ゆりえ さん プロフィール

  •  
ゆりえさん: NZのビューティセラピストゆりえの鉄と自転車ブログ
ハンドル名ゆりえ さん
ブログタイトルNZのビューティセラピストゆりえの鉄と自転車ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bellycostumenz
サイト紹介文NZのビューティセラピスト。NZと日本を鉄道・自転車・徒歩で周る旅+糸紡ぎ・グラニースクエア日記
自由文元ベリーダンサー、現ニュージーランドでサロン勤務のアラフィフ、ビューティセラピスト。鉄道、自転車、歩き旅、マンガ、糸紡ぎ、グラニースクエア、レトロ・コレクション、動物王国など、趣味を追求し突っ走る日々のつぶやきブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供390回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2008/04/03 19:36

ゆりえ さんのブログ記事

  • 真夜中・大阪発サンライズで、沼津まで
  • 大阪での2日目は、高校時代の演劇部の友達と集まった後、深夜(夜0時半過ぎ)に大阪駅を発つ寝台列車サンライズ出雲で、沼津まで。私が日本で一番好きな列車は、この「日本で最後」の寝台列車サンライズ。鉄道の中でも、寝台車が時に好きなの。。あまりに好きなので、日本に帰ったときは、2回でも3回でも乗れるだけ乗ることにしている。大変人気のある列車なので、週末はのびのび寝台取れないことも多いけど、この列車だって、いつ [続きを読む]
  • 大阪城トライアスロンってのがあるらしい
  • 大阪アメージングパスで一緒に回った友人が、大阪城で教えてくれた話だけど、大阪城トライアスロンっていうのがあるんだって?大阪城の周りを走り、自転車をこぎ、大阪城のお堀で泳ぐらしい。(すごくイヤ・・)あのお堀で泳いで、病気にならないのか?と思ったが、そのイベントのために、水を一部入れ替えたり、水質調査したりして、一応問題はないようにするらしい。そういう機会でもないと、大阪城のお堀では泳げないからねえ。 [続きを読む]
  • 大阪一日周遊パス・2500円ポッキリ!
  • 大阪では、30年ぶりくらいにワーホリ時代の友人と遊んだよ。友人が見つけてくれたのが、35か所の観光スポットが入場無料になり、電車・バスに一日中乗り放題で2500円ポッキリ!という大変お得な周遊パス。↓https://www.osp.osaka-info.jp/jp/これを使って、一日でどれだけたくさんのスポットを回れるかというチャレンジ。待ち合わせは天王寺の駅。午前10時。周遊パス、どこで買うのかと思ったら、なんと駅長室!えっ切符売り場じ [続きを読む]
  • ちょっと遠乗り
  • 雨続きの寒い天気が続き、ずっと自転車に乗れずストレスがたまっていました。金曜日の休みが復活したので(このまま続くことを祈る)、先日の金曜日、ちょっと遠くまで。。市内から、ホーンビー近くのモーターウェイのジャンクションまで続いているサイクリングロード「リトルリバー・リンク」を走ってきました。このサイクリングロードは、リトルリバー・レイル・トレイルのホーンビー側のスタート地点までリンクしているはずなん [続きを読む]
  • 阪急電車と阪急梅田駅
  • 京都のコミカプで2泊した後は、大阪へ。JRパスがあったので、京都駅まで地下鉄で出て京都〜新大阪を新幹線でというのも考えたのですが、乗り継ぎの時間と手間と、スーツケースの重さを考えると、阪急1本で行ったほうが楽だと思い。。(夜2時までマンガを読んでいましたが)がんばって朝6時に起き、京都の阪急河原町駅より、阪急電鉄の京都線へ。阪急梅田駅は、鉄道ファンにはたまらない駅だそうです。阪急梅田駅のホームでは、マル [続きを読む]
  • SLの聖地!梅小路蒸気機関車館
  • 今は京都の鉄道博物館の一部となった梅小路の蒸気機関車館、かつてはSLの聖地と呼ばれたそう。扇状にずらりと並ぶSLの展示はまさに圧巻!SLに関しては、超ビギナーで知識も乏しい私。。今回日本で大宮の鉄道博物館に行って、やっと日本の蒸気機関車のCやDが動輪の数を表しているという事実を知ることができました。ずっとこのCやDはなんだろう。。。と疑問に思っていたんですよね。Cは動輪3つで、Dが動輪4つね。実はこの間、イー [続きを読む]
  • タイエリ鉄道終着駅プケランギ
  • タイエリ鉄道終着駅はミドルマーチ。でも私が乗った日は、途中のプケランギまでしか、運行していなかった。この日の終着駅プケランギは、見事に何もなかったわ。牽引してきたディーゼル機関車を切り離して、反対側の前方(つまり後尾)に接続する作業。走って撮影しに行く私は、怪しい中年のオバハン以外の何者でもない。。同じく中年(初老)の夫は、客車から一歩も出なかった。ランキングに参加しています。 して応援して [続きを読む]
