あおさん さん プロフィール

  •  
あおさんさん: 福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ハンドル名あおさん さん
ブログタイトル福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/aosan1968
サイト紹介文東区をどげんかせんとイカンばいっ!!
自由文福岡市内から少し外れた地区に住み、職場もその近所にある立地の県民にとって、近くて遠い存在の市内の有名店は情報誌に任せといて、福岡市東区とその周辺をエリアとしたラーメン屋情報を、個人的に少し辛口な表現でお伝えして行きます(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/03/31 00:20

あおさん さんのブログ記事

  • 『博多 三氣』新宮町国道沿い(冷麺)
  • 店のFBページで紹介されていた季節限定麺、嬉しいことに新宮の店舗でも提供されていた♪今年は冷たいスープの冷麺始めました。とか、冷麺専用スープでさっぱりと冷たい!等など、ポップには猛暑を意識した素敵な文字が並び、冷しラーメン好きなら無条件に頼んでしまう♪冷麺 680円涼しげなガラスの器に透明感のあえるスープ、ビジュアル的な清涼感の演出は100点満点♪チャーシューを使わずほぐした鶏肉だったり、キクラゲ [続きを読む]
  • 私事で恐縮ですが、記事が更新されました♪
  • 『ぐるなび』が運営する美味いモノ情報サイト、『メシコレ』で私の記事を掲載して頂きました。https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/12934/今回は、宗像市で人気ラーメン店『蓮々』さん、敢えて基本の豚骨スープは紹介せずにその他の、鶏・味噌・醤油の3種を書かせて頂きました(笑)お暇な時にでもご覧頂けると嬉しい限りですが…更に「いいね!」を頂けるともっと嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 『ら〜めん屋 たつし』東区名島(伝わってる)
  • 7月11日はラーメンの日に制定されているが、数字の「7」を蓮華に「11」を箸に見立てて…と、こじつけ感の強い選定理由の他にもう1つ、日本人で初めてラーメンを食べたとされる御仁、水戸光圀の誕生日が7月11日と書かれていた。ら〜めん 520円せっかくラーメンの日なので『たつし』に伺い、基本の豚骨をテイスティングするつもりだった。が、店主から夏バテ予防バージョンを勧められ、ニラとバジルを使った変化球の豚 [続きを読む]
  • 『三井うどん店』小郡市井上(篠原製麺所)
  • 先日、予定が急遽キャンセルになりそれならば、冷たいすめを頂いておきたかったので思い立ち、小郡市までひとっ走りして13時過ぎに店内へ!看板には新たに記された『篠原製麺所』の文字、一部で物議を醸しだしているがこの店では元々、自家製麺ではなく製麺所から麺を仕入れていた。張り紙には「この麺と出会ったから」と書かれ、その麺を活かす最高のすめを作ろうと一念発起。年明けにこの方のご紹介で店主と一緒に飲んで、店を [続きを読む]
  • 『英ちゃん』宗像市と『山ちゃん』新宮町国道沿い
  • 連休中は仕事だが、食事に出ても飲食店は満席…駐車場が広くて、客席の多い店を選ぶしかない、日曜は早めに休憩を頂き宗像の『英ちゃん』へ!抜けるような青空=炎天下・猛暑日を意味する、何も考える気になれず冷たい飲み物を注文した。ざるうどん 600円どうして具も無いうどんが600円なのだろう?ごぼう天うどんは520円なのに…、考えない…とにかく、冷たい喉越しがひたすら恋しかった。かえしにはネギと粉わさびが添 [続きを読む]
