イチ さん プロフィール

  •  
イチさん: 魚本探偵団
ハンドル名イチ さん
ブログタイトル魚本探偵団
ブログURLhttp://painlong.txt-nifty.com/blog/
サイト紹介文熱帯魚、淡水魚、金魚、水草、水生植物に関する本の蘊蓄です。初期のFM・ALやグッピー本も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/05/02 00:01

イチ さんのブログ記事

  • 「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その5
  • 第四章 ランチュウの飼育法 P.136〜 もっとも豪華な金魚  特徴  ランチュウを選ぶとき  理想的な体の形   姿勢で説明。底から4cm、15〜20度  頭の形   餌の種類などの話  背の形   好ましくない背のイラストを掲載   腰高   一文字   登り腰   背瘤   鋸腰   帆柱  腹の形   好ましくない腹のイラストを掲載   前孕み   釣腹   片孕み  尾柄   好ましくない尾柄のイ [続きを読む]
  • 「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その4
  • 第三章 金魚を飼育するコツ P.90〜 よい金魚を選ぶこと  健康な金魚の条件   6点記載  色について   ・・・「黄金色」に近い赤を選ぶよに・・・  金魚の理想的な形   ・・・おすもうさんの「アンコ型」のような金魚がいい・・・  特に注意すること   ・・・同じ種類の同じ大きさの金魚を選ぶことです。・・・   ・・・「同じ体の大きさに成長させる」ことを目標に・・・  囲み記事 相談室 ワキンと [続きを読む]
  • 「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その2
  • カバー 母子がプラスチック水槽内の金魚を見ている白黒写真この本の読者に  ・・・金魚を飼うのはやさしくてむずかしいことです。・・・金魚を飼 うということは、金魚の好きなくらしをさせて・・・。  ・・・何にもまさる楽しさとなります。その楽しさを知ってもらうため に、私はこの本を書きました。・・・       著者第一章 金魚の祖先と仲間たち P.19〜 金魚には長い歴史がある  金魚の祖先はフナ   ・ [続きを読む]
  • 「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年
  • 「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年5月30日 四六判 P.201 定価420円 著者は金魚界ではこの本でしか名前が出てきません。「ランチュウの飼育法」を章立てしているのと、出版社が無名ではないので経験、実績はあると考えられます。 有紀書房からはこの他に、太田邦男氏や梶純夫氏が金魚の本を著しています。 内容は中学生ぐらいからの読者を意識した作りになっているように思います。文章も上手で、 [続きを読む]
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年 その5
  • 繊維工業と淡水漁業者との摩擦相剋 湖南樓主人 P.34〜 緒言  化学繊維会社と漁民の実情  −−−メモ−−−   辜=コ、ク、つみ。無辜=ムコ、何の罪もないこと。 (一)繊維工産品と水産物との比較   ・・・昭和┼二年四月一日現在漁業者専業八百三十八世帶、  副業一萬四千百七十六世帯・・・  東洋紡、東洋レーヨン、旭ベンベルグと漁業者の人員、生産額  や納税額の比較の話 (二)工場排水に依る被害之に [続きを読む]
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年 その4
  • 内陸湖沼の深さと漁獲量との關係 吉村 信吉 P.21〜 執筆者は湖沼学者  ・・・營養鹽類の含有量は日本の湖では深さと反比例し淺けれ ば淺い程營養鹽類が豊富である。・・・從って深さと漁獲量とも亦 反比例し、深い湖程漁獲量が少ない。・・・ ・・・ある深さ以下になると反って漁獲量は少なくなる。・・・  ・・・溶解性營養物質の少い為ではなく、必然的に淺い沼の底を 被ふ水草がそれを吸収し、・・・ 水草の害の話 [続きを読む]
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年 その3
  • 淡水漁業の意義 農林省水産局 大田知度 P.8〜 耕作面積について実態と標準を数値で説明  ・・・古來我國の農山漁村では入會林野や河川湖沼は農民生活 に缺ぐべからざる補充財であったのだが社會事情の變化に伴って 之等河川湖沼其の他入會地に於ける入會權は漸次實質的に消 滅せむとする運命を・・・設立趣旨の貫徹を望む 滋賀縣水産試驗場長 青木三雄 P.10 既存の会の問題点  ・・・弱少の漁業者程その要求の熱烈 [続きを読む]
