kobitoku さん プロフィール

  •  
kobitokuさん: こびとく日誌
ハンドル名kobitoku さん
ブログタイトルこびとく日誌
ブログURLhttp://yaplog.jp/kobikutu/
サイト紹介文靴をつくりながら考えたこと。晴耕雨読な日々のこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2008/04/11 05:56

kobitoku さんのブログ記事

  • すれ違いのダイアリーズ
  • 初めてかもしれない?タイ映画を観ました。別の映画を観に行ったときに予告が流れて、これは観なきゃ!って思った。『すれ違いのダイアリーズ』です。原題は『キットゥンウィッタヤー』学校が恋しい、懐かしいという意味だそうで日本で最初に公開されたときは『先生の日記』だったそう。『すれ違いのダイアリーズ』は珍しくいい邦題だと思いました。僻地の山奥の湖に浮かぶ水上分校に赴任したソーン先生。携帯電話も晴れた日しかつ [続きを読む]
  • リピしました
  • ビーサンを新調しました同じモデルのリピです! TEVA OLOWAHU前のは3年前に買った物。もう同じタイプはないかな〜と思っていたら、ちゃんとあったのでよかった。(少し値上がりしてたかな)サイズ展開も変わらずでUS5(22cm)ではなくUS6(23cm)を買ったのでまた底材をcutしなきゃです。自分が特にそうなのかもしれないけれど"リピート"できると嬉しい。こちらのサンダルもリピートでした。先日のkikaさんでの展示会には出していなか [続きを読む]
  • 富士山・御中道
  • 午前7時半、中ノ茶屋スタート!二人でスタートしましたが道中は全くの別行動。レース後まだ一週間のこびとくはまったりとバードウォッチングです。佐藤小屋からは横移動でスバルライン五合目へ。そして初めての御中道。嬉しい!登ってない!!平坦!!!前が見えなくなったけど分岐はないので道を間違える心配はありません。富士山が見えてきた。なんだか他の山かと思うよね。霧も次第に切れてきて。富士山らしくなってきて興奮す [続きを読む]
  • スパトレ・花と鳥
  • 野反湖に出る途中のトレイルでお花畑がありましたノゾリキスゲ、ハクサンフウロ、カラマツソウなどレースの時期は同じだけど去年と花の種類が違った気がする多分、今年は花期が早い鳥の声は本当にたくさんあって、覚えているだけ並べてみます。アカハラ、イカル、カケス、ホオジロ、メボソムシクイ、ミソサザイ、オオルリ、キビタキ、ウグイス、マミジロ、ツツドリ、コルリ、コマドリ。前奏のないコマドリとチッチッチッチッと前奏 [続きを読む]
  • 四万温泉から草津温泉へ
  • 朝5時スタートで四万温泉から草津温泉まで72.3キロ自分の足だけでなんとかかんとか行けました!!去年も大変だったけど今年はさらなる過酷さ・・・レース前日のブリーフィングで実際の関門時間通りでは完走難しく、この時間なら大丈夫という裏関門が発表される。赤枠の中が制限時間の13時間完走ペース。こびとくはA3から全てこの時間を超えての通過でした。常に半泣き状態。このレースは渋滞なしのはずだったのだが林道崩落により [続きを読む]
  • 週末はSPA TRAIL
  • UTMF終わって腑抜けててサンダル制作に忙殺されてたらついにこの週末。今年もSPA TRAILにエントリーしてました。四万温泉から草津温泉までの72キロ。制限時間は13時間結構大変です。去年は最後の方のエイドは関門5分前とかで制限時間10分前ゴール。全く気が抜けなかった。なのに今年はレースに向けての準備があまりできず。というかサンダル業務(激務)のあるこの時期のレースエントリーはちょっと無理がありました。来年以降は考 [続きを読む]
  • bonsai
  • 昨年の大晦日に買った黒松のミニ盆栽を覚えているでしょうか?すっきり端正です。(12/31撮影)半年後・・・元気にすくすくすくすく過ぎてボーボー剪定の仕方もわからないし、この前、骨董市で買ったミニ鉢のこともあってヤビツ峠の麓のBonciaoさんに相談に行ってきました。いつ訪問しても清々しく良い気が流れているような場所です。ああ、わたしも"みどりのゆび"になれたらいいのに。松は毎年7/25に新芽ごとカットすると決めてい [続きを読む]
  • シジュウカラ、イカル、ホトトギス
  • 先週ランニング中に拾いました。みつけたときは小さな黒っぽい羽根で拾い上げてみたときにちらっとグリーンというかオリーブ色みたいな色が見えて「ん?メジロ?にしては黒い」と思った。うちに帰って洗っていたら真っ黒だと思っていた羽根に白い部分が見えた。そこで確信。シジュウカラです。シジュウカラ科で唯一尾羽に白色部をもつ。シジュウカラは肩にオリーブ色がある。あと羽根の小ささも識別のポイントに。でも羽根図鑑のサ [続きを読む]
