文痴 さん プロフィール

  •  
文痴さん: ±3σの会
ハンドル名文痴 さん
ブログタイトル±3σの会
ブログURLhttp://sigma3.blogspot.com/
サイト紹介文意見の分布を確率現象としたら、±3σ内で多数は構成されるが、わざわざ±3σから外れた主張をしていく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/04/11 14:38

文痴 さんのブログ記事

  • トランプ氏と芸能人の不毛な山火事議論
  • 「天気によって火災が起きることはない。天気は火を燃え上がらせるだけだ」(ナショナル ジオグラフィック日本版) 出火原因のほとんどは人為だという。だから人間が入山する近郊の山での火事が頻発し、近郊だからこそ家屋(芸能人の邸宅がある)、人命被害が甚大となる。自然の国立公園などの山火事は落雷発火の自然のサイクルなので、無理に消火をすることはない。 「燃え上がらせる」ことがなければ消火は簡単だ。しかしそれ [続きを読む]
  • 国会は法律を議論する場だ
  • この入管法改正は、今年2月20日、経済財政諮問会議で検討されはじめたばかりだ。そのときの内閣府のペーパーはお粗末そのもので、少子化で生産年齢人口が減少していることを「人手不足だ」として、外国人労働者受け入れが必要なことの論拠としている(高橋氏) 安倍応援団の高橋洋一氏にすら問題化されている入管法改正。桜田五輪相のしどろもどろ答弁を引き出すことに熱を入れていてよいのか?議論の府なのだから、質問の十分な [続きを読む]
  • 多様な議員がいてこそ議会だ
  • 史上初の快挙を成し遂げた勝者を数多く誕生させました。(ブログより) この安田氏の「トランプ負けてよかった」結論より、大切な観点がある。文中紹介されているとおり、女性(若者)、マイノリティ、L候補が当選したのは各選挙区の有権者の判断であるが、これら各層に国民母集団に比例して少ない議員数しかいない状況が改善されたのは自然なことではないだろうか。 更に言いたいのは、下院議員だけでも400人を超す数となってい [続きを読む]
  • 漁業は外国漁船に任せたらどうか?
  • 人手不足の14業種に初めて技能労働者を導入する「移民法」が検討されている。漁船乗組員も日本人のなり手が少なく労働力不足の14業種にあげられている。 遠洋漁業に限ってだが、外国漁船を日本の漁港に入港させ、漁獲物を水揚げさせたらどうか?消費者にとってどこの漁船が獲っても同じことだ。船長だけが日本人で乗組員全員が外国人になるのなら、いっそそのほうが合理的で、乗組員も母国を基地とでき生活も変えなくてすむ。 外 [続きを読む]
  • 自国を良くしてそこで住むのが一番
  • 3人の幼い娘を連れた父親は「ホンジュラスでは子どもを養うだけの給料を手にできない。アメリカで暮らしたい」と話していました。(NHK) いっそホンジュラスを理想の国・米国領にすればよい。プエルトリコ自治連邦区のようにでもよい。ベネズエラも失敗国家だ。国民の大部分は米国が近ければホンジュラス国民のように米国を目指していただろう。 パナマも米国の属領扱いだ。かつての独裁者ノリエガは米国に連行され米国の刑務 [続きを読む]
  • とりやすいところからとる、税金
  • なぜビールと蒸留酒で税率が違うのか。ガソリン税の根拠は「地球温暖化」ということになっているが、なぜ同じく温室効果ガスを出す灯油の税率は1リットル2円なのか。(池田氏) ガソリン税などを重課税する建前は化石燃料を節約する大量交通機関への転換を進めることだと思う。しかし、地方で車しか移動手段のないところもある。ガソリンも灯油と同じ生活必需品だ。必需なこと今回軽減される食料品並みかもしれない。 道路特定財 [続きを読む]
  • この先の選挙で日本にとって重要なのは米中間選だ
  • 11/6の米中間選挙のほうが日本の行く末に影響を及ぼすのではないか。 比較しているのは日本自身の来年の参院選だ。米国の下院は民主党が過半数を獲得すると予測されている。そうなると、あと2年、米国の政治は混乱して、トランプ外交も腰が定まらないものとなるだろう。グローバルな力関係がトランプの登場もあって流動的になっているが、日本はその影響を受けやすい。 一方の日本の政界だが、安倍一強(野党分裂)は変わらない [続きを読む]
  • テロリストの味方になるな
  • 単純な身代金目的の誘拐だ。日本政府は身代金を支払わない。それが長期にわたった拘束の理由だが、カタール政府なりが最後は払ったのだろう。要求先から支払わなければ、まあよいとしなければ。 ここで、長期にわたったことの責めを日本政府に言わないことだ。2004年にイラクで拘束された三人と支援者はテロリストの代弁者みたいになって日本政府を責め立てた。このようなみっともないこと繰り返すべきでないと日本国民は肝に銘じ [続きを読む]
  • 上げ潮(景気回復で税収増)で30兆円は無理だ
  • 日本では財政再建がほぼ終了していることを、国際機関のIMF(国際通貨基金)も言い出した(高橋氏) この高橋氏の「累積債務はない論」の是非はさておいて、健全財政の指標のもう一つ、毎年の予算のプライマリーバランスで社会保障関係費の増加をみると税収が圧倒的に足りないことを見ていない。H30予算で、社会保障関係費は33兆円、これがそのまま赤字国債(歳入)の28兆円の必要額につながっている。 建設国債とは違って、赤字 [続きを読む]
  • 軍は仮想敵との緊張を欲するか?
