しょータロ さん プロフィール

  •  
しょータロさん: ピリカヌプリ
ハンドル名しょータロ さん
ブログタイトルピリカヌプリ
ブログURLhttp://angel.ap.teacup.com/syoutyan/
サイト紹介文北海道の山情報です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/04/08 19:48

しょータロ さんのブログ記事

  • 羊蹄山
  • 1月2日今日は珍しくバックカントリー普段はスキーを使った登山ばっかりしてるけど、お正月だし新年初滑りとしゃれ込む。と、言う事でありきたりですが羊蹄山 [画像]まー雪あるある深い雪はひざ上ラッセル、 深いけど不快じゃないねぇ、超快感?[画像]1400くらいで、高度を上げてすねラッセルになるとみんな競うように上を目指す体力有り余ったパーティで笑った。あとでカシミールで確認すると登山道上から滑り始め、テラスの [続きを読む]
  • 幌平山
  • 明けましておめでとうございます🎍まあ、正月だろうとやる事は同じですね(^o^)支笏湖畔の幌平山へ行ってきました。[画像]支笏ブルーが美しい [画像]僕はプラスチックブーツにスノーシューでガチ登山っぽい出で立ち。[画像] 佐々木さんは登りアイゼン下りスノーボードどうやらそっちのスタイルの方が良かったみたいで、積雪は少ないながらもパウダーを満喫されてました(^o^)[画像]雪がまだ少ないので看板がスゲー上にある。[ [続きを読む]
  • 5等三角点
  • 激レアで、ものすごく珍しい三角点を探しに京都へ。現在、使われている三角点は一等から四等までの4種類あり。そのうち、一等三角点 972点 二等三角点 5,062点 三等三角点 32,423点 四等三角点 68,616点 合計    107,073点実は四等までと思われてる三角点には隠れキャラ的存在の五等三角点もあるのです。五等三角点の残存しているものが数ヶ所あり、国土地理院のデータベース上ではなんと、たった [続きを読む]
  • 庚申草山 東中山
  • 12月23日庚申草山と東中山へ無意根大橋からのアプローチはまだムリそうなので、東中山から北東に派生した尾根が滑りが面白いんじゃないか?と、言うことでそのあたりから適当に取り付いて東中山をかすめて庚申草山へ。[画像]林道でも既存のルートでもない所を歩いていくのは本当に楽しい地図とコンパスを頼りにカンバの森を歩いていく僕ら[画像]途中、開けた所に出た、頂上はもう近い無意根大橋が良く見える [画像]実に見晴ら [続きを読む]
  • イワオヌプリ
  • 12月21日イワオヌプリへ。[画像]まだ雪は少ないですねー平日なのに駐車場は車がいっぱいでビックリ![画像]ボウルの中は狙い通りパウダーたまってて楽しい[画像]ピークまではシールで行けないのでスキーをデポしてツボ足で。 [画像]登り返して5本いろんなルートを滑って下山アンヌプリはブッシュが目立つなぁ。[画像]シーズン最初の友人はボードのセッティングを出すのに余念がない山の中でスタンス変えだす人生に妥協しない男 [続きを読む]
  • 股下山
  • 12月8日股下山へ[画像]もうスキーを使った登山の時期 昨日からパウダースノーがもさもさ積もってくれてて、よい雪?[画像] でもラッセルだー?やっぱり今年はまだ雪が少なくて笹が出てたり、細かな沢が埋まりきってなかったりするけど雪山はやっぱり楽しい🎶[画像]シーズン最初から登りと良い滑りを楽しんできました。[画像]この山にくわしいショーゼンさん普段ならもっと雪があってよい斜面だとの事ですが今年は雪が少 [続きを読む]
  • 雪中カヤック
  • 12月1日いっぱい雪降ったし、何して遊ぶか悩むなぁ。 最終的に雪遊びか水遊びか2択にして、水遊びへ。[画像]まだ、雪は底が出来て無さそうだし、この先は雪遊びメインになるからねぇ。[画像] そもそも、カヤックは夏だけのものじゃない。もともとはイヌイットが氷の浮かぶ北極圏の海で使ってたものだ。そう考えると雪が降る湖でたった一人で漕ぐのも悪くない。むしろ笑いがこみ上げてくる。 (変態じゃないですよぉ。)[画像]こ [続きを読む]
  • アヨロ
  • 11月25日アヨロで登る[画像]雨かどうか怪しい感じだったけど、前日の予報を見てこりゃイケる![画像]少し風はあったけど、太陽出るとポカポカ暖かい。[画像] みんなで色んな課題を登る[画像]登んなきゃならない宿題はないので気楽に楽しむ。[画像]昨日、スキーしてたかっぱさんは今日は岩 恵まれた北海道の環境に感謝しつつ、帰りに虎杖浜でタラコを購入[画像] 味覚にも恵まれたビバ北海道 焼きタラコうめぇー(←今ココ) [続きを読む]
