(雑)学者 さん プロフィール

  •  
(雑)学者さん: 聞こえるように独り言
ハンドル名(雑)学者 さん
ブログタイトル聞こえるように独り言
ブログURLhttp://yukata-diary.seesaa.net
サイト紹介文元気再生工場・24時間操業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/04/26 12:26

(雑)学者 さんのブログ記事

  • 風力発電、風車を凧にして空高く揚げる方法は絵空事か
  • '19年1月17日(木)[地球温暖化] ブログ村キーワード米国の環境保護活動家カール・ポープ氏に聞く。地球温暖化防止のパリ協定に従い、私たちは気温上昇を2度未満に抑えるため、今世紀後半に温室効果ガスの排出量を吸収量との差し引きでゼロにしなくてはならない。2050年の世界を思い浮かべてみよう。世界の経済規模は今の何倍にもなっているだろう。その経済を支えるエネルギーを賄うために今と同じ調子で化石燃料を燃やしていたら [続きを読む]
  • iPS細胞vs.がん細胞という治療法の時代がやってくる
  • '19年1月16日(水)[iPS細胞] ブログ村キーワード人の様々な細胞や組織へと分化するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた病気治療の研究が活気付いている。開発の当初から期待されてきた再生医療にとどまらず、がん治療などにも幅が広がっている。実用化へ、正念場に差しかかったと言えよう。有用性をしっかりと見極めたい。iPS細胞による国内初のがん治療に挑むのは、理化学研究所と千葉大病院だ。臨床試験(治験)を年内にもスタ [続きを読む]
  • 寒中に進む耳目という情報収集器官の衰えを改善する
  • '19年1月15日(火)[耳鳴り] ブログ村キーワード◎耳鳴り・難聴電話や会話が聞こえにくい、耳鳴りが止まらないといった耳の不調。齢をとれば仕方ないと諦め、ほったらかしにしてはいないだろか?耳鳴りや難聴の主な原因と考えられているのが、次の3つである。①血のめぐりが悪い 齢をとって血のめぐりが 悪くなると、耳の奥まで 血が行き届かなくなり、 耳の各器官が正常に働く ための酸素や栄養が 不足し、耳の働きが悪く  [続きを読む]
  • 韓国は日韓関係がよくない方が政権運営はやりやすい
  • '19年1月14日(月)[日韓関係] ブログ村キーワード日韓関係の悪化は、底が見えない。にもかかわらず、韓国の文在寅大統領はなぜ、無関心を貫けるのか。文氏は、10日の年頭記者会見の30分にわたる冒頭演説で日本に一言も触れなかった。一問一答で日本の記者が徴用工について質問すると、「あなたの後ろの人を 指名したのだが」とぼやいた。徴用工訴訟、慰安婦財団の解散、韓国海軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射という懸 [続きを読む]
  • めぼしい成果のない政権は有権者の声ばかり気にする
  • '19年1月13日(日)[最高裁判所] ブログ村キーワードその詩は<ちきゅうぎを見て>と題する。6歳の男の子が書いた。隣の国とごたごたすると、思い出す◆<ママ/アメリカは/ カナダのとなりだからさ/ 「カナダくん あそぼ」って いってさ/ニッポンは/ 中国のとなりだから/ 「中国くん あそぼ」って いったらいいのにね>(川崎洋編 『おひさまのかけら』 中央公論新社)。幼心にもニュースの言葉が飛び込むのだろう◆ [続きを読む]
  • 経済の流れが世界規模で淀みかねない米中の貿易戦争
  • ’19年1月12日(土)[先端技術] ブログ村キーワード米国が先端技術の国外流出に幅広く網をかける。安全保障を目的とする国防権限法に基づき、人工知能(AI)やロボットなど先端技術に関して輸出と投資の両面で規制を大幅に強める見通しとなったためだ。将来の技術覇権を狙う中国を念頭に置くが、規制の対象国に線引きはなく、米中両国で取引がある日本企業も対象になる。日本政府は米政府に情報提供を求める方針だ。米国の規制強化 [続きを読む]
  • カエルの合唱に学ぶスマホの電波障害を防ぐ技術
  • '19年1月11日(金)[かえるの合唱] ブログ村キーワード童謡『かえるの合唱』は「ドイツ民謡」と紹介されることが多い。昭和の初め、東京都町田市の玉川学園にスイスの教育学者が訪れたおり、伝えたといわれる◆幼稚園や小学校で輪唱に加わった思い出のある方は多いことだろう。♪かえるのうたが きこえてくるよ  クヮ クヮ クヮ クヮ・・・。きのう(9日)の夕刊(東京版)の記事を読んだとき、なるほどと思った。どうやらこの歌を [続きを読む]
