(雑)学者 さん プロフィール

  •  
(雑)学者さん: 聞こえるように独り言
ハンドル名(雑)学者 さん
ブログタイトル聞こえるように独り言
ブログURLhttp://yukata-diary.seesaa.net
サイト紹介文元気再生工場・24時間操業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/04/26 12:26

(雑)学者 さんのブログ記事

  • ネットの時代、現金を狙う強盗事件は割に合わない
  • '17年10月24日(火)[銀行強盗] ブログ村キーワードひと昔前のイタリアでは、銀行強盗事件が頻発していた。ピストルを手に行員を脅迫する単純なものから、削岩機や溶接機を用意して銀行の地下金庫の壁まで地下道を掘り、壁を破って貸金庫を根こそぎ荒らすといった、まさに映画を地で行くような大掛かりなものまで手法は多岐にわたった。ガソリンスタンドやたばこ屋、スーパーマーケットなどを狙うピストル強盗は現在も少なくないが [続きを読む]
  • 何かと話題になる「秋葉原」はアキバハラが正しい
  • '17年10月23日(月)    [秋葉原] ブログ村キーワード千葉駅で帰宅の電車を待っているとき、外国人に東京行きの各駅停車の電車の番線を訊かれた。念のため、乗換駅が心配で尋ねてみたら、「アケバカバカ」という答えが返ってきた。秋葉原は「アキハバラ」という人と「アキバハラ」という人がいる。コラムから・・・・。「おひざ送り願います」。一度使ってみたかった。「席を少しつめてください」という意味で、かつて普通に使われ [続きを読む]
  • 選挙前のいつもの株高は「選挙は買い」の期待から
  • '17年10月22日(日)[日経平均株価] ブログ村キーワード日経平均株価(225種)が20日、高度経済成長期の1960年12月〜61年1月以来、約56年9か月ぶりに14営業日連続で上昇した。22日投開票の衆院選後の経済政策への期待感や世界的な株高傾向などが追い風となり、連続上昇の歴代1位に並んだが、この間の上昇幅は計約1100円に上る。市場では一段の高値を期待する楽観的な見方が多いが、過熱感を警戒する声も出ている。連続上昇は衆院解 [続きを読む]
  • 人工知能で人間の駄目なところを補う工夫
  • '17年10月21日(土)[AI] ブログ村キーワード昭和のヒット曲、敏いとうとハッピー&ブルーの『よせばいいのに』(作詞・作曲、三浦弘)からさびの部分を引く。♪ダメなダメな ほんとに ダメな〜◆黒と白の石を並べるのが好きな方は恋の歌に聞こえないことがあろう。とくに負けた時などには。「ダメ」は漢字で「駄目」と書く。本来は囲碁用語で、打つ価値のない場所に打つ石を「駄目詰め」と呼んだりする◆ついに人知をはるかに超 [続きを読む]
  • 中華思想に取り憑かれ、軍事大国を目指す中国
  • '17年10月20日(金)    [中国] ブログ村キーワード祖国の秋の景色が恋しかったか、夏目漱石はロンドン滞在中、菊の展覧会に出かけたことがある。<白菊と黄菊と咲いて 日本かな>という俳句も詠んでいる◆この句で先に白がくるのは五七五の関係だろう。序列をつけたわけではあるまい。ただ、同じく菊をめでる土地柄である中国では、黄色の菊が特別に尊ばれるらしい。中日辞典(小学館)でも「黄花」の第一の意味は菊になって [続きを読む]
  • 話す力が足りないという英語ネタの小話
  • '17年10月19日(木)[英語] ブログ村キーワード昔、“英語ネタ”の小話があった。主役は米国の駅の窓口で、必死にニューヨーク行きの切符を買おうとする日本人である。◆「to New York」と言ったつもりが、駅員には「two」に聞こえ、切符が2枚出てきた。慌ててtoを「for」と言い直すと、今度は「four」に聞こえたらしく、切符は4枚になった。動揺し「えーと、えーと」。はて切符は最期に何枚になったか、もうお分かりだろう◆発音 [続きを読む]
  • 同名の文学作品が単行本の後文庫本で出版されるわけ
  • '17年10月18日(水)[文庫本] ブログ村キーワード買った本から、ぱらっと出てきたチラシの告知に少々驚いた。手元で開いているのは文庫本・・・それとまったく同じ作品が、単行本としても同時に発売されたという◆今夏、早川書房から出版された米国のスパイ小説『シンパサイザー』(ヴィエト・タン・ウェン著、 上岡伸雄訳)は、単行本から文庫へ、という従来の手順を踏まないらしい。ちなみにこの単行本、文庫(上下巻)に比べ、値 [続きを読む]
  • 新聞で 見分けるフェイク 知るファクト
  • '17年10月17日(火)    [新聞週間] ブログ村キーワード「僥倖(ぎょうこう) としか言いようがない」「望外の結果です」。今をときめく将棋の中学生棋士、藤井聡太四段は、対局後のインタビューで使う難しい言葉も話題になった。小学生の頃から毎日、学校から帰ると新聞に目を通していたそうだ。なるほど、圧倒的な語彙力にも納得がいく▼「新聞週間」が始まった。各紙で著名人が新聞の魅力や効用を語ってくれている。もっと [続きを読む]
