josetangel さん プロフィール

  •  
josetangelさん: Nat Fade Away- ANGEL News
ハンドル名josetangel さん
ブログタイトルNat Fade Away- ANGEL News
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/notfadeaway/
サイト紹介文海外ドラマ「エンジェル」「BONES(ボーンズ)」を中心に海外ドラマ情報を集めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/04/22 09:46

josetangel さんのブログ記事

  • BONES 12-12 「永遠のパートナー」
  • ついにシリーズ・フィナーレ。12年分の思い出がたくさんつまった、ファンのためのラストエピソードでした。(感涙)監督はもちろんDBで、それぞれのキャラクターをブレることなく描き、見事に締めくくったと思います。続きを読む [続きを読む]
  • BONES 12-11 「宴の後」
  • いよいよ、シリーズフィナーレの始まりですね。(涙)懐かしいゲストも顔を出して全員集合とは行きませんでしたが、12シーズンを締めくくるのにふさわしい豪華さです。パーティの場面は、もしかするとスタッフや関係者も客として顔を出していたのではないかと思いました。そのままお別れパーティ、打ち上げパーティになだれ込むような雰囲気でしたね。でも、エピソードのスタイルはこれまでにない、ちょっと凝った演出でした。続 [続きを読む]
  • BONES 12-10 「降ってきた遺体」
  • B級映画がテーマだったかも知れませんが、最後はしんみりして感慨深く終わりましたね。誰もが今やっている仕事が好きで満足だという事はないでしょう。中にはそういう人もいるかも知れないが、裕福だったらもうこの仕事はしないというのは判ります。ウェンデルとブレナンの会話には、これが人生の転機なのかなあと思いました。ウェンデルはブレナンという指導者に恵まれて幸せですね。続きを読む [続きを読む]
  • BONES 12-9 「ゴルモゴンの元弟子」
  • とっても正直で丁寧な邦題ですね。(笑)最終シーズンは本当に、毎回豪華なゲストでうきうきします。ゴードン・ゴードンも長く再登場が待たれたサブキャラクターですが、やっと顔をみせてくれました。イギリスを意識したギャグやおふざけが懐かしいです。この前出演したのはシーズン5だから、B&Bの関係がどうなるのか、やきもきさせられていた頃でした。あれからいろいろありましたね。後、キャストの家族もゲスト出演していました [続きを読む]
  • BONES 12-8 「父との別れ」
  • 前話がこの邦題だったら暴れます。(笑)昨日まで当たり前のようにそこにいた人が急にいなくなったという経験は、個人的にもありますので、共感するシーンが多かったです。悲しんでいる暇なく、葬儀だ、役所の手続きだと畳み掛けてくるのですよね。冷蔵庫の中に食べかけのものが残っていたり、とかも、あるあるです。この場に及んでベテランの夫婦であるB&Bの間に、微妙な感情のズレがあったり、どちらの気持ちも判るなあと思って [続きを読む]
  • BONES 12-6 「血塗られたチェーンソー」
  • シーズン前に話題となっていた「ランバージャック」のエピソードですね。日本では林業振興のためのイベントがあるのかもしれませんが、アメリカではスポーツ扱いで、男たちは熱く盛り上がるという。砲丸投げの選手みたいな大男がチェーンソーや斧を振り回す姿が想像されますが、誰でもチェーンソーを持つとテンションが上がるのは、何となく理解できます。これ、なぜお楽しみ潜入エピソードにしなかったのだろう。(笑)続きを読む [続きを読む]
  • BONES 12-5 「家庭教師の真実」
  • 冒頭シーンは本編とは無関係の事が多いですね。「BONES」というタイトルが一文字違うとニヤリとする意味になる、というのは、うちわで盛り上がりそうな事ですね。きっといつかはこのネタをやってみようと言う事だったのか。クラスにボーナー君がいたら、きっとからかわれるのでしょうね。かわいそうに。死んだはずのアンディ捜査官が強引に復活していたり、ブレナンがノースウェスタン大の出身だとか、細々とネタを入れてきました [続きを読む]
  • BONES 12-4「復讐の始まり」
