ほ助 さん プロフィール

  •  
ほ助さん: 花ヲツマミニ
ハンドル名ほ助 さん
ブログタイトル花ヲツマミニ
ブログURLhttp://hosukechan.blog25.fc2.com/
サイト紹介文家飲みツマミに情熱を傾ける日々
自由文簡単で綺麗なお料理を目指してます
遊びに来てくださーい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2008/04/28 02:35

ほ助 さんのブログ記事

  • 「いくら納豆ごはん - 漆器とブラパラ」
  • ある日 「いくらと納豆を合わせたこと無いわ」 はたと気がつきやってみました なんと贅沢な納豆ごはん 自分でやっておきながら 身内がやってるのを見たら止めるレベルのご法度; 豆の触感といくらのプチトロ感 納豆とイクラが口内調理された感じ まー、まずいはずはないですね ただ、貧乏性なので 今後は自粛したいと思います(笑) さておき 漆器とブラックパラティッシ 結構お気に入り 和食器と北欧のマッ [続きを読む]
  • 「料理屋さん風に盛りつける常備菜八寸」
  •                               *フォストリアロマンスグラス アンティーク 料理屋さんのお品書きに出てくる「八寸」とは 八寸のサイズのお皿に盛りつけたお料理で 前菜としてだと前八寸 会席の中盤で出すなら中八寸と言います 和食屋さんのお品書きで見かける八寸は殆どが前菜 板さんのセンスも現れるこの八寸が、ワタシ的には1番楽しみな一皿です 自宅でも八寸のお皿を選んで盛り付ける [続きを読む]
  • 「帆立バター醤油おにぎり」
  • *加藤祥孝 グレー粉引八角長皿 汲出し  *大野香織 鉄手急須 インスタグラムで好きなテイストの料理写真を撮る方を探すのが日常となってます 美味しさってちゃんと写真で分かるんです 整えた綺麗な写真だけど美味しさが見えないインスタグラマーさんも実際多い 焼き目 焦げ目 艶 照り 濃さ(薄さ) 「この料理はこの焼き加減だと身がこうなる出来上がりが美味しいのよね」みたいなセオリーが 写真にちゃんと捉えられる [続きを読む]
  • 「カニ・・炒飯」
  • 蟹大好き 別の食べ物として、カニカマも好き 通年冷蔵庫に常備してるので 今まで食べた量は断然カニカマ 惜しみなくいろんな食べ方が出来るって意味でも 庶民の味方 主婦の味方 ですよね〜                          *村上直子 黒錆小判皿 *朝虹窯 ドット汲出し 常備してるので 賞味期限が近くなると意識的に使うわけだけど 料理の幅が広いのでメニューに全く困らない 酢の物 天麩羅 炒 [続きを読む]
  • 「ポルチーニクリームのパスタ」
  •                  *加藤あゐ 黒結晶水玉 ディーププレート 世界中を食べ歩く彼女から フィレンツェのオミヤが届きました 日本もそろそろ秋ですからね〜 タイミング嬉しいポルチーニのペスト イタリアで寵愛されるきのこがポルチーニ茸です 日本で言う松茸みたいな存在でしょうかこうしてイタリアのきのこの香りを嗅ぐと、やはり松茸って和の香りポルチーニは外国の深い森に現れる妖精のような軽やかさを [続きを読む]
  • 「無花果ポーク」
  •                       *鈴木麻起子 scintallantプレート この夏は桃と生ハムのサラダにやたら凝ってしまって 無花果を食べる回数が減っておりました 桃が終盤を迎え 一気に無花果大活躍 サラダにおつまみに和食に洋食に合わせて食べてます 最近は果物として食べるより お野菜の延長上として食べる事が多いので デザートで食べる事が少なくなりました サラダに混ぜたり 和食なら白和えや [続きを読む]
  • 「桃パフェ」
  • 帰省予定のお盆前に届いてしまった大箱の桃を冷凍した事を思い出しました 冷凍庫で見つけた桃ちゃんたちを見て 「あ♪」 冷凍しておいた自分へ感謝する瞬間 冷凍前にかき氷で食べたのがこの時 熟した香りも香水のようなあまーーい香り 色白さんで芯に向かって滲んだピンクがとっても美しい桃でした ザクザクと切り 金属トレイに敷き詰め レモン果汁をふりかけて冷凍 凍ったところでジッパーバックにバラバラ入 [続きを読む]
  • 「菊花のお皿でゴーヤチャンプル」