  • かつて米国とソ連はキューバ危機をどう脱したか
  • '17年10月16日(月)[核ミサイル] ブログ村キーワード最近、ハワイの現地紙1面に大きく掲載された記事には、いささか驚かされた。北朝鮮の核ミサイルがホノルルを直撃した場合の被害を予測する同心円の図と、ハワイ州の準備計画が報じられていた◆自らが脅かされると、敏感に反応するのが米国だ。2001年の米同時多発テロ後のアフガン戦争やイラク戦争が思い起こされる。米国を射程に入れた北朝鮮の核ミサイルは、決して許容されな [続きを読む]
  • へりくだる余裕を学ばないと怒りの人生で終始する
  • '17年10月15日(日)[キレる] ブログ村キーワード「ごく普通」の中学1年の男子生徒が、遅刻を注意されカッとなって、女性教師にナイフを向けた。栃木県内の公立中学で平成10年に起きた教師刺殺事件は、社会に衝撃を与えた。その後も全国で少年によるナイフ事件が続発する▼当時小紙の「主張」欄は、「10代の君たち キレるな、 ムカつくな!」と呼びかけた。「キレる」「ムカつく」はもともと、大阪の芸人さんが楽屋で使っていた [続きを読む]
  • この時期の鼻づまり、状態をわきまえての対処が大切
  • '17年10月14日(土)    [鼻づまり] ブログ村キーワード季節の変わり目は体調を崩し、鼻づまりになりやすい、慢性的な鼻づまりは、集中力の低下や睡眠障害につながることもある。鼻づまりとはどのような状態で、どう対処すればいいのだろうか。そもそも鼻づまりは、なぜ起きるのか。アリス耳鼻咽喉科(千葉市)院長の工藤典代さんによると、鼻の内部は、複雑な形状をした鼻腔という空間がトンネルのように広がっている。鼻腔は [続きを読む]
  • データ改ざんは殺意を持った殺人になる
  • '17年10月13日(金)[商品テスト] ブログ村キーワード生活雑誌『暮しの手帖』は昭和半ば、商品テストで名を成した。NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のモデルにもなり、ご存じの方は多かろう◆古い世相言語集を眺めていて別名を見つけた。メーカーの担当者をふるえあがらせたことから「殺しの手帖」。誠意をつくして試験に取り組んだ方々には失礼を承知で紹介させていただく。そう呼びたくもなるにちがいない。不完全な製品を [続きを読む]
  • どこの国でも、詐欺犯は制度の隙をついて実行する
  • '17年10月12日(木)[詐欺] ブログ村キーワードICE詐欺「われらヒスパニック系を 狙い撃ちにした 『ICE詐欺』が相次いで 困っている…」。なじみの飲食店で働くメキシコ出身のホルヘさんが、こぼしているのを耳にした。「ICE」とは、国境を越えた違法な取引や人の移動を取り締まる、米移民・関税執行局を指す。同詐欺では、ヒスパニック系移民が突然、「ICEの捜査官だ。 在留許可証を提示しろ」と呼び止められる。在留許可証を [続きを読む]
  • 日本の水が使われた飲み物は競争力で負けない
  • '17年10月11日(水)    [ビール] ブログ村キーワード外信コラム(韓国から)ビールが大好きで、自宅近くのスーパーやコンビニで日本のビールをよく買う。いずれも500?・?入り4缶が1万?(約1千円)で、日本に比べてお買い得感がある。ただ、この夏まではサントリーのプレミアムモルツしか飲まなかった。その理由は水だ。筆者の舌とのどの感覚なのだが、サントリー以外のビールは日本で飲んでいたものと微妙に味が違ってい [続きを読む]
  • 精神分裂症の韓国は慰安婦問題を棚上げして観光をPR
  • '17年10月10日(火)[韓国] ブログ村キーワード韓国は先月末の30日から中秋節の「秋夕(4日)」の3連休をはさんで9日まで史上最長の10連休中だ。土日のほか、神話に基づく建国記念日にあたる「開天節(3日)」の振り替えや「ハングルの日(9日)」を加え、さらに文在寅・新政権の善政(?)で空いた2日まで休みにしてしまったためだ。休みが長すぎて皆さんいささかもて余し気味だが、政府としては消費拡大で景気アップになれ [続きを読む]
  • 日本でなら勝てる畑岡奈紗は文字通りの内弁慶なのか
  • '17年10月9日(月)[畑岡奈紗] ブログ村キーワード塩谷育代さんのチェック日本女子オープンを連覇した畑岡奈紗を中継局の放送席モニターと練習場で見ました。米ツアーに参戦した今シーズンは、トップの位置を低くして調子を落としていました。もともとインパクトでジャンピングしてボールをつかまえ、それでパワーを出して飛ばすタイプです。ところがトップがフラットになったことでクラブの通り道である懐が窮屈になって、体の動 [続きを読む]