  • デザインの国の詩人
  • 4月から2ヶ月も開催されていたのにまたもや駆け込みで。それでも行けて本当に良かった!昨日で終了してしまったのですがこちらの記事で展覧会の様子が詳しく書かれています→*展示室の休憩スポットで唯一撮影が許されていたのでこの言葉より図書室にあったムナーリの言葉を集めた本の中でみつけた言葉が良かった。おとなのしるしに懐中時計をつけてもらったそのとき僕は10歳ででも何時におとなになったらいいのかよくわからなか [続きを読む]
  • 箱根湯本からぐるっと宮城野2018
  • 湯本駅7時前スタートで湯坂路去年と同日、全く同じコースで行きました→2017サンショウバラも終わってて、ヤマツツジもおしまいコアジサイがあちこちで咲き始め今年はどの花も時期が早まりましたね芦ノ湖西岸遊歩道からゴルフ場の中のサイクリングロードモミジイチゴで補給しながら矢倉沢登山口から明神ヶ岳に登ります去年同様、キンポウゲやニガナなどの黄色い花が目立ちます振り返ると富士山!午後になってもまだ見えてる!何度 [続きを読む]
  • かぎ裂き
  • 自転車のチェーンに絡まってかぎ裂きを作ってしまいました。お気に入りの一着ではないけれど直せばまだ履けるかなぁ〜と思って一番簡単そうなアップリケ補修に挑戦。かけはぎとかそれなりの縫い方があるみたいですが適当に。裏に布をあてた方が良かったかしら。裏側はこんな感じ。うちにあった端切れでアップリケしました。使い道も考えないまま買ってしまった布切れが役に立った。刺繍で補修する方法もあるとあとから知りました→ [続きを読む]
  • 銀河鉄道の父
  • 第158回直木賞受賞『銀河鉄道の父 』を読む。いいタイトルの本だと思った。宮沢賢治の父、政次郎が主人公。政次郎から見た賢治の一生が綴られている。ずっと前に緒形直人さんが宮沢賢治を演じた映画『わが心の銀河鉄道』を観たのだけどいまいち賢治のことがピンとこなかった。この小説、父を主体にしたこの小説の方がより一層、賢治についてよくわかるのでおすすめです。賢治の童話は病床の妹に話して聞かせたものが原点とはきいた [続きを読む]
  • 西沢渓谷へ
  • アトリエkikaさんでの展示は無事終了!これからはオーダー分のサンダル制作が始まりますでもその前に・・・西沢渓谷で森林浴吊り橋を渡るとそこからは癒しの森ウツギやヤマツツジがきれい双眼鏡をお供に歩きます渓流の音に負けじとミソサザイの声ディスプレイ行動してるようにも見えたオオルリも鳴いていたけど姿は探せずキセキレイは親子かな?連れ立って飛ぶ。あとはイカル、コガラ。他の声はよくわからず(もうちょっとなんとか [続きを読む]
  • いよいよ最終日!
  • いよいよ最終日です! お客さまのもとに旅立っていたサンダルも多いですが本日もお試しになれます履いてきてくださった方々なかなか写真を撮らせて下さいと言い出せなくて撮れなかったサンダルのオーナーさま、ごめんなさい!履いてると「それがいい」とか言われます昨日kikaさんからの帰り道、去年オーダーしてくださったお客さまのお宅の前を通ったら、ちょうど家の前でご近所さんと立ち話をされていました。その方の足元は昨年 [続きを読む]
  • 羊と鋼の森
  • 久しぶりにいい小説と出会ったのでそれについて書きます。宮下奈都さんの『羊と鋼の森』。帯には”村上春樹のドライさと湿り気。小川洋子の明るさと不穏。二人の先行作家の魅力を併せ持った作品”とあった。確かにそういう印象もあり。美しい文章が綴られている。静かに。いいなぁと思う文章をメモしながら読む習性があるこびとくですが、最近はそういうこともしなくなり・・。でもこの小説はメモった美しいと言葉に置き換えること [続きを読む]
  • ちょっとひと息
  • 『夏の帽子+夏のサンダル』はすでに4日目が終了。昨日は露木久美さんが在廊でした。作品は毎年拝見していますが久美さんとお会いするのははじめて。久美さんの作品に囲まれタジタジのこびとくサンダル(がんばれ)どれもこれもユニークなんです。か、かわいい久美さんは夜派で家族が寝静まってから制作するのだそうです。つくり手に会えるっておもしろい。だからこびとくも期間中はたくさんの人にお会いしたいと思います。マンショ [続きを読む]
  • 始まりましたー