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年 その2
  • 表紙 比良殘雪遠望扉 寄稿歡迎 原稿依頼願いグラフ(※口絵) 淡水漁業發會式記念撮影  役職と指名を掲載 醒井養鱒場四季の寫眞 小鮎配給事業 鰉人口採卵器發刊の言葉 森幸太郎 滋賀県水産組合組長  大陸政策遂行の緊張と感激との眞唯中に、我々淡水業者の熱 望に答へて目立度く、こゝに本誌の創刊を見ました。  ・・・國民榮養上からの淡水資源の増産も亦直接我々に課せら れた大問題であります。・・・  ・・ [続きを読む]
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年
  • 「淡水」 創刊號 日本淡水漁業聯合會 昭和13年2月23日發行 定價 50錢 郵税3錢 A5判 P.60  ※創刊号、連合会 この雑誌は漁業協同組合の機関誌として創刊されたものです。創刊号なので発刊祝辞や淡水漁業を取り巻く環境などアウトライン的な記事が目につきます。 その中でも、水深と漁獲量と水草の関係の話は、他の本などでは、ほとんど見かけない内容だと思います。 昭和初期の発行であるため、旧字が多く手書きパッド [続きを読む]
  • 大賀一郎関連書籍
  • 大賀一郎関連書籍このブログで紹介した大賀一郎博士に関連する本をまとめておきます。「ハス」  大賀一郎 内田老鶴圃 昭和35年 「ハスと共に六十年」 大賀一郎 アポロン社 昭和40年 「蓮ハ平和の象徴也」 副題「大賀一郎博士を偲ぶ」 大賀一郎博士追憶文集刊行会 昭和42年長篇叙事詩 「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年 「ハスの研究」 豊田清修 有明書房 昭和56年 「大賀ハス」 千葉 [続きを読む]
  • 「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その4
  • [特別展記念講演会]ハス博士 大賀一郎 長島時子 P.33 執筆者は恵泉女学園短期大学助教授 吉田公平氏が紹介で略歴と大賀博士との繋がりを記述 ・・・1950年(昭和25)千葉県の滑川から出土した須恵器の中に 約1200年前のハスの実が入っており、それを先生が発芽させ・・・ 鴎友学園の女子生徒が・・・肥料としていわしが良いというので、 ・・・1週間後には枯れてしまった。・・・ ・・・年代が本当に2千年なのかとう [続きを読む]
  • 「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その3
  • ハス・ミニ知識 ハスの分類と古生のハスについて P.24〜 ハスのうち、白の花色をもつ東洋産種は・・・黄の花色をもつアメ リカ産種・・・ 化石、古典文献、邦語の話大賀ハスの分根先一覧 P.25〜 国内と国外の表を掲載  国内は都道府県名と分根先として施設や個人名を記載109か所  国外は国名と地名や団体名を記載 13か所大賀ハスと阪本祐二先生 P.27〜 永遠なれ、阪本祐二先生 吉田公平  4集粒花粉の研究の話な [続きを読む]
  • 「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その2
  • 口絵  カラー写真 米LIFE誌(最初に開花したハスの写真)、ハスの  花3点  ボタニカルアート千葉の大賀ハス P.7〜 1 古蓮実の発見  国学院大学教授の大場磐雄博士からの実  検見川での発掘、大賀博士の日誌など  ・・・3月30日(※昭和26年)・・・これ以上はもう不可能であるとい  いだした午後5時10分頃、花園中生徒、西野真理子さんが・・・一  粒のハスの実が発見された。・・・4月6日・・・さらに二粒 [続きを読む]
  • 「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年
  • 「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年3月15日発行 B5判 P.56 この本は、昭和62年度特別展「千葉の大賀ハス展」の成果物であることが、序に書かれています。 このブログで大賀一郎氏については、関連書も含め4冊紹介していますが、書籍であるため写真等の掲載はありませんでしたが、この本に当時の資料の収集が目的とのことで、数多くの当時の写真や大賀氏の日誌が掲載されていて大変興味深いです。 内容では、「大賀 [続きを読む]
  • 「廣海放談」 廣海貫一 デパート通信社 昭和36年 その4
