shiina1210 さん プロフィール

  •  
shiina1210さん: ブログ版! 渡良瀬橋夕景
ハンドル名shiina1210 さん
ブログタイトルブログ版! 渡良瀬橋夕景
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shiina1210
サイト紹介文栃木・群馬県周辺の花、鳥、ハイキングの情報と写真を公開!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2008/04/08 10:13

shiina1210 さんのブログ記事

  • 身近に咲いている困った花 №9
  •  市内の公園などで観察できる花の中に、「侵入生物」に指定されているものがあります。みなさん、よく見かけると思います。困ったものですね。▲ノボロギク(迫間自然観察公園で撮影)和名 ノボロギク 自然分布 ヨーロッパ 生息環境 畑地,樹園地,路傍,荒地などいたる所.温度選好性:寒帯〜熱帯 影響 在来種,畑作物,外来のヤコブボロギクとの競合.湿り気のある畑地などで強害雑草となっている▲ブタナ(渡良瀬川河川敷で撮 [続きを読む]
  • レッドリスト種・クマタカ(絶滅危惧Ⅰ類)
  • ▲沢田さん撮影。足利市内で見ることはできないようですが、佐野市の熊鷹山近くの林道では、確認されています。【選定理由】 ごく限られた環境に生息しており、環境条件 も悪化している。また環境省レッドデータブックにも掲 載されている。 【形態】 全長雄72cm、雌80cm。翼を広げると1.5を超え る大型のタカ。成鳥では頭部から下面は白く、頭上から 頸、胸には黒い縦斑、腹には黒い横斑がある。上面は灰 黒褐色。尾には黒帯が数 [続きを読む]
  • レッドリスト種・ナガバノウナギツカミ(絶滅危惧Ⅱ類)
  • ▲迫間自然観察公園の記録があるのに、最近、見ていない。今回は、館林の茂林寺沼湿原で撮影しました。 【選定理由】限られた環境、局地分布。 【形態と生態】一年草。茎は下部で分枝して地をはい、逆刺がある。葉は披針形または長楕円形で、長さ6〜11cm、鋭尖頭、基部はほこ形。葉鞘は長さ7〜20mm、先端は切形で縁に毛がある。花穂は頭状花序で紅白色、花柄には短毛と腺毛が生える。花期は9〜10月。 【生育環境】日当たりのよい湿 [続きを読む]
  • 身近に咲いている困った花 №8
  •  市内の公園などで観察できる花の中に、「侵入生物」に指定されているものがあります。みなさん、よく見かけると思います。困ったものですね。▲オニノゲシ(迫間自然観察公園で撮影)和名 オニノゲシ 自然分布 ヨーロッパ 生息環境 畑地,樹園地,牧草地,芝地,路傍,荒地温度選好性:寒帯〜温帯 影響 在来種との競合.数種の虫,菌,ウイルスの寄主▲コニシキソウ(迫間自然観察公園で撮影)和名 コニシキソウ 自然分布 北アメ [続きを読む]
  • レッドリスト種・ジガバチソウ(準絶滅危惧種)
  • ▲友人の熊鷹さんと赤城山に行ったとき、友人が一眼レフで撮影したものですが、市内でも山の中で見ることができます。【選定理由】 減少。 【生育環境】 山地の落葉樹林の林床で、やや乾燥しているところに生える。 【分布状況】 県内:那須町、黒磯市、矢板市、今市市、藤原町、日光市、黒羽町、湯津上村、河内町、宇都宮市、鹿沼市、茂木町、市貝町、都賀町、足利市。県外:北海道、本州、四国、九州、朝鮮。 【生育地の現状 [続きを読む]
  • 身近に咲いている困った花 №7
  •  市内の公園などで観察できる花の中に、「侵入生物」に指定されているものがあります。みなさん、よく見かけると思います。困ったものですね。▲オオアレチノギク(侵略的外来生物・渡良瀬川河川敷で撮影)和名 オオアレチノギク, オオムカシヨモギ自然分布 南アメリカ 生息環境 荒地,畑地,樹園地,牧草地,路傍など温度選好性:温帯〜熱帯 影響 在来種との競合.先に渡来したアレチノギクを駆逐する傾向がある.アレロパシー作 [続きを読む]
  • レッドリスト種・ケリ(準絶滅危惧種)
