ビジネスソリューション さん プロフィール

  •  
ビジネスソリューションさん: 中小企業の問題解決業
ハンドル名ビジネスソリューション さん
ブログタイトル中小企業の問題解決業
ブログURLhttp://www.business-sol.jp/
サイト紹介文中小企業経営者の抱える3つの問題1.新規開拓(集客)2.社内環境改善3.リスクマネジメントを支援
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/04/12 10:44

ビジネスソリューション さんのブログ記事

  • 顧客管理 情報の収集・管理・活用
  • 顧客管理 情報の収集・管理・活用 Ⅱ □既存顧客との接点を増やす 顧客との接点拡大は増収のための基本であり、多くの効果を発揮します。 ・更改落ちを防ぐ ・顧客がいつも自分のそばにいてくれるという安心感に結びつく ・クレーム(の拡大)を防ぐ ・多種目化に貢献する など、顧客との接点拡大にデメリットはありません。 しかし、一向に進まない多種目化は今に始まったことではありません。 「売る」 [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅲ
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅲ ■お客様の期待(価値)の具体例 (1)保険商品そのものについての期待(価値)= 事故時の対応 ①事故をしたら現場にすぐ来てくれる ②当面何をすべきかアドバイスしてくれる ③交渉経過は聞かなくても不安にならない頻度で報告してくれる ④交渉では自分の味方をしてくれる ⑤連絡等はいつも自分に都合の良い時間、方法でできる ⑥解決まで時間がかか [続きを読む]
  • 修正後記事
  • 2018年のスローガン 改革は、丹念に、一歩ずつ進め。 (諦めるなそしてやめるな) 本質的変化には時間がかかる。 「すぐやる、必ずやる、できるまでやる(日本電産 永守社長)」をモットーに確実に継続実行していきましょう。多くの会社が次年度の計画を立てていることでしょう。毎年計画(経営方針書、中期経営計画、年度計画)を作成していて、計画が画餅に帰してしまっていないでしょうか。計画が勘と経験により「たまたま [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅱ
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅱ 購入する時に期待する価値も、受け取った価値もその大きさを判断するのはどちら もお客様です。 代理店・保険会社側がいくら「この商品(サービス)はいいものだから満足している 筈だ」と考えても、お客様に価値があると思われなければ単なる自己満足でしかあ りません。 一般的にお客様にとって期待通りの結果が得られた場合は「普通」である場合が多 いといえます。 お客様 [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅰ ■CS向上の必要性を再度確認しよう CSの向上でお客様に選ばれる代理店にならなければ、生き残っていけないとい うことについては、誰もが頭では理解していても実感はなく、危機感がないままこ れまで通りの活動を続けている代理店が多いのも事実です。 何故CSが大事か、念の為に再度確認してみましょう。 1.マーケットは縮小する お客様の人数が減る = 個人消 [続きを読む]
  • 工場の生産性を向上
  • 工場の生産性を向上 ■生産性向上を考える際の視点 生産性向上を考える場合、検討すべきことは数多くあるが、大きく「能率の向上」 と「稼働率の向上」に分けられます。 それぞれ次のように休系図で整理しました。 *1.7大口スとは、 ・作り過ぎ ・過剰在庫 ・不良品の製作 ・手持ち ・運搬ロス ・動作ロス ・加工そのもの という7つのムダを指す *2.TPMとは、トータル・プロダク [続きを読む]
  • 業務の改革改善
  • 改善ではなく改革 ■改善と改革 業務改革は、 業務の根本的な問題点を深く考えて、抜本的に対策するアプローチ手法 業務改善は、企業の業績を良くするためのアプローチ手法 業務の改革・改善を一言集約すると、 改善は短期の対策 改革は長期の対策 □業務の改革改善がなぜ必要か 中小企業において業務の改革改善が最優先課題であることはいうまでもありま せん。 業務改善の目的の一つは、『い [続きを読む]
  • 業務の効率化と人材育成