  • 春に桃の節句があるように 秋にもあるんです 菊の節句 9月9日 重陽の節句 雛祭りのような華やかなしきたりは無いのだけど 普段の食事に食用菊のお浸しを添えたり 菊に見立てて栗ご飯を作ったり 家族の目の付く場所に菊の花を飾ったり たとえば、こうして菊花紋のお皿を使うなんてのも 日本人らしい過ごし方 何事もその気になるってのが大事 淑やかな大和撫子になれたような気分になるだけでも嬉しい(笑) 一 [続きを読む]
  • 「いくら丼盛りつけ問題」
  • 毎年、秋に必ず撮ってるいくら丼 ここ数年いくらが高騰しているので、迫力ある大盛りで撮りたい反面 「うわーこんなに盛ったら醤油漬けすぐ無くなっちゃうじゃん;」と心が揺れる 結果器がドンドン小さくなってる問題(笑) 少ない量のいくらで迫力あるいくら丼を撮る方法は 丼を小さくすると言う切ないお話 モリっと丼からはみ出すような、心躍るいくら丼が撮りたい どうか来年は値段安定しますように(-人-) 我 [続きを読む]
  • 「いくらジャガイモ 生ハムネクタリン」
  • ひっそりと秋のいくら祭り開催中の我が家です 洋食にもいくら♪ いくらを食べる習慣って日本しか無いの?とググってみました 古くから食べるのは日本 ロシアで イクラとはロシア語だそうです サーモンの豊富な北欧でも鮭を捌いたらいくらは海に放り投げてるらしい 下処理のない取り出したばかりのいくらは生臭くて まさか食べられる代物では無いと捨てちゃうんでしょうね 自分でいくらの下処理をされたことのあ [続きを読む]
  • 「今年のいくら」
  • インスタで初物醤油漬けを作ったお友達見てしまって 慌てて買いました 今年の初いくら 去年がおののくほど高かったので 今年はどうなんだろうと不安半分に見てみると 去年ほどでは無いにしろやっぱ例年からすると高めです テレビで秋刀魚同様、鮭も豊漁と聞いていたので楽しみにしてたんだけどなー 築地移転からかしら(?)九州のスーパーでは新ものの筋子は中々見かけないので 今回もお取り寄せ 初物のいくらち [続きを読む]
  • 「かしわ飯のワンプレート」
  •                           *増渕篤宥 トクサ8寸皿 汲出し *大野香織 鉄手急須 10日もあったお盆休みは前半後半と遠距離移動しての帰省をしたので その間ずーーーーっと外食 外食が続くと胃腸の疲れや 味覚の疲れを感じます 外食は刺激的な味や高カロリーな料理が多いので 味覚自体も疲れる よく言う「食べ疲れた」っていうやつ なので、帰宅後はずーっとシンプルな味のお惣菜で [続きを読む]
  • 「冷蔵庫掃除の野菜細巻」
  • お休み前 冷蔵庫がほぼ空っぽになるまで工夫してお料理する どんどん保存食品が減ることに達成感さえ感じます こう言うタイミングに意識的に冷凍保存も使って 冷蔵庫全体を新陳代謝させる 最後はあるものだけで揃えた惣菜食卓 質素にはなるのだけど 上手く目線をずらす方法として野菜の細巻はとっても便利 巻き物のお寿司って手をかけてる風に見えますよね〜 前もって具材を揃えて準備しておけば 夕食直前にせっせ [続きを読む]
  • 「名古屋風ナポリタン」
  • お盆前の冷蔵庫整理で出来たナポリタン 材料あるものだけなのでキーポイントとなるピーマンが切れてると言うお粗末くん 「ピーマンの無いナポリタンなんて!」と呟き頬張る 最近ケチャップを高リコピンタイプにしてるのだけど ナポリタンには高リコピンのが合います 濃厚で甘め バターとの絡みも良い感じ 名古屋風とは 鉄板皿に卵を敷くこのタイプ ナポリタンの赤に卵色が映える事! 「これにピーマンがあれば・ [続きを読む]
  • 「キュウリキウイのサラダとミニバーガー」
  •                         *藤森ちかこ 豆角皿 *川端建夫 ウォルナットトレー お盆明け燃え尽きたかのごとく 息を殺して過ごしております 山盛りの洗濯やアイロンがけ、ベランダハーブの管理、常備菜数種 休み明け月曜日に一気に済ませ 火曜日から30分ごとに瞬きだけするナマケモノのような静止画的生活(怖) なので 料理写真も前もって撮りおいてあったあれこれ出しております キュウリ [続きを読む]
  • 「厚揚げ白和えとお稲荷さん」
  •                     *加藤祥孝 グレー粉引八角長皿、しのぎ丸湯呑 *大野香織 金手急須 ワタシ的大好きな料理家さんが数人います中でも 料理だけでなく語りや暮らし方、小さなコツが散りばめられたレシピが大好きで 本を集めると言うよりも、ご本人が出る料理番組が大好きな一人 登紀子ばぁばこと鈴木登紀子さん 90歳を超えて現役の料理家ですそりゃぁもう長い間、お料理番組にも出演されてますか [続きを読む]
