あおさん さん プロフィール

  •  
あおさんさん: 福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ハンドル名あおさん さん
ブログタイトル福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/aosan1968
サイト紹介文東区をどげんかせんとイカンばいっ!!
自由文福岡市内から少し外れた地区に住み、職場もその近所にある立地の県民にとって、近くて遠い存在の市内の有名店は情報誌に任せといて、福岡市東区とその周辺をエリアとしたラーメン屋情報を、個人的に少し辛口な表現でお伝えして行きます(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2008/03/31 00:20

あおさん さんのブログ記事

  • 『ラーメン海鳴』ラーメン滑走路(明太子)
  • 適当に通って杯数を重ねている『滑走路』、非豚骨の店舗には一通り足を踏み入れたが、豚骨は『まんかい』を含めていずれも未達。しかし『海鳴』の豚骨となれば話しは別で、じょにさんも召し上がられたコチラを注文。ラーメン辛子明太子 920円20時間炊いて旨味だけを凝縮した豚骨と、数種の煮干しと節類を使った魚介スープで、辛子明太子の漬け汁をベースにしたタレで、魚介感と辛さが楽しめる一杯に仕上げられ…的な内容が商 [続きを読む]
  • 『ちゅるるちゅ〜らラーメン研究所』中間市(閉店)
  • 店主:翁さんのFBページで閉店を知らされ、今月いっぱいぐらいとの事で取り急ぎ訪れた。店先には閉店を示す貼り紙などは見当たらず、カウンターに通され魚介豚骨をお願いすると…ヨン様がカウンター越しに声を掛けてくれた、「顔は見覚えがある、名前は知らんけど(笑)」正直な方である、私も名乗った覚えはない(笑)魚介豚骨 615円 + 煮玉子 125円(税込)私は、限定以外はいつもこの魚介豚骨だった、丼も新調され縁には麺 [続きを読む]
  • 『大村湾SA上り』長崎自動車道(敢えてSAを選択!)
  • 所用と長崎さるくを楽しんで福岡へ戻る途中、相方がお土産を買うためココに立ち寄ったが、流れでそのままSA内の食堂で夕飯となった。長崎自動車道のSA・PAにある飲食店では、ちゃんぽんと皿うどんが必ず頂けるとの事で、5年前の9月には『ちゃんぽん総選挙』なる、長崎道のSA・PA限定イベントが開催され、見事『大村湾SA』が第一位の栄誉に輝いた!焼きちゃんぽんや台湾ラーメンなども存在し、お客の大半が何らかの麺 [続きを読む]
  • 『吉宗』長崎市浜町(元祖茶碗むし)
  • 日帰りで10年ぶりに長崎市内を歩いて回った、私の記憶ではまだ結婚する前だった気もする(笑)この日は『ランタン・フェスティバル』前日で、長崎新地中華街でも所狭しとランタンが飾られ、川の上にもワイヤーを渡し吊り下げられており、どこも彼処もランタンで祭りムード盛り上がる!路面電車もヤクルト柄で盛り上げに一役買って、浮かれ気分の「長崎さるく」を楽しんで昼食へ。吉宗と書いて「よしむね」ではなく「よっそう」創業 [続きを読む]
  • ベースの違いを味わう2種類の味噌ラーメン
  • 水曜日の12時過ぎに『らー麺 味噌哲』へ珍しく駐車場が空いていてすんなりと入店、店主夫妻と挨拶を交わしカウンターに着席。女性スタッフも私の顔を覚えていたらしく、お冷と共に素敵な笑顔で話しかけてくれた。吟熟味噌らー麺 700円具材こそ他の商品と同様だが100円高い、理由は単純で吟味された材料だけを使って、作られた味噌をさらに寝かせて熟成させて、じっくり搾った鶏白湯と合わす贅沢仕立て!ご飯(小)120円 [続きを読む]
