ビジネスソリューション さん プロフィール

  •  
ビジネスソリューションさん: 中小企業の問題解決業
ハンドル名ビジネスソリューション さん
ブログタイトル中小企業の問題解決業
ブログURLhttp://www.business-sol.jp/
サイト紹介文中小企業経営者の抱える3つの問題1.新規開拓(集客)2.社内環境改善3.リスクマネジメントを支援
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/04/12 10:44

ビジネスソリューション さんのブログ記事

  • 見込み客開拓の対策
  • 見込み客開拓の対策 ■効率的なマーケットを選択しよう セールスするならば、いいマーケットを選びたい。 そうすれば、時間を効率的に使える。 マーケットを間違えれば、どんなに時間をかけてもまったく成果があがらないかも しれない。 こんなクイズがある。 「釣りにいちばん必要なものはなにか?」という質問である。 釣り竿、釣り糸、エサ、ウキ・・・・・ たくさんの答えがあるが、 正解は「魚」である。 [続きを読む]
  • 顧客固定化(ロックイン)戦略
  • 顧客の固定化(ロックイン)戦略 ■顧客ロックイン戦略 1.固定客化の重要性 企業が安定した売上を確保する際には、新親顧客を獲得するか既存顧客との 関係の強化に着手するかという2つの方策を考える必要があります。 2つの方策をバランスよく組み合わせ、最適な経営資源の配分を行うことで販 売促進策の費用対効果が高められますが、マーケテイング戦略における命題 にしたがえば、企業活動 [続きを読む]
  • 代理店業務の標準化と異業種との協業
  • 代理店業務の標準化と異業種との協業 ■業務の標準化と異業種との協業 なぜ、営業のプロセスをシステム(仕組み)化しないのか? どれだけの代理店が営業プロセスをシステム化しているのだろうか。 せっかくあるPC、電話、FAXがまったく生かされず、10、20年前と変わらない熱 意と根性の営業を、今も続けているところが多い。 多くの営業パーソンがセールスにまい進し、トップも自ら営業マンに「俺もや [続きを読む]
  • ウェブ・マーケテイング
  • ウェブ・マーケテイング ■ウェブ・マーケテイングとは 1.ウェブ・マーケテイングが注目された理由 ウェブ・マーケテイングという言葉は既に多くの人に浸透しています。 マーケテイングは企業から市場へのあらゆる働きかけを意味していますが、イ ンターネット上にホームページを構築し、それを戦略的に用いてマーケテイン グ活動を行なっていこうとするのがウェブ・マーケテイングです。 ここ [続きを読む]
  • 顧客満足向上のポイント
  • 顧客満足向上のポイント ■顧客満足発生のメカニズム 多くの企業では顧客満足度向上を最重要課題のひとつとして捉えています。 そのためにさまざまな施策に取り組んでいる企業も多いでしょう。 顧客満足度を着実に向上させ、それを実際の業績拡大につなげていくためには、 漫然と取り組むのではなく、「どうすれば効率的に満足度を上げることができるの か」、「そもそも何のために満足度向上を図るのか」と [続きを読む]
  • フィードバック面談
  • フィードバック面談 ■フィードバック面談の進め方 フィードバック面談とは人事考課の結果などを、考課者(上司)が被考課者(部下) に対して説明するための面談です。 部下にとっては自分の長所や短所を確認できる絶好の機会であり、上司にとって も、部下のモチベーションアップや能力開発を図るための非常に有効な手段とい えます。 1.「下り」のプロセスは軽視されがち 人事考課制度を導入して [続きを読む]
  • 販売・仕入の管理業務をチェック
  • 販売・仕入の管理業務をチェック ■販売・仕入管理の意義を明確にする 1.販売・仕入部門が抱える問題点 企業には顧客満足の観点から、多頻度小口の注文やサービス時間延長の要 請への対応など、販売・仕入業務の高度化が求められています。 また、商品に対する要求も、価格、品質ともに厳しくなっています。 このようなことを背景に、各企業における販売・仕入部門において、次のような 問題 [続きを読む]
  • 飲食業のパートアルバイトを戦力化
  • 飲食業のパートアルバイトを戦力化 ■パートアルバイトは正社員と同等の存在 飲食業は他の業種と比較して従業員に占めるパートアルバイト(以下P/A)の比 率が非常に高く、多くの飲食店にとってP/Aは欠かせない存在となっています。 接客や調理など、店のほとんどの業務にP/Aは関わっています。 お客様を直接もてなす機会も多く、その質の良し悪しは店の業績さえ左右しかね ません。 こうしたことから [続きを読む]