  • 『弥五郎』東区千早(10時半開店)
  • 住所は千早だがどこのサイトも西鉄香椎駅から、所用時間や地図が紹介されている老舗の蕎麦屋。ある年代の方には「みゆき通り」の名前の方が、馴染みだと思われるが大半の建物は取り壊され、何軒か残る建物の1つとして営業を続けている。香椎駅周辺の商店街の再開発事業にてここ数年、見慣れた街並みが姿を消して交通網が整備され、高校時代3年間を過ごした思い出は過去のモノ…この日は移動中に西日本を襲った大雨の影響で、博多 [続きを読む]
  • 『藪うどん』飯塚市堀池(とりあえず…)
  • いつも満車だが、この日は運良く空きがあり、初めてこちらの暖簾をくぐったがほぼ満席で、辛うじてカウンターに腰掛けるがお冷もなく、仕方なく自分で注ぎに行くと水の出が今一つ、戻ろうとすると従業員がぶつかってくる始末…混雑する時間帯ではあるが少々扱いが乱雑で、自分から呼ばないと注文すら取りに来ない(涙)ごぼう天うどん 430円提供時間は早めで、私の好きな小振りの丼で、スメからは湯気と共に節系の香りが立ち昇る [続きを読む]
  • 『来来』飯塚市片島交差点角(確かに)
  • 見坂トンネル開通で、飯塚まで10分も短縮され、そのお陰で、久しぶりに並ぶことなく入店出来た♪7月10日(火)の日替わりの屋号は『白南風』で、しろはえ、梅雨が明けたこの時期に吹く南風の事、前日の気象庁の「梅雨明け」を反映した粋な記号。店主と挨拶を交わし、いつもの並盛りを注文した。並盛り 600円珍しく他者と重ならず私の分だけを作って頂いた、折り畳まれた細麺と、チャーシューだけの麗しさ♪丁度、他の第一陣 [続きを読む]
  • 『ふくうどん』井上こんさん監修(通販の乾麺セット♪)
  • うどん愛が溢れるライター:井上こんさん、今や全国区のTV番組やら各種メディアで、案内役としてもご活躍中の彼女が監修され、ネット通販で販売された袋入り乾麺セット!購入したままで実食に至れず焦っていたが、10日ぐらい前に思い切って一袋湯がいた。説明書きに従って沸騰したお湯に麺を投入、約10分強ひたすらに茹で上がるのを待つ。IHは火傷の心配がないしお手入れが楽で、しかもご覧のとおり熱量は全然遜色がない。 [続きを読む]
  • 『中華そば かなで』博多区東比恵(駐車出来た!)
  • 14時半に訪れて店の駐車場を余裕でゲット、入店するとまだまだ6〜7割ぐらいの客入り!お陰で初めてカウンター以外の席に案内され、お目当ての「冷製煮干そば」を並で注文した。・夏野菜の甘味と煮干のえぐ味がマッチング・煮干しが濃いのにゴクゴク飲めるスープ!「煮干が苦手な方お断り」や「無化調」など、商品ポップの内容にも思わず期待が高くなる。冷製煮干そば 750円美しいビジュアルに店主のセンスが滲み出る、茗荷 [続きを読む]
  • 『福間ラーメン ろくでなし』福津市旧道沿い(第4弾)
  • 福間ラーメンろくでなし福津本店限定麺第4弾、辛味噌つけ麺、略して「カラツケ」が提供開始!以下、商品ポップの記載内容をそのままご紹介、麺の量選べます並盛 250g中盛 375g大盛り 500g(+100円)辛さ選べます0辛(辛いの苦手な方)1辛(いい感じに辛いです)2辛(なかなか辛いです)3辛(だいぶ辛いです)※トッピング色々できます。※ゆで時間6分ほどいただきます。※スープ割はございません。※紙エプ [続きを読む]
  • 『福間ラーメン ろくでなし』宮若市 たまごの里敷地内(復活!)