  • ダニーデンのタイエリ峡谷鉄道
  • タイエリ峡谷鉄道は、NZRailの観光路線ではなく、いわゆる第三セクター。自治体、ボランティアなどが協力してこの鉄道を保存するために動いており、ツーリスト向け観光路線として、知名度も人気も高い鉄道です。ダニーデンからの最初の1区間は、NZRailの線路を利用しているのだそうです。この線路はもう観光路線用には使われていませんが、貨物用に常用されています。タイエリ峡谷鉄道の見所は、高い高度を走る列車からの峡谷の眺 [続きを読む]
  • 京都鉄道博物館
  • 日本では、二大鉄道博物館を訪れる幸運に恵まれました。加えて九州門司の鉄道記念館にも行ったので、三つの鉄道博物館を訪れることができました。九州の博物館は次の記事でご紹介するとして、京都の鉄道博物館。こちらは、どちらかというと、大人向けの鉄道博物館という感じです。あくまで大宮のてっぱくに比べての印象ですが。。今回の日本の旅では、3つのSLに乗ることができました。一つ目は鬼怒川の大樹。これは転車台のアクシ [続きを読む]
  • ダニーデン駅のSLステンド・グラス
  • ダニーデンの駅は、歴史のある美しい建物で、駅を訪れて中を見学するだけでも楽しめます。ウェリントンの駅も良かったけど、ダニーデン駅もいいわぁ。。ここには、SLのステンド・グラスや装飾タイルがあるんです。階段のタイルにもNZR(ニュージーランドレイル)の頭文字が。。お洒落。ダニーデン駅からは、タイエリ峡谷鉄道と、海沿いを走る観光列車シーサイダーが出ています。↓https://www.dunedinrailways.co.nz/今回は、ダニ [続きを読む]
  • 我が家のコーギー・ロジャーが新聞に!
  • 先週末ダニーデンに行って、ジャパレスでランチを食べていた私と夫を外で待っていたロジャーを、ODT(オタゴ・デイリー・タイムズ)のカメラマンが撮影したのが、今日の新聞に掲載されたって、ダニーデンの親戚が教えてくれました。↓https://www.odt.co.nz/opinion/whats-with-that/end-daylight-saving-spoils-morning-snooze11歳のジジイになっても、子犬みたいに可愛い。。コーギーはこのちょっと情けなさそうな顔がいいのよね [続きを読む]
  • 旧東海道の終点、三条大橋
  • 東海道を歩いて制覇する旅はスケジュール的に無理だから、今回はまず下見ということで、鉄道旅にくっつけて、東海道の起点と終点、要所などを訪ねてみる旅になりました。終点というか起点というか、西の始まりは三条大橋。東海道53次ではなく、大阪までの4宿を加えて57次として、起点は大阪の京橋だという見方もあるようです。東の始まりは日本橋。こちらには、旅の最後に訪れることになりました。西の三条大橋は、立派な橋で見ご [続きを読む]
  • 柘植より草津線で京都へ
  • 伊賀上野で、芭蕉ストーキングを楽しんだ後、伊賀上野より再び関西本線で柘植の戻り、柘植から草津線で京都へ。冬だったので乗って間もなく、薄暗くなってきました。出来れば日が暮れる前に膳所駅で途中下車し、芭蕉のお墓があるという義仲寺に行きたいと思っていたのですが、膳所を通り過ぎる頃には完全に日が落ちて真っ暗になっており、泣く泣くあきらめました。明日は朝から予定がぎっしりで、どう詰めこんでも膳所まで戻って来 [続きを読む]
  • McLeans ForestのMTBトラック
  • 本日まずまずのお天気の日曜日。McLeans Islandにあるマウンテンバイクのトラックに行ってきました。↓https://www.ecan.govt.nz/your-region/living-here/regional-parks/waimakariri-river-regional-park/mcleans-forest/Mcleans ForestのMTB専用トラックがあるパークは、空港の先、オラナパークという動物園の向かいにあります。森の中を抜けるように自転車用のトラックが整備してあって、ハードテールのMTBでも、無理なくライ [続きを読む]
  • 伊賀鉄道と芭蕉ストーキング
  • 芭蕉の生誕の地、伊賀上野(上野市)へは、JR関西本線の伊賀上野駅で伊賀鉄道に乗りかえます。松尾芭蕉は、たくさん旅をして全国各地俳句を作りました。伊賀上野はその芭蕉の生誕の地であり、故郷です。伊賀上野は忍者の里としても知られることから、芭蕉は忍者だったのではないかという説があります。彼は忍者の家系、桃地に血をひいているそうで、私は芭蕉忍者説支持派です。奥の細道の旅を終えた後、芭蕉は最後は大阪で病死して [続きを読む]
  • 関西本線・名古屋〜亀山〜関〜伊賀上野
