(雑)学者 さん プロフィール

  •  
(雑)学者さん: 聞こえるように独り言
ハンドル名(雑)学者 さん
ブログタイトル聞こえるように独り言
ブログURLhttp://yukata-diary.seesaa.net
サイト紹介文元気再生工場・24時間操業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/04/26 12:26

(雑)学者 さんのブログ記事

  • 「花は誰のために咲くのか」という禅定番の問い
  • '17年10月6日(金)[ヒマワリ] ブログ村キーワード禅語に「花は誰のために咲くのか」という定番の問いがある。哲学風の答えがいくつもありそうだが、じつは東京・大手町の小社の屋上庭園にこの夏、とても分かりやすく咲いた花がある◆ヒマワリが大輪を広げた。育てたのは名前を出すと身びいきに映るかもしれないので、社会部のY記者(31)としておこう。なぜ彼が水やりや土いじりをする夏を過ごしたかというと、6年前、京都で起き [続きを読む]
  • 体内時計に従い、不規則な生活をやめれば健康になる
  • '17年10月5日(木)    [体内時計] ブログ村キーワード夜遅くに時刻を聞かれ、お手伝いさんが言った。「もう、12時で ございます」。森鴎外はよほど気にくわなかったのか、大声でどなった。「もうとはなんだ。 まだ12時と なぜいわん」◆評論家の内田魯庵が居宅での目撃談を随筆に書き留めている。寝る間を惜しんで文学に励んだ鷗外は折にふれ、「人間は2時間寝れば たくさんだ」と語っていた(『思い出す人々』岩波文庫) [続きを読む]
  • 研究者はノーベル賞を目標にしているわけではないが
  • '17年10月4日(水)[ノーベル賞] ブログ村キーワード物理学者の湯川秀樹が昭和24(1949)年に、日本人として初めてノーベル賞を受賞したことは誰もが知っている。ただそれ以前にも、血清療法を創始した北里柴三郎や黄熱病の研究で知られる野口英世ら、候補に挙がった日本人も少なくない▼そのなかでもっとも賞に近づいたとされるのが、病理学者の山極勝三郎である。その生涯を描いた映画が昨年末に公開されて、話題になったばかり [続きを読む]
  • 競り勝つ畑岡奈紗が見たかった日本女子オープン連覇
  • '17年10月3日(火)[畑岡奈紗] ブログ村キーワードゴルフ・日本女子オープン最終日(1日・千葉我孫子GC=6706?、パー72)――首位で出た畑岡奈紗が2位に8打差をつける通算20アンダーで圧勝し、アマチュアだった昨年に続いて連覇を達成した。18歳261日での国内メジャー2勝目、ツアー3勝目は、これまでの最年少記録を更新した。2位は12アンダーの申ジエ(韓国)。アマチュアの小倉彩愛(さえ)(岡山操山高2年)が11アンダーで3位に [続きを読む]
  • 高いものを見上げて人生の設計図を描いているか
  • '17年10月2日(月)    [通天閣] ブログ村キーワード常に私は通天閣を仰いで自分の人生の設計図を描いていた藤本義一の言葉(1987年)通天閣108?。上って街を見下ろすか、下から見上げるか。直木賞作家の藤本義一は後者を好んだ。台本を手がけた舞台や映画には通天閣が登場するが、若いころ上がったことはほとんどなく、もっぱら足元の繁華街、大阪・新世界にいたらしい。塔の30年誌に「常に私は通天閣を仰いで 自分の人生の [続きを読む]
  • 良き指導者と本人の研究心と、成功には不可欠
  • '17年10月1日(日)[野村克也] ブログ村キーワード「私のプロ野球80年史」 ――野村克也氏選手時代は通算本塁打数が歴代2位の657本、監督時代はデータ重視の「ID野球」で数々の成果を上げた球界屈指の名将が、自分の80年の人生を振り返った。「私の人生はほぼ 日本のプロ野球の歴史と 重なる。振り返ることで 野球界への提言にもなる」と語る。経歴だけ見ると華やかな野球人生に思えるが、京都の貧しい母子家庭に育った苦労人 [続きを読む]