  • 顧客の心をつかむDM(ダイレクトメール)
  • 顧客の心をつかむDM(ダイレクトメール) ■顧客をつかむDMの文例 DMはその名のとおり、情報を伝えたいお客様本人にダイレクトに届くという特徴 があります。 チラシや広告のように不特定多数に向けたものではなく、あくまであなた(お客 様)だけに向けたメッセージであるという特別感を演出できる点が最大の強みです。 DMの用途は、催事の案内や商品のセールスといった直接的な販促だけではあ りません。 [続きを読む]
  • 小売業のマーケティング
  • 小売業のマーケティング ■カスタマー・シェアの拡大と顧客差別化の重要性 これまで小売業では、定期的に特売品の広告を打ち、価格志向の顧客を引きつ ければ、いずれその顧客が固定客になり利益をもたらす、と考えられてきた傾向 があります。 しかし、小売業において経験的に知られ指摘されていることに、 価格志向の顧客のうち、優良顧客となるのは一握りであり、 大多数の顧客は、その後、短期間の [続きを読む]
  • 経営者・起業家のための事業計画書
  • 経営者・起業家のための事業計画書 ■事業性の評価 (1)SWOT分析 新規事業のマーケテイングや事業環境の分析などから自社内の内部要因と 外部要因を比較し、事業性を評価します。 内部要因 a 強み(Strengths) b.弱み(Weaknesses) 外部要因 c 機会(Opportunities) d 脅威(Threats) の4つの観点で整理します。 なお、「機会」とは自社にとって追い... [続きを読む]
  • 運送業の安全確保
  • 運送業の安全確保 ■運運送業の安全管理 厚生労働省の「平成29年における労働災害発生状況」によると、陸上貨物運送 事業(以下、運送業)における労働災害による死傷者数(死亡および休業4日以 上)は、平成21年で1万4706人(うち死亡者数は、137人)となっています。 また、同省の「平成21年における死亡災害・重大災害等発生状況」によると、運 送業における死亡事故の6割は交通事故(以下、交通労働災害 [続きを読む]
  • 建設業の安全管理
  • 建設業の安全管理 ■建設業と安全管理 建設業はほかの産業と比べて、以下のような特殊要因を抱えているといえます。 ・自然条件の影響を受けやすい屋外での作業が多い ・高所作業や擬削作業などの危険な作業が多く、墜落・転落などが起きる 確率が高い ・工事ごとに作業内容が異なる ・複数の下請企業・協力企業に属する作業者による混在作業となることが 多い このため、災害の発生する割 [続きを読む]
  • 起業家のための新規事業の方向性
  • 起業家のための新規事業の方向性 ■新規事業の方向性を探る 新規事業の方向性の検討は、新しい着想や思いつきを一歩進め、そこから展開 できそうな製品やサービス、ターゲットとなる顧客をイメージすることからはじまります。 そして、新規事業の方向性の手がかりをつかむコツは、「自社(自分)の周辺から 事業のネタをいかに導き出していくか」にあります。 ここでは、新分野進出を検討する企業と、独立開 [続きを読む]
  • 顧客管理 情報の収集・管理・活用
  • 顧客管理 情報の収集・管理・活用 Ⅱ □既存顧客との接点を増やす 顧客との接点拡大は増収のための基本であり、多くの効果を発揮します。 ・更改落ちを防ぐ ・顧客がいつも自分のそばにいてくれるという安心感に結びつく ・クレーム(の拡大)を防ぐ ・多種目化に貢献する など、顧客との接点拡大にデメリットはありません。 しかし、一向に進まない多種目化は今に始まったことではありません。 「売る」 [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅳ
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅳ □CSとコンプライアンス 1.CSはお客様のご機嫌をとることではない CS向上と言えども、お客様の要求に何でも応えるわけではないということは 誰もがわかっています。 ところが、「何の期待に応えるべきか」の判断基準を正しく持っていないため に、応えるべきでない要求にも応えなければならないと勘違いしている場合も 結構あるようです。 2.CSと [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅲ
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅲ ■お客様の期待(価値)の具体例 (1)保険商品そのものについての期待(価値)= 事故時の対応 ①事故をしたら現場にすぐ来てくれる ②当面何をすべきかアドバイスしてくれる ③交渉経過は聞かなくても不安にならない頻度で報告してくれる ④交渉では自分の味方をしてくれる ⑤連絡等はいつも自分に都合の良い時間、方法でできる ⑥解決まで時間がかか [続きを読む]
  • 修正後記事
  • 2018年のスローガン 改革は、丹念に、一歩ずつ進め。 (諦めるなそしてやめるな) 本質的変化には時間がかかる。 「すぐやる、必ずやる、できるまでやる(日本電産 永守社長)」をモットーに確実に継続実行していきましょう。多くの会社が次年度の計画を立てていることでしょう。毎年計画(経営方針書、中期経営計画、年度計画)を作成していて、計画が画餅に帰してしまっていないでしょうか。計画が勘と経験により「たまたま [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅱ
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅱ 購入する時に期待する価値も、受け取った価値もその大きさを判断するのはどちら もお客様です。 代理店・保険会社側がいくら「この商品(サービス)はいいものだから満足している 筈だ」と考えても、お客様に価値があると思われなければ単なる自己満足でしかあ りません。 一般的にお客様にとって期待通りの結果が得られた場合は「普通」である場合が多 いといえます。 お客様 [続きを読む]
  • 営業プロセスの考え方と営業活動に必要な能力
  • 営業プロセスを考える ■営業プロセス設定による効率アップ 1.営業プロセス設定の意義 組織全体で効率的な営業活動を行うためには、営業のプロセスを標準化する ことが効果的です。 営業プロセスとは、見込み客の発見から代金の回収に至るまでの一連の流れ のことを指します。 一般的な営業プロセスは、図のような流れになっています。 このように、 営業プロセスを明確にすることで [続きを読む]
  • 代理店にとってのCSを見直す
  • 代理店にとってのCSを見直す Ⅰ ■CS向上の必要性を再度確認しよう CSの向上でお客様に選ばれる代理店にならなければ、生き残っていけないとい うことについては、誰もが頭では理解していても実感はなく、危機感がないままこ れまで通りの活動を続けている代理店が多いのも事実です。 何故CSが大事か、念の為に再度確認してみましょう。 1.マーケットは縮小する お客様の人数が減る = 個人消 [続きを読む]
  • 工場の生産性を向上
  • 工場の生産性を向上 ■生産性向上を考える際の視点 生産性向上を考える場合、検討すべきことは数多くあるが、大きく「能率の向上」 と「稼働率の向上」に分けられます。 それぞれ次のように休系図で整理しました。 *1.7大口スとは、 ・作り過ぎ ・過剰在庫 ・不良品の製作 ・手持ち ・運搬ロス ・動作ロス ・加工そのもの という7つのムダを指す *2.TPMとは、トータル・プロダク [続きを読む]
  • 営業力向上計画
  • 営業力向上計画 ■自社の営業力を向上させる 自社の業績アップのためには、「営業力を向上させ、商品販売を促進することが 第一である」と誰もが考えることでしょう。 しかし、一口に営業力向上といっても、それを実現するために単に「営業担当者 に研修を行い、営業担当者の能力を向上させればよい」というものではありません。 自社の営業力を向上させるには ・直接的に営業担当者の能力を高める のは [続きを読む]
  • 経営課題の解決手法
  • 経営課題の解決手法 ■まずは分解して考える 1.わからないことはまず分解して考えてみる 経営課題の解決手法を身に付けるにあたっての第一歩は、わからないことは まず分解してみるということです。 日々起こる問題を漠然として捉えるのではなく、なぜそうなっているのかをさま ざまな可能性に分解して考えてみるのです。 たとえば、「3ケ月連続で利益が対前年比割れしている」という事態が生 [続きを読む]
  • レベニューマネジメント
  • レベニューマネジメント ■レベニューマネジメント 1.最大の売り上げを生む価格設定 商品の価格設定と販売量は、基本的には「価格を下げると販売量が上がり、 逆に価格を上げると販売量が下がる」という関係にあります。 当たり前ですが、「高ければ売れず、安ければ売れる」ということになります。 たとえば、図のような販売量と価格の関係がある商品の場合、価格a、b、cで のそれぞれの販売量 [続きを読む]