  • ▲栃木県のレッドリスト種、環境省カテゴリ:情報不足(DD) ですが、shiinaは、ほとんど邑楽町の休耕田などで見ています。【選定理由】 分布が限られており、生息個体数も少ない。 【形態】 全長35cm。ハトより大きく脚の長いスマートな鳥。 雌雄同色で、頭から胸にかけて灰色、背は灰褐色、腹は 白い。胸に黒い帯がある。脚が長く黄緑色をしている。 飛ぶと初列風切の黒と白が一際目立つ。若鳥は、全体的 に灰色がかっており、コ [続きを読む]
  • レッドリスト種・オオバン(絶滅危惧Ⅱ類)
  • ▲菊地さん撮影、足利市内でも、渡良瀬川の緑橋周辺でよく見ることができます。【特徴・習性】体は黒く、翼もほとんど黒い。目の周囲は白い。広い湖沼や池にすみ、開けた水面を泳ぎ、潜っては水草や昆虫をとる。岸の地上で餌をとったり休むこともある。キョン、キョンと甲高い声で鳴く。主に本州中部以北で繁殖するが、局地的。北地のものは冬、本州中部以南に移動する。本州南部や九州でも少数繁殖する。渡良瀬川では、冬場によく [続きを読む]
  • レッドリスト種・ネズミサシ(準絶滅危惧種)
  • ▲市内の山や公園で見ることができます。【選定理由】 限られた環境、局地分布。 【形態と生態】 直立する小高木。直径30cmになるものもある。葉は針状で細長く、長さ12〜25mm、幅1mm内外で3個ずつ輪生する。毬果は球形、直径6〜9mmで、成熟すると紫黒色になる。 【生育環境】 やや乾燥したアカマツ林や落葉広葉樹林に生育する。 【分布状況】 県内:藤原町、今市市、栗山村、南那須町、宇都宮市、茂木町、益子町、真岡市、足利 [続きを読む]
  • お出かけください「丹羽幹男写真展」
  •  shiinaの花の師匠で、すばらしい写真を撮影する丹羽さんが、足利市内で写真展を開催しています。ぜひ、ご覧になってください。shiinaの知り合いといっても、サービスはありませんが(笑)◇開催日時 10月12日(木)〜17日(火) 10:00〜18:00(最終日17:00)◇会場 Cro(くろ) 足利市栄町2丁目2-31 0284-64-9639なお、すばらしい写真集 「あしかがに咲く 野の花・山の花」も販売されています。▲渡良瀬川河川敷 [続きを読む]
  • 林道歩きで花探し
  •  まだまた、足利で遊んでいました「アサギマダラ」、先日のハイキングの時、話題になり、女性が見ていなかったので、今日、shiinaが確認しました(笑) 最初に、仙人ヶ岳の沢コースで確認したい花があったのに、見つけられず、不動沢の滝で切り上げて、近くの林道歩きをしました。▲ノコンギクが元気いっぱい▲数株になってしまった「センブリ」、なぜ、盗掘するのかな?▲仙人ヶ岳で初めて確認しました「キッコウハグマ」 [続きを読む]
  • 楽しんだ、太田の唐沢山
  • ▲熱心な参加者、峠の奥まで確認に行きました、おじいさんは、手前で待っていました(笑) 友人と計画していた唐沢山ハイキング。楽しむことができました。参加したみなさん、お疲れ様です。 なお、今回久しぶりに参加していただいたSさん、美味しい「串カツ}?、ありがとうございました。肉好きのshiinaには、なんでも肉と思えます(笑)次回も、美味しいものをご持参ください・・・ [続きを読む]
  • 公園で花探し
  •  天気が怪しい、明日は朝から雨?、午前中、急いで、公園へ。かわいい花に会えて、大満足、かわいい蝶にも・・・▲コウヤボウキ、足利市内では、この時期の楽しみ▲オケラも咲き出しました▲ユウガギクがまとまっていました▲シロノセンダングサ▲早く、赤城(マーキングは確認していません)に帰らないのかな? [続きを読む]
  • まつだ湖周辺で花探し
  •  今日は、涼しいですね、林道などを歩いて、汗をかかなかったのは、久しぶり・・・。これからは快適なハイキングが楽しめるのかな?▲コウヤボウキも咲き出しました。足利市内では、よく見かけるのに、群馬県のレッドリスト種です。▲ツリフネソウ、渡良瀬遊水地のではないのでレッドリスト種ではありません・・・▲いつも雑草と思っていたのに、よく見るとかわいい・・・▲紅葉が始まりました、アブラチャンの木かな?▲今日は、多くの方 [続きを読む]
  • 太田の唐沢山へ
  •  やっと涼しくなるとの天気予報、信じて、低山ですが一等三角点のある太田の唐沢山へ。二組のハイカーに会いましたが、静かな散策ができます。のんびり歩いて、2時間、一万歩を超えました。▲スタート地点の駐車場と菅塩沼▲山頂の東屋、祠、三角点 [続きを読む]