  • 「始まる」というのは、ファイナルシーズンでの連続ストーリーの事ですね。このブースの過去に根ざすストーリーは確かにまだ完結していませんでした。DBが契約更新の時に興味を持ったのは、これではなかったのかなと想像します。シーズン1の「英雄の秘密」の記事を読み返して、私も熱かったなとちょっと恥ずかしくなりました。(笑)続きを読む [続きを読む]
  • BONES 12-3 「老兵は死なず」
  • エミー賞受賞のベテランをゲストに迎えた回で、さすがにゲストの存在感を楽しませてもらいました。ドラマでは結構年寄りをいじって笑いを取りますが、彼らも負けていはいません。今回関しては邦題はすごく良いですね。老人ホームでそれぞれの人生を終えようとしているお年寄りの誇りというのか、敬意を払われるべきという感じがしました。元となったことわざは、「年老いた犬には新しい芸を教えることはできない」→「その人の習慣 [続きを読む]
  • BONES 12-2 「人工知能革命」
  • ゆるっとして、お間抜けでいつものBONESに戻りましたが、キャラクター関係はやはり最後を意識したものでしたね。デイジーも最初から出ていたわけではありませんが、彼女の人生も山あり谷ありで、役者さん本人も途中で出産したりと長寿番組ならではの体験をされたでしょう。B&Bのテーマ曲、フォリナーの「Hot Blooded」も流れて原点回帰かな。冒頭のドッグショーは何で森の中で開催されるのでしょうね。ちゃんと躾けられている犬な [続きを読む]
  • BONES 12-1 「懐かしい狂気」
  • シリーズフィナーレ、クリフハンガーの後編。ついに本当の終わりがやってきましたね。すでに最後までご覧になった方も多いでしょうが、こうして放送を見て感想を書くという12年間の終わりを迎えるのは個人的に感慨深いです。FOXさんもサービスなのか、字幕と吹き替えの両方を同時に放送して下さって、しかも同じ打ち切り組でクロスオーバーした「スリーピー・ホロウ」と連続の放送とは。(笑)まあ、シーズン12はファンのためのも [続きを読む]
  • BONESファイナルシーズン、9月12日から
  • みなさまはもう、ご覧になったでしょうか。FOXでの最終シーズン放送は、9月12日(火) 22:00 スタートで、字幕と二ヶ国語を両方放送します。いよいよですね。12年にわたって愛されたシリーズが幕を下ろします。FOXさんで特番なども、放送してもらえるとうれしいですね。ニ:毎週(火) 22:00-23:00字:毎週(火) 24:00-25:00リピート:二:毎週(日) 9:30-10:30、25:00-26:00、翌(火) 14:00-15:00字:毎週(水) 16:25-17:30、(金) 8:30-9: [続きを読む]
  • BONES The Final Chapter DVD届きました
  • 今回は国内版よりも先にUS版をゲットできました。(笑)すでに字幕のデジタル配信が始まっているので、最終話までご覧になった方も多いと思います。(吹替版は日本版DVDの発売日と同時7月14日から)おそらく同じ内容だと思いますが、DVD独自の特典は、12シーズンを振り返る制作陣とキャストのインタビューとギャグリール程度で、いつもながらあっさりしていました。でも、始まった頃のキャストの姿を見ると「みんな若かったなあ〜 [続きを読む]
  • DBの新ドラマ「Seal Team」パイロットのトレーラー
  • この秋のCBSの新ドラマにDBが主演する「Seal Tem」が加わります。今のところ水曜日のタイムスロットに入っていて、5分もあるトレーラーを見た限り、良い感じ。(笑)完全にDB主役のドラマになっている事に感慨を覚えます。何せ、もう20年近く彼を見てきたので。新ドラマではブースの良い部分を取って、別のキャラクターがもう出来上がったように見えました。今年の3月〜4月にかけて、ニューオーリンズで撮影したみたいですね。(フ [続きを読む]
  • BONESファイナルシーズンDVD発売
  • アマゾンで、シーズン12の予約が始まりましたね。発売日は7月14日ということですが、ということはFOXの放送もその辺になるのでしょうか。併せて、コンプリートDVD BOXも発売で、どちらも初回生産分についてはメモリアルリーフレットが特典として着いています。私がいつも買うUS版が6月13日の発売になっていますが、また他にもバージョンがあるようでしたら、探してみます。BONES ―骨は語る― ファイナル・シーズン DVDコ [続きを読む]
  • DB CBSの新作ドラマ・パイロットに主演決定
