(雑)学者 さん プロフィール

  •  
(雑)学者さん: 聞こえるように独り言
ハンドル名(雑)学者 さん
ブログタイトル聞こえるように独り言
ブログURLhttp://yukata-diary.seesaa.net
サイト紹介文元気再生工場・24時間操業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/04/26 12:26

(雑)学者 さんのブログ記事

  • 中国を他人事と軽視できない米国加州の大気汚染
  • '18年11月18日(日)[カリフォルニア] ブログ村キーワード米カリフォルニア州各地で発生した山火事の被害が拡大している。米メディアによると、15日までの死者は少なくとも66人に上り、631人と連絡が取れなくなっている。州史上最悪の被害状況で、発生から約1週間がたっても消火活動が続いている。山火事は州北部ビュート郡やロサンゼルス近郊のベンチュラ郡などで8日に起き、これまでに焼失した建物や商業施設は約1万2000棟に上る [続きを読む]
  • 世界は日本の常識で考えるほど狭くはない
  • '18年11月17日(土)[遅刻] ブログ村キーワード<あんなに約束の時間に いい加減な人も珍しかった>と、演出家の久世光彦さんが随筆に書いている。脚本家時代の向田邦子さんである◆言い訳は「出がけに電話かあった」か、「猫が逃げてしまって」のどちらかで、<二つの言い訳で 一生を賄った人だった>。だが、怒っているのではない。しらばっくれてにこにこされると、遅刻のことは忘れたという。<そんな狡くて可愛い人を 私は [続きを読む]
  • 稀勢の里君が何とかせにゃいかん、と言われ続けて
  • '18年11月16日(金)[稀勢の里] ブログ村キーワード大相撲九州場所4日目(14日・福岡国際センター)今場所初めて稀勢の里に上がった軍配は、物言いの末に差し違え。非情とも言える結末に、館内にまたも悲鳴が響き渡った。 立ち合いから右を抱え、生命線の左をのぞかせながら押し込んだ。だが、土俵際で粘り腰を見せた栃煌山に右からすくわれて体勢が崩れた。最後は徳俵を蹴って跳ぶように土俵を割った栃煌山より、稀勢の里の左肩が [続きを読む]
  • 僧侶の読経中、こみ上げる可笑しさの笑いネタ
  • '18年11月15日(木)[お坊さん] ブログ村キーワード〇坊主頭自宅にお坊さんが棚経で来られた時のこと。2歳の孫も数珠を手に、皆と一緒に座っていました。すると孫が私に「はだかんぼうだね」と話しかけてきたのです。私が「え?何が?」と尋ねると、お坊さんを見て「頭がはだかんぼうだ」と言うのです。どうやら孫は日ごろから「早くお洋服を着なさい、 はだかんぼうはダメよ」と言われているのだとか。私たちは真っ赤になって、 [続きを読む]
  • 心の貧しい暮らしと決別するために学ぶべきこと
  • '18年11月14日(水)[遊牧] ブログ村キーワード東京大学名誉教授の月尾嘉男さんは、北アフリカの砂漠地帯で遊牧生活を送る先住民族の人々を訪ねたときのことについて、著書の中で次のように紹介しています。――訪問先は、アトラス山脈の南側の斜面に当たる土地。山脈を横断する道路の途中で車を降りてから、灌木がまばらに生えているだけの標高2千6百?ほどの砂漠を徒歩で1時間半も進んでいくと、ようやく遠くの窪地に建てられた [続きを読む]
  • Show timeを盛り上げた大谷翔平がア・リーグ新人王
  • '18年11月13日(火)[大谷翔平] ブログ村キーワード米大リーグの最優秀新人(新人王)が12日発表され、エンゼルスの大谷翔平選手(24)がア・リーグ新人王に選出された。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となる。受賞の知らせを受け、大谷は「1年目で取れてすごく うれしい。 応援してくれた方にとっても すごくうれし [続きを読む]
  • 大抵の負債は不健康の証、睡眠負債大国日本危うし
  • '18年11月13日(火)[睡眠負債] ブログ村キーワード睡眠負債とは、睡眠不足が借金のように積み重なってあらゆる不調を引き起こす状態のこと。日本は睡眠負債大国と呼ばれています。事実、平成29年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、20歳以上の平均睡眠時間は6時間未満がなんと約4割。同調査で「睡眠で休養が十分にとれて いない」と答える方もここ数年で右肩上がりに増えています。また、自治医科大学が行った研究によ [続きを読む]
  • 外国人を野放しにすると治安の悪化につながる
  • '18年11月12日(月)[不法滞在] ブログ村キーワード東京近郊で組織的に窃盗を繰り返していた疑いのあるベトナム人グループの一部が、入国管理当局に入管難民法違反(不正滞在)容疑で摘発されていたことが関係者の話でわかった。いずれも留学生や外国人技能実習生として来日していた。?白昼に堂々と今年5月の日中、東京近郊のドラッグストア。数人の外国人グループが入店後、化粧品や香水、サプリメントの陳列棚に一直線に向かう [続きを読む]
