ほ助 さん プロフィール

  •  
ほ助さん: 花ヲツマミニ
ハンドル名ほ助 さん
ブログタイトル花ヲツマミニ
ブログURLhttp://hosukechan.blog25.fc2.com/
サイト紹介文家飲みツマミに情熱を傾ける日々
自由文簡単で綺麗なお料理を目指してます
遊びに来てくださーい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/04/28 02:35

ほ助 さんのブログ記事

  • 「素麺の盛りつけと常備麺つゆレシピ」
  • 日本の夏は素麺無くして語れない こんなに簡単で短時間に出来上がって美味しい料理って他にあるでしょうか しかも老若男女大好きな麺のひとつです 「簡単で美味しい」←心が軽くなるワードですよねー 簡単に出来上がる分 薬味に凝ってみたり 天麩羅を添えて見たり 蒸し鶏のサラダを一緒になんてのも嬉しい食卓                                   *辻和美 菊 蕎麦猪口 お皿 麺 [続きを読む]
  • 「茄子南蛮と楽天サマーセール」
  • 胡瓜にトマトに枝豆、苦瓜、茄子 夏野菜が日に日に美味しくなってますね〜 茄子は、毎年毎年揚げ浸しを常備していますが ちょっと飽き気味で 最近は茄子南蛮を常備中 トローンと冷たい甘酢餡に仕上げて 一層ヒンヤリ美味しい♪ 茄子南蛮 =作り方= 茄子 中サイズ2本 片栗粉 大さじ2 揚げ油 適量 -餡- 出汁 カップ1+1/2 薄口醤油 大さじ1+1/2 みりん 大さじ2 砂糖 小さじ2 人参細切り(3cm分) ピーマン細切 [続きを読む]
  • 「手鞠前菜」
  • 自分で盛り付けておきながら ワクワク 蓋物愛が止まりません 前菜のワンポイントに差し色として1個くらいの使い方が本来だけど 並んだ姿があまりにも可愛いので撮ってみました 「カワユイ」 パカッと全開け 「ムフフ」(←いちいちキモい) まるで誰かに持て成されてでもいるかのように ムフフなのです ひとつひとつ、中を覗き込みながら開けて行く こんなプレゼンテーションも良いですね お品書き(左から) [続きを読む]
  • 「XO醤カレー炒飯」
  • XO醤を使ったカレー味 そりゃぁもう美味しいのです XO醤は今やスーパーでも売られる中華調味料ですが 海鮮のオイル漬け 漬けられた海鮮も美味しいのだけど この旨みタップリのオイルで色んなお料理も作れます この日の炒飯は 海老 ベビーホタテ 長ネギ 生姜 インゲンなどを XO醤のオイルで炒めてご飯を混ぜ煽り 最後にカレーパウダーで風味を付けた炒飯です 海鮮の旨みタップリ こんなに簡単なのにプロっぽい味に [続きを読む]
  • 「蛸のセビーチェ」
  • 蛸の旬も春なんですよ 年中スーパーにあるので見逃しがちですが 今1番美味しいシーズン そして 蛸は瀬戸内海が美味しい! 瀬戸内地域スーパーでは生ダコを丸ごとパック詰めされたものが並ぶのです 水揚げされたそのままの蛸を自分で塩もみして料理する 生から拵えた蛸は旨みの塊です 残念ながら手首を傷めてから その手の作業を避けております 生蛸を見かけてもガン見すること数分 そして結局諦める 生蛸を塩揉 [続きを読む]
  • 「高菜おにぎりの助弁」
  • お料理系ブログを毎日見るようになって それぞれの地域で当たり前のように食べてるものも、他県に行くとそうでもない、、みたいな認知ギャップを知るようになりました 生まれ育ったのが九州なので 春の漬物 高菜漬けは日本全国で普通に食べてるものだとばかり思ってました 青菜ご飯なんて「大定番で高菜ごはん!」思ってたんで そこまで皆食べてないんだって知った時、軽くカルチャーショック 実家では青高菜のお [続きを読む]
  • 「トマトビビン麺」
  •                                     *豆絞り柄小鉢 鈴木努 トマトとコチュジャンの相性がとっても良いのです 普段ナムルとして トマトのコチュジャンダレ和えを食べるのだけど ビビン麺トッピングにも超お勧め トマトの果汁とコチュジャンが混ざって麺に絡む ウマー♪ 今回は先日お取り寄せした 韓国冷麺の麺を使ってビビン麺にしましたが いつもはシラタキや春雨で作っ [続きを読む]
  • 「春キャベツ豚汁定食」