  • インドでは「両国の関係改善を望まないパキスタン軍が警官殺害に関与している」(外交専門家)との見方が出ている。(毎日) 軍隊の存在価値は敵との緊張関係だ、という見方だろう。対立してきた印パ関係から両国の核保有により平和が達成されたからだ。 中国でも習近平政権は軍の掌握に腐心しているらしい。それが南シナ海での米艦艇との摩擦とかいつまで経っても解決しない北朝鮮の非核化、朝鮮半島の恒久平和への道なのだろう [続きを読む]
  • 検査を軽視してしまう動機を考えるべきだ
  • KYBのケースでは、検査で基準値を外れると、ダンパーの分解や調整に3〜5時間かかることもあるといいます。そんなことをする人手はない。時間もない。だから不正に走ってしまったというわけです。(ブログより) 技術の信用を大切にする日本の会社がなぜ検査とその結果の是正措置を怠ってしまったか?の検証が不十分だ。怠る動機として、検査値が少々基準を外れても性能にはたいした違いがない、と技術者的誤差許容の考えがあ [続きを読む]
  • ステルス消費税に
  • 消費税は「内税方式」に統一すべきだ。そうすれば消費者は「税込み価格」だけを見て買い物をすることになり、どの売り手が転嫁したのか分からなくなる。(塚原氏) 財務省も過去の一時、内税方式(この場合は税金表示もあり)に指導したときがある。今回は税金がいくらかは一切表示なしの総額表示にすべきだ。売り手(仕入れ先も)は当然、その金額の10/110だけ消費税を(消費者に代わって)納める。しかし、値札に書いてなければ [続きを読む]
  • 同じ負担でも消費税だと怒る日本国民
  • 社会保険料は実質的には税だが、源泉徴収の保険料という「見えない税」として徴収するので、取りやすいところから取るバイアスが生まれ、「痛税感」の大きい消費税の代わりに社会保険料を引き上げるポピュリズムが起こりやすい。(池田氏) 社会保険料と所得税、どちらもサラリーマンは天引きされるが、消費税はものを買うときに値段が上がっている痛税感がある。おまけに源泉徴収票には社会保険料控除があり、税金が安くなっただ [続きを読む]
  • 日本人はリスク評価ができない
  • 武藤元副社長は、国の地震調査研究推進本部がまとめた津波についての見解「長期評価」に基づいて、原発事故の3年前に最大15.7メートルの津波が原発に到達するという内部の計算結果の報告を受けました(NHK)が、「長期評価」=低確率、だからリスクは相対的に低く、すぐに対策する優先順位は低い、と回答すべきだ。武藤氏は技術者なのでそこのところは重々わかっているが、裁判官以下日本国民の大多数がこのリスク評価を理解しな [続きを読む]
  • 不人気な増税を敢えてする名宰相
  • 消費税増税やむなし、と安易に言えないのは、消費税を増税したところで景気が悪くなって思ったような歳入も得られなければ増税の意味はなく国民の重税感、負担だけが募ってしまう怖れがあるからです。(やまもといちろう氏) このやまもと氏のように増税の悪影響が出ないかどうか、野党も含めじっと安倍内閣が失敗するのを眺めているのだろう。 増税施策に国民に祝福されて、というのはありえない。日本国民のマインドは「負担な [続きを読む]
  • 自国通貨高が経済力
  • トランプの米国も自国通貨高を不利と考えている。日本もそうだが、国の経済力が通貨高になって現れる。世界中から資源とか商品を安く買える。輸出に不利だと言うが、通貨安=自国の賃金安、と言うことで、輸出競争力が労働者の犠牲のもとで得られているに過ぎない。 敵の中国は人民元安を防衛するのに必死だ。NIKKEI.COMトランプ氏、ドル高をけん制「ビジネス困難に」(写真=ロイター)【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は1 [続きを読む]
  • 将来世代への負担引き継ぎはインフラ整備費のほうだ
  • 将来世代(若年者あるいはこれから生まれる世代)へ社会保障制度で負担を先送りしてはいけない池田氏の理屈はわかる。 しかし、厚労省がそうする理屈として挙げている社会インフラの整備は将来世代は引き継ぐから、その費用は税金から出すよりも国債で財源を捻出し、耐用期間の60年で均等に返済・負担する、という考えはある。だから、当年の税金よりむしろ国債でまかなうべきだ、と言うことになりはしないか。 実際、税収不足か [続きを読む]
