kobe-mariko さん プロフィール

  •  
kobe-marikoさん: 真理子のファッショニスタブログ
ハンドル名kobe-mariko さん
ブログタイトル真理子のファッショニスタブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobe-mariko/
サイト紹介文神戸コレクション、ファッショニスタのブログ。ライフスタイル、美容、ファッションなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2008/04/27 11:42

kobe-mariko さんのブログ記事

  • 欠けた月をたのしむ日本人の美意識
  • 昨夜は中秋の名月。十五夜でしたね。 我が家では毎年、中秋の名月を家族と送り合うという恒例があって、昨夜も香川のお月様の写真が送られてきて、東京のお月様の写真を送りました。 小さい頃は、祖母と一緒にお団子をつくってお供えして、そのお団子を食べるのが楽しみ過ぎて、途中からお月様が大きなお団子に見えていました(笑)家族の思い出です。 インターネットもメールもLINEもなかった時代。どんなに離れた場所に暮ら [続きを読む]
  • 山川咲ちゃんの期間限定ギャラリー「生まれる」
  • 自分が生まれた時の「生まれる」という感覚を、私たちはほとんど覚えていない。初めて見た世界がどんなものだったのか。どんなふうにこの世界に受け入れられたのか。何もできない赤ちゃんの私たちに、誰がどんな愛情と言葉を与えてくれて、どんな不安と心配を抱えながら育ててくれたのか。女性たちは20代、30代、40代になると、「産む」を取り巻く、感覚や気持ちや悩みに直面する。自分が子どもを産めるのか。産みたいのか。子ど [続きを読む]
  • 「自分らしく働くにはどうすればいいですか?」Womam Newsインタビュー
  • 働く女性のリアルな悩みにクローズアップして、「自分らしく働くにはどうすればいいか?」ということをテーマに、 Woman Newsさんのインタビュー取材を受けたものが公開されました!http://www.womannews.jp/lifestyle/68774/インタビューの前編では、働く女性たちの「自分らしく」働くにはどうすればいいですか?(25歳.女性)仕事でうまくいかなかったときに、どうやって切り替えればいいですか?(30歳.女性)後輩に仕事が任せられ [続きを読む]
  • 心の強さとしなやかさがなければ生きていけない時代に。
  • ものの豊かさよりも心の豊かさが求められる今の時代。 毎日がものすごい勢いで変化していく。 新しいテクノロジーや技術によって、今までの「当たり前」が大きく覆ったり。 人もモノも情報も、すごい速さで行き来や、移動を繰り返したり。 変化の多い今の時代だからこそ、どんな人も必ず持っていなければいけないものがある。 それは、「心の強さ」と「心の使い方知っている」ということ。 少し前まで、『心の豊かさ』とい [続きを読む]
  • 【申込受付中】人を9つのタイプから理解する心理学講座(基礎編)
  • 次の女子未来大学の授業は、来週日曜日9/24(日)14時〜 自分自身・他者・人間関係を理解するのに役立つ! 人を9つのタイプから理解する心理学講座(基礎編) <女子未来大学 なりたい自分になる学部> を開催します!早割チケットは1日で完売になってしまいましたので、一般チケットのみになりますが、気になる方はお早めにお申し込みください(^_^)    ーーーーーーーーーーーーーー“人(自分・他者・対人関係)”を理 [続きを読む]
  • 10/14・15 女子未来大学 in 沖縄を開催します!
  • 女子未来大学は設立当初より、日本全国から女性たちが集まって下さいました。女子未来大学の地方での開催というのも、ずっとアジェンダとして抱えているテーマの一つなのですが、今回念願が叶って10月に女子未来大学 in 沖縄を開催できることになりました!    女子未来大学 in 沖縄の開催は、もともとは著書「私らしさのつくりかた」を読んでくれていた二人の素晴らしい女性たちとの出会いから、構想が始まりました。  沖 [続きを読む]
  • New art in my roomBirds by Genichiro Inokuma...
  • New art in my room??? Birds by Genichiro Inokuma?? . 晩年、鳥を多く描くようになった猪熊弦一郎。 . 鳥は特にモデルがあるわけでもなく、自分の頭の中に群れている鳥たちを一羽ずつ取り出して描いていると語っています。 . パープルの色合いと、「羽ばたく」という意味のある鳥がお気に入り^ ^ . #art #paint #painter #genichiroinokuma #inok続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 大切な人の死と向かい合うこと。
  • 猪熊弦一郎現代美術館の企画展が、志賀理江子さんの「ブラインドデート」という展示で、写真と文章で綴る様々なテーマの中に「弔い」というテーマがあった。 壁に刻まれた文章には、「もし通常の宗教的な葬式などの形式がなかったとしたら、あなたは大切な人をどうやって弔いますか?」みたいな質問が書いてあって、 そこには中学生や高校生や40代の男女や、様々な人たちの、その問いに対しての答えがあった。 「大切な人の髪の [続きを読む]