  • 少し前、フェイズブックで「復活!」と拝見し、暫く提供されててなかった事実を初めて知った。見坂トンネルの開通によって時間もグッと短縮、意気揚々と宮若市まで20分ほどドライブした。中華そば(卵入り)650円鶏ガラと醤油のオーソドックスな組み合わせで、チー油の風味と黒胡椒のパンチが援護射撃する。生卵が浮かんでいるだけで特別感がアップする、あくまで卵黄のみでなく全卵というのが嬉しい、「卵好き」を自称する私 [続きを読む]
  • 『ざいとん』西鉄香椎駅前(過去最高)
  • 店主が入籍され公私ともに順風満帆な同店、個人的にも一緒にラジオ番組に出演したり、全国誌『BRUTUS』に掲載されるなど、間違いなく追い風が吹いている勢いである!今月も今日から限定麺の提供が開始されて、店主も「過去最高」とニヤッとされていた♪鯵汁無し坦々麺 750円天候を考慮して食材は早めに仕入れていて、台風の速度も遅くなり予定通り頂けた次第。鯵ミンチ、鯵開き、鯵出汁、鯵ダレを使い、臭みのない鯵の旨 [続きを読む]
  • 『食堂 十時』宗像市牟田尻495号線沿い
  • 道の駅『むなかた』の通り沿いにある食堂で、神湊の漁港に近いため海鮮料理のお店が多く、その中にあって刺身定食の提供を止めた同店。それもそのハズ、ここの名物はチャンポンで、他にもうどん・そば・かつ丼が提供されるが、客の殆どがチャンポンを注文する盛況ぶりで、盛りつけも面倒でロスが大きい刺身定食より、薄利多売でも回転率の良い方を選ばれた模様。チャンポン 650円頂上には乾燥海老が振り掛けられてイイ感じ、た [続きを読む]
  • 『自家製麺うどん 月うさぎ』宗像市曲(モニター)
  • 久々に、開店直後の店内に足を踏み入れると…、券売機の上に「文明の利器」が置かれていたっ!もり 480円確かに、これなら商品が分かり易く紹介できる、もり 480円つい「もり」のボタンを探してしまうやないか、もり 480円洗脳されてしまった…、でも少しだけ抵抗して、ごまだれでお願いしたが、これが大正解だった。擦ってペースト状にした胡麻にお出汁を加えて、少し醤油を足したと思われる程度の塩加減だが、これが細 [続きを読む]
  • 『中島探偵団』KBCラジオ(恐縮ですが…)
  • 私事で恐縮ですが同番組から取材を受けてまして、その模様が週明けに、放送される事になりました!九州朝日放送KBCラジオ『中島探偵団』の中で、麺ブロガーがお勧めする福岡市東区のラーメン店、ナカジーと共に2軒ほど入店して私が案内人役で、人気のラーメンを紹介する内容になっております♪6月25日(月)18時05分からの放送回では、西鉄香椎駅前の人気店『座射豚(ざいとん)』で、アレとアレとを立て続けに2杯食べ [続きを読む]
  • 『焼肉苑 さとう』別府市若草町(冷麺)
  • 所要があり、半年ぶりに別府まで出掛けたので、やはり冷麺が食べたくて観光パンフを見ていて、「焼肉屋なのに、冷麺目的のリピート客が多数」みたいなキャッチコピーに釣られて訪れた同店。店先に10台ぐらい駐車できるのも有り難いが、ランチタイムのメニューもなかなかお得だった♪別府冷麺セット 700円韓国海苔を巻いたおにぎりとドリンク付きだが、冷麺単品で680円だから絶対にセットがお得!ドリンクも8種類の中から [続きを読む]
  • 『麺屋 ゆぶき』飯塚市川津(移転後初)
  • 週休前に油断して夕方から飲みまくってしまい、気付けばリビングのソファで居眠りしてしまい…翌朝は少し喉が痛くて鼻水が止まらない状態で、体調を考慮して非豚骨ラーメンをチョイスした。ピリ辛醤油ラーメン(並)700円基本の醤油スープとピリ辛の差は100円だが、麺の量や具材が増える訳ではないので切ない(涙)個人的にこのスープに木耳は不要な気がするが、唐辛子をブレンドしたタレは程よい辛味加減で、サラッと飲める軽 [続きを読む]
  • 『ギャラリー蔵』福津市津屋崎(SNS限定)
  • ふくつやプロジェクト Instagramを拝見し、SNS限定のぶっかけ麺が掲載されていた。水曜午後に訪れたが店内は約8割の稼働率、『ふくつの鯛茶漬けフェア』とも相まって、私と後客の男性以外は全て鯛茶づけだった!三女神のぶっかけ麺真鯛乗せ 800円製麺屋慶史と書かれた丼に慶史製の細麺と、真鯛の刺身・卵黄・刻み海苔と葱か盛られ、甘辛い醤油ダレで全体を一気にかき混ぜる!宗像の郷土料理で鯛そうめんがあった事を、上記 [続きを読む]
  • 『かほラーメン』嘉麻市中益(元祖ベジラー?)