  • RとLが聞き分けられない耳でいいか
  • '18年11月11日(日)[英語教育] ブログ村キーワードニューヨークのレストランでメロンを注文した。2回言っても通じない。3回目に発音を変えてみたところ、ミルクが運ばれてきた・・・◆昭和の風刺漫画家、近藤日出造氏の体験を戸板康二さんが随筆に書いている。メロンは「MELON」、ミルクは「MILK」。日本人はLとRの発音の使い分けが苦手と言われるが、Lだけでも正しく発音するには壁が固そうである◆平成っ子にそんな思いをさせまい [続きを読む]
  • 民主主義は反対意見を無視あるいは軽視する政治形態か
  • '18年11月10日(土)[トランプ] ブログ村キーワードスペイン出身の映画監督ルイス・ブニュエルは第2次大戦後、メキシコに渡り、リアリズムの傑作と呼ばれる作品を撮った。題名は『忘れられた人々』。スラム街に住む少年の悲劇を描き、メキシコの暗部を鋭くえぐった▼いつの時代も社会の片隅で暮らし、政治の日の光が当たらない人がいる。近年の米国にとってそれは白人労働者階級だった。2年前、トランプ氏は彼らを「忘れられた人 [続きを読む]
  • 日本の政治家が羨ましがる言論自由のトランプ大統領
  • '18年11月9日(金)[自己主張] ブログ村キーワード自己主張をして譲らない国民気質を揶揄するジョークだという。<アメリカ人が二人集まると、 三つのいさかいと、四つの 正義が生まれる>◆ルポライターの早坂隆さんの著書から引いた。とかく争いごとを好み、争いが生じたら生じたで、相手を屈服させるために正義の主張も増えていく。結局、人数の倍もの正義が語られるところがミソだろう◆2大政党が議席を争う中間選挙ともなれ [続きを読む]
  • 米国の「銃」わが国の「刃物」、いずれも凶器になる
  • '18年11月8日(木)[新幹線] ブログ村キーワード東海道新幹線で6月、乗客3人が刃物で殺傷された事件を受け、国土交通省が検討していた鉄道車両内への刃物類の持ち込み禁止について、近く省令を改正し、来年4月から実施する方針を固めた。罰則はないが、従わない場合、鉄道会社が下車させることもあり得る。銃刀法は刃渡り15?以上の刀などの所持を原則禁じているが、国交省は、小型なものも含めて適切に梱包されていない刃物類につ [続きを読む]
  • ホワイトカラーとしてAIと競うには読解力を磨くべし
  • '18年11月7日(水)[読解力] ブログ村キーワード人工知能(AI)の可能性を追求し、学校教育の現状に警鐘を鳴らした『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)が、大きな反響を呼んでいる。著者で数学者の新井紀子・国立情報学研究所教授は「実証的にAIの実態を示せた」と話し、若者にとって「読解力」の向上こそが、AIに駆逐されず人生を切り開けるカギだと力説する。(文化部 小林佑基)本書は、新井氏らが行ったA [続きを読む]
  • 架空請求詐欺、古典的な「はがき」へ回帰傾向も
  • '18年11月6日(火)[架空請求] ブログ村キーワード公的機関を装ったはがきを送りつけ、訴訟を示唆して現金をだまし取ろうとする架空請求が横行している。和歌山県消費生活センターに今年度上半期(4〜9月)に寄せられた相談は630件(速報値)に上り、昨年度から高止まりの状況が続く。捜査逃れを図る詐欺グループが、近年の取り締まり強化を警戒し、「はがき」という古典的な手口に回帰したとの見方も出ている。【黒川晋史】センタ [続きを読む]
  • サイバー攻撃は工作員を送り込んで実行するテロと同じ
  • '18年11月5日(月)[サイバー] ブログ村キーワード経済産業省は2019年度から、IT(情報技術)企業などと協力し、中小企業のサイバー攻撃対策を強化する方針を固めた。攻撃を受けた際の相談窓口を設置するとともに、外部の専門家チームがすぐに対応できる体制を整える。サイバー防御が十分でない中小企業を支援し、日本の産業全体に影響が及ぶことを防ぐ狙いがある。IT企業や、サイバー攻撃を受けた企業の被害を補償する「サイバー [続きを読む]
  • 外国人労働者受け入れ、他山の石がごろごろ
  • '18年11月4日(日)[英国] ブログ村キーワードはた目には無謀とも思える英国の欧州連合(EU)離脱。なぜ本当に具体化してしまったのか、「陰の戦犯」として時にやり玉にあがるのがブレア元英首相である。在任中の2004年5月、EUにハンガリーやポーランドなど東欧8か国を含む10か国が新たに加わった。この時、仏、独、伊など大半のEU加盟国は、東欧から一気に労働者が流入することを警戒し、最大7年間の移行期間を設けた。実質的な規 [続きを読む]
  • 老人が「わかるかなぁ」と前置きする話が増えた