  • 鹿児島の実家の母が作ってくれてた豚汁は 具の種類は少な目 豚肉とタップリのキャベツを生姜の効いた白味噌で作る豚汁 キリッと生姜の効いた濃いめの味噌にキャベツの甘みご飯がすすむ豚汁でした                     *金手急須 大野香織  *ドット汲出し ドット箸置き 朝虹窯 味覚物差し やっぱ育った環境で食べるものが味覚の基準母の味がワタシの料理の基本にあるんだな〜とこの豚汁を食 [続きを読む]
  • 「塩雲丹のクリームパスタ」
  • 以前は生雲丹大好きだったんですが 最近食べる生雲丹がことごとくハズレ 臭みがあったりザラついてたり 「もう、生は食べる勇気ないなー」くらいの感じになっちゃって そりゃね ちゃんとした良いお店のをお取り寄せをすれば間違いないのは分かっているのだけど 気軽には食べられなくなっちゃったなーが正直なところ 「美味しくない生雲丹がないのなら」 「美味しい塩雲丹を食べたら良いじゃない」 (!) そう言う [続きを読む]
  • 「お子様ランチで飲む大人」
  • 定期的に出てくるお子様ランチですが 小さい頃に食べなかったお子様ランチは 大人になった今でも憧れのプレート 食べるのも撮るのも夢中(笑) 思えば、人生初めて見たワンプレート料理って お子様ランチかもしれませんねー 今回は最近お迎えしたこのお皿に盛りつけたくて作ったと言う流れ 見た瞬間 「絶対お子様ランチを盛りたい」と思ったのでした ハンバーグを作った日に ロールキャベツ用のタネを丸めておき そ [続きを読む]
  • 「酸辣湯」
  •                               *錫漆 小鉢 大浦裕記  *真鍮スプーン Lue 暖かくなると食べたくなるスープ 本来、中国では酸辣湯に季節は無いらしいのだけど 辛くて酸っぱいスープでシャキッと出来るから? 初めて食べたのが情熱的に暑い場所だったから・・・か ワタシ的には夏メニュー ぷるんぷるんの木耳を必要以上にタップリ 季節の筍も入れて 超超辛く 春雨を多めに入れて主食 [続きを読む]
  • 「鞠麩あんみつとサクサク最中」
  •                          *鈴木努 豆絞り柄 小鉢 緑  *朝虹窯 蕎麦猪口 夏冬関係なく定期的に小豆は煮るんだけど 今回はちょっと久しぶり 久しぶりだと一層美味しい(笑) 2人暮らしなのに、大体600g〜700g 市販の小豆2袋煮ます 1週間ちょっとで食べ終える感じ 朝食のパンを小さ目にして 冷やし小豆を添える 夕食のデザートにアイスと一緒になんてパターンも美味しい 腸内環境が一気に [続きを読む]
  • 「春ロールキャベツ」
  •                                     *加藤あゐ リム皿 過去記事を探して見ると 毎年このシーズンに作ってました 春キャベツ美味しいもんね 肉ダネは小さ目に、キャベツはタップリ美味しいスープをたっぷり含んだキャベツが 口の中で甘くほどける思い出しただけでジュワッと唾液分泌(笑)パブロフの犬 大き目に作って1個で決めるか このサイズで作ってお代わりOKにするかい [続きを読む]
  • 「作りたて常備菜でワンプレート」
  • 出来上がった惣菜を冷ましがてらおばんざい屋さん風に並べて見た(笑) 常備菜が活躍する季節始まりましたねー 賢く作って 夕食作りの時間帯を分散させる 夕食のメインを1品作り 後は涼しい顔で盛り付けるだけ 理想の夏スタイルです 「常備菜は週末集中的に作って並べた姿には達成感さえも!」って絵にも憧れるのだけど ついで常備菜が我が家のスタイル なのでバッチリ保存容器に種類揃った姿は滅多に撮れません たとえ [続きを読む]
  • 「夏野菜とクスクス」
  • 綺麗なガラス食器を買ったので むりくりマリネを盛ってみました(^m^) 買った時のイメージはプリンやアイス 苺を盛った絵 ま、でも こうしてマリネを盛った姿も悪くない ピクルスやオイル漬けなんかもOKだね ステムが高すぎないので 和食器とも使えるよな〜と色々夢が膨らみました とっても綺麗なシャンパングラス・・・? シャンパンはこれでは飲まないなー(笑) 残り野菜の一掃料理 茄子 枝豆 茹でいんげん [続きを読む]
  • 「よだれ鶏アボカド」
  • 昨日の福岡31℃超えたらしく 日中ちょっと掃除すれば汗 料理すれば汗汗 動けば汗の1日でした 気温+湿度って不快指数高ーーい 今年の夏も暑くなる予感 夏は嫌いだー 数日暑いと 本気で夏メニューになります よだれ鶏 コックリとスパイシーなタレに蒸し鶏 「アボカドを合わせたらどうだろう」と乗せてみました タレが絡んだ鶏+パクチー+アボカドの組み合わせがっ エンドレスに食べられるやつ 「ウマー」 [続きを読む]