  • 以前から「畑からの醤油ラーメン」を提供するが、支店にしか行った事がなかったので初の本店訪問。同店Facebookページで提供開始と書かれていた、動物系ゼロ・食品添加物ゼロの野菜だけのスープ。姉妹店『いすずカフェ』との共同開発と書かれて、栄養価の高い約9種の野菜を盛りつけたとか云々。果たして今回のスープはどれほど進化しているか?野菜党Ra-men 850円(税別)明らかに盛りつけはインスタ映えを意識されるが、野菜 [続きを読む]
  • 『支那そば やっちゃんち』中央区清川(朝ラー)
  • 先週末、凄い顔ぶれの集まりに声を掛けて頂き、有名店の店主や有名ブロガーさんが多数参加で、新しい繋がりが出来たり情報交換が出来たりと、有意義かつ濃厚な時間を過ごさせて頂いた翌朝…諸事情により9時にホテルを出なければならず、朝ラーは『やっちゃんち』狙いで駐車場を探し、ワンコインでチャーシュー無しの食券をポチる。汁そば(塩)500円私は素ラーメン推奨派なのでこれはありがたい、飲んだ翌朝には打ってつけのお [続きを読む]
  • 『うどんウエスト』初夏のうどん祭り
  • 毎回、必ず1度は口にしているうどん祭りだが、かなり長い商品名をナカジーは覚えているのか?初夏のうどん祭り“アニョハちわー”肉と野菜ゴボ天のビビン“まぜまぜ”うどん細麺スペシャルお出汁付きアジアンピース!略してナカジーうどん※こちらのサイトで詳しく食べ方の動画公開中!【非公式】モーニングジャムを勝手に応援し隊ナカジーうどん 680円ほうれん草・ナムル・ごぼう天・肉などの具材、その上から擦りごま・刻み [続きを読む]
  • 『葉隠うどん』博多区博多駅南(冷たいヤツだ…)
  • 私は葉隠では温かいうどんしか食べた事がない。かと言って、鍋焼きうどんも食べた事はないが、他にも品書きには冷たいうどんが書かれている。ざるは分かるが…「冷めん」ってまさかのアレ?錦糸卵・きゅうり・ハムが乗った酢醤油のヤツ…そんなハズはないので店員さんに尋ねてみると、「細麺で、氷をはった器に入って出てきます。」それは確かめてみないと…ってな訳で注文した。猪口に入った麺つゆと薬味と鶉の卵が運ばれる。冷め [続きを読む]
  • 『麺や 佐渡友』福岡市東区三苫小学校沿い(坦々)
  • 前回、店主から坦々麺の提供開始を伺ったのに、車の調子が悪くてずっとお預けになったままで、ようやく車も買い換えて久々に食事に出掛けた。開店時刻に間に合ったので一番に暖簾をくぐり、お目当ての坦々麺を注文してお冷で喉を潤した。胡麻薫る佐渡友の坦々麺 780円今年もクレソンが堂々とその存在を主張するが、まさに「ばえる」を意識した面白い飾りつけだ。従業員が運んできた際に「クレソンは浸して…」と、スープに浸す [続きを読む]
  • 『ざいとん』西鉄香椎駅前(感謝します!)
  • 今月の限定麺は昨日より10日(日)まで、渡り蟹を使用して搾られた出汁をベースに、京都の西京味噌で作った味噌ダレを併せて、和の要素たっぷりで昼のみ15食限定提供。予定より早めに到着してしまい25分待機、15ほど経ってから2番目のお客が並んだ。開店と共に食券を購入してカウンター奥へ、厨房から漂う魚介の香りに期待も高まるっ!渡り蟹と西京味噌らーめん 750円なんと中央には渡り蟹の身が浮かべられて、相変わ [続きを読む]