  • '18年11月3日(土)[福島県南相馬市] ブログ村キーワード松鶴家千とせさんの記事が今春、本紙都民版に載った。若い方はご存じないだろうが、昭和半ば、「わかるかなぁ、わかんねぇ だろうな」で一世を風靡した漫談家である◆すでに80歳となる今も舞台に立ち続ける。♪夕焼け小焼けで日が暮れて〜と歌ったあと、こう続く。<おれがむかし夕焼けだったころ、 弟は小焼けだった。 父さんは胸焼けで、母さんは 霜焼けだった。わか [続きを読む]
  • 北朝鮮の核開発技術は日本から持ち出された
  • '18年10月30日(火)[天然ウラン] ブログ村キーワード在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の貿易会社が、北朝鮮側と合弁会社を立ち上げ、レアアース(希土類)の抽出などの開発技術を長期間、北朝鮮に持ち出していた疑いがあることが分かった。レアアースの採掘、処理の過程では天然ウランなど放射性物質の抽出も可能で、実質的に核開発の基本技術が日本から持ち出されていた形だ。国連安全保障理事会は昨年9月、北朝鮮企業や政府 [続きを読む]
  • 語彙が少ないと折角の言論の自由も持ち腐れになる
  • '18年10月29日(月)[単語] ブログ村キーワード国語学者の大野晋さんが約20年前に出した『日本語練習帳』にこうあった。新聞や雑誌に使われる単語の数は年間およそ3万語とされる。その5、6割は1度しか使われない。「つまり、半分の単語は… 一年に二度とお目にかかる ことがない」と▼大野さんは続ける。「使用度数1、あるいは 一生で一度も使わない かもしれない。 だからいらないのでは なくて、 その一回のための単語 [続きを読む]
  • いじめは道徳の物差しで増加は由々しき事態である
  • '18年10月28日(日)[いじめ] ブログ村キーワード「いったい僕は、なぜ こうみんなにいやがられる のだろう」。宮沢賢治は『よだかの星』で、見栄えが良くないと鳥仲間にばかにされ、いじめられるヨダカに、こんな悲しい独白をさせている。「僕は今まで、なんにも 悪いことをしたことがない」。幾度読んでも胸が締め付けられる▼文部科学省は25日、全国の小中高校などで平成29年度に認知されたいじめが、過去最多の41万4378件だ [続きを読む]
  • 対中ODAは稼ぎの多い子に親が大金を出すようなもの
  • '18年10月27日(土)[円借款] ブログ村キーワード上海の浦東国際空港は、1999年10月に開港した。日本の円借款から、400億円が拠出されている。翌年に空港を訪れたフリージャーナリストの青木直人さんは、中国人数十人に円借款について聞いてみた▼空港の広報ウーマンを含めて、「我不知道(ウオプチタオ) (知らない)」の返事が返ってくるばかりだ。「日本人がそんなことを するわけがない」と怒り出す人までいた(『日本の中 [続きを読む]
  • ナマハゲも加藤清正も幼児のしつけに効果がある
  • '18年10月26日(金)[無形文化遺産] ブログ村キーワード〇ナマハゲ文化庁は24日入った連絡によると、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の評価機関は「男鹿のナマハゲ」(秋田県)など年中行事10件からなる「来訪神 仮面・仮装の神々」を、無形文化遺産に登録するよう勧告した。「来訪神」は大みそかや正月などに仮面などで異形の神に仮装した者が集落に現れ、怠け者を戒めたり、人々に幸福をもたらしたりするもので、東北地方 [続きを読む]
  • 全日本実業団対抗女子駅伝で教えられた根性の意義
  • '18年10月25日(木)[根性] ブログ村キーワード江戸の昔、武家で下働きをした者を「折助(おりすけ)」ともいった。これに付随し、たぶん試験には絶対に出ないであろう四字熟語がある。【折助根性】◆辞書には「骨惜しみをし、 人の目を盗んで 怠けようとする根性」とあった。まるで身に覚えがないではない小欄は一読するなり少しどきっとしてしまうが、同じ根性の話題でも折助とは対極にあるかのような記事がきのう(23日)の夕 [続きを読む]
  • 実際に起こる激甚災害を誰も具体的に予測できない
  • '18年10月24日(水)[気象用語] ブログ村キーワードおよそスポーツ界で使われるスローガンには見えない。<一語一義>。1993年のJリーグ開幕にあたり、協会で強化策を担った加藤久さんが掲げた◆用語の統一から始めたという。ゴール前に右や左からボールをけり込むセンタリングは「クロス」に、体を寄せることは「アプローチ」、当たれという指示は「チャレンジ」に――一つの語に一つの意。それを徹底して選手の目的意識をはっき [続きを読む]
  • 日本に行けば、おばさんのジャパン・ドリームか叶う
  • '18年10月23日(火)[韓国経済] ブログ村キーワードビル清掃の仕事をしている60代とおぼしき顔見知りのおばさんから、「日本は景気がよくて 働き口が多いんでしょ?」と聞かれた。「人手不足のようです」と答えたが最後、顔を見るたびに同じことを繰り返し尋ねてくるようになった。聞くところでは、1990年代末の金融危機で韓国経済が大打撃を受けた際、商売に失敗し、日本に渡って大阪のプラスチック工場で働いていたそうだ。日本 [続きを読む]