  • 株式市場が機能していないから乱高下
  • 長期金利の上昇やアメリカと中国の貿易摩擦への懸念などから売り注文が続き、ダウ平均株価は540ドル以上値下がり(NHK) 長期金利とか米中摩擦は昨日今日のニュースではない。そもそも500ドルの下げと言っても下落率は2〜3%程度で誤差範囲ではないか? これらは株投資家の集団心理によるものだ。集団でなく個々の利益で考えたら、そろそろ高値過ぎると考えれば、空売りをしておけば儲かる。そのように様々な投資家がいれば、結果 [続きを読む]
  • すべて国会議員はそれぞれ意見が違う
  • 「しっかりと真実を発信させていただくという姿勢には変わりありません」(杉田議員) 「LGBTは生産性がない」(真実)発言で叩かれたが、めげずにまたも真実発言。代議士たるものはそうでなければ。 今回も「南京大虐殺はなかった」かどうかを言論界は議論すべきだ。前回は「生産性」の意味するところはパスされた。 真実かどうかを議論する以前に問題提起の「発言が許されない」と封殺するのは卑怯そのものだ。 議論の封殺で [続きを読む]
  • インダス川のダスーダム構想
  • 2017年、パキスタンはヒマラヤ地域における総工費140億ドルの巨大ダムプロジェクトにおける中国融資を断った。(記事より) パキスタンの中国との国境地帯(フンザ地方:ギルギット・バルティスタン州)を回ったとき、道路(カラコルムハイウェイ)は中国の援助で国境近くは素晴らしく改修されていた。その費用負担は中国85%、地元州15%とのことで、パキスタン中央政府は一銭も出さない。 なかでも興味をそそったのが、同州に入 [続きを読む]
  • 基地の抑止力に気がついている玉城知事
  • (玉城知事は)普天間飛行場について「私たちが移設場所をどこにしてと言明、限定する必要はない」と述べた。(産経) 玉城デニー氏は正直だ。抑止力の必要性を分かった上で、普天間を廃止した場合のその移設は必要だが、と漏らしている。知事だから、抑止力の代替は考える必要はない。抑止力の確保は政府の仕事だ。かつて鳩山由紀夫氏も正直で、政府として「抑止力の必要性」に途中で気がついた。 迷惑施設に地元が反対するのは [続きを読む]
  • 自国の通貨安を歓迎する日本の不思議
  • 米国の利上げに対応してインドネシアではルピア安を防ぐために再三の利上げ。インドネシアではルピア安により輸入物価が高騰して庶民の暮らしを直撃している。 日本でも円安政策により輸入物価が高くなっている。資源を世界から輸入せざるを得ないので、打撃は大きいはずだが、なぜか消費者まで含めて円安是認というか歓迎するのはなぜだろうか? ドル建てで給料を比較するとわかりやすい。1ドル80円の円高時代に比べ、いまの12 [続きを読む]
  • いまは謝るタイミングでない
  • この女優は初めて知ったが、逮捕されて保釈、これから裁判が始まる。それが結審してから「申し訳ありません」が順だ。 本人は人気商売だから、早く謝るのがこれからのためだ、との打算だろうが、司法過程のことならいまは容疑者だ。 韓国では有名人が逮捕されると、検察に出頭するその門前で国民(TV)に対し謝罪する社会的風習になっている。その東アジア的な「悪習」に日本も倣っているのかと危惧する。WWW3.NHK.OR.JP元「モー [続きを読む]
  • 関空は閉鎖すべきだった
  • そもそも台風襲来の時点でなぜ8000人もの人々が関空島にいたのだろうか。それは直前まで航空機の離発着が行われていたからである。関空の到着便は4日の10時過ぎ、出発便は4日の13時過ぎまで運行していた。避難に時間がかかることを考えると、4日は全面閉鎖して、他空港への振り替えを行うべきであった。(ブロガー) 交通機関は災害予測に対し「止める」という対策が取れる。9/4には台風21号は大阪湾を襲うことが確実だった。一日 [続きを読む]
  • この冬に向け道民はリスク評価で決断を
  • リスクを評価する、というのは難しいようだが、リスクはゼロにはならないので、どのリスクを甘受するか、ということになる。 原発の事故リスクはどのように対策してもゼロにはならない。事前の想定を超えるハザードが襲う確率はゼロにはならない(想定外だから)。火力発電所の耐震性能を上げればよかった、という議論があるが、地震の計画加速度が何百ガルだとしてもそれを上回る確率はゼロではない。 だから、原発も火力も止ま [続きを読む]