  • 『こなみ』福津市津屋崎(今期の新商品)
  • 基本的に土・日の昼間しか営業されてないが、祝祭日で12日は営業とインスタで拝見して、貴重な月曜営業で友人と訪れることが出来た♪今月から提供開始の鍋焼きと京風たぬきだが、二番手のお客さんもほぼ私達と同様の注文で、とりあえず最初に運ばれて来たのがこの一皿、ゆずいなり 1個150円酢飯に白胡麻が混ぜられていて食感も面白く、柚子皮の風味がさわやかに口腔に広がる一品♪ 鍋焼きうどん 1,000円生麺の茹で時間も [続きを読む]
  • 『ざいとん』東区 西鉄香椎駅そば(面白い)
  • 今月6日〜11日までの期間限定で提供中の、身体が温まりそうなラーメンを頂きに訪れた。開店前に到着するも既に3人ほど並んでいて、平日にも関わらずさすがの人気ぶりであるが、豚骨で作った麻婆豆腐を中華そばとあわせました。説明の文字にもしっかり自信がみなぎっている♪豚骨麻婆中華そば 750円(昼15食限定)魚介が効いた中華そば(醤油ラーメン)の上に、豚骨ベースで作った麻婆豆腐が掛けられている。まずは麻婆を [続きを読む]
  • 『てーるらーめん 鳥栖てーる10』鳥栖市(夜専?)
  • JR鳥栖駅そば『京町屋台横丁』で営業される、呑んだ〆には丁度よいテールラーメンの専門店。いい感じのさびれた路地裏に連れ込まれながら、街灯に群がる昆虫の如くネオンに吸い寄せられ、お目当ての『てーるらーめん10』に辿り着く。※屋号の表記に従いこれ以後はひらがなで表記。昭和の風情プンプンの怪しい呑み屋街の一角で、カウンターに腰掛け鴨ローストを肴に飲み直す。Bーダディさん達はこの店でも常連さんらしく、店主 [続きを読む]
  • 『本格手打ち みの屋』鳥栖市真木町(半世紀)
  • 飲みに誘って頂いて、宿泊予定の鳥栖市に到着、敢えて検索はせず通りすがりのうどん屋に入店。そこそこ広い駐車場だがほぼ満車に近い状態で、店内は待機している先客が7〜8名並んでいた。カウンターはぽつぽつ空きがあり待たずに着席、日曜の昼食時で多くの家族連れで賑わっていた。厨房には麺打ちブースがあり丁度実演の最中で、若き店主とおぼしき方が華麗に麺を刻んでいた。海老天うどん 550円パリッと揚がったウエハース [続きを読む]
  • 『三井うどん店』小郡市井上 大砲ラーメン向かい
  • 昨年三月に開店された小郡では人気の同店、その常連であるBーダディさんに誘われて、鳥栖駅の近くのホテルに宿泊と車を停めて、そこからJRで基山駅に降りて甘木鉄道へ。基山町イメージキャラきやまんに挨拶して、30分ほどホームの待合室で寒々と過ごし、美しいブルーの列車に10分ほど揺られて…松崎駅から雪の舞う道路をとぼとぼと歩き、三井うどん店(みいうどんてん)さん到着♪店主から屋号への由来や拘りを聞かされて、 [続きを読む]
  • 『ラーメン屋 游』城南区荒江(もつもつ噛めよ)
  • この日は、久し振りに天神方面で用事を済ませ、せっかくなので少し足を延ばして『游』さんへ。正午前にも関わらず私が入店して満席を迎えた、先週は腰痛がヒドくて何日か営業をお休みされ、今週もとりあえず昼のみの営業で様子見との事。先客分の湯切りをテキパキとこなされているが、腰をかばいたどたどしい足取りの姿が痛々しい。もつ鍋焼麺 900円この限定のためにわざわざ太麺を用意されたり、見た目にも拘って土鍋まで揃え [続きを読む]
  • ご存知かも知れませんが…