  • まだタイトルは決まっていませんが、エリート・ネイビーシールズの生活を描くCBSのドラマのパイロットにBONESを終えたばかりのDBが決まったそうです。TV Line元はと言うと「パーソン・オブ・インタレスト」のジム・カヴィーゼルが決まっていたそうですが、クリエイティブの相違からジムが降りたらしい。DBの役は戦闘経験豊富な尊敬を集める特殊急襲部隊のリーダー、ジェイソンだそう。なんか、ブースをそのまま持っていったような [続きを読む]
  • BONES 11-22 「懐かしい悪夢」
  • シーズンフィナーレ。新たなシリアルキラーの本性とは?前回と同じく、必要以上にホラー調で気味悪く、出るぞ出るぞと脅かしてきますね。でも、さすがに冒頭は素直にドキッとしました。監督はDBで演出がわかりやすい。(笑)人形劇のシーンは、よく似たエピソードが「ANGEL」にあったなあと思いました。そもそも「彼」を出すためのエピソードなのでしょうね、たくさんのヒントがあって、長年見ているファンならばすぐにわかります [続きを読む]
  • BONES 11-21 「海を渡った宝石泥棒」
  • ついに、残り2話となりました。4月からのFOXの予定を見ると、シーズン11の吹替版を放送するようなので、ファイナルシーズンを続きで見られるかなという願望は打ち砕かれました。ということは、例年のように10月に始まるのかなあ。DVDも11月ころでしょうか。本国では3月中にシリーズフィナーレが放送されますので、タイムラグがあるのは悲しいです。宝石泥棒がテーマなので、やたら映画ネタがありました。ブースの「ケーリ [続きを読む]
  • BONES 11-20「容疑者となったスクインツ」
  • 原題は韻を踏んだのか、おふざけ的な感じですが、歴史的な人物を捜査して歴史を書き換えるという、考古学者にとっては美味しい事件ですね。しかも、クラークがジェファソニアンに来る前の事も描かれるし、まとまって意味あるエピソードだったと思います。残念だったのは、フェリシア役の女優さんが交代していたこと。まあ、シーズン3以来ですから、みんな覚えていないか。ミシェル役も交代しましたしね。続きを読む [続きを読む]
  • BONES 11-19「アスリートの抱える闇」
  • ホジンスたちのおふざけが甚だしくて、とても、邦題と内容が結びつきません。こういう笑いがBONESらしさだとしても、メインじゃないところで弾けすぎた感じ。ブースがアイスホッケーが得意だということはシーズン4のエピソードでもありましたが(あれこそ心の闇が触れられていた)、今回は言うまでもなく、DBの個人的な側面で、ご贔屓のフライヤーズのユニフォームを着てご満悦でした。実名で出演していたジェレミー・ローニック [続きを読む]
  • BONES 11-18「アメリカの横顔」
  • これ、タイトルをなぜ「ジェファソニアンの横顔」とか、「潜入!法医学ラボ」とかにしなかったんだろう。ドキュメンタリータッチのエピソードというよりも、BONESをリアリティショーにしたような演出でしたね。「これは『全米警察24時 コップス』の撮影か?」というセリフもありましたね。ダイナーの客の顔に、わざわざぼかしを入れていたのはご愛嬌です。とにかく、過去11シーズンを振り返った回でした。続きを読む [続きを読む]
  • BONES 11-17「命懸けの忠誠」
  • 久しぶり登場のフィッシャーくんこと、ジョエル・デイヴィッド・ムーアは、「Forver」に出演していましたが、そちらが打ち切りになったので、戻ってきたのでしょうね。誰かみたいに殺されていなくてよかった。(笑)続きを読む [続きを読む]
  • BONES 11-16 「アカペラは死の匂い」
  • ゲストのシンガーたちの中で、3名はペンタトニックスのメンバーですね。大学レベルのパフォーマンスを超えているのも当然です。昨年来日していたらしいですね。そんなことならFOXさんももっと宣伝すれば良かったのに。(笑)ペンタトニックス(最強盤) [CD]ペンタトニックスSMJ2016-07-27続きを読む [続きを読む]
  • BONES 11-15「フィクサーの死」
  • ブレナンはオールAではなく、オールEが優れていると言っていますが、私は逆に脳天気に良い方に解釈している親ばかエピソードなのかと思ってしまいました。Aの上、Excellentということかな。ブースが立場を利用して、ねつ造問題をもみ消そうとしていたのが「オイオイ」と言いたくなります。ところで、カレン・デルフス捜査官、annoyingなだけでなく、妙にオーブリーに絡むので、感じ悪いです。(笑)しかも、ジェファソニアンのメン [続きを読む]