された、本日より数量限定で鴨南うどんを提供開始!偶然にも週休だったので開店時刻に伺うも、既に先客が2人おられ後客も次々と訪れて、開店から10分で満席を迎える大盛況ぶり!鴨南蛮うどん 900円ファーストロット2杯の内の1杯を頂いた、焼き色のついた長ネギが堂々と浮かべられ、掛けられた黒胡椒が食欲をそそるルックス♪鴨肉はほど好い弾力でしっかりとした旨味、もちろんスメにも滲 [続きを読む]
  • 『福間ラーメン ろくでなし』新宮町旧道沿い
  • 今年最後の限定麺は15時過ぎから提供で、煮干しを効かせた中華そばを頂けるとの事。以前、この店舗で堪能した「東京豚骨」は、胃袋を鷲掴みにされた抜群の旨さだったが、残念ながら杯数が出なかったとの見切りで、提供期間を短縮すると言う残念な販売終了…スープだけでなく低温調理チャーシューも…と、未練たらしくなるぐらい旨かった一杯。煮干しそば 750円一見するとシンプルな中華そばって感じで、お約束のナルト、支那 [続きを読む]
  • 『ギャラリー蔵』福津市津屋崎(限定10食)
  • 福津市では『鯛茶漬け』に続けとばかりに、この冬も『津屋崎千軒かき巡り』を開催中!主催:福津市観光産業活性化協議会協力:宗像漁業協同組合津屋崎支所問い合わせ:(一社)ふくつ観光協会今月より来年1月中旬まで開催されており、和洋11の飲食店がそれぞれに趣向凝らし、牡蠣入りの限定メニューを提供されている♪開店時刻に訪れたがすでに先客が1組居て、とりあえず奥の日当たりの良い席に陣取り、お目当ての牡蠣を使った一 [続きを読む]
  • 『来来』飯塚市片島交差点角(今回まで)
  • 火曜も定休となり週3の営業となった同店、店主なりの事情があって決められ事であり、有りがたい事にお休みだった先週の水曜日、30分ほど並び11時過ぎに入店を果たす。最近、フェイスブックなどで1日20杯と、複数の方が書かれていて益々「狭き門」だ!店が借りていた月極め駐車場には札がなく、それについて尋ねると解約されたとの事で、今後は近くの有料駐車場に停めるしかない。大盛り 700円通常のどんぶりでいつもよ [続きを読む]
  • 『こなみ』福津市津屋崎海岸(あ〜ぁ…)
  • 今月末で津屋崎での営業を終了される同店、来年春よりご主人の実家の製麺所のそばで、新たな『こなみ』の第二章がスタートする。出遅れて11時45分に到着するも満席で、店先で待機していたらお客さんの一人から、テーブルが一席空いていると声を掛けられ、寒い思いをせずに店内で待つことが出来た♪山田さんも手伝って給仕を行なっていたが、きのこと湯葉の餡掛け・鍋焼き・カレー等、手間の掛かる注文が重なっててんてこ舞い! [続きを読む]
  • 『ら〜めん屋 たつし』東区名島(20分)
  • 気が付けば、すでに5ヶ月ほどご無沙汰であり、ここの塩と醤油を頂かないと年が越せないため、まずは醤油をクリアすべく開店20分前に到着!開店時刻に10名並び、開店直後に2名加わり、あっと言う間に満席で店主夫妻もてんやわんや、注文は千名そば(醤油)9杯、塩3杯と大盛況!千名そば 600円(太麺で注文)半熟玉子は黄身が飴色でトロッとした仕上がり、貝割れがネギの代役としてスープに彩りを添え、焼き目が芳ばしい [続きを読む]
  • 『手打ちうどん 円清』中央区舞鶴(狙い目?)
  • さすがに土曜日のオフィス街は落ち着いていて、コインパークも停め放題…とまでは言わないが、30分100円の駐車場にも余裕で停められた♪開店30分後に到着だが先客は1組2名のみで、気持ち良い挨拶と女性店員の笑顔に迎えられた。注文を済ませ、店主の仕事ぶりを眺めていたが、湯がいた麺を冷水で一気に引き締め盛りつける!時間はかかるが「空腹は最高の調味料」であり、店主が自ら運んでくれるという嬉しいお膳立て♪とり [続きを読む]