  • 「7rule的ねこまんま」
  •                                  *大野香織 デザートカップ *ふるいともかず さざなみ丸盆 久しぶりの更新 オットのお盆休み10連休中 前半はオットの実家 後半は自分の実家 とっても久しぶりに鹿児島に帰ってきました インスタではちょっとだけ鹿児島で食べたものpic出してます こちらではお休み前に作った記事から 始まり始まり〜(笑) テレビ番組から食べたくなったねこまんま 「 [続きを読む]
  • 「桃ミルク金時」
  • 猛暑の上 室外機の熱風に晒されてプランターのハーブはへこたれ気味 横で咲く白い小さな花たちはハーブを応援するかのように次から次へと咲かせます こんだけ暑いのに、立秋ですって?この間GWだったのにもうお盆ですって? ほんまでっか?だらけ 残暑お見舞い申し上げます。 あまりの暑さに 買い物に出かけるのが嫌だ嫌だと抜かしておりますが 冷凍庫の袋入りかき氷が無くなるとせっせと買いに出かけます 我ながら [続きを読む]
  • 「明太子出汁巻」
  •                                                *増渕篤宥 トクサ8寸皿 週に1度のCOPE宅配 契約開始してから早3年 最初は卵や牛乳をダブり買いしたりと失敗も多々でしたが 最近では 毎週の配達に合わせて、保存している野菜を食べきる料理サイクルや 配達日には簡単に冷蔵庫を掃除するのもルーティン化しています 新しい食材が届く前に 食べきっておきたいものをツマミ [続きを読む]
  • 「メインディッシュになるソーセージ」
  • 今日も猛暑のお助け食材お取り寄せから 先日のパテと同じお店のソーセージ 大好きで 以前も紹介したことがあるのだけど本当お勧めのお店です たった2本のソーセージがメインディッシュになる お酒と楽しめる一皿になります 常備菜カポナータと盛り合わせて美味しい美味しいディナー 白いソーセージは無塩せき 無塩せきとは 発色剤などを使用しない無添加の意 大体、体に良いを謳ったソーセージで美味しいと思える [続きを読む]
  • 「お取り寄せパテの前菜」
  • 自他ともに認める食いしん坊で料理好きなはずが この暑さ 本当料理率減りますね 冷たいものが食べたい季節って事も救われる お取り寄せを探す作業の方が時間かけてる(笑) 前回の楽天セールでお取り寄せしたパテ・ド・カンパーニュ 1枚を半分ずつに分けてます ヤギのチーズとサラダを添えて 立派なご馳走 この日はこの後パスタだったので 前菜がメインみたいなお取扱い これにカリカリの薄切りバケットを [続きを読む]
  • 「明太子のパスタ王道?」
  •                            *豆絞り柄小鉢 鈴木努 ちょっと前のテレビで「マツコの知らない -明太子パスタの世界-」ってのやってて 番組的には「バターと明太子合わせた人天才っす!」って話になってたんだけど ワタシはクリーム派だな〜〜 バターと明太子だと明太子が勝ちすぎる感ありません? 私の作るのだとバターが少ないのかな〜 その番組後、改めて明太子バターを食べてみて 「やっぱり [続きを読む]
  • 「桃とすももとプロシュートのサラダ」
  • あらゆる災害被害で野菜や果物がどんどん高値になって行きそうですが 消費者として出来る事 買い渋らずにどんどん食べましょう 日本の誇れる農産物を守る! これは生産者だけの努力に頼るわけにはいきません 美味しいものを届けてくれる方たちへ日頃の感謝も込めて 沢山美味しく食べましょう! 生ハムメロンを初めて食べたのはいくつの頃だったでしょう 子供ながらに「不思議な味」と思っていました 大人にな [続きを読む]
  • 「ご馳走鯖で棒寿司」
  • 前記事のしめ鯖の続編 鯖の棒寿司も作りました 普段の鯖寿司は80g程度のしめ鯖で寿司飯180g程度で巻きます 八戸のご馳走しめ鯖は230g以上の肉厚鯖なので ご飯も400g程度の太巻きサイズ なので厚めに切らず12等分に切り分けました ↑上のpicだと鯖がボケてますが; 全体像はこんな感じ おつまみを少なくして寿司をツマミニ飲んだ感じでも3キレで お腹いっぱいになります 2人がかりで2日で食べる量 脂が乗ってるので山 [続きを読む]