神戸の茶碗屋 さん プロフィール

  •  
神戸の茶碗屋さん: 陶芸の技法とレシピ 第3章
ハンドル名神戸の茶碗屋 さん
ブログタイトル陶芸の技法とレシピ 第3章
ブログURLhttps://tyawannya.exblog.jp/
サイト紹介文作陶に関する技法や、ちょっとしたアイデアや釉薬の調合レシピなんかを、思いつくままに記して行きます
自由文プロの茶碗屋としての技術と知識をお伝えします。
釉薬調合なども公開。
陶芸の技法とレシピもいよいよ第3章です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/04/17 13:20

神戸の茶碗屋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゆめや 三宮個展
  • 日付は変わりましたが、三宮での個展始まりました。教室の生徒さんとそのお友達とが僕の高校の先輩と同席してお茶するとか、子供の担任との久しぶりの再会とか、いろいろ出会いも楽しんでいます。 [続きを読む]
  • 三宮で個展のお知らせ
  • 3月3日から7日まで、三宮のゆめやさんで個展します。センター街の一筋南、三宮本通り、無印の向、食器屋さんのさのやの二階。さのやで売っていそうな普通の食器ばかり並べます。呑みに行きたい人は5時前に来てくださいね。 [続きを読む]
  • 色化粧テスト いろいろ
  • 暑い日々が続いて、同業者の皆様は頑張っておられるようですが、窯を焚く気力も頭髪同様失われますが、夏休みの課題で作った子供たちの作品を焼くために窯を焚きました。ついでに、色化粧のテストもしました。まず、黄土化粧。以前入手していた中国黄土が、業者さんから入手できないと言われたため、美濃黄土(中国黄土より粒子が粗く、鉄分も少ない)でテスト。天草陶石と蛙目粘土等料の白化粧ベースに美... [続きを読む]
  • 色ガラス
  • 教室の生徒さんの作品。白土でタタラで延ばして一部彫り込んで、粉ガラスと長石が主成分のガラス釉を掛けて、沖縄で買って来た色ガラスのカケラを置いて酸化の窯で焼きました。オレンジ色、赤系の色が飛んでしまいました。 [続きを読む]
  • 虹彩天目釉大鉢
  • ろくろで丸く作って一部凹ませて、虹彩天目釉を全体に掛けて、縁にわら白釉を乗せて酸化の窯で焼きました。虹彩天目釉福島長石 35炭酸バリウム 25カオリン 10珪石 45マンガン 30マンガンがたっぷりの釉薬なので、単体では金属光沢質の黒い発色ですが、わら白釉が重なるとむらさきの流れがでます。還元で焼いたらどう変わるか、今度テストしてみよう。 [続きを読む]
  • 手形皿
  • 次男の姪(予定)の手形皿作りました。目の前で皿をロクロ引きして、直後に手形押し付けます。素焼き後、手形足形を撥水剤で抜いて釉薬掛けます。 [続きを読む]
  • 炭化 再び
  • 教室の会員さんに、黒くて光らない様に焼きたい、と相談されて、うちの黒マット釉では、マットと言いながら艶消しでは無いし、油滴天目釉の還元も、金属光沢が出て、多分作者の希望には沿わないだろう、と想像して、炭化をお勧めしました。窯の中の高さの関係で、底なしのさやを選びました。棚板の上にさやを置いて、籾殻を敷き詰めた上に作品を置きます。炭を置いてその上から更に籾殻を入れます。... [続きを読む]
  • 炭化発掘
  • 教室の会員さんの作品。匣鉢に籾殻、藁、炭、貝殻で作品を覆い、密閉はせず、空気入れながら還元焼成で焼きました。空気との触れ方の違いや、貝殻や炭との距離で色々な表情がでます。一個一個発掘しながら器の表情を確認しながらその表情の出た条件を確認するのでなかなか作業が進みません。今回は匣鉢から溢れんばかりにてんこ盛りしたため、重くて窯詰めがし難かったのと、籾殻が崩れて来て溢れそうになっ... [続きを読む]
  • 色ガラス
  • 教室の会員さんの作品で、色ガラスの破片を置いた作品が焼きあがったのでアップします。ベースになる釉薬、多分ガラス釉ですが、も熔けて、その上、ガラス破片も熔けて混ざり合って、面積が広がりました。 [続きを読む]
  • アメリカからのお客様
  • 僕のいとこの配偶者がアメリカンで、彼の母親と姉がフロリダから来ていて、本日いとこ一家と作陶体験に来てくれました。一緒にピザ作って、陶芸楽しんで行きました。ちなみに、僕がピザ作ったらあれこれ具を盛りだくさんにしますが、アメリカンの方の好みと、ピザソースとチーズ以外はサラミだけ、というのを所望されて、なんか納得しました。 [続きを読む]
  • 重曹
  • 教室の方が秋刀魚皿に重曹振りかけて、焼いてみました。生地が出てる部分は重曹を溶いた溶液をぬって、重曹の粉末を盛り上げ。信楽のカネリの赤一号、還元焼成。いい感じに焼けました。水溶液の影響は余り出なかったので、もう少し濃く塗ってもよかったかも。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …