GLAMDY-BOSS さん プロフィール

  •  
GLAMDY-BOSSさん: GLAMDYデザイナー・塩谷昇の詩情
ハンドル名GLAMDY-BOSS さん
ブログタイトルGLAMDYデザイナー・塩谷昇の詩情
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/glamdy_boss/
サイト紹介文和柄ブランドGLAMDYのデザイナー兼社長のポエム・散文集。毎日更新
自由文GLAMDYのBOSSこと塩谷昇(ファッションデザイナー・マルチアーティスト)の私的ノート。ユニークかつシニカルな視点でポエムや散文を書き留めています。読者からの「お題」にポエムで答えるのがマイブーム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/04/30 11:09

GLAMDY-BOSS さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 4000cc以上or1500cc以下
  • 車を車検に出したらいろいろと壊れていて思いのほかお金がかかるので車を買うことにした。ローンも組めない身分としては現金で買わなければいけない訳なのだ。とりあえず奮発しても込み込みで50万までだ。とりあえず壊れなさそうな国産車で万が一の故障のとき修理部品代の安い大衆車。さすがにこのいかつい顔で黄色いナンバープレートは除外するとなる。結論、色もボディタイプもなんでもいいということ。実際、月のうち半分は東 [続きを読む]
  • いやらしい顔の男
  • この前ある男性に、「会うたびにいやらしい顔になってくるね」といわれた。「ありがとうございます。いまのぼくの職業では褒め言葉ですよ」と笑顔で、それからしばし雑談をして「最近仕事が順調でこれ近々噴きますよ」とぼくがいうと「こういっちゃあれだけど、一度失敗した人って往々にして見込みが甘いんですよね」だってね、「まさにそうですよね気を付けまーす」とこれまた笑顔で、人間変われば変わるもんだ 昔なら、喧嘩だね [続きを読む]
  • 猛暑予報
  • 今年の夏は猛暑との予報。いつしかの猛暑も冷夏も忘れてしまった。夏は暑い、寝苦しい、蚊が鬱陶しい、女性がなまめかしい、ビールがやたらと美味い...夏といえば猛暑だろう冷夏だろうがこんな感じだ。夏も冬もあまり好きじゃない、春と秋が好きだというわけでもない。でも四季があるのは好きなんだ、生ることに彩りを添えてくれる。人生が楽しくなる。 [続きを読む]
  • 田園調布〜原宿
  • 東京スタジオは田園調布といっても多摩川の土手の近くで公園が近くたくさんあってコンビニはなくって、まるで東京感がなくて最高なんだ。ものづくりにはもってこいの環境。時間もゆったりと流れて緊縛セラピーをするにもとても癒されますよ。今は原宿。昔はここにお店も事務所あったなぁあの頃とは随分と変わってしまって自分の老化を感じるな。今夜は息子と夕飯を一緒に食べるために原宿にやってきた。やつの勤務先がここだから、 [続きを読む]
  • 見栄も承認欲求も女もいらない
  • 昔はバカほど酒を呑んで騒いで暴れてお姉ちゃんを連れて帰って二日酔いで朝から機嫌が悪くて仕事もままならいような日々でした。そりゃー会社もつぶれるでしょみんなが羨むような外車に乗っていくつも高級時計を手に入れて、派手な事業展開 自社ビル、自宅を購入して 新聞や雑誌に取り上げられていい気になってね。で回りはどう思うか?成金で品のない承認欲求の塊の目立ちたがり屋。いつかは終わるよあんな奴って思っていただろ [続きを読む]
  • 強制断捨離の幸福
  • 最近では、縛り屋喜多征一と名乗ることが多く、自分が塩谷昇であることを忘れてしまいそうなので、故人塩谷昇の今日記を書き綴ってみることにした。息子が就職で東京に行き、娘は遅れてきた反抗期で家を出て行き、今 完全に30年ぶりの一人暮らしをしてる。隣がコンビニだから超便利、冷蔵庫と呼んでいる。子どもを成人させ女房もいない生活、最高最高最高絶好調!なんの責任もないおれひとり生きればいいそんなの簡単だ。緊縛師を [続きを読む]