  • オキシマップ山
  • 11月18日日高山脈最南部に位置するオキシマップ山へ[画像]南北150キロに渡る北海道の背骨、日高山脈が徐々に標高を落とし海へと没する襟裳[画像]まずは岬へ行き星景写真を撮る[画像] これから登るオキシマップの上に北極星が輝く [画像]去年登った豊似岳から見たカッコいい姿が忘れられずのアタック当然、登山道などないので地図だけが頼り。[画像] 時折オーバーヘッドのヤブもネマガリではなく、このあたりはチシマザサなので [続きを読む]
  • ポキャップ山
  • 11月10日新冠のポキャップ山へ行ってきました。道中、サラブレット街道を通って行ったのですが、実は登山前に寄りたい所があったのです。[画像]それはオグリキャップのお墓です(^o^)[画像]キャップつながりで、オグリキャップのお墓にお参りしてポキャップ山へ登る。なんとなく新冠ぽくないですか?ポキャップと言う山の名も、お馬さんの名前みたいに思えてきますね。ちなみにオグリキャップのお父さんはダンシングキャップで [続きを読む]
  • モラップからカヤック
  • 11月5日今日はカヤック天気よくて気持ちいい!カヤック日和に風もない[画像]昨日、ボルダーやって腕の張りがパドリングに気持ちいい?[画像] モラップから出して楓沢かなー と思ってたけど、ビジターセンターでアクティブレンジャーの写真展やってるのを思い出して行き先を山線鉄橋に変更!時々竿を出しながら漕いでいく。ウグイのデカイのが釣れる釣れる(TдT)[画像]山線鉄橋くぐって上陸ビジターの展示わー…… と、あった!ア [続きを読む]
  • 石倉山と山中ボルダー
  • 11月4日かっぱさんから山中でボルダーどう?と誘われたのでウッキウキ?集合まで時間があったので前から気になってた石倉山へ早朝から登ってきました。[画像]旧国道から林道を歩きます、ここは軍事道路と呼ばれる小樽の遺構です。 古道?までは行かないのかと思いますが、明治時代に出来た道。日露戦争当時に、海岸線の道路や線路が敵の軍艦に砲撃された場合の道として作られた、全長約17kmの道路で歩ける区間も現存し、一度歩 [続きを読む]
  • 北海道百名山を登って
  • 北見富士へ登り北海道百名山、全123座を完全登頂しました[画像]なんで百名山なのに123座?と疑問に思われると思いますが。この3冊に掲載されている山が123座 尚、道新版と山渓版で82座が重複、山渓の新版と旧版で8座が入れ替えとなっています。別に123座でも新版と道新版の118座でも一冊だけの100座でも自分が納得すればどれでもイイと思うんです。そもそも百名山は狙っていた訳では無く、毎週のように山登りしている [続きを読む]
  • 北見富士
  • 10月20日北見富士へ実はこの山で北海道百名山、全123座完全登頂でも北見富士は展望も無く、「なぜこの山が百名山か分からない」と言う噂も聞いていて、住んでいる千歳からも遠いので、むしろ1つ残して完登しないほうがカッコいいんじゃないか?と、思ったりもしてたけど登って良かった。確かに展望はイマイチだし、初心者向きの山なんだけどコケの雰囲気がすばらしかった。[画像]この山も林道が壊れていてまずは林道歩き歩 [続きを読む]
  • 道東、1等2座+α
  • 道東方面、一等三角点の山とそれぞれにプラスαまずは上士幌と本別に跨がる居辺山へ[画像]林道を歩き、腰くらいのヤブを漕いで一等三角点の山頂へ。 [画像]東大雪方面の展望良いとこがありました。[画像]プラスαで足寄湖の傍らに聳える幌安山へ。 [画像]下から見るとカッコいいが、ヤブ深く展望ナシ[画像]次なる一等は陸別にある淕別山へ[画像]登山道らしきものも整備されていて歩きやすく、案内看板もしっかりありました[画像]頂 [続きを読む]
  • 兜岩、兜峰など
  • 10月15日札幌近郊の低山を数座1つだけだと時間が余るので藤野マナスル、藤野富士、兜岩、兜峰と登ってきました(^o^)[画像]藤野マナスルは10年以上前に買ったガイドブックに載っていていつか行こうと暖めていた山 マナスルって名前がカッコいい! 日本人が初登したヒマラヤのマナスルから名前をもらった事は想像に難くないですね。なので人気あると思って平日に行ったのに、ちょっとヤブかぶった山なんですね(^o^)[画像]ピーク [続きを読む]
  • 兜岩、兜峰など
