司法書士赤兎馬 さん プロフィール

  •  
司法書士赤兎馬さん: 本・映画好きの司法書士ブログ
ハンドル名司法書士赤兎馬 さん
ブログタイトル本・映画好きの司法書士ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sekitoba-book/
サイト紹介文司法書士になってこんな本を読み、こんな映画を観ています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/04/11 22:14

司法書士赤兎馬 さんのブログ記事

  • 新日本の路地裏
  • これも、大人の図鑑カフェで見たヤツ。 路地とか道の写真は大好物で、あまり写真集は買わないほうですが、道の写真集は3冊程度持っています。 ツーリング先や仕事で訪問した先々で路地や道路の写真を撮ったりするのも面白い。 プロが撮る写真はやはりスゴイとなあ、と。 新日本の路地裏 Amazon [続きを読む]
  • 日本懐かし自販機大全
  • 先日、図鑑や写真集を見ながらコーヒーが飲める大人の図鑑カフェで見た本。 → 大人の図鑑カフェ/桜台 「日本懐かし自販機大全」。 地方にはまだまだ麺類やハンバーガー、弁当などの自販機があるようで、今後のツーリング先を決める参考に。 ちなみに、今年の5月には群馬県の赤城山付近にある麺類の自販機がある場所に行ってきました。 近いうち、ハンバーガーや焼肉弁当なども食べに行ってみたいと思います。 日本懐かし [続きを読む]
  • ブラックファイル 野心の代償
  • 土曜日は雨という天気予報を見て、深夜に映画を1本。 見た映画は、『ブラック・ファイル 野心の代償』で、アル・パチーノとアンソニー・ホプキンスの二大スターが出演し、 アル・パチーノが弁護士役を演じているので、余計に期待感が増して… 最初は面白かったのですが、次第に、ん?、んん?で、ラストで、あ〜あ、という印象。 いろいろ詰め込みすぎで、正直、残念な映画でした。 しかし、なぜ、アル・パチーノやアンソニー・ [続きを読む]
  • 死なないマクレーン
  • 今日、見た映画は、『ダイ・ハード2』。 もう…マンガ。 マクレーン刑事に次から次に困難が待ち受けて… でも、最初からマクレーンは死なないことがわかっているので、どう乗り切るのかが見どころで… ダイ・ハードは一作目しか見ていないので、続編を見るのが楽しみになりました。 ダイ・ハード2 (字幕版) Amazon [続きを読む]
  • 大鶴義丹のキリン
  • 今週、見た映画は、『キリン POINT OF NO -RETURN !』。 キリン POINT OF NO-RETURN! PREMIUM EDITION (3枚組) [DVD]6,264円Amazon バイクに乗る人なら一度は見たことがある、 キリン(1) (ヤングキングコミックス) Amazon 乗らない人は全く知らない漫画「キリン」の実写版。 私は、こっちの(↓)雑誌で読んだことがあるのですが… RIDEX (ライデックス) 13 (Motor Magazine Mook) Amazon [続きを読む]
  • ローズマリーの赤ちゃん
  • 昨日、見た映画は、『ローズマリーの赤ちゃん』。 おかしな思想を持った人たちはホントに怖いという映画。 最初は拒絶していても、次第にその環境を受け入れてしまう恐ろしさ。 おかしな人たちには最初から近づかない方が良いのですが、映画の場合は、アパートの隣人たちが…という設定。 賃貸であれぱ、引っ越しも可能ですが、購入した物件だと簡単には出ていけず… 最近、恐ろしい事件も起きているので、考えさせられる映画でし [続きを読む]
  • 1日3軒ハシゴする
  • 今日、移動中に再読しているのが、 「多動力/堀江貴文」。 最初に読んだとき、 「1日10軒以上をハシゴしろ」を読んで、ツーリング中に実行するようにしたのを思い出した。 1泊ツーリングの際、旅館などの夕食は避け、素泊まりにして、近くの居酒屋を回るようにしているのですが、 これまでは居酒屋一軒で済ませていたものを、ハシゴするようになったのですが… 伊東温泉、伊那で実行したものの、どちらも途中の居酒屋で面白い常 [続きを読む]
  • 原題:会計士、邦題:コンサルタント…
