日本画野郎 さん プロフィール

  •  
日本画野郎さん: 日本画生活
ハンドル名日本画野郎 さん
ブログタイトル日本画生活
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nihongayarou
サイト紹介文絵描きのつまらない日記
自由文取材や本画制作から家族の話、取材旅行、車、自転車(ランドナー)日々の雑感まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/04/08 02:12

日本画野郎 さんのブログ記事

  • うしく現代美術展 搬入
  • 午前中、牛久生涯学習センターへ、うしく現代美術展の作品搬入に行って来ました。マイカーのキャリアに積んで運ぶつもりでしたが、隣町のルゥーベンス画房さんが、今日の午前中分の搬入を手伝ってもらえるなら、ついでに私の作品も運んで下さるというので、お任せしました。天気にちょっと不安があったので、安心でした。拙作を積んだトラックに便乗させて頂いて、現代美術展搬入後、牛久市内の洋画教室の生徒さんのグループ展の作 [続きを読む]
  • 遠縁の石村様へ!
  • 千葉から、お電話をありがとうございました。この辺の記事をご覧になったのでしょうか? 石村家の先祖に関しては、以前に随分調べました。状況からしても、遠縁であることは間違いないと思いますが、詳細な家系図が手元には無いので、どこで繋がっているかははっきりとわからない状況ではあります。ただ、石村姓発祥以降ずっと直系の末裔の方と、昔お話したことがあって、石村姓のルーツについては、いろいろ聞いています。いつで [続きを読む]
  • タダみたいな値段で、若田石硯
  • 先日、床屋の帰りにリサイクルショップを覗いたら、少し大振りのシンプルな箱無しの硯が格安で投売りされてました。ほぼ未使用の美品。裏に、何やら銘のようなものがありました。「対馬 若田石岡村製硯所作」とあるようです。大学に入って最初にセットで買わされた日本画材の中にあった羅紋硯(一般的な学生硯サイズ)との大きさの比較を。※若田石硯(わかたいしすずり)とは?対馬市産。紫式部が『源氏物語』の執筆時に愛用したと [続きを読む]
  • 岐阜ではっ・とび展開催
  • 今月24日から、岐阜ではっ・とび展が開催されます。信長に関係する題材を描いた作品が、出品作家それぞれ1点以上、50点ほどの作品の展覧になると思います(一部の作品は先日の京都展と重複します)。美術館での有料展示ですので告知のみとなりますが、若干数招待券がありますので、もし何かのついでの寄れそうという方がおられましたら、直ぐにご一報下さい。よろしくお願いいたします [続きを読む]
  • 大坪由明 百花百風展(前編)のお知らせ
  • http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/index.html今年古希を迎えられた、公益財団法人日本美術院特待、茨城県展委員、茨城美術会副会長の大坪由明先生の個展が間もなく「茨城県つくば美術館」で開催されます。百点の可憐な花を題材にした連作のうち、今回は半分が展示されます。屏風の大作もあり。※18日には、会場内にて、箏(こと)のライブもあります。 車でご来場の方は、 常磐自動車道「桜土浦」インター,あるいは圏央道 [続きを読む]
  • 生徒さんの作品
  • ここのところ京都での展覧会や県展審査、委員会でバタバタしてますが、今日は日本画木曜教室でした。京都に行くギリギリまで制作していたので、画室は散らかり放題。午前中、ざっくりと画室を片付け、母を柏の病院に車で送って戻り、片付けの続き、出席者が2人だけでしたから、なんとかスペースは確保。画像は、利根川の対岸、我孫子市から来られている生徒さんの作品から。受講3年目の生徒さんです。珍しく全くの初心者からの受 [続きを読む]
  • はっとび京都展のお知らせ
  • 3号S「月語り」※ 私は他に、以下の5点を出品予定です。・4号F「長い夜に」・60号F「帰りの月」(月を描いた昔のはっ・とびの作品)・40号M「夏の月」(月を再度描いた作品)・40号P「黒巌山遍照院大日寺」・30号P「も・て・な・す」 初日は在廊予定ですが、18日朝からの水戸での県展審査の為にとんぼ返りです。 [続きを読む]
