SOSEGON さん プロフィール

  •  
SOSEGONさん: SOSEGON魂
ハンドル名SOSEGON さん
ブログタイトルSOSEGON魂
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sosegon226/
サイト紹介文お気に入りの「名曲」を紹介しています。毎週日曜日にはPerfumeが登場します。
自由文J-POPからROCK、JAZZ、CLASSIC、LATINまで、あらゆるジャンルの「名曲」を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2008/04/13 08:42

SOSEGON さんのブログ記事

  • 「Perfume スペシャル・ビート」
  • 本日の 『Sunday★Perfume』 は、「スペシャル・ビート」 というテーマで書こうと思います。テーマの 「スペシャル・ビート」 を日本語にしようとしても、全く同じニュアンスは見つからないんですが、無理矢理訳せば、そのものズバリ 「特別なビート」 とでもなるんでしょうか?!要するに、リズムが強調されている曲、とか、リズムがちょっと珍しい曲ってことです。どの曲も細かくリズムを刻んでいて、思わず体を揺すってしまうく [続きを読む]
  • 「恋とは何か君は知らない/本田竹曠」
  •  アルバム『THIS IS HONDA』 SOLID  CDSOL-1484 国内盤 2012年(オリジナル1972年) 参考価格2,138円(税込) ★アルバム詳細本田竹曠 さんは、岩手県宮古市出身のピアニストで、生年月日は1945年8月21日。主な経歴としては、弘田三枝子さんの伴奏、渡辺貞夫さんのコンポへの参加などがあります。また、1978年には、 峰 厚介さんらとフュージョン・グループ、“ネイティブ・サン” を結成して活躍しました。ちなみに、このア [続きを読む]
  • 「次世代の人間関係」
  • ■アナログ人間 versus デジタル人間『人間関係をうまくやるコツは、「○○された」という被害者意識を無くすことです』現在、サラリーマンが会社を辞める理由の大半は、職場の人間関係が原因だそうです。在職中に、心の病でリタイアする人も少なくありません。かと云って、「私の人生、人間関係は無しでお願いします」 なんて希望は通りませんからねぇ〜。人と交流するかぎり、摩擦が生じるのは避けられません。しかし世の中、ど [続きを読む]
  • 「季節の最後に/馬の骨」
  •  アルバム『馬の骨』 日本コロンビア COCP-50870 国内盤 2005年 参考価格 2,494円(税込) ★アルバム詳細このアルバムがリリースされて、もう12年も経つんですね。キリンジの弟さんの方、堀込泰行 さんが自虐的に “馬の骨” と名乗って、ウエストコースト・サウンドや、大瀧詠一さんのナイアガラ・サウンドなど、わりと軽めのソフト・ロックでまとめたアルバムです。それぞれの曲が毛色の違うサウンドで、捨て曲もなく、楽し [続きを読む]
  • 「スランプはチャンスの兆し」
  • ■I made a mistake.進化論の世界ではミスは必要不可欠であり、問題を浮き彫りにさせ、対策を考えることが進化につながって行くんだそうです。ですから、まったくミスがなければ、現状から一歩も前へ進めないということらしいです。とは云いながら、そういったミスの連続がスランプへとつながっているのも確かです。みなさん経験あると思いますが、スランプはつらいです。出口が見えないというか、何をどうしたらいいのかが分から [続きを読む]
  • 「マンボタンゴ/レイ・バレット」
  •  アルバム『LA CUNA』 キングレコード KICJ-2338 国内盤 2013年(オリジナル1979年) 参考価格 942円(税込) ★アルバム詳細■世界のパーカッション奏者これまでいろんなジャンルの、たくさんの音楽を聴いてきましたが、パーカショニストのアルバムは、あまり持っていないと思っていたんですが、今回 レイ・バレット を取り上げるということで、調べてみて驚きました。僕が持っているレコードやCDに参加している、ある程度 [続きを読む]
  • 「Perfume 最新トーク集」
  • ■さんま&Perfume今年に入ってからの、トークを3番組から引っ張ってきました。なんだかんだで、やっぱりトークはあ〜ちゃんです。ハハハ!でね、「おジャ魔女カーニバル!!」 シングル出して欲しいです。最後に、あわあわダンスの 「Everyday」 をUPしておきます。この曲は、珍しく歌い込むパートがあり、それぞれの特徴が聴けていいですよねぇ〜。では、トークとパフォーマンスをどうぞごゆっくりお楽しみください■『バズリズ [続きを読む]
  • 「エア・ホステスと奥さまは魔女」
