まどかけいこ さん プロフィール

  •  
まどかけいこさん: ああも言ったり、こうも言ったり
ハンドル名まどかけいこ さん
ブログタイトルああも言ったり、こうも言ったり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/madoka1953/
サイト紹介文60代女性の日常を、楽しく綴ったエッセイです。くすくす・ふふふ・はははっと笑っていただけると嬉しいです。
自由文色々タイプの違うエッセイを配信しています。独断と偏見満載のエッセイですが、面白いなぁ〜と、思っていただけることを、目指しています。同世代の女性だけでなく、あらゆる世代の女性、そして出来ることなら男性にも・・・読んでいただけると光栄です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/04/16 16:55

まどかけいこ さんのブログ記事

  • 認知症前夜・・・
  • 1. 認知症に 何故なってしまうのか?2. 認知症にいつなったか、どうしたらわかるのか?3. 認知症を、遅らせる手立てはあるのか? 残念ながら、すべてが不明です。しかしながら、実母が認知症なので2については、少しわかるかもしれません。 母の言動で 「おや?」と思ったのは義理の姉の葬式の時でした。母は、仏教の勉強をしていたので、般若心境などは、何も見なくても唱えられました。葬式の時、僧の方から「御一 [続きを読む]
  • 介(護)活は ないのかな・・・・・?
  •  主人の心筋梗塞から、1年が無事にすぎて1年後の健診に、家族の同意が必要とのことで、東京に2泊してきました。 せっかく、日帰りでなく東京泊まりなのだから・・・と思い1日目に、独身時代のお勤め友達に声をかけたところお二人とも、快く来てくれて新宿南口の洒落たお店で、イタリアンをいただきました。 イタリアンは、もちろんおいしかったのですがやはり盛り上がるのは「介護話」ですね。実母・姑の違いはあっても三人 [続きを読む]
  • 「よろしく頼むよ」って、気軽に言わないで欲しい・・・
  •  主人の親と同居していると「ここの嫁さん、ちゃんと義理の親の面倒みてるのか?」と、確かめたい気持ちになるのもわかります。  我が家は、ありがたいことに4Fだての、小さな自社ビルの3F・4Fにあり、エレベーターは、ついていませんしたがって、歩いて上まで上がるのは、結構大変なので、あまり上まで来る人はいません。そもそも、親戚の数が少ないし・・・ それでも、帰る間際に私にしか聞こえない声?をよそって「おばあ [続きを読む]
  • スモールトークが苦手・・・
  • いわゆる「軽口をたたく」ってのが、どうも あまり うまくできません。だから「とっつきにくいい怖い女」って思われちゃうんでしょうね最近は、「スモールトーク」って言うんですってね。なかなか絶妙なネーミングで・・・・・ もし、生まれ変われるものならば容姿はほどほどでいいから、スモールトークの上手な愛想のいい女の子に生まれ変わりたい絶対、そういう女子はもてますよね還暦すぎても、未だもてたい気が捨てきれな [続きを読む]
  • ご飯は捨てられない・・・
  •  あまり、お米を食べる方ではありません。何せ、炭水化物を食べるとダイレクトに体重に反映してしまうたちなので「米」は、私にとって、できるだけ遠ざけたい食材でもあります。 息子も結婚したので、米も以前ほどは、炊かなくても間に合うようになりました。炊きすぎると、困るんですよねぇ夏は、炊飯器に一日入れておくと 臭くなるかと言って ご飯を捨てるのはものすごくためらわれる。「お百姓さんが、一生懸命育ててくれた [続きを読む]
  • 「フィガロの結婚」 再演します!
  •  来年の3月「、フィガロの結婚」 再演の予定です今日 18時から メンバーが集まったところで、新しい脚本が渡される予定、ドキドキです今度は、ダブルキャストになるので3月24日(土)25日(日)のどちらかに 出演します。もちろん、前回同様の「マルチェリーナ」を演じます。 今回は、アリアを 「セビリアの理髪師」の老女中「ベルタ」のアリアに変えてもらいました。日本語も、練りに練ってかなり面白い感じの仕上 [続きを読む]
  • 占いも利用してみよう・・・・
  •   そもそも占いなんて、ナンセンスと思っているあなた正しいです。こんなつまらんブログみるのは、ただちにやめましょう ディープな占い好きなあなた、私 占い師ではないので、がっかりしてしまうと思うので読まない方がいいかも・・・ 実は、ちょっと気になっているあなた、 こっそり占ってもらった経験のあるあなた、 インターネットでしばしば 占いサイトを開いてしまうあなた、読んで欲しいなぁ〜。   さてさて、こ [続きを読む]
  • 自分を把握することは難しい・・・・?