  • 香港に旅して 司葉子さんとともに P.148〜       昭和三十年十一月十一日号〜十二月十四日号  初めてのジェット機、香港開通記念と司葉子の話  ここに娘さんの名「緑」がでてくる。 その一 その二 その三 その四 その五 その六御堂筋の銀杏 P.170〜 昭和三十五年四月十一日号 イチョウの観察の話カマキリ カマキリと現代世相の考現学 P.174〜       昭和三十五年三月三十日号〜五月三十日号 自身 [続きを読む]
  • 「廣海放談」 廣海貫一 デパート通信社 昭和36年 その3
  • 百貨店と政治 百貨店の集排法解除の想い出 P.62〜                    昭和三十四年一月二十四日号 1 百貨店は政治に関与せず?  百貨店の掟、戦後の物価安定、定価制などの百貨店の役割  などの話 2 政治懇談会の末路  百貨店の繁盛などの話 3 政治の中に立たされる百貨店  物品税、衆参議員への話 4 集中排除法の登場  過度経済力集中排除法と三越、高島屋、大丸、松坂屋、GHQ   [続きを読む]
  • 「廣海放談」 廣海貫一 デパート通信社 昭和36年 その2
  • 表紙 著者が緑色好きらしく、緑地のビニルにエンゼルフィッシュ口絵 本人のカラー写真 皇太子との白黒写真序 ・・・風かわりな、そして、独自独歩の筆舌を持っている人。君が 主催するデパート通信社の・・・ ・・・先年、彼は、全国区から参議院議員候補として堂々の陣を 張って・・・大失敗に終わったのは・・・ ・・・彼には又、・・・「緑鱗窓」の名で聞こえた熱帯魚の育成が ある。・・・ ・・・彼は、とる歳かんれ [続きを読む]
  • 「廣海放談」 廣海貫一 デパート通信社 昭和36年
  • 「廣海放談」 廣海貫一 デパート通信社 昭和36年11月1日初版 小B6判 P.280 帯付  300円 「廣海貫一」と「デパート通信社」でピンと来た人は、相当数の熱帯魚関連本に目を通された方だと思います。 本書は最初の「熱帯魚と私」以外は氏が主催する業界紙「デパート通信」からの抜粋となっています。 著者は戦前から戦後にかけて、熱帯魚の卸し業を行っていた「緑鱗窓」の経営者でもありました。この書の中で、日本の熱帯 [続きを読む]
  • 「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その4
  • 第5章 江戸時代の金魚ブーム P.151〜 1 江戸で金魚がなぜもてた  「びいどろ」による楽しみの話 2 びいどろの金魚玉  ガラスの伝来、歴史などについて、製造販売の加賀屋などの話 3 園芸時代の江戸と金魚  染井村の花戸、伊藤伊兵衛などの話 ※ソメイヨシノの染井 4 江戸の町の金魚売り  主に錦絵からの解説 5 江戸の金魚の元店はどこに  上方、「たどんや」の淡路屋卯兵衛などの話  −−−メモ− [続きを読む]
  • 「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その3
  • 第3章 江戸の町を金魚が行く P.83〜 1 金魚の光しんちう屋  ・・・文亀二年・・・それから江戸時代が始まる慶長三年まで  百一年・・・  江戸時代の文芸での金魚の話  真鍮屋という金魚商について様々な文献から解説 2 江戸時代を生きた金魚  以下の種について、古書を引いて解説  わきん(和金)   名前の由来、特徴などの話   −−−メモ−−−    麦魚=メダカ  らんちう(卵虫、蘭鋳、金鋳) [続きを読む]
  • 「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その2
  • −−−ここから本文−−−プロローグ 日本の金魚と日本人 P.6〜 江戸の時代背景、行商、明治期、松井佳一博士、この本を著し た目的などの話 ・・・大戦後、・・・新しく入ってきた金魚を「新中国金魚」とか「中国 金魚」と呼んで・・・金魚の生まれ故郷が中国だったことを思うと、 これは、少し変だった。・・・第1章 金魚のルーツを尋ねて P.13〜 1 北陸の峠に鉄魚がいた  朴沢博士、金沢市郊外の池などの話 2 [続きを読む]
  • 「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年
  • 「金魚と日本人」 副題 江戸の金魚ブームを探る 鈴木克美 三一書房 1997年11月30日発行 本体850円+税 小B6判(コンパクト判) P.250 本書は金魚の歴史を紐解くような内容で、数多くの古書を引用し、読み難い文章も簡易的に訳しているので、この辺りの知識を得たい方にはいい本だと思います。 しかし、蛇足も多く第4章などは金魚に無関係な内容となっています。また、副題のように徹底して江戸時代にこだわった文章で、 [続きを読む]