  • ■Pan American Airways(1960s)■早速ですが、今日の1曲は “ラウンジ・ミュージック” と呼ばれる1960年代のオーケストラ・サウンドです。このラウンジ・ミュージックがお好きな方は、映像にあるような1960年代のエア・ホステスのファッションも含めて、この時代にあこがれをお持ちの方が多いようです。なにか、他人事のように書きましたが、僕がそうなんです。今はもうありませんが、パンアメリカン航空(パンナム)という 『アメ [続きを読む]
  • 「恋人にしたい女性有名人ランキング2017」
  • ■テレビ朝日 女子シアナ                                ■TBS 女子アナ■はじめに過去、女優さんや女子アナ、アイドルユニットなどのいろんなランキングをUPしてきました。たとえば、下記の4つ。■『女子アナウンサー 人気ランキング2013』(2013年)         ■『夫が浮気したら許せない女子アナ TOP 10』(2015年)■『夫が浮気をしても許してしまう40代女優 TOP 10』(2015年)   [続きを読む]
  • 「Lang Lang/NEW COOL COLLECTIVE]
  •   アルバム『Out of Office』 Dox  2011年(オリジナル2008年) 参考価格2,392円(税込) ★アルバム詳細オランダのクラブ・ジャズ・コンボ、 ニュー・クール・コレクティヴ の2008年のアルバムです。時には、ホーン陣を増やして、ビッグ・バンドのスタイルでも演奏しています。2009年に来日していますが、2012年7月のジャズ・フェス(北海道)、2013年の全国ツアーと、その後も毎年のように日本へやってきていました。そして、20 [続きを読む]
  • 「ショック状態抜けられず、の巻」
  • ■Internet Fraud一昨日、インターネット・ショッピングで不正に使用されそうになったんですが、Amazonが気づいて犯人がギフトカードを購入しようとしていたのは阻止してくれたんですが、同じ注文書に載っていたCDはそのまま受理されたようで、今日届きました。ギフトカードはおかしいと思ったんでしょうが、いつも来るCDまでは見破ることができなかったようです。なので、9月に届いていた レイ・バレット(Per)のアルバムの、2枚目 [続きを読む]
  • 「インターネットの怖さを知る、の巻」
  • おとといは徹夜だったので、昨日は睡眠導入剤のトリアゾラムを呑んで 12時前に眠りにつきました。最近は、徹夜明けの夜でも、普通の日と同じようにほとんど眠たくならないので、仕方なくトリアゾラムを使いました。トリアゾラムと云っても、あまり馴染みがないと思いますが、別名ハルシオンと云えばご存知の方が多いかもしれません。(ある事件で有名になった薬ですが、知りたい方は “ハルシオン スーフリ” で検索すれば、詳し [続きを読む]
  • 「Perfume 難しい振り付けの曲は?」
  • 本日の 『Sunday★Perfume』 は、振り付け についてのお話です。■「Perfumeの持ち歌の中で、いちばん難しい曲は何ですか?」 という質問には、3人も1曲には絞れないようで、実際たくさんのインタビューを遡って見たのですが、コレまでに、「エレクトロワールド」、「love the world」、「セラミックガール」、「Cling Cling」、「Magic of Love」、「spending all my time」 などを挙げています。そして、この6曲の中でも、“難し [続きを読む]
  • 「ドリーマー・ガール/ジ・アーバーズ」
  •  アルバム『THE VERY BEST OF THE ARBORS』 Rev-Ola CR REV 213 EU盤(国内仕様) 2007年(オリジナル1967年〜1970年) 参考価格2,381円(税込) ★アルバム詳細本日は、ドカ〜ンと 50年 という歳月を遡って、1967年の楽曲でお楽しみいただきましょう!懐かしいサウンドを披露するのは、フレデリックとエドワードのファーレン兄弟と、スコットとトムのヘリック兄弟の4人からなる、ジ・アーバーズ です。最初にお聴きいただ [続きを読む]
  • 「名言・ことわざ 〜 金は三欠くに溜まる」
  • ■■■ いざというときの備えを考える ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■金は三欠くに溜まる (かねはさんかくにたまる) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■少し気が早いんですが、12月で義理とくればお歳暮という、あまり上品ではない連想ですが、本日は、『義理と人情とお金』 についての [続きを読む]
  • 「ピアッツァ・イン・ザ・レイン/国府弘子」