  • 業務の効率化と人材育成は緊急課題 ■業務(役割)分担について 小規模体制の代理店にとって業務体制の効率化は欠かせないが、実態は旧態 依然としたやり方を今も続けている。 営業を含め、内務部門の整備はあなたにとって最優先課題のはずです。 代理店の多くは、すべての業務を1人で処理することに慣れているため、外勤・内 勤の業務を区分したり、比較的簡単な業務でも、他人に任せることができないの [続きを読む]
  • 社内提案制度
  • 社内提案制度 ■社内提案制度の概要 厳しい経営環境が続くなか、会社の維持・成長に向けての社員一丸となった取り 組みがこれまで以上に重要になってきています。 社内提案制度はそのための有効な施策であり、すでに導入済みの中小企業もた くさんあります。 しかし、導入当初は活発な提案があったものの、次第に社員の関心も薄れ、制度 自体が形骸化しているといったことも多いようです。 ここでは、社 [続きを読む]
  • 社内起業家制度
  • 社内起業家制度 ■社内起業家制度とは 社内起業家制度とは、社内ベンチャーとも呼ばれ、新事業を開発するため、社内 で自由に開発グループを作らせ、これをあたかも独立企業であるかのように運営 させる仕組みであると定義されています。 このような制度が産業界で注目されているのには、当然理由があります。 たとえば、企業がある程.度大きくなると、どうしても官僚主義的な支配体系がで きてしまいがち [続きを読む]
  • ジョブカード制度
  • ジョブカード制度 ■ジョブカード制度とは ジョブ・カード制度とは、職業能力を高める機会に恵まれなかった人(正規雇用を された経験の少ないフリーター、子育て終了後の女性、母子家庭の母親、新卒者 など)(以下、対象者)の能力開発や安定雇用を支援する制度です。 2008年(平成20年)4月から実施されたジョブカード制度は菅政権時に廃止と決 まったが、その後一転存続といった経緯があった。 ジョブ [続きを読む]
  • 代理店に効果的なマーケティング手法
  • 代理店に効果的なマーケティング手法 代理店営業においてコンサルティング力を高めるためにもマーケティングは不可欠 です。 ブランド力の強化、お客様とのコミュニケーションなど、過去の営業体制を見直すこ とが緊急課題ではないでしょうか。 ■エリアマーケティング 営業エリアを半径30分以上(時間距離換算)の広域に設定して活動している代理 店が少なくありませんが、その結果として多くの同業他店と [続きを読む]
  • 環境変化に対応するための分析手法
  • 環境変化に対応するための分析手法 ■SWOT分析 1.環境分析の項目 企業などの環境分析手法のひとつにSWOT(スウォット)分析があります。 SWOT分析では企業を取り巻く環境を2つの視点から分析していきます。 つまり、 ヒト、モノ、カネ、情報に代表される、会社のなかにある経営資源 (=これを内部環境と呼びます) 経済、法律、政治、文化、自然などの、会社の外から会社を取り [続きを読む]
  • 顧客を差別化する
  • 顧客を差別化する ■お客様は「平等」か? ちょっと財布を開いてみてください。 あなたの財布の中には何枚のカードが入っているでしょうか。 カード社会といわれる昨今、クレジットカードの枚数も多いことでしょうが、いわゆ る「ポイントカード」と呼ばれるカードも増えているはずです。 百貨店のポイントカード、家電量販店のポイントカード、スーパーのポイントカー ド、さらに航空会社のマイレージカ [続きを読む]
  • 営業力アップのための顧客管理
  • 営業力アップのための顧客管理 ■顧客管理の目的 1.顧客の全体像を把握する 顧客管理の目的は自社の顧客ニーズや購買履歴、クレームなどさまざまな情 報を管理して、顧客がもたらす収益を長期的・継続的に最大化していくことに あります。 一般に顧客は「ロイヤルユーザー」、「リピーター」、「トライアルユーザー」、「見 込み客」、「潜在顧客」などに分けることができます。 顧客管 [続きを読む]
  • ホームページのアクセスを増加させる
  • ホームページのアクセスを増加させる ■ホームページ作成の目的を明確にする 中小企業でも取りかかりやすい広告手段として、自社のホームページを開設する 企業が増えていますが、十分な効果を得ている企業は少ないようです。 その理由としては、以下のような点が考えられます。 1.目的が明確になっていない 企業が自社のホームページを開設する目的としては、 ・自社の存在を知ってもらう [続きを読む]
  • ダイレクトメール(DM)を作成