  •  あまり良く知りもしない人から「あなたって こういう人よね」って断言されると腹立ちませんか?私は、かなりむっとして、多分 顔にも出ていると思います面と向かって 軽々しく 人の批判などすべきではないよ、と、言ってやりたい   さて、ここからが 本題。では、自分で自身のことは、よ〜く わかっているのでしょうか?自分のことだもの、わかってて当たり前でしょうって、いやぁ、意外にそうじゃないんですよね。どう [続きを読む]
  • 私なりの真実・・・さらに続きです
  •  さても、さても しつこいようですがもう1つ言いたいことが・・・・  己のことを、しっかり把握していないと人生のかじ取りが あやうくなる                       です。      これについて、説明いたします。なんだかんだ、謙遜しているようなことを言っても自身のことは、うぬぼれ眼鏡で見ているものです。あまりにも、客観的・冷徹に己の本質を理解すると絶望的になって生きづらくなってし [続きを読む]
  • 私なりの真実・・・・続きです。  
  •  さて、さて2回目となりました。次の、私なりの真実とは   その時出された課題は、その時にクリアーしないと  後で、倍返しになって返ってくるという、きわめて恐ろしい真実 具体的に説明しますと大学を卒業して、人生たった一度の稀代の就職チャンスであるこの時期に、うだうだ言い訳しつつ、ー実は、自分の実務能力がないのが ばれるのが怖くてー就職を逃避して、「自己実現のため」などと、わけのわからんことをほざい [続きを読む]
  • 私なりの真実・・・?
  •  自身の中で、ほぼ確定的な真実?というものがあります。まず 第一。 チャンスが来るのは、ピンチの後 言い換えると  挫折の後に、勝機あり  かな?今までの人生の中で、後になって 自分なりの飛躍(!)に通じたなという チャンスの前にはいつもピンチー挫折ーがありました。とにかく、挫折の多い人生で、自己嫌悪にかられて、失望落胆したことは、かなりあります。 こういう時、占いに頼るとタロットだと、骸骨がうろ [続きを読む]
  • 雑すぎる・・・・
  •  事務員をやっていた 花の独身!の頃、コピーを頼まれたので、いい加減にちゃっちゃっとやってのけたところあまりいい塩梅の出来ではなかったのでしょうね・・・「雑な女だなぁ〜」と呆れられてしまったことがあります。その時は、たいして感じなかったのですがあとあと、じわじわ効いてきて「私って雑な女なんだ・・・」と、かなり落ち込みましたそのあとも、同様な失敗を重ねそのつど、反省はしたものの、真剣に改める努力もせ [続きを読む]
  • 自営業で良かった・・・・
  •  目の前に、何かぶらさがってないと、私 全然、 アカンですすぐ、退屈します・・・ちょっと、忙しいくらいがいいのかなぁ手帳が空白だと、ぞっとしますとりあえず、スイミングの予定でも、陸トレ(!)の予定でもなんでも 書き込んでしまいます。そうすると、少しほっとします  自営業なので、75歳までは、仕事を続けようと思っているのですが今、仕事がなくなったら、一日をどうやって過ごしたらいいもんだか・・・・自営 [続きを読む]
  • 夏休みも終わって・・・・
  •  8月の11日から 一週間 我が会社は夏休みに入りましたが、あ〜ら、不思議あの暑さはどこへやら・・・ かなり涼しくなりました。曇りに雨の混じる あいにくのお天気で、観光客のみなさんも、あてがはずれたのではないでしょうか 17日の夏休み明け、天気はからりと晴れて気温も上がりました。いやぁ〜ねぇ・・・・本当に、お天気も意地悪なことこのまま、気温が下がって9月を待たずに 秋突入というのも、何だか 怖いき [続きを読む]
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 今日で、夏休みの終わった方夏休みなんか、ないよぅ〜という方家族の夏休みが終わることを心待ちにしておられる方明日からも、まだまだ暑い日が続きます どうか、暑さに負けずに 8月を乗り切ることができますように。9月も、猛暑は続きそう・・・・・もしかしたら、1年の内で 9月が、1番きつい月かもしれませんね特に、中高年にとっては・・・・ 私も、へばらないように 頑張りますみなさまも、手を抜き 気を抜きつつ暑 [続きを読む]
  • 今年後半は・・・
  • 今年の夏休みは 長い・・・・11日から16日の6日間あります。「山の日」というわけのわからん祭日ができたのでこんなに長くなりました・・・お正月休みと同じだまぁ、喜ぶべきなんでしょうが、お盆明けからが、またまたきついのよねぇ・・・・身体も心も、楽な方へ楽なほうへと なびいていくものでね しかし そうも言ってはいられない9月16日に、本郷3丁目の「名曲喫茶カデンツァ」にて、声楽の小さな発表会があります。 ホ [続きを読む]