  •  アルバム 『Summer Selection』 ビクターエンタテイメント VICJ-61377 国内盤 2006年 参考価格 13,000以上円(税込) ★アルバム詳細国府弘子さんには、個人的にずっ〜と親近感を持っています。と云うのも、僕の誕生日が国府さんと同じ8月26日だからです。そういう特別な共通項を見つけると、人は無条件に好意を持ってしまいますよね。ちなみに、他の有名人で8月26日生まれは、マザー=テレサ(社会活動家)、中島知子( [続きを読む]
  • 「誇り高き天皇陛下と皇室」
  • 本日は、天皇陛下の事をよく知らないお若い方のために、少しだけ天皇陛下や皇室をご紹介します。天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、秋篠宮殿下、眞子さま、佳子さま、皆様が国内外で交流を持たれ、そのもの静かな佇まいや、優しさに満ちた語り口など、海外の方々も尊敬の念を抱くようです。皇室の方々の、国と国を結ぶ交流は、日本のイメージアップに大きく貢献しておられると思います。今後とも、くれぐれもご無理などなさらないよ [続きを読む]
  • 「気分転換と楽天主義」
  • ■Island『慣れる』 という事は、「仕事に慣れる」、「環境に慣れる」 など、物事が順調に進みだしたということで、良いニュアンスで使われることが多いようです。ところが、人間というのは勝手なもので、『慣れる』 がちょっとでも続くと 『飽きる』 に変貌してしまいます。そんなとき、転職や独立、別れや離婚によって、人生の 『リセット』 を試みる人がいます。「人生の転機」 といえば聞こえはいいのですが、それが 「慣れ」 [続きを読む]
  • 「Perfume かしゆか&たばっち」
  • ■かしゆか&たばっち■田畑竜介(たばっち) 1976年3月11日、北九州市生まれ、41才、RKB毎日放送アナウンサー、血液型B型。本日の 『Sunday★Perfume』 は、3人が18、9才の頃の映像です。福岡ローカルの音楽番組、『チャートバスターズR!』 (MC;田畑竜介=たばっち /RKB)ストックから、10年くらい前の Perfume をご覧いただきましょう。この番組は、Perfume のブレイク前から後押ししてくれていたので、3人もたばっちと話すと [続きを読む]
  • 「イット・ダズント・マター/ファイアフォール」
  •  アルバム『FIREFALL』 ワーナ―ミュージック・ジャパン 国内盤 2017年(オリジナル1976年) 参考価格1,404円(税込) ★アルバム詳細この ファイアフォール のデビュー・アルバムはレコードで持っていますが、針を使うプレーヤーの慎重な操作が面倒で、長年、押し入れの奥に仕舞いこんだままになっています。当然、レコードを聴くことができない環境なので、気に入っていたこのアルバムは、何年か前にCDで買いなおしていまし [続きを読む]
  • 「SURPRISE! 相変わらず天才!ジェイコブ・コリアー」
  • ジェイコブ・コリア― さんの天才っぷりが、また発揮されているようなので取り上げます。あまり詳しくは知らないのですが、一般の方々が Jacob さんのパトロンになって、100ドルの支援金を支払い、その後自分が歌った音源の映像を送ると、Jacob さんが多重録音のバックを作ってくれるというものです。まあ、作品を見てもらえば分かると思いますが、この仕上がりで100ドル(11,200円)は超お得だと思いますけどね。(※尚、112円は9 [続きを読む]
  • 「たわいもない話って?!」
  • ■Image『たわいもない』 という言葉があります。( “たわいない” でも正解)本来、「しっかりしたところがない」 とか 「思慮分別がない」 という意味ですが、最近の使われ方で考えると、「つまらない」 という解釈が、辞書に載っていることがあります。しかし、この 「たわいもない」 を単体で使うことは稀で、ほとんどの場合 「話」 とか 「会話」 をくっつけて使用しています。そして、「たわいもない話」 となると、「つま [続きを読む]
  • 「クローズ・アップ 〜 脇田もなり」
  • 2017年3月に解散した ESPECIA(エスペシア)のメンバーだった、脇田もなり さんをクローズ・アップします。2016年2月末で卒業して、同年9月よりソロで活動を開始していました。2012年にESPESIAでデビューしていますから、もう5年のキャリアがあるんですが、まだ22才なんですよね。出身は、長崎県五島列島 だそうです。ドラマやCMでおなじみの 川口春奈 さんも五島列島でしたよね。(福江市出身/現・五島市)しかし、悲しいかな 《長 [続きを読む]
  • 「賢者の心得」
  • ■Image本当に偉大な事業を成し遂げた人は、それを自慢したりはしません。自慢話は、ほとんどの人が不快に感じるからです。それがわからずに自慢話ばかりしている人は、愚かな人です。人に尊敬される人(=賢者)は、次の三つの事を常に意識しているそうです。*「お陰様で」 という感謝の気持ちを忘れない。*自分がほめられたら、仲間を立てる。*いつも謙虚な気持ちでいる。 ■Image他者を立てることで、結果的にあなたの評判が [続きを読む]