  • 店主のFacebook ページで知らされた情報、飯塚市目尾の『ラーメン MAPPE』が移転!新飯塚駅の近くに移られる予定との事だが、まだ本契約は済んでいないとか書かれてた。今月末で目尾の店舗での営業は終了との事、移転される前にもう一回行っておかないと!で、引き続き〜店主のFacebookページで知らされた情報、宮若市『王ちゃんラーメン』も移転される!昨年末に『游』を訪れた際に平山さんから、「宮若のラーメン店主の方が来ら [続きを読む]
  • 『ギャラリー蔵』福津市津屋崎(〜3/4まで)
  • 夏場の「鯛茶漬けフェア」が毎年恒例となり、冬場の二番煎じで津屋崎の養殖牡蠣を使った、 その名も「津屋崎千軒かき巡り」が開催中で、めんむすびさんの記事を頼りにこちらを訪問。この界隈は漁業関係者が多く暮らしておられ、玄関先にはお汐井を入れる小箱が設置される。今でも地元の高齢者は出掛ける前に塩を振り、無事に帰宅できるよう祈りつつ家を出ていく。民家を改装した店内は飲食スペースと併せて、女性向けのギャラリー [続きを読む]
  • 『ら〜めん屋 たつし』東区名島(お年始)
  • 店主から年賀状を頂いていたが諸事情により、返信も出来なかったのでお年始を含めて訪問。13時過ぎで駐車場にも停める事が出来たが、駐車札が見当たらず先客が持ち帰ったご様子。挨拶を交わして近況や共通の知人の話しなど、色々と会話を交わしながら裏メニューを注文。カレーラーメン + 追い飯 = 700円(参考価格)ある時しか提供出来ないので裏メニューだが、店主の拘りは半端なくあれば注文すべし(笑)!一時的に提供をス [続きを読む]
  • 『こなみ』福津市津屋崎(お年始)
  • 土・日の昼間のみ営業でかなり狭き門であり、土・日も仕事がある私にはハードルが高いが、それも「行きたい」と思わせる理由の一つ(笑)土曜に一番客で入店したが女将さんによれば、最近はスロースタートで13時頃が混むとか、確かに私が居る間、後客は一人も来なかった。醤油麹釜玉うどん 750円昨年からの新作で卵好きの私には嬉しい一杯、熱々のちぢれ麺に卵がまんべんなく絡みつく!肉吸い 400円もともとの出汁の旨さに牛 [続きを読む]
  • 『来来』飯塚市片島1丁目交差点角(お年始)
  • 店の定休日と、自分の週休が重なりまくって、やっと重ならなかったのが24日の水曜日で、寒波で八木山バイパスの凍結が心配されたが、普通のタイヤで通行可能で何とか間に合った!開店前から行列に並んでどうにか5番を獲得、入店して店主と近況を話ながら並盛りを注文。『蓮々』の店主と忘年会でご一緒された話や、『石田一龍』が飯塚市に進出された話等など、互いに情報交換しながらしばし配膳を待った。ラーメン 600円麺と [続きを読む]
  • 開店情報(飯塚市201号線沿い)
  • 201号線沿い「後牟田入口」の交差点そば、上り車線側に、下記のような看板を目にした。1月28日オープン 麺屋 すみ岡豚骨なのか味噌なのか醤油なのか塩なのか…?にしおか〜すみ子だよ〜、略して「すみ岡」?瓦屋根に立派な一枚板の屋号の看板が掛かり、和風の店構えでおのずとスープは限られるが、残念ながら28日は勤務で21時まで仕事(涙)どなたかのリポートを楽しみに拝見致します…因みに、今日の昼過ぎ八木山展望台に [続きを読む]
  • 『かねいし』と『葉隠』博多駅南(とじ比べ)
  • かなり久々に訪れたが、駐車場がありがたい♪近隣の会社員が多いので意外と空いているが…店内は入れ代わり立ち代わりの高回転状態で、厨房も給仕の従業員もてんやわんやの大騒ぎ!薄暗いカウンターに腰掛けて湯切りを眺めて…とじうどん 570円ネギを盛り付ける前のとじうどんの佇まいは、薄暗さも含めてかなりトワイライトな雰囲気、少し濁ったすめに約束された旨さを確信する♪麺はやわいが僅かにコシを感じる茹で上がり、と [続きを読む]