  • 昨日、見た映画は、2016年のアメリカ映画「ザ・コンサルタント」。 ザ・コンサルタント(字幕版) Amazon 軍人の子であり、自閉症であるが故に他人よりも突出した能力をもつ会計士が活躍する話。 見た感想は…やはり、会計士は数字に強いんだな、と。 原題が THE ACCOUNTANT (会計士) なのに、この映画につけられた邦題が、「ザ・コンサルタント」で、とてもがっかりしました。 しかも、日本では、職業が「会計コンサルタント [続きを読む]
  • 酒場を愉しむ作法
  • 今日、読み終えたのは、『酒場を愉しむ作法/自由酒場倶楽部』。 吉田類さん監修の酒場に関する本です。 『一見を愉しむと酒場は聖地となる』の章で、「初めての酒場のドアにてをかけるときには、パンドラの箱を開ける心地がする」の心境に共感。 私自身、よく行くお店も無いことはないのですが、基本的に仕事で出向いた先で初めての居酒屋に入ることを「愉しみ」の一つにしており、お店を探して、ドアを開ける瞬間が一番ワクワク [続きを読む]
  • アニメだとバカにしていたが
  • 昨日、見た映画は、「君の名は」。 君の名は。 Amazon 話題になっていたのは知っていたのですが、アニメだし、男女が入れ替わる昔の「転校生」的なヤツだと思い込んでいて、 転校生 [DVD]5,184円Amazon 見ていなかったのですが、週末にBSで放送されるというのでとりあえず録画だけしていました。 日曜日は筋肉痛で出かけるのもおっくうだったので、この映画を見たのですが… おもしろい。 男女が入れ替わるだけのヌルい映画だと思 [続きを読む]
  • 見ると眠ってしまう映画
  • 昔、映画館で最後まで見たことがあるのですが… 今見るとどーしても眠ってしまう映画があります。 その映画は、『ブレードランナー』。 続編が公開され、雑誌でも大きく取り上げられるなど注目されているところをみると、熱狂的なファンもいるようだし、とりあえず見てみようとこれまで何度も見ようと試みているのですが、毎回、数分毎に寝落ち。 見て、寝て、起きて、ちょっと戻して、見て、寝て…と繰り返して、90分たったのに [続きを読む]
  • トム・クルーズは関根勤に
  • 今日、見た映画は昨日の『アウトロー』の続編、『ジャック・リーチャーNEVER GO BACK』。 "関係者"が多すぎて今ひとつストーリーが理解できていないが、アクションシーンは面白かった。 主役のトム・クルーズですが…アクションはジャッキー・チェン…あれから4年たって、顔は関根勤になっていた。 それにしても、映画の中のマナーモードの音はわかっていても、ドキッとする。 ジャック・リーチャー: Never Go Back (字幕版) Am [続きを読む]
  • アウトロー
  • 昨日、見た映画は、『アウトロー』。 トム・クルーズが演じるジャック・リーチャー鋭い洞察力が、司法書士の仕事をする上でとても参考になりました。 それにしても、最近、トム・クルーズのジャッキー・チェン化がどんどんすすんでいるような気がします。 アウトロー (字幕版) Amazon ジャック・リーチャー: Never Go Back (吹替版) Amazon [続きを読む]
  • スーサイド・スクワッド
  • 雨の日曜日、朝から映画を1本、『スーサイド・スクワッド』。 バットマン、スーパーマン…等、主役が人間離れしすぎており、誰に感情移入してよいのかわからなくなるので、あまりこの手の映画は好きではないのですが、たまに見ると面白い。 で、ハーレイクインを見ながら、松嶋尚美やアン・ルイスっぽいな、と。 スーサイド・スクワッド [DVD]1,543円Amazon S.H.フィギュアーツ SUICIDE SQUAD(スーサイド・スクワッド) ハーレイ [続きを読む]
  • マスクもチェーンソーもない、13日の金曜日(1980)
  • 今夜見た映画は、1980年の『13日の金曜日』。 有名なのに一度も見ていなかった映画でしたが、ある程度まで見て、何だこれは…と。 でも、正体を知りたくて見続けていたところ、最後のちょっと前で驚かされたが、最後の最後でやっぱり、何だこの映画は、っ感じで…。 そういえば、1作目はジェイソンはマスクをしていないし、チェーンソーのシーンも出てこなかった。 『悪魔のいけにえ』と勘違いしていたのかも。 比較すると、『 [続きを読む]
  • アンチ・オカルト