  • 誰の責任でもない、有権者が政治を決めている
  • '17年9月30日(土)[解散] ブログ村キーワード街が秋色を帯びてきたからだろう。落ち葉に彩られた豆狸(まめだぬき)の噺が妙に恋しい。昭和の昔、桂米朝さんが初演した落語『まめだ』である◆傷ついた豆狸が少年の姿をして薬屋を訪れる。銀杏の葉を一銭に変え、貝殻に入った膏薬(こうやく)を買いながらも用法を誤って命を落とす。寺院でむくろをみた薬屋の嘆きが切ない。「体へ、貝殻のまま ひっつけて、 効くわけないやろ。 [続きを読む]
  • 国家を、政権を守るために、あらゆる手段を講じる
  • '17年9月29日(金)    [刺客] ブログ村キーワード建物の周囲にめぐらされた要塞を思わせる高塀はメキシコ中部を襲ったマグニチュード(M)7.1の地震でもびくともしなかった。メキシコ市にあるトロッキー博物館で受付の女性に聞くと、「何も問題なかったわよ」と笑った。ロシア革命の指導者の一人、トロッキー(1879〜1940年)が晩年の1年間を過ごした家がそのまま博物館になっている。ソ連から国外追放された後、各国を流浪し [続きを読む]
  • 人民一人残らず命を棄てて国の威光を落とさざるこそ
  • '17年9月28日(木)[慰安婦像] ブログ村キーワード江戸幕府の軍艦「咸臨丸」が太平洋を横断して米サンフランシスコに到着したのは、1860年である。「着くやいなや土地の 重立(おもだ)ったる 人々は船まで来て祝意を 表し、これを歓迎の始め として、陸上の見物人は 黒山の如(ごと)し」▼乗組員の一人だった福沢諭吉は、市民の熱狂的な歓迎ぶりを『福翁自伝』に記している。諭吉は、建国の父、ワシントンは現地では徳川家 [続きを読む]
  • 何かを手に入れるには、相応の対価を支払わなければ
  • '17年9月27日(水)[衆院解散] ブログ村キーワードダメ人間の僕がガネーシャから教わった人生訓に導かれる。ガネーシャとは関西弁を操るゾウの神様・・・◆全国の先生方がお薦めの本を選ぶ読売中高生新聞の「君に贈る本大賞」で、昨年度の1位になった「夢をかなえるゾウ」(水野敬也著)である。上位の本を集めたブックフェアが開幕した◆お金持ちになる方法を教える、とガネーシャが持ちかける場面がある。対価は10万円。ひとまず応 [続きを読む]
  • 教育はカーナビのようにみんなが信じる指針になる
  • '17年9月26日(火)    [中国] ブログ村キーワード『ひとりの日本兵』という詩がある。日中戦争の最中、銃弾に斃れた日本兵が、中国の農民によって手厚く埋葬される情景が描かれている◆中国共産党の武装工作隊の指揮官で詩人でもあった陳輝の作だ。「故郷の母親は 息子の無事を祈って いるにちがいない」と、日本兵を悼む。この詩は、中国で高い評価を得てきた◆だが、昨今は作者を売国奴と批判する声も上がる。「残念なが [続きを読む]
  • 防御が即、攻撃になる、そんな鍛錬が欠かせない
  • '17年9月25日(月)[空手] ブログ村キーワード空手に先手なし船越義珍「空手道二十訓」かつては離れ小島だった、那覇市の奥武山(おうのやま)公園。今は陸続きとなり、運動公園として整備されているが、往時はリュウキュウマツが生い茂っていたという。この地を愛し、雅号を松濤(しょうとう)(松風の音)と名付けた空手家がいた。沖縄の武術「手」を空手として本土で広め、近代空手道の父と呼ばれる船越義珍である。奥武山の義 [続きを読む]
  • 仕事に時間をかけることが業績の向上につながる