  • すべての人間は恥をかくために生まれてきたものだ
  • '19年1月9日(水)[夏目漱石] ブログ村キーワード夏目漱石は一高(現東大教養学部)への進学前、予備門時代に落第を経験した。それが真面目になる転機になったと随筆に書いている◆<僕の一身にとって  この落第は薬になった  ・・・そのとき落第せず、  ただごまかしてばかり  通って来たら今頃は  どんな者になっていたか  知れない>(「落第」)。漱石の一高時代の成績を記す教員の手帳が福井県で見つかり、上位の成 [続きを読む]
  • 英才も普通の子もふさわしい育て方がある
  • '19年1月8日(火)[幼児教育] ブログ村キーワードソニーの創業者、井深大(まさる)さんは、幼児教育の研究者としても知られていた。著書の『幼稚園では遅すぎる』に、親友だったポンダの創業者、本田宗一郎さんから聞いた幼い頃のエピソードを記している▼家の近くに精米所があり、パンパンとなる発動機の音が面白く、石油の排気の臭いにも親しんだ。オートバイ好きになった原因はこの体験かもしれないという。幼児にとって周囲の [続きを読む]
  • 野生動物による実効支配が始まった人口減少のわが国
  • '19年1月7日(月)[イノシシ] ブログ村キーワード神戸に住む同僚のスマホには、県警から注意喚起のメールが頻繁に届く。不審者や痴漢に交じって存外に多いのがイノシシの目撃情報らしい◆六甲山系が住宅街近くまで迫り、餌を求め悠然と歩いている。餌付けを禁止した条例さえあって、違反すれば氏名公表に至る場合もあるとか◆こと神戸に限らずイノシシは急増している。2016年度、狩猟や駆除による捕獲数は62万頭で、11年度より20万 [続きを読む]
  • 元号は国民の指針、俯く顔が上を向く新元号になる
  • '19年1月6日(日)[元号] ブログ村キーワード「初めに言(ことば)が あった」。新約聖書のヨハネ福音書がこの一文で始まることは、知る人もおられるだろう。詩文の最初の一行のようで、次にどう続くのか知りたくなる力がある◆日本聖書協会が『聖書』を31年ぶりにゼロから翻訳し直して刊行した。昭和の末に出た新共同訳は、カトリックとプロテスタントが対立を乗り越え、共同で全巻翻訳した点で画期的だった。新訳もまた、両者の [続きを読む]
  • 箱根駅伝超高速化、速さと強さ追求のたまもの
  • ’19年1月5日(土)[箱根駅伝] ブログ村キーワード第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は3日、神奈川・箱根町―東京・大手町の復路5区間109.6?が行われ、東海大が往路2位から逆転して初の総合優勝を果たした。前日の往路と合わせた総合記録(10区間217.1?)の10時間52分9秒は、昨年の青学大が出した大会記録を5分30秒も更新した。往路で6位と出遅れた青学大は5年連続の復路優勝で追い上げたが3分41秒差の2位にとどまっ [続きを読む]
  • 不死鳥の如く、追い込まれたときの心がけ
  • '19年1月3日(木)[福島県] ブログ村キーワード 『不死鳥の如(ごと)く』。福島県飯舘村の農家、菅野宗夫さん(67)から先日もらった純米酒だ。初めて聞く銘柄なのは当然。「村で取れたコメを原料に、 今春世に出たばかり」と言う。福島第1原発事故から再起した村の思いを込め、売り出そうとしている▼菅野さんは同村佐須の区長。原発事故以来、隣町の避難先から自宅に通い、農業再生に取り組んだ。首都圏の研究者やサラリーマ [続きを読む]
  • 初夢は新元号の時代の幸せか、それとも挑戦か
  • '19年1月2日(水)[おせち料理] ブログ村キーワード平穏なお正月を、と何日か前の当欄で書いた。元日のきょう(1日)、おせち料理を家庭で囲み、大過なくすごす新年になるよう願う方は多かろう◆成就するといい。詩人・石垣りんさんの『新年の食卓』という作品から意表をつかれる一節を引く。<家族そろって顔を合わせ/ おめでとう、と挨拶したら /そこであなたは/どこから おいでになりましたか、と/ /尋ねあうのも良い [続きを読む]
  • 年明けを待っていた世界平和への動きが活発化する
  • '19年1月1日(火)[電話会談] ブログ村キーワードトランプ米大統領と中国の習近平国家主席は(12月)29日、電話会談を行った。米中の貿易摩擦が世界経済の懸念材料になる中、両首脳は関係改善に向け、協議を促進することで一致した。中国の国営新華社通信によると、トランプ氏は、「米中関係はとても重要で、 私は習氏との良好な 関係を重視している」と述べた。習氏も「双方が歩み寄り、 ウィンウィンの (双方に利益のある) [続きを読む]