  • ダイレクトメール(DM)を作成 ■ダイレクトメールの役割 ダイレクトメールは、販売促進策のひとつとして、さまざまな企業が活用しています。 ここでは最初にダイレクトメールの定義を確認し、その役割について考えていきます。 1.ダイレクトメールの役割と送付対象者 ダイレクトメールとは、 広告主体である企業があらかじめ選び出した一人ひとりの消費者に 向けて、直接的に(ダイレクトに)印 [続きを読む]
  • 後継社長の心構えとやるべきこと
  • 後継社長の心構えとやるべきこと ■先代社長の経営理念を重視 就任直後の後継社長がもつべき心構えとして、第一にあげられるのは、 先代社長の経営理念を重視する 必要があるということです。 経営理念は経営の現場から生み出された英知であり、そこには経営におけるエッ センスが凝縮されています。 それは、先代社長が長い年月をかけて育て上げてきたものであり、企業を特徴づ けるきわめて重要な要素 [続きを読む]
  • アナログ社長のインターネット活用
  • アナログ社長のインターネット活用 ITの活用が必要と考えている企業の割合は、「コストの削減、業務効率化」では、 小規模事業者で7割弱、中規模企業で9割弱である。 次いで、「営業力・販売力の維持・強化」、「新規顧客の獲得」の割合が高い。 「コストの削減、業務効率化」について、ITを導入した企業の割合は、小規模事業 者で3割強、中規模企業で6割弱である。 また、ITの活用が必要と考える企業のうち、導入 [続きを読む]
  • 交渉力を高める
  • 交渉力を高める ■交渉力とは すべてのビジネスマンにとって、交渉力が重要な能力であることはいうまでもあり ません。 顧客との交渉、仕入れ先との交渉、社内的な交渉など日々の業務は交渉の連続 です。 ここではビジネスに必要な交渉力とは何か、交渉力を高めるポイントは何かにつ いて紹介します。 1.交渉とは合意に向けた共同作業 交渉力向上について考えるためには、そもそも交渉とは何 [続きを読む]
  • 事業承継は今から始まる
  • 事業承継は今から始まる 経済産業省によると、この20年で中小企業の経営者の年齢分布は47歳から66 歳へ高齢化。 2020年ごろには数十万人の「団塊の世代」の経営者が引退時期となる。「中小企 業の競争力の源泉は『社長』自身であることが多く、創業者はなおさら。 引き継ぐのは簡単ではない」(大手銀行幹部)。 少子化や「家業」意識の薄れもあり、後継ぎのめどが立たない企業は多い。 経営者が6 [続きを読む]
  • 組織は年を重ねるごとに劣化する
  • 組織は年を重ねるごとに劣化する ■自社の知識・ノウハウを伝承させる 小規模な会社(組織)ほど劣化が早い。 なぜなら日々の糧を得ることだけに目が行ってしまい、組織は個人の集団となっ てしまっているからです。 組織を永続的に維持し、拡大していくためにはマンパワーに頼った経営を続けて いくわけにはいかないのです。 小規模な組織体制だからこそチーム力で戦っていかなければならないのです。 そ [続きを読む]
  • 事業アイディア
  • 事業アイディア ■アイディアを生み出すフレーム 社長のなかには常日頃から新しい事業アイディアを考えている方も多いでしょう。 たとえ現業が好調であってもその状態がいつまでも続くとは限りません。 次のステップを見据えた事業アイディアはつねにもっておきたいものです。 ここでは新しい事業アイディアを生み出すためのポイントについてご紹介します。 1.自社が「何屋(業種)」であるかを再定義する [続きを読む]
  • 物流コストの削減
  • 物流コストの削減 ■物流コストの削減で利益向上 企業が利益を確保するための手段として、物流の効率化とコスト削減が盛んに叫 ばれるようになっています。 たんに売上の増加を追求したり、原価や人件費を削減するという方法以外に、物 流の効率化による利潤の追求が求められる時代になってきたのです。 物流とは、梱包・包装・荷役運搬・物流加工・入出荷・輪配送・保管・物流管理・物 流情報システム [続きを読む]
  • ポカミスの原因と対策
  • ポカミスの原因と対策 ■ミスが発生しやすい時間帯とその対策 現場では、どういうわけか午後2時~3時に最も「ポカミス」が多く発生する。 入力作業でも入力の欄を間違えたり、数字の桁を間違えるのです。 対策は自分自身を叱咤して「集中力」を確保することです。 「集中力」の持続時間の短い人に「ポカミス」が多いから、このようなタイプの人 は、「集中!集中!」と常に自分に言い聞かせて、意識付 [続きを読む]