  • '17年9月24日(日)[経営責任] ブログ村キーワード企業を統べる。そんな立場とは無縁ながら、得心は行く。不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか、弁護士の国広正さんが論じている◆<これは、  一人の人間としての  「覚悟」の問題であり、  生き方そのものでは  ないだろうか> (『修羅場の経営責任』)。現実から目を背けず、責任の所在を明らかにし、根本から改める。心底からやりきる覚 [続きを読む]
  • みんなで言語としての日本語を大事に守らなければ
  • '17年9月23日(土)    [世論調査] ブログ村キーワード流行語や新語の意味がわからなくて困るという人が、6年前の40%余りから55%に増えた。文化庁の「国語に関する世論調査」の結果である。加齢とともに割合は高まり、60代だと70%近い◆ネットの影響が指摘される。若者の言葉を、上の世代がスマホなどで頻繁に目にするようになったことの反映だという。マッチポンプではないが、それで困った時もネットは役立つ。検索機能を [続きを読む]
  • 日程の消化策なのか、選手の健康管理策なのか
  • '17年9月22日(金)[タイブレイク] ブログ村キーワード球場を包んだ高揚を伝えて今も色あせない。『最高試合』という阿久悠さんの詩がある。<君らの熱闘の翌日から/ 甲子園の季節は 秋になった>◆高校野球を愛した作詞家をして最高と言わしめた試合は、1979年夏の全国大会3回戦である。簑島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき、引き分け再試合寸前の十八回に星稜を破った。<熱く長い夏の夜/ 人々の胸に  [続きを読む]
  • トランプ氏の国連総会演説、追い込まれるか北、中、露
  • '17年9月21日(木)[国連] ブログ村キーワードトランプ米大統領による初の国連総会での一般討論演説は、「米国第一」を含む、国連加盟各国の主権を尊重する自国優先主義こそが世界の「平和と繁栄」の実現に向けた国連の活性化につながると表明した。背景には、米国が外交・安全保障分野での重要課題と位置づける北朝鮮の核・ミサイル開発問題やシリア情勢、テロとの戦い、ベネズエラ情勢などについて、いずれも国連を通じた国際連 [続きを読む]
  • これからはプレッシャーを手放せる、と宮里藍
  • '17年9月20日(水)    [宮里藍] ブログ村キーワード女子ゴルフの今季メジャー最終戦、エビアン選手権は17日、フランスのエビアン・リゾートGC(パー71)で閉幕、現役最終戦の宮里藍は野村敏京と共に通算1オーバーの32位で終えた。アンナ・ノードクイスト(スウェーデン)が通算9アンダーで並んだブリタニー・アルトマレ(米)とのプレーオフを制し、メジャー通算2勝目。日本女子史上2人目のメジャー制覇を目指し、2位で出た上原 [続きを読む]
  • 人手不足も省力化も「おもてなし」不足なのだが
  • '17年9月19日(火)[セルフ] ブログ村キーワード近所のショッピングモールに、その奇妙なものはあった。お昼にセルフ形式の飲食店が並ぶ一角に赴くと、とある厨房で直径数十?の金属製の斜めドラムが動いている。中で野菜をいためていたのだ。隣のラーメン店では、同じような機器がチャーハンを仕上げている。▼手狭な環境で省力化をめざす工夫だろう。慣れないパートさんでも、一定の味を保つことができる。本紙にも先日、10秒で5 [続きを読む]
  • 尻をすぼめる前に屁が出てしまう恥ずかしさ
  • '17年9月18日(月)[おなら] ブログ村キーワードからだの質問箱おならが出っぱなしで困るQ30年ほど前からおならが出っぱなしで困っています。特に午前中は5分おきで、隣の部屋まで響く大きな音です。食事をするとすぐおなかが張ります。臭わないのが救いですが、勢いがあまりに強いため脱肛になり、手術を受けました。市販の整腸剤も、医師に処方された腸内ガス除去剤も効かず、このままでは旅行にも行けません。(69歳男性)A肛門 [続きを読む]