  • SMLuxury 完全公開
  • 2005年から書き始めた このビートニクブログ。当時はまだ、GLAMDYのデザイナーで、ダーワイコミュニケーションの社長でもありました。今は、喜多征一という名で縛り屋なるものして、SMLuxuryというサイトの編集長をしています。そして、今日そのサイトが完全公開しました。http://smluxury.jp/こちらのブログで、後半書かれていたSMや緊縛の記事は今後SMLuxuryのサイトで書いてゆきます。よって、このブログは閉鎖.........なんて [続きを読む]
  • 泣いたって、謝ったって、
  • オリンピックがはじまって柔道で銅メダルでも悔し泣きをし、水泳で同級生ライバルで金と銅でお互いをたたえ合うそんな日本人選手。プロではないんだよ純粋に感動だね。全員がプロのサッカー選手。言い訳はダメだよね。プロだもん落ち込んでる場合じゃない。なにも失うものはないじゃないか、私はビジネスのプロで傲りと過信と実力のなさせで、社会的信用と全財産を失った。泣いたって、謝ったって、言い訳しても許してはもらえない [続きを読む]
  • www.smluxury.jp
  • 27年間手塩にかけた会社を倒産させ、名古屋に移り住み、元従業員が作った会社㈱SHIBARIで、GLAMDYデザイナー、縛り屋、SMLuxuryというサイトで、日本初のBDSM関連キュレーションメディアの編集長としてこの秋には、グランドオープンに向かって、変態活動に勤しんでいる。自分で言うのもおこがましいが、才能ってやつは、潰しがきくもので、いや今に至っては、性癖と言うべきかそれなりに仕事になるものなんだ。53 [続きを読む]
  • エロでもグロでもアートでも
  • 縛られるの正しい気持ちよさなんてない。セックスにおけるオーガズムも同じで、個人差もあれば、経験値によっても違うし、精神状態によっても変わる。ただありのままを感じればいい。痛ければ痛いといって、苦しければ苦しいといって、眠たければ寝ればいい。縛られたらこういう気持ちよさじゃなければいけないという先入観のきめつけがよくない。セックスだって、ほらクリトリスだGだPだ、中逝きだ、オーガズムは全部脳で逝って [続きを読む]
  • 無我の境地へ導く縄
  • 縄で縛ると言っても趣味嗜好がある。もちろん縛られる側にもだ。SMの人の縄は、受け手に催眠術のように暗示をかけて行く。視覚聴覚を遮断し呼吸を管理して血流をコントロールして判断能力を奪って無にして行く、そうまさにアングロサクソン的だ。全頭マスクを被せるなんて言うのはそのいい例だろう。縄師の縄は、背後座った瞬間から、縄を通して受け手の心の中には入り静かに眠っている感情を縛り出して行く。座禅にもにた無我の境 [続きを読む]
  • 変態S男華麗なる戯れ
  • 自分でデザインした服を着せて縛る。デザインを壊す、縄でラインを潰す。縄でたぐって寄せてドレープを作る、絞りを入れる。なんと気持ちがいいことだろうか縄で縛って過去を壊し、新たなものを創造する。一方的に押し付けたデザインをそれを着た女と一緒にデザインし直す。世界でただひとりの緊縛デザイナー(多分)あるモデルが言ってた。私を縛ったお気に入りの写真は、お気に入りのブランドの服を着たご機嫌な私と同じ気持ちに [続きを読む]
  • 儚い縛り
  • 縛りとは切ないものでどんなに凝って縛ろうが完璧なテンションで受け手に入りまくって恍惚の表情と淫靡な曲線を体がえがいたとしても受け手のからだの限界や意識の昏迷が見られればそれを最優先に縛りをほどくのがあたりまえだそしてその縛りはもう二度と出来ない受け手の精神状態、汗の滲み具合にそれが縄に染み込む縄のしなり湿度、温度、風、雨、日の加減、時間そして受け手の性の成熟度すべてが同じ条件のときは、二回としてな [続きを読む]
  • 過去の記事 …