泉原豊 さん プロフィール

  •  
泉原豊さん: YUTAKAの撮影日記。
ハンドル名泉原豊 さん
ブログタイトルYUTAKAの撮影日記。
ブログURLhttps://ameblo.jp/yutakaizumihara/
サイト紹介文国際派俳優の道。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/04/07 03:30

泉原豊 さんのブログ記事

  • ジャパン ハリウッドへ向けて!
  • 4月10日に、時代劇の復興へ活動されている「銀幕維新の会」の錚々たる先生方の前で、京都ハリウッドジャパン構想の話をさせて頂いた。 また先月は自民党本部で、イヴァナ チャバック演技ワークショップの開催時にお話をさせて頂いた。 そして今、自民党さんが動き始めてくださった。俳優の先輩である三原じゅん子さんがリードしてくださっている。https://ameblo.jp/juncomihara/entry-12364402162.html アジアでは、中国、 [続きを読む]
  • ジャパンハリウッド構想に向け、ロスも動き始めた!
  • ジャパンハリウッド構想に向け、ロスも動き始めた! 今まで日本人がロスへ行ってハリウッド映画出演を目指す時代だったけれど、時代が変わり、日本にいながら逆にアメリカ制作会社に投資をしてもらいながら日本で製作する時代が近づいている。 東京にも京都にも早くその受け皿になる体制ができてほしい。 こういったことは官、民の足並みがそろわないといけないので、ぜひ、政治家の方々に動いていただきたい。 日本でのハリウッ [続きを読む]
  • 24日、イオンシネマ高の原、舞台挨拶です!
  • 24日、イオンシネマ高の原、舞台挨拶です!続々感想が上がっています!! 45歳 男性「もう少し若い頃に出会いたかった。そうしたら自分の人生違っていたかもしれない。」21歳 女性 「学生の頃に戻りたくなるような、青春をやり直したくなる映画でした。」56歳 男性 「『いつかよくなるなんて思うなよ』『今の自分がなんとかしないと....』多くの人が見つからないまま生きていますね。いい映画!」64歳 女性 「『目の前の風 [続きを読む]
  • 2月24日、イオンシネマ高の原で舞台挨拶します!!
  • ◎12:30の回 *映画の上映前に舞台挨拶を行います。*【登壇者】泉原豊(俳優)/作道雄(企画・監督・脚本)*【スペシャル企画】荒井敦史さん&岡山天音さんのスペシャルコメントムービーの上映ここでしか見ることのできない約7分間の主演お二人のお客様に向けたコメント映像です。【2月24日・25日 イオンシネマ高の原での舞台挨拶&スペシャル企画発表!】この2日間、イオンシネマ高の原でしか体験できない企画が盛りだくさん [続きを読む]
  • 謹賀新年! 
  • 明けましておめでとうございます! みなさま、神社へ、お寺へ、教会へ、それぞれの場所で新年のご挨拶をされましたでしょうか? お願い、お祈り、決意、年の初めにするのは清々しくて良いですね。 僕は長年海外に暮らしていましたが、昨年京都に戻り、日本の良さ、京都の良さ、日本の文化、エンターテイメント、日本の素晴らしさも再確認しています。 今年は、時代劇、日本の文化、京都の歴史を学びつつ、僕にしかできない表現を [続きを読む]
  • 大先輩俳優榎木孝明さんに出会って。
  • 12月9日、佛教大学で講師をなさる俳優榎木孝明さん(榎木先生と呼びたいところだが)のお話しと、参加させて頂けたお礼を言いに控え室に行った。 テーマも面白く、大政奉還150周年企画だった。「教科書には載っていない大政奉還の事実」佛教大学の青山先生、斎藤先生のお話しもとても面白かった。 そして、俳優榎木さんがお話しを始められ、すべてが自分の興味と合致していたが、榎木さんがマスターされた古武術の氣のコン [続きを読む]
  • 時代劇の作法と演じ方を学ぶ。
  • 十代からハリウッド映画への出演を求めやってきたけれど、新しい目標として時代劇がある。 日本人俳優としては時代劇をやってみたい。 しかし、普通は若い頃から学ぶものだけど、それが僕の場合は逆だ。 ありがたいことに、大手映画会社の東映さんと松竹さんが僕に機会を与えてくださった。そのご行為に感謝し、がんばって学びたい!! [続きを読む]
  • 京都国際映画祭が大盛り上がり!
  • 京都国際映画祭が大盛り上がり! オープニングパーティーに参加させてもらいました。そこで、僕が会いたかった方々に出会えたのですが、偶然にも超二枚目俳優尚玄さんにも再会。 僕の地元の笠置町をバックアップする映画「笠置ROCK」に出演しておられた!https://www.kasagirock.com 嬉しい再会で、クールで優しい人。 その映画の馬杉監督の舞台あいさつ、映画を見させていただく。 面白かった!爆笑の連続。多くが笠置町の人々。 [続きを読む]
  • 褒めちぎるラップバトル。
  • ラップバトル、面白いと思うんだけど、なぜ、けなし合うのかな。 バリバリ褒めあって、相手を動揺させたほうが勝ちにすればいい。 今の世の中、相手の良さを見つけて褒めるほうが、意外と難しくて、大切じゃねー?韻を踏んだ褒めテクのある方がカッコ良い、みたいな。 それを上回るアピールできたらカッコ良い、と僕は思うけどな。 [続きを読む]
  • Back to Kyoto!
  • I came back to Kyoto! Kyoto is my home town, butMost of my life time was in Australia until now.So I do not know well of Japan and
    Kyoto to be honest. But I am excited of my new chapter in Kyoto and Japan.I want to do many things here now. I will start to teac
    h boys and girls, actors withmy ideas, knowledge and experience in Australian film industry and Hollywood films. I want to make in
    ternatina [続きを読む]
  • 馬鹿にされてのエンターテイナー。
  • 京都の田舎で育った僕は、大志だけはデカかった! しかし、よく馬鹿にされたなー。 大ボラって。 母子家庭だった時期はいじめられたし、顔の痣のことはからかわれた。ハリウッド映画に出る俳優になる、って言ったときはみんなに笑われた。 でもやっていれば叶うもんだ。言ってたこと、全部やったもん。 大きな目標を語ると、結構馬鹿にされるが、それが普通だから、目標は大きくていい。 最近の子供は大きな夢を持たないというけ [続きを読む]