町の知財屋 さん プロフィール

  •  
町の知財屋さん: 東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」
ハンドル名町の知財屋 さん
ブログタイトル東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/patent123/
サイト紹介文日々、特許やその他の知財、技術について想うところを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 42日(平均1.0回/週) - 参加 2008/04/23 22:36

町の知財屋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 社会的距離を自動判定?
  • ユーザに関する情報を基にした情報をユーザに示すリコメンデーションアプリなどを利用するユーザにとって、サービスに対する親近感(心の距離感)などを意味する「社会的距離」が遠いアプリケーションに対して、嫌悪感をもちます。 このため、ユーザとアプリケーションとの社会的距離に合った情報を提供できるようにすることが好ましいということで、 コンピュータを有する社会的距離判断装置であって、 ユーザがアプリケーション [続きを読む]
  • 商品提案ビジネス
  • 位置情報や気象に関する情報に対応して商品提案を行うことができる発明が権利化されました。【請求項1】 地域別の気象予報情報と、携帯電話ごとの位置情報を受信する通信部と、 気象予報情報データベースと、第1テーブルと、第2テーブルを記録する記録部とを備えた商品提案サーバーであって、 前記気象予報情報データベースは、前記地域別の気象予報情報であり、 前記第1テーブルは、前記地域別に、指定領域と、案内条件と [続きを読む]
  • 商品情報取得システム
  • 商品の陳列状況が商品の販売に影響するため,店舗の陳列状況を把握,確認することができるシステムの特許発明がありました(特許6425278号)。【請求項1】 陳列されている商品の情報を取得する商品情報取得システムであって, 前記商品情報取得システムは, 店舗における商品の陳列状態が撮影された陳列棚画像情報または前記陳列棚画像情報に対する補正処理をした補正後画像情報について画像解析処理を実行する陳列棚画像情報 [続きを読む]
  • 相乗り料金計算プログラム
  • 先週特許公報が発行されたビジネスモデルをご紹介いたします。【請求項1】 コンピュータに、 利用距離及び利用時間の少なくとも一方に応じて利用料金が定まる旅客輸送サービスを、降車地が異なり得る複数利用者が車両に相乗りして利用する場合における前記複数利用者それぞれの支払額を計算する処理を実行させる相乗り料金計算プログラムであって、 前記複数利用者のうちの少なくとも一人である特定利用者が降車する場合に、 [続きを読む]
  • スクーバダイビングの価格設定を行うシステム
  • 先週特許公報が発行されたビジネスモデルをご紹介いたします。【請求項1】 スクーバダイビングにおいて、あらかじめ定められた回数のスクールで使用される器材の使用価格を設定する価格設定システムであって、 前記スクールの受講者情報と、前記スクールの受講履歴および前記受講者による前記器材の購入状況とを対応付けて記憶する記憶部と、 前記スクールの受講者から前記器材の購入解約の申請を受け付ける受付部と、 前記記 [続きを読む]
  • ボトルキープを促進させるモデルの特許が成立
  • 先週特許公報が発行されたビジネスモデルをご紹介いたします。【請求項1】 店舗での飲食のための酒類をボトル単位で販売するボトルキープ制を採用する食品販売形態で実施されるものであって、店は複数の店舗と各店舗を統括する本部とで組織され、店の各店舗には酒類の販売を受付ける店舗コンピュータが設置され、店の本部には店舗コンピュータにコンピュータネットワークを介して接続され店舗コンピュータに客へ提供される食品を [続きを読む]
  • 過去の記事 …