  • 直前までバタバタしてましたが夏の帽子+夏のサンダル 無事開幕です!今回はお帽子のボリュームに圧倒されそうサンダル頑張れ^^;)初日に駆けつけてくださった方々は皆さんこびとくサンダルで涙が出そうなくらい嬉しかったわたしとkikaのマリコさんも含め、こびとくサンダル率90%こんな日が夢だったのです!土日も午後1時頃より閉店までいますどうぞお立ち寄りください。 [続きを読む]
  • 夏のサンダル+夏の帽子2018
  • 「夏のサンダル+夏の帽子」始まります!5月18日(金)〜5月27日(日)(期間中無休)12時30分〜17時30分鎌倉市二階堂91 アトリエkikaにて0467-24-7025鎌倉駅より京急バス(東急ストア横4番乗り場)「大塔宮」行き、終点下車すぐ。時刻表はこちら→*徒歩だと駅から25〜30分。お車の場合は鎌倉宮の有料駐車場(1時間¥450土日は500)をご利用いただくか周辺のコインパーキングをご利用ください。今年で19回目。帽子作家・露木久美 [続きを読む]
  • クツクツ通信5月号
  • 夜なべしてクツクツ通信書きました!もう振り返らないはずがUTMFのこと書いちゃった主にネットでつながらない人たちに送っていますNO.189っていつからだったっけ?と調べたら1993年でした ひぇ〜kikaさんでの展示は19年目です只今、絶賛追い込み中。靴つくり仲間の曽田くんからも展示のお知らせ会期がかぶってるな〜マスミツくんからもお知らせ頂いていたのに ごめんなさい!過ぎてしまってたみんなずっと作り続けていますね。わ [続きを読む]
  • UTMFと鳥のこと
  • A8二十曲峠をoutしたのが日曜の午前4時前で杓子山へ向かう険しい登りに差し掛かったときに鳥がさえずり始めた。多分午前4時20分とか30分くらい。5分くらいの間にその声はどんどん増えて、順にいろんな声が重なってきてわぁ〜〜となった。周りはゾンビのような人ばかりでわたしが「鳥の声がすごいですね♪」と話しかけても反応なし。止まってスマホを取り出し、動画を撮ってみた。声の録音できるかな〜と。(動画はブログに貼れませ [続きを読む]
  • 幻覚
  • UTMFで楽しみにしていたこと。いろんなところからいろんな富士山を見ること。明るいときの富士山ベスト1はここ。でも、多分出場された方みんな同じ感想だと思うけどとにかく夜の富士山がめちゃくちゃ良かった。月明かりに浮かび上がる絶対的な存在感。もうひとつの楽しみは"幻覚"。どんなのが見られるんだろうと楽しみにしていた二晩目。しかし、わたしの二晩目はブログに書いたようにきらら以降は覚醒していたので何も見られませ [続きを読む]
  • もうちょっとだけ
  • レースレポはfinishしたけどもうちょっとだけ。補給の失敗、胃腸トラブルという声をよく聞いたので自分のも検証してみました。わたしも補給が一番の課題でした。そもそもレース中に食べることが苦手。レース前も緊張で食べられなくなります。一晩で終わるレースならそれでも行けると思うけど二晩となれば食べられなければそれは終了を意味すると思っていました。だから食べる練習もした。3月〜4月は週に一度は40~50K、9~10時間を走 [続きを読む]
  • Finish♪
  • A9富士吉田155Kではお友達の応援サポートに来ていたラン友さんとボランティアスタッフをしていたラン友さんに会えた。このときわたしは覚醒していて超元気!トイレに閉じ込められたことや辛かったこれまでの道のりなどしゃべりまくり。かなりのハイテンションだった。『でもここには長居はしないよ』と宣言。このあともどんなトラップが待っているかしれない。滞在25分で出発。残り13キロ。あとはラスボス霜山を残すだけ。町の中を [続きを読む]
  • A6からA9富士吉田まで
  • A6忍野113Kから再びライトオン二晩目の始まりです。最初はフラットの道で走れそうなんだけど走らず。いや走れず。月がきれいだった。林道の登りが長く続く。前後に人はいなくて単調に登る。どこをどう歩いているのかわからない。たまに後ろから人がやってきて抜かして行く。自分が誰かを抜くことはないので相当足取りが重くなっているのは確か。眠い・・・気がつくと大平山。ここでも夜富士。ここからの稜線は忍野のレースや探鳥会 [続きを読む]
  • A2からA6忍野まで
  • A2を出て次に向かうは竜ヶ岳。時刻はわたしの鬼門の丑三つ時とあってしんどかった。もう登りは終わりかな〜と思ったところが端足峠で、とんでもない、ここからが本格的な登りの始まり・・・このときは割と低いところに月があって山に寄り添うようにでっかく燦然と輝いていた。竜ヶ岳山頂からの夜富士も見事。しかし、がっつり登った分、竜ヶ岳の下りも辛かった。とにかく長くて。4年前のSTYのときは元気に下ったような気がするが今 [続きを読む]