  • 体操せねば・・・
  •  齢65歳直前ともなりますと身体のあちらこちらがきしみ始めます「年だから」などと言って何もせずにいると、きしみ、ゆがみ、ずれて小汚い婆さんの出来上がりとなりますいやだよぅ、そんなの・・・まだまだ お洒落だってしたいし歌も、後10年は歌うつもり  それで、どうするかって?地味に、ストレッチやら筋トレするしかないでしょう。田舎住まいなので、洒落たジムなどもなく水泳のコーチが教えてくれる体操を参考にしつ [続きを読む]
  • 暗譜せねば・・・・
  •  声楽を習っている以上暗譜は必須ですこれは、練習すればするほど、実感いたします まず暗譜できていないと、目線が下がってしまいますそうすると、声が遠くにとばず喉に頼る発声となり、音程もぐらつきいや〜な、ビブラートもかかりがち。表情筋も動かず、顔が暗〜くなります・・・・こんなんで、人様にお聴かせする歌が、歌えるかってぇの何が何でも、暗譜せねばならないわけです、人様の前で、歌いたいのであれば  教えてい [続きを読む]
  • 嗚呼、真夏・真夏・・・・
  • 夏休みを待ち焦がれていた頃から、軽く半世紀が過ぎ65歳直前の今、夏の来る頃は、いつも不安に襲われます今年の夏は、無事に越えらるだろうか・・・・年を追うごとに、夏がしんどく感じられます。また、日本の夏は、過酷さを増すばかりエアコンなしでは、過ごせないほどになってきている・・・・もはや、うちわであおいで、何とかなるレベルではない本当に 暑っついのであります しかし、勤務形態は、私たちが子供の頃からちっ [続きを読む]
  • チャンスは、自ら作れない?
  •  一度、チャンスを逸してしまうと二度と 同じチャンスはめぐってこない・・・・可能性大なので、やっとめぐってきたチャンスには、しゃにむにでも乗ったほうがいいというのが、私の苦い経験から得た真理(?)です。  だとしたら、自らチャンスを生み出せばよいのではないか?次から次へとチャンスを生み出せばひとつぐらいつかみ損ねたところで、どうということはないしかし、これはどうもNOのようです。 チャンスを自ら作り [続きを読む]
  • あらためて、声の出し方を・・・
  • 歌うを歌うと、いやぁ〜なビブラートが たくさんかかってしまいますよく、クラッシックな歌い方を、軽侮するときにみんなが真似するあの歌い方です実際には、あんな歌い方では、とうとていクラシックは歌えないんですがね どうやったら、ビブラートがとれるものだか 思案にくれておりましたが先生から「声を遠くにとばすように」と言われ心がけるようにしたらああら、不思議あのいや〜なビブラートが、あまえりかからなくなった [続きを読む]
  • 空回りの時期・・・
  •  何だか、物事が停滞している時ってありませんか?動きたい気満々なんだけれど、物事が思うように進んでいかない・・・・もどかしくもあり、焦燥感にかられる日々まぁ、年がら年中、物事がスムーズに進む人などこの世に存在しないわけですが・・・・ それは、スポーツ選手や、芸能人を見ているとよくわかります。ーあっ、空回りしているなぁーという時期が必ずありますしかし、問題は「空回り」の後そのまま、鳴かず飛ばずで、沈 [続きを読む]
  • 嗚呼、暑い・・・怖い・・・
  •  や や やっ・・・・夏が来ちまったではないかぁちょっと早すぎないかい?いやぁ、最近はこんなもんかな・・・台風も一緒に来たりして台風到来の、標準的時期を忘れてしまった・・・確か、6月は梅雨入りだけで台風は来なかったような気がしたけれど・・・梅雨と台風が一緒にきてしまったのでは、本当にたまらない日本中、あちらこちらで災害がおこりませんように・・・ 「猛暑「酷暑」という言葉が飛び交う日常だけれど夏はこ [続きを読む]
  • さて、いよいよ7月です・・・
  •  2017年も いよいよ後半戦に入ってしまいましたあっという間の半年でしたねぇ・・・・まだ、反省する余裕とてないけれどこれから、3か月暑いと思うと、ちょっと憂鬱です。夏の到来を楽しみに 待っていたのはいつ頃までだったかしらん?それさえ、おぼろげなほどの 遠い昔であります 歌の練習だけは、飽きずに毎日してきたので3月の締めの会・6月の発表会ともにそれほど破たんせずに まぁまぁの出来となりました 高音 [続きを読む]
  • 色々 大変な世代です・・・・
  •  最近、私の周りでは、ご両親 死去のお知らせや本人及び夫の体調不良のお知らせが多いです。声楽の発表会の際にもお父様を亡くされた友人・お母さまをなくされた友人帯状疱疹が出てしまった友人酔っ払って、自転車で転倒して肋骨を折ってしまった男友達お母さまの介護で家を空けられない友人とみなさん、色々大変そうです 介護とほぼ並行して、「孫のお守り」という役目が出てきます。お嫁さん世代は、正規に働いている人が多い [続きを読む]