  • 今日、読み終えた本は、 『オカルトでっかち/松尾貴史』。 実は、私はオカルトや占いが大好きで…大好きといってもいろいろな意味がありますが、何といっても、あのインチキというか、胡散臭さが面白い。 この本もそういう視点から書かれていて、なかぬか興味深い。 そういえば、著者の松尾貴史さん、その昔、キッチュと呼ばれていたことは記憶にあるのですが、何をやっていたのかまでは思い出せない。 オカルトでっかち (朝日 [続きを読む]
  • 昔のジャッキー・チェン
  • 昨日、見た映画は、『ヤングマスター』。 ジャッキー・チェンのけっこう昔のカンフーアクション映画で、見たのはもちろん、吹き替え版。 以前、アメトークのジャッキー・チェンを取り上げた際、盛り上がった獅子舞のシーンと、 ラストの壮絶バトルシーンは、 この映画の見どころです。 最後の最後に、NGシーンがなかったのがちょっと残念。 ヤング・マスター/師弟出馬 [続きを読む]
  • 旅の流儀
  • 今日、移動中に読んでいるのは、『旅の流儀/玉村豊男』。 旅をしているときの、宿泊料金の問題、食事とお酒の問題など、わかる〜の連続。 旅館の食事の件で、山の中にある旅館の多くで、マグロの刺身が出てくる話には笑いました。 たまには、バイクではなく、電車で旅に行きたい。 旅の流儀 (中公新書) Amazon [続きを読む]
  • 怒りのアフガン
  • 訪問先が変わって仕事が早く終わったので、映画を1本。 今日、見た映画は、『ランボー3 怒りのアフガン』。 実は、この映画を見る前に、マリリン・モンローの映画と、ダニー・トレホの映画を見始めたのですが、どちらも数分で眠くなってしまったので、ランボーに。 さすがに、こちらは全く眠くならないどころか、気合いが入ってきた。 スタローン、最高。 ランボー3 怒りのアフガン [Blu-ray]2,037円Amazon [続きを読む]
  • A Film About Coffee
  • 真夜中に録画していた映画、『A Film About Coffee』を見た。 ドキュメンタリー映画で、見ているうちに、いつもの200〜300円程度のコモデティなヤツではなく、多少高くてもホントに美味しいコーヒーが飲みたくなった。 映画の後半で、東京にコーヒー界の伝説の男がいるというので、メモしようとしたら、すでに廃業していると知りがっかり。 でも…調べたら、その味は恵比寿で復活しているらしい。近いし、混んでなければぜひ行っ [続きを読む]
  • シックス・センス
  • 今日、見た映画は、『シックス・センス』。 これまでも何度か見ている映画です。 初めて見たときはラストに驚きました。 この映画は、驚きの結末がわかっていても、繰り返し見られる映画です。 ちょっと怖くてちょっと感動する。 シックス・センス Blu-ray2,700円Amazon [続きを読む]
  • 居酒屋さんに借りた本
  • 今日、読み終えた本は、『コレ、嘘みたいやけど、全部ホンマの話やねん』。 これ、いつも行く居酒屋さんから借りたというか、課題図書として渡された本。 お笑い芸人として、いろいろな場所に潜入するという話。 こういう話は大好きで、常々、自分でも潜入してみたいと思っていたのですが、読み終えて、やはりムリだと悟りました。 それにしても、ぼのレポートも、とっかかりはスゴいのですが、最後は心暖まる話になっているのが [続きを読む]
  • アウトレイジ2本
  • 昨日、見た映画は、『アウトレイジ』と『アウトレイジ ビヨンド』。 最新作が公開中のため、テレビで、北野武監督特集が組まれていたので、一気に見ました。 どちらも面白いのですが… いろいろな映画でバイオレンスシーンには慣れていると思っていたのですが、 この映画に時折出てくるバイオレンスシーンには、見ている側も痛みを感じてしまいそうになるほどで、思わず目を背けてしまいます。 『最終章』、見たくなりました。 ( [続きを読む]
  • ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE
  • 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE 』を見た。 テレビと違うのは舞台が外国だということだけ。 映画だから台本がしっかり作られているのかと思いきや、そうでもないようで… テレビと同じで、必ずしもハッピーエンドにならない可能性があるし、観光地を回る旅よりこういう旅の方が面白い。 この番組は好きで、テレビはよく見ていたのですが、これを映画にする必要性や映画化するに至った背景、安くない料金を支払って見に [続きを読む]