  • 「ビビンバ?ピビンパ?」
  • 先日のナムルでピビンパ タイトルの読み方の違い 皆さんどう読んでます? 韓国語の 混ぜる=ピビン ご飯 =パブ 本来は「ピビムパブ」と書いて、発音すると「ピビンパッ」 カタカナで音を表記するのは難しいそうですが ピビンパッが本当っぽい あくまでもっぽいだけど(笑) 検索する時は絶対「ビビンバ」が多い気がする となると、、ブログタイトルとしてはどれが正解? などと邪念を抱きつつ 美味しく頂きまし [続きを読む]
  • 「古九谷でちょい飲み」
  • 「古九谷でちょい飲みしませんか」 ひゃぁ〜格好良い こんなお誘い受けたらキュン♪と鳴きます(笑) 由緒正しい九谷焼ですが、海外からもJAPAN KUTANIと絶賛されるのは この美しい色合いなんだと思います 特に この緑色使いが好き〜〜〜 目が覚めるような色味は光が透けるような美しさがあると思うのです 一見盛り付けも難しそうに感じますが そうでもない 我が家では結構ヘビロテ 気軽に普段使い出来る古九谷写し [続きを読む]
  • 「鯖の棒寿司 - ほ助寿司の始まり」
  • 最近、鯖の棒寿司を良く作ってます 細身のおつまみ仕様のやつ 指先でつまめる程度の大きさなので 一口でパクッとたべて日本酒をゴクリ オットも好きなので 他は菜の小鉢物をいくつか並べて 最後に小さなお吸い物でも出せば お腹の具合も丁度良い感じ 半身のしめ鯖に寿司飯なので 小さいとは言え満足感もあります 鯖は脂の乗ったもの80g〜100g程度 最近は真空パックに入った 出来上がりしめ鯖売ってますから、そち [続きを読む]
  • 「ナムルと冷麺」
  • いつも行くスーパーは 旬の筍さえもあったり無かったり 思うように買いたいものが買えません ご近所の一軒家住宅は高齢化 高層のマンションは若い年齢層が多いようで 赤ちゃんを抱き小さい子をの手を引いてお買物してる風景もよく見かけます 手のかかりそうな筍だとか、大物のお魚なんて入荷しても売れないんだろうなーと思っています 結果お惣菜コーナーや半調理品のコーナーは充実してます 地域や世帯環境によってスーパ [続きを読む]
  • 「アジフライサンド」
  • 愛しい連休明け ブログを更新しながらやっと実感「あー♪ 日常っ!」 長かったですねーー(涙) 9連休 同胞の皆さまも ヒステリーなど起こされることなくご無事に過ごされたでしょうか ほんっと、、ご苦労様でした(感涙にむせびつつ) いつもの連休をいつも通りに過ごしただけですが 9連休明けは達成感さえ感じます 愛しい日常 決して夫婦仲が悪いわけでもなく 義実家や義父と合わないわけではないの 付きっきり 3食 [続きを読む]
  • 「そら豆のグラタン」
  • 9連休って長−−−−い 年々GWの休暇日数が長期で当たり前になってる気が 1週間でもゼーゼーもんなのに 9連休って 「1週間旅行してきまーす」みたいな天国の方もいるのよねぃ 我が家はいつも通りの嫁仕事 ハァー(´Д`)長い 1日3食 掃除 洗濯 義父のお世話 義実家の掃除 義実家の洗濯 義実家の買い物 帰宅 家仕事 1日3食 掃除 洗濯 まーこの上、共働き+お子さんがいる2人も!ってお家もあるわけだから 「オマ [続きを読む]
  • 「小イカの青いアラビアータ」
  •                                *水野幸一 銅彩リム皿 定期的に無性に食べたくなります トマトソースのパスタ 気合を入れて大鍋で仕込むトマトソースなのですが 煮詰めて煮詰めてトマト自体の甘みを出すので 大なべで煮始めても1/3以下になります しかも、レンジの周りはトマトソースの飛び散りが大変 飛び散りトマトは固まるのも早いので 熱いうちに拭き取りつつ 鍋番をしつつ 鍋蓋を開 [続きを読む]
  • 「アスパラガス*ビスマルク丼」
  • 「アスパラガスのビスマルク風でございます。」なんてセリフを イタリアンのお店で耳にすることがありますが さてビスマルク風とは? ドイツ、かのオットー・フォン・ビスマルク宰相が超タマラーだったと言うお話から イタリアの料理人が卵を使った料理を「ビスマルク風」と名付けたことから始まります ドイツの東西統一のために尽力を尽くしたと言われるビスマルク宰相 ワタシ達タマラーの頂点に立たれるお方なわけです [続きを読む]