  • 関宿、および伊賀上野を訪れた日の鉄道旅の記録です。名古屋から関西に行くには、いつも新幹線でしたが、今回は関西本線や草津線など、普段乗らないルートで巡ってみることにしました。今回の日本の旅の目的として、旧東海道の要所を訪ねる、芭蕉の足跡を訪ねる、また乗ったことのない鉄道路線に乗ってみる、蒸気機関車に乗る、東と西の鉄道博物館を訪ねる、色んなゲストハウスに泊まる、マンガを読み倒す、レンタサイクルで回る、 [続きを読む]
  • 海に向かって駆け下りる
  • Karitaneでのサイクリングの続き。2日目は、Seacliffという崖に向かって上り坂を漕いで行きました。Karitaneから崖の天辺まで7キロ、うちほとんどが上りなので、途中できつくなってきて5キロくらいいったところで時間切れ。その日は、ローカルマーケットにいく予定があったので、あきらめて途中で戻りました。マーケットの帰り、崖の方のルートを回ってKaritaneに戻ってこれるというので、自転車を積んで出かけました。Seacriff [続きを読む]
  • 旧東海道歩き・関宿
  • なんだか随分前のことのように感じられる、日本の旅の続きです。京都駅で次女と別れた後、同じ夕方の新幹線で名古屋へ。名古屋では、駅に近いわさびというホステルに泊まりました。その夜は名古屋で、ニュージーランドで知り合った友達に再会し、終電ギリまで飲んだ後、翌日は早起きして名古屋から亀山経由、関西線で移動。この日は一日で、旧東海道の関宿を訪ね、さらに伊賀上野まで足を延ばして、芭蕉ゆかりの地を訪ねたあと、忍 [続きを読む]
  • Karitaneサイクリング
  • ダニーデンの手前の漁港の小さな町、Karitaneは、夫の従姉妹が住んでいるところ。白砂のビーチや岬もあり、とても綺麗なところです。国道1号線沿いをダニーデンからオマルーに向かって走る観光列車シーサイダーも、Karitaneの手前を横切ります。この橋のところがとてもいい感じ。。次に乗るべき列車は、春先か夏のシーサイダーだな。。ランキングに参加しています。 して応援して下さいね↓にほんブログ村 海外生活ブログ [続きを読む]
  • 海の見えるOamaru駅とAlps 2 Oceanサイクル・トレイル
  • イースター休暇は、タイエリ峡谷鉄道に乗るため、はるばるダニーデンまで行ってきました。途中の街Oamaru(オマルー)は、Alps 2 Oceanという有名なサイクル・トレイルの終点。↓https://www.alps2ocean.com/トレイルの終着点にあたる港に行ってきました。波止場の側には、古い鉄道の跡が残されています。そこから少し北に戻ると、現在も使われているOamaru駅があります。ダニーデンからオマルーを結ぶシーサイダーという海沿いを [続きを読む]
  • 京都駅の光の階段で宝塚ごっこ
  • 京都駅は、建築物としてもなかなか見ごたえのある駅。そして色々遊べる駅でもある。駅の上の空中庭園は夜景が綺麗なスポットだけど、そこから降りてくるときの光の階段では、宝塚ごっこもできる。一泊の京都でカバーしたのは、伏見稲荷と稲荷山、炎のラーメンと錦市場、寺町京極商店街、二条城、でした。そして私はその後もう一度、別の目的を持って、再びひとりで京都入りすることになります。次の使命は、京都交通博物館と、旧東 [続きを読む]
  • 京都・炎のラーメン
  • ラーメンに火のついた油を注ぐと、天井まで火柱が上がるという、京都でこれまた外国人に人気のスポット、「炎のラーメン」でラーメン食べてきました。次女がYou Tubeで見て行きたがったら、関東にいる兄が詳細を教えてくれた。炎のラーメン「めん馬鹿一代」↓https://www.youtube.com/watch?v=3APj8GdtcAwおっかなびっくりの食べるエンターテイメント、盛り上がるというか燃え上がること、請け合い。お店はチェーン店らしく、私た [続きを読む]
  • イースターはタイエリ鉄道とエド・シーラン
  • イースターの間、サロンが4日間お休みになるので、ダニーデンのタイエリ鉄道に乗りにいこうと予約をしたら、夫が職場の同僚から、エド・シーランのコンサートのチケットをゲットしてくれた。楽しみ!イースター中お休みだというので、いつもは休みの月曜日なのに、出勤日にされてしまった。。休みを取り上げられるのは辛いが、週末を楽しみに、木曜日までがんばる。。!ランキングに参加しています。 して応援して下さいね [続きを読む]
  • 4月のスペシャル、ロミロミマッサージと営業日時
  • 日本で学んできたロミロミマッサージ(ハワイアンマッサージ)を、やっとメニューに加えることができました。4月より、自宅サロンLotus Handsでは、ロミロミマッサージ60分の施術を提供いたします。ロミロミマッサージとは、「手から伝わる愛情」ハワイのヒーリング、ホ・オ・ポノポノの精神に基づき、セラピストはアロハ(思いやりと敬愛)の心を持って、ロミロミの手技を使い、クライアントの心と体を正しい方向に戻すお手伝いを [続きを読む]