  • 「再興 第102回 院展」のお知らせ
  • http://nihonbijutsuin.or.jp/index.html◆「再興 第102回 院展」のお知らせ会期:平成29年9月1日(金)〜9月17日(日)   〈9月4日(月)は休館日〉会場 : 京都美術館(上野公園)ロビー階第1展示室〜第4展示室主催 : 公益財団法人 日本美術院後援 : 文化庁、東京都、台東区教育委員会 協賛 : 大和証券株式会社入場料(税込) : 一般900円(700円)/70才以上は700円/大学生以下無料入場時間 : 午前9時30分〜午後4時30分(1 [続きを読む]
  • 院展作品の搬入
  • 徹夜明けに運転は危ないので、隣街の龍ケ崎市の画房ルーべンスの岡野社長に院展の作品の搬入お願いしました。トラックの中は拙作1枚だけ、受け取り時間指定のチャーター便になりますので、料金は少し高めなんですが、無理を聞いてくれるし、安心してお願いできますので、いつも助かっています。もう、25年来のお付き合いです。何か食べて、シャワー浴びて、少し寝ます。昼寝から目が覚めました。息子が珍しく長くマッサージをし [続きを読む]
  • 院展の大作の水張り
  • 千洲額縁さんから、院展用のパネルが届きました。ここのところ、ラワンの標準仕様です。下張りは無し。千洲額縁さんの誠意書き。なんとか張れました。汗びっしょり。しっかりピンと伸びてくれるでしょう。ピンと張れました。 [続きを読む]
  • パネルのサイズ直しと水張り
  • 40号のパネルが3枚必要なのですが、画室にあるのは、30号と50号ばかり。 学生時代に購入したウエマツの50号のパネル、自分でMサイズに切ってあります。流石に30年以上前だから木が枯れきっていてとても軽いですが、ベニヤの強度はちょっと怪しいですね。このパネルの長辺を短く切って、P40号をまずは1枚確保することに。他にも、大学の先輩やネットを介して昔日本画からデザインの分野に転向してパネルが不用にな [続きを読む]
  • 故鎌倉秀雄先生の作品がみられます
  • 松岡清次郎が愛した画家たち鎌倉秀雄・小笠原光・林美枝子・今井ロヂン■ 会場: 松岡美術館2階展示室6〒108-0071 東京都港区白金台5-12-6TEL:03-5449-0251 FAX:03-5449-025http://www.matsuoka-museum.jp■ 会期:2017年1月24日(火)〜5月14日(日)■ 開館時間: 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)■ 休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)■観覧料: 一般800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円(20名以 [続きを読む]
  • 貫禄あり
  • ブログ恩人、O様に以前にご恵送頂いた牡丹が、見事に咲いてくれました! [続きを読む]
  • 第72回 春の院展巡回展のお知らせ
  • 第72回春の院展巡回展のお知らせ拙作『孤樹(こじゅ)』は、友人知人が多い京都、福岡、神戸には残念ながら巡回しないみたいですが、沢山の会場に展示頂き恐縮です。徳島展は今年のみの単発開催だと思っていましたが、来年も開催して下さるので嬉しいですね。願うは郷里愛媛の松山展復活ではありますが。 [続きを読む]
  • 春の院展開催中
  • 春の院展会場に着いたのは12時ちょっと過ぎだったか・・・。配置が以前とすっかり変わった会場を4巡して、そのあと今回3回目の入選を果たした同門同窓の後輩の杉山紅さんともう一巡しました。本来なら夕方から三越さんの大食堂で開かれるレセプションに出席するんですが、研究会で大変お世話になった鎌倉秀雄先生が先日急逝されましたので、喪に服し欠席。今日は同門の入選者と殆ど会場で会いませんでしたから同門の人達は皆同 [続きを読む]