  • 北朝鮮の報復核攻撃は日韓を道連れの無理心中
  • '17年10月7日(土)[北朝鮮] ブログ村キーワード米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は5日までに、北朝鮮と米国の間で軍事衝突が起き、北朝鮮が日韓両国の首都である東京とソウルを爆発規模25キロトン(TNT火薬換算)の核兵器で攻撃した場合、死者が計約210万人、負傷者が約770万人に上るとの推計値を公表した。米軍が北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃したり、核・ミサイル関連施設を攻撃したりし、北朝鮮が報復 [続きを読む]
  • 「花は誰のために咲くのか」という禅定番の問い
  • '17年10月6日(金)[ヒマワリ] ブログ村キーワード禅語に「花は誰のために咲くのか」という定番の問いがある。哲学風の答えがいくつもありそうだが、じつは東京・大手町の小社の屋上庭園にこの夏、とても分かりやすく咲いた花がある◆ヒマワリが大輪を広げた。育てたのは名前を出すと身びいきに映るかもしれないので、社会部のY記者(31)としておこう。なぜ彼が水やりや土いじりをする夏を過ごしたかというと、6年前、京都で起き [続きを読む]
  • 体内時計に従い、不規則な生活をやめれば健康になる
  • '17年10月5日(木)    [体内時計] ブログ村キーワード夜遅くに時刻を聞かれ、お手伝いさんが言った。「もう、12時で ございます」。森鴎外はよほど気にくわなかったのか、大声でどなった。「もうとはなんだ。 まだ12時と なぜいわん」◆評論家の内田魯庵が居宅での目撃談を随筆に書き留めている。寝る間を惜しんで文学に励んだ鷗外は折にふれ、「人間は2時間寝れば たくさんだ」と語っていた(『思い出す人々』岩波文庫) [続きを読む]
  • 研究者はノーベル賞を目標にしているわけではないが
  • '17年10月4日(水)[ノーベル賞] ブログ村キーワード物理学者の湯川秀樹が昭和24(1949)年に、日本人として初めてノーベル賞を受賞したことは誰もが知っている。ただそれ以前にも、血清療法を創始した北里柴三郎や黄熱病の研究で知られる野口英世ら、候補に挙がった日本人も少なくない▼そのなかでもっとも賞に近づいたとされるのが、病理学者の山極勝三郎である。その生涯を描いた映画が昨年末に公開されて、話題になったばかり [続きを読む]
  • 競り勝つ畑岡奈紗が見たかった日本女子オープン連覇
  • '17年10月3日(火)[畑岡奈紗] ブログ村キーワードゴルフ・日本女子オープン最終日(1日・千葉我孫子GC=6706?、パー72)――首位で出た畑岡奈紗が2位に8打差をつける通算20アンダーで圧勝し、アマチュアだった昨年に続いて連覇を達成した。18歳261日での国内メジャー2勝目、ツアー3勝目は、これまでの最年少記録を更新した。2位は12アンダーの申ジエ(韓国)。アマチュアの小倉彩愛(さえ)(岡山操山高2年)が11アンダーで3位に [続きを読む]
  • 高いものを見上げて人生の設計図を描いているか
  • '17年10月2日(月)    [通天閣] ブログ村キーワード常に私は通天閣を仰いで自分の人生の設計図を描いていた藤本義一の言葉(1987年)通天閣108?。上って街を見下ろすか、下から見上げるか。直木賞作家の藤本義一は後者を好んだ。台本を手がけた舞台や映画には通天閣が登場するが、若いころ上がったことはほとんどなく、もっぱら足元の繁華街、大阪・新世界にいたらしい。塔の30年誌に「常に私は通天閣を仰いで 自分の人生の [続きを読む]
  • 良き指導者と本人の研究心と、成功には不可欠
  • '17年10月1日(日)[野村克也] ブログ村キーワード「私のプロ野球80年史」 ――野村克也氏選手時代は通算本塁打数が歴代2位の657本、監督時代はデータ重視の「ID野球」で数々の成果を上げた球界屈指の名将が、自分の80年の人生を振り返った。「私の人生はほぼ 日本のプロ野球の歴史と 重なる。振り返ることで 野球界への提言にもなる」と語る。経歴だけ見ると華やかな野球人生に思えるが、京都の貧しい母子家庭に育った苦労人 [続きを読む]
  • 誰の責任でもない、有権者が政治を決めている
  • '17年9月30日(土)[解散] ブログ村キーワード街が秋色を帯びてきたからだろう。落ち葉に彩られた豆狸(まめだぬき)の噺が妙に恋しい。昭和の昔、桂米朝さんが初演した落語『まめだ』である◆傷ついた豆狸が少年の姿をして薬屋を訪れる。銀杏の葉を一銭に変え、貝殻に入った膏薬(こうやく)を買いながらも用法を誤って命を落とす。寺院でむくろをみた薬屋の嘆きが切ない。「体へ、貝殻のまま ひっつけて、 効くわけないやろ。 [続きを読む]