  • 10月15日札幌近郊の低山を数座1つだけだと時間が余るので藤野マナスル、藤野富士、兜岩、兜峰と登ってきました(^o^)[画像]藤野マナスルは10年以上前に買ったガイドブックに載っていていつか行こうと暖めていた山 マナスルって名前がカッコいい! 日本人が初登したヒマラヤのマナスルから名前をもらった事は想像に難くないですね。なので人気あると思って平日に行ったのに、ちょっとヤブかぶった山なんですね(^o^)[画像]ピーク [続きを読む]
  • 阿寒岳の登り方
  • 日本百名山阿寒岳の登り方深田久弥の選定した日本百名山には実在する山名の無いものがいくつかあり、阿寒岳もその一つですね。阿寒の名のつくものは、「雄阿寒岳」「雌阿寒岳」「阿寒富士」があります。手元にある日本百名山を読みますと、その中で深田久弥が登ったのは「雄阿寒岳」となっています。多くの人が登山時間の短い「雌阿寒岳」を登って百名山の1座登頂とされているようですが、これは違いますね。深田久弥は日本百名山 [続きを読む]
  • 三角測量勇払基点
  • 10月8日苫小牧へ[画像]開拓使三角測量勇払基点を見学に行く。ここは北海道で最初の三角測量の基点跡で、明治6年に設置、もう一点は鵡川にあったとの事 測量が終わり、その後不明となって昭和37年に発見され史跡となりました。 現在でも、鵡川の基点は発見されていないとの事です。[画像]勇払基点は初見なので、探しているとピラミッドみたいなガラスケースに入った基点を発見!なんだか大事な感じが伝わってきますね。 一等三角 [続きを読む]
  • オコタン崎の千年ミズナラ
  • 10月6日恵庭岳山麓探検行今日の探検の目的は恵庭岳山麓にある樹齢1000年を越えると言う巨木の発見!どうやら地元では「オコタン崎の1000年ミズナラ」と呼ばれているらしい。支笏湖ビジターセンターに貼ってあった新聞記事を基に、お友達から最新の目撃情報をもらい、いざオコタン崎へ!(支笏湖ビジターセンターではツアーも行っているので興味ある方は日程を確認の上、参加されてみて下さい)[画像]丸駒温泉手前の林道から入り [続きを読む]
  • 四十三山
  • 四十三山(明治新山)[画像]参考にした小冊子[画像]ビジターセンター内の記述これは興味を引かれますね!火山の勉強したくて四十三山(よそみやまと読みます)へ。 約100年前の1910年の噴火で出来た山で、登山ルートは2008年に出来た比較的新しい山 昭和新山みたいに明治時代にてきた山なので明治新山とも。[画像] 洞爺湖温泉街から登り、火山回道をぐるっと一周して噴火口を見て歩きました。事前に買っておいたジオパークガイドを [続きを読む]
  • 鬼首山
  • 9月29日鬼首山へ夕張山地南部の山おどろおどろしい名前には伝説があります。 昔、夕張川を堰き止めて反乱させた魔神を夕張岳の神様が山を噴火させて生き埋めにし、埋まった所が山になったのが鬼首山だそうです。読み方は「おにくび」のようですね。 (夕張市図書コーナーより)そして横溝正史好きの僕にはたまらないネーミング!悪魔の手毬唄でしたね。まあ、こっちは「おにこうべ」でしたが。カムイミンタラの山ではオ・ニクル [続きを読む]
  • 佐主岳
  • 9月23日佐主岳へ[画像]登山道は整備されず、朽ち果てた看板がこの山を雄弁に語っている。笹に埋もれており掘り出したが、僕が気づかなければ土に返っただろう。山は逃げないと言いますが、人気が無くて年を追うごとに荒廃していく登山道を見ていると、いずれ普通には登れなくなるのだろうなと言う気持ちになります。加えて近年、度々発生している強力な台風や水害で木々がなぎ倒され道路がえぐられ、行きづらくなった山も1つや2 [続きを読む]
  • 野外における昼寝
  • 野外における昼寝の学術的考察前提:昼寝なので時間との戦いである。よってテントやツェルトなど立てている時間は無い。 実際、小型のタープ持っていきましたが寝るのに夢中で使いませんでした。 日陰を探したほうが早かったです。Question快適さと寝る態勢に入るまでの時間は比例するか?もー最近は疲れっぱなしなので寝るためにお外に行く昼寝用にアマゾンで買ったグッズがたまってる。 昼寝に憧れすぎて妄想過大シーン1地面にご [続きを読む]
  • 恵庭岳岩塔崩落
  • 9月18日恵庭岳岩塔の崩落について先日、見に行った時はガスってきて画像が撮れなかったので本日は西側からと北、東方向から頂上岩塔の様子を収めてきました。頂上は地元による登山禁止の場所ですので当然登る事はできません。望遠レンズで様々な方向から観察してきました。マナーを無視して頂上に行かれる方もおられるようですが、今回の震災は夜中の3時にあったため登山中の被害が出なかっただけだと思っています。これが休日 [続きを読む]