  • テレビも事実を淡々と伝える報道のツールではない
  • '17年9月17日(日)    [テレビ] ブログ村キーワード韓国の地上波テレビはKBS、MBC、SBSの3局でうち純民放はSBSだけ。KBSはいわば国有、MBCは財団所有なので公営放送といっている。そのKBSとMBCがこのところ労組のストで番組に大きな支障が出ている。北朝鮮の弾道ミサイル発射のニュースも日本のテレビの方がはるかに早く詳しかった。ストの影響で定期番組が縮小、中断されたり、いつものアナウンサーや番組司会者が出演せず [続きを読む]
  • 金正恩・朝鮮労働党委員長は兵糧攻めにへこたれない
  • '17年9月16日(土)[北朝鮮] ブログ村キーワード昨日(13日)は織田信長と明智光秀について(産経新聞のコラム産経抄で)書いた。本日(14日)は豊臣秀吉の登場である。秀吉は、敵方の城への兵糧攻めを得意としていた。食糧の補給路を断ち、敵の士気を奪って城を落とす。天正9(1581)年6月には、山陰の鳥取城を包囲した▼秀吉はすでに前年から商人を使って、米を買い占めていた。高値につられて城の備蓄米まで売り払われた。毛利氏 [続きを読む]
  • アメリカ第一主義は誰に狙われるか分からない
  • '17年9月15日(金)[キューバ] ブログ村キーワードキューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。調査した米政府は「高度な音響装置」による攻撃だと結論付けたものの、装置がどのようなものかが分かっておらず、犯人像や目的についても明らかになっていない。米メディアが「謎の事件」、「謎の兵器」などと報じる事案は、謎が謎を呼ぶ展開となっている。(外信部 住井亨介)深刻 [続きを読む]
  • つないでもらった命、感謝の言葉が見つからない
  • '17年9月14日(木)    [臓器移植] ブログ村キーワード昨年10月、福岡市で行われた日本脳神経外科学会の総会。妻が脳死ドナー(臓器提供者)となった会社員の五十嵐利幸さん(67)が登壇したシンポジウムに、肺移植を受けた高校の保健体育教師、横山美紀さん(47)も並んだ。直接のつながりはないとはいえ、同じ場でドナー家族と移植を受けた人が語るのは珍しい。2008年に移植を受けた横山さんが、ドナー家族と直接会うのは初 [続きを読む]
  • ハンデを気にしなければ、光り輝く長所が生かされる
  • '17年9月13日(水)[プロ野球] ブログ村キーワード    「ウィリアム・ホイって 知ってる? 耳の聞こえない 野球選手だよ」6歳の娘に言われ、スマホで検索すると、確かにいた。1888年から1902年まで大リーグでプレーした俊足の外野手だった。今夏、彼の伝記「耳の聞こえない メジャーリーガー ウィリアム・ホイ」(光村教育図書)が小学校3、4年生向けの課題図書に指定されていた。娘に借りて読んでみた。ホイは3歳の時、 [続きを読む]
  • 国内で北朝鮮の政治工作員が育っている
  • '17年9月12日(火)[北朝鮮] ブログ村キーワード●今も生きていそうな 昨年の話朝鮮大学校(東京都小平市)が5月、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に送っていたことが19日、分かった。朝大関係者が明らかにした。朝大の張炳泰学長が、朝鮮総連の許宗萬議長から指示を受け、米国圧殺運動の展開を在校生に指示していたことも判明。手紙や指示には金委員長を称賛する文言があふれており、日本政府は朝大の反日 [続きを読む]