  • 一年の計を立てるに当たり考えるべきこと
  • '18年12月31日(月)[運命] ブログ村キーワード人は誰も、ひとりでは生きていけない。わたしもミーティングで選手たちにそういい続けながら、その意味について自分自身に問い続けてきた。自分がほかの人によって生かされていることに気づいたとき、人のためになにかができる人間になる。人のためになにかができる人間になったとき、人の気持ちがわかるようになる。人の気持ちがわかるようになったとき、わたしたちは人との縁や運を [続きを読む]
  • レーダー照射は国民の反日の鬱憤を晴らすためなのか
  • '18年12月30日(日)[レーダー] ブログ村キーワードパソコンの文書ソフトがときに、偶然の誤変換でだじゃれの名人になることは前にも書いた。こんな例もある。ちょっとウトウトしちゃった→ちょっと撃とうとしちゃった◆韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機にミサイル誘導に使うレーダーを照射した問題で、防衛省は哨戒機が撮影した証拠映像を公開した。韓国側は否定しているが、見る人が見れば分かるのだろう◆映像では駆逐艦の [続きを読む]
  • 正月料理から和食がなくなる食文化の変容
  • '18年12月29日(土)[和食] ブログ村キーワード日本の伝統的食文化として「和食」が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されて今月で5年の節目を迎えた。海外での知名度は高まったものの、国内の日本料理店は後継者難などで減少、家庭の食卓でも敬遠されている。背景に暮らし方の変化もあり、時代に即した継承を模索する動きが広がる。金沢市の料亭「つる幸」は11月末、半世紀に及ぶ店の歴史に幕を下ろした [続きを読む]
  • 褒めて育てる教育には反対するという意見もある
  • '18年12月28日(金)[叱られる] ブログ村キーワード叱られることに慣れていない子どもが大人になり、社会に出たらどうなるだろうか。ちょっとした苦難に遭遇しただけで心が折れ、褒めてくれる誰かが現れるまで社会から逃避し続けるのではないかと心配になる。それでは、そういう子どもはなぜ叱られないのか。親や教師が褒めるばかりで少しも叱らないのは、子どもに反抗されるのが怖いからではないかという気がする。わたしも褒める [続きを読む]
  • 年末年始を海外で過ごそうとする人の参考になればと
  • '18年12月27日(木)[シンガポール] ブログ村キーワード戌年も終わろうという年の瀬、野良犬にかまれた。週末の昼、自宅前の公園をジョギング中、茂みから急に出てきた4匹にほえ立てられて囲まれ、すねをガブっとやられた。他の人たちにも襲いかかっていたので通報した。40分後に到着した警察官2人に、茂みの中でほえ続ける4匹を引き継いだ。あんなに体格の良い野良犬に出くわしたのは初めてだ。歯形の傷口は浅いが、血が流れてい [続きを読む]
  • 日本人よ、君たちはどうして神仏を信じないのか
  • '18年12月26日(水)[宗教] ブログ村キーワード約十年前、著名なベルギーの法学者、故ラヴレー氏の家で歓待を受けて数日を過ごしたことがある。ある日の散策中、私たちの会話が宗教の話題に及んだ。「あなたがたの学校では 宗教教育というものが ない、とおっしゃるの ですか」とこの高名な学者がたずねられた。私が、「ありません」という返事をすると、氏は驚きのあまり突然歩みをとめられた。そして容易に忘れがたい声で、「 [続きを読む]
  • 負けて覚える相撲かな、将棋も同じらしい
  • '18年12月25日(火)[名人] ブログ村キーワード昭和最強の将棋棋士、大山康晴15世名人と作家の故井伏鱒二さんの家は隣同士だった。大山さんは勝負を家庭に持ち込まなかった。敗因を分析し、自分を納得させてから家に入った。ただ、井伏さんは深夜に帰宅する大山さんの足音で「勝ち負けが分かる気が した」という▼1972年、中原誠さん(現16世名人)に敗れ、13連覇中だった名人位を失った時はどんな足音が響いたのだろう。以後、大 [続きを読む]
  • 年末年始、いわれを知って年神様をお迎えする
  • '18年12月24日(月)[年神様] ブログ村キーワード◎正月事始め・すすはらい (13日〜)年神様を迎えるために「正月事始め」の12月13日にすすやほこりを取って掃除することをいい、これが「大掃除」になったといわれている。◎しめ飾り(27日)年神様をお迎えするためにしめ縄を張って家を清める。◎鏡餅(27日)年神様へのお供え物。神の生命力が宿るといわれている。◎門松(27日)木のみきや枝の先に神様が宿ると考えられていた [続きを読む]