  • 『麺&ダイニング 坂新』博多阪急8階催事場(東北)
  • 岩田屋のごぼ天うどんが百貨店らしい量で、私でも食べたそばから空腹を感じるほどで、ならばと博多阪急に足を伸ばして催事場へ!13時過ぎにも関わらず店先は行列状態で、10分ほど待って席に通されて更に15分、番号札で呼ばれてようやくレジで注文だが、品書きを見ながら違いを店員に確認すると、支那そばは、豚骨のみのスープとの事だが、醤油ラーメンは、魚介出汁と醤油が加わる。支那そば 750円(税込)文句なしの盛り [続きを読む]
  • 『麺&ダイニング 板新』博多阪急8階催事場(絶妙)
  • 岩田屋のごぼ天うどんが百貨店らしい量で、私でも食べたそばから空腹を感じるほどで、ならばと博多阪急に足を伸ばして催事場へ!13時過ぎにも関わらず店先は行列状態で、10分ほど待って席に通されて更に15分、番号札で呼ばれてようやくレジで頼む際に、品書きを見ながら違いを店員に確認すると、支那そばは、豚骨のみのスープとの事だが、醤油には、魚介出汁と醤油が加わるとの事。支那そば 750円(税込)文句なしの盛り [続きを読む]
  • 『乙ちゃんうどん』岩田屋7階催事場(再現率?)
  • 17日より岩田屋の『博多うまいもん市』で、ごぼ天うどん発祥店の味を再現したうどんが、7階催事場のイートインで提供されるとかで、地元メディアでも色々と取り上げられていた。辛子明太子『ふくや』が創業者のお孫さんと、当時の味を再現すべく記憶と記録を紐解いて、イベント限定ながら提供に漕ぎつけたごぼ天。きびなご、かつお、うるめいわし等の出汁と、自家製古式の細い麺を使って再現される等と、店内に貼られた説明文に [続きを読む]
  • 『地鶏らーめん はや川』南区玉川町(首位)
  • 既にあちこちで紹介され、今更ではあるが、この方面に行く機会や用事がなかった為に、今回までずっと宿題になっていた『はや川』この日は運よく店先の駐車場が空いていて、行列もなく食券を購入して5分ほど待った。退席した客と入れ替わりでカウンター席へ、それから提供されるまで更に20分を要し…地鶏醤油らーめん + 味つけ玉子 820円低温調理のチャーシューが視界に写り込み、お月見でも連想してしまいそうな盛りつけ♪ [続きを読む]
  • 『正龍軒』と『白龍軒』地元の老舗にお年始
  • 今月6日、土曜の混雑を覚悟しながら訪問、でも飛脚のトラック1台のみで悠々と駐車。暖簾をくぐると私より先に女将が開口一番、「あけましておめでとう御座います♪」しまった、私が言おうと構えてとったのに…でも気持ち良く迎えられ本当に嬉しかった♪ラーメン(大)600円カウンターの歪みでスープも偏っているが、この傾きや擦り切れた丼鉢も老舗の味わい。麺より細く刻まれたキクラゲが食感も良く、並盛でも大盛でもチャー [続きを読む]
  • 『つじ田』ラーメン滑走路(ハードル高し)
  • 私なりに体調万全で『つじ田』を訪れたが、この時は撃沈するなど予想だにしておらず、券売機で基本を購入して待つこと10分強…魚介豚骨つけ麺 + 味玉 990円すだちは途中から掛けるよう言い添えられ、つけ汁から漂う魚介の香りで食欲も3割っ!当然のごとくモリッと太麺が盛りつけられ、持ち上げると箸先にずしっと重さを感じる、隣の客はラーメンとミニ丼を頼んでいたが、お客の3割ぐらいがラーメンを食べていた。濃厚なつ [続きを読む]