デジプリ さん プロフィール

  •  
デジプリさん: 地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ハンドル名デジプリ さん
ブログタイトル地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ブログURLhttp://dejipuri.exblog.jp/
サイト紹介文プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、全宇宙地球を、愛することを伝えていくブログです。
自由文私は、全世界(地球)・全宇宙に
生きる人たちのために、ブログを毎日更新して作っています。
<地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
と言うブログです。
プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、地球を愛することを伝えていくブログです。
是非、遊びに来てください。
御待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/03 20:39

デジプリ さんのブログ記事

  • 歯とかぎづめ・オオカミと野生の犬(再)
  • 歯とかぎづめ・オオカミと野生の犬(再)オオカミは、シカやヘラジカなどの獲物をもとめて、広く歩き回ります。見つけると、相手に気づかれないように、ゆっくりと近づき、相手が逃げ出すと突進するのです。数頭が42本の歯で尻を噛み、獲物のスピードを落としたところで、リーダーがおどりでて、獲物をおさえるのです。すると、他の仲間はいっせいに噛み付き食い尽くすのです。獲物をしとめるためには協力し合うが、食べることとな [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編4・めったにない光景(再)
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編4・めったにない光景(再)ピューマは、大きくて強いですがとても用心深いのです。かれらは単独で行動し、狩りをするのです。シカやオオシカからジリスやノネズミ、そして、大きな獲物がいないときには、バッタまで捕まえて、飢えを凌いでいるのです。 ピューマは、人間をさけるので、人に近寄って来たり、攻撃してくることはめったにないのです。 [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編3・ライオンの肉(再)
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編3・ライオンの肉(再)その昔、人々はライオンの肉を食べると、勇気が得られると思っていました。絵画や物語の中でもライオンは古くから、力と強さの象徴として頻繁に登場しているのです。ところが、「オズの魔法使い」に登場する臆病のライオンは、自分には勇気がないと信じていて、エメラルドシティーの魔法使いに、「どうか自分を勇敢にして下さい。」と、たのむ。 [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編1・狩りの瞬間(再)
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間編1・狩りの瞬間(再)大型のネコの仲間のほとんどは、犬歯で獲物の首の後ろに噛み付き、その脊髄を噛み切って、獲物を殺めるのです。バッファローのような、とても大きい動物を殺す時には、相手ののどをきつくしめて、窒息死させるのです。ライオンの大きな足とするどいかぎづめは、相手の大きな体を地面に、引き倒す時にも、役立っているのです。 [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間(再)
  • 歯とかぎづめ・大型のネコの仲間(再)大型のネコの仲間のライオンやトラ、ジャガー、ヒョウ、ピューマや、ユキヒョウ、チーターはみなすぐれたハンターです。ときには、トラ、ライオン、ヒョウなどがわざと襲う事もあるのです。[#IMAGES22#]かみそりのように鋭い歯、強いあご、相手につきたてるかぎづめと、しなやかな体をもち、シカやカゼルやインパラなどの、動物を獲物にしているのです。[#IMAGE" alt="S38#]ときには、トラ、 [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ編2・飛び出しナイフ(再)
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ編2・飛び出しナイフ(再)ネコはかぎづめをつかって、獲物を捕まえます。飛び出しナイフはふだんは、ナイフケースの中に、折りたたんで、収めてありますが、つかう時には、手首をひょいと、動かすだけで、飛び出してきます。[#IMAGES38#]ネコのかぎづめは、飛び出しナイフのようなしくみになっています。[#IMAGE" alt="S26#]飛び出しナイフはふだんは、ナイフケースの中に、折りたたんで、収めてありま [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ編1・空をまう、つり師(再)
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ編1・空をまう、つり師(再)ミサゴのうでまえを知ったら、つり人は、みんな、羨ましがるに違いありません。10回のうち9回は狙った魚を捕まえられるのです。ミサゴは、水上の高いところを8の字をえがいて飛び、ボラなどの魚を見つけると、まずは、足から、突進して、魚をとらえて水から引きずり出すのです。足の指にあるとげ状のものはとまり木まで、魚を運んで食べるまでのあいだ、滑りやすいえものを [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ(再)
  • 歯とかぎづめ・足・かぎづめ(再)動物たちは、かぎづめや足をつかってえものを捕まえます。ジャガーなどの哺乳動物は、長く鋭いかぎづめで、えものをしっかりとつかまえておいてかみ殺すのです。[#IMAGES36#]かぎづめは、指先を守るための爪が発達したものです。[#IMAGE" alt="S34#]ジャガーなどの哺乳動物は、長く鋭いかぎづめで、えものをしっかりとつかまえておいてかみ殺すのです。[#IMAGES36#]かぎづめは、指先を守るための [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・歯・あご・くちばし編1・とびぬけて長い犬歯(再)
  • 歯とかぎづめ・歯・あご・くちばし編1・とびぬけて長い犬歯(再)剣歯虎は、いまでは絶滅してしまった動物ですが、すさまじく長い歯をもっていました。ところが、するどいギザギザのふちをした、この長い犬歯は、あまりがんじょうには、できていなかったのです。[#IMAGES23#]頭骨は、だいたいライオンと同じくらいの、大きさでしたが、犬歯の長さは、ライオンの2倍以上あったのです。[#IMAGE" alt="S46#]ところが、するどいギザギ [続きを読む]
  • 歯とかぎづめ・歯・あご・くちばし(再)
  • 歯とかぎづめ・歯・あご・くちばし(再)危険な脊椎動物の多くは、歯を武器にしているのです。バラクーダの鋭い歯は、逃げる魚の肉を大きく噛み千切り、ワニの鋭い歯は、がっちりと食いついて引き裂くのです。魚やワニの歯は、1種類ですが、哺乳類には、何種類かの歯があるのです。ライオンは、獲物に長い犬歯を突きたて、臼歯で肉を引き裂き、ふちがギザギザの門歯で、骨に残った肉をこそげとるのです。鳥には歯が全くありません [続きを読む]
  • 太陽編5・光のリボン(再)
  • 太陽編5・光のリボン(再)太陽のフレアは、黒点の周りから、プラズマを宇宙空間に放出します。プラズマが地球の磁極のあたりを包む、超高層大気にぶつかると、オーロラと呼ばれる、色鮮やかにゆらめく光のリボンが発生します。黒点の活動が盛んになると、オーロラは頻繁にあらわれるようになります。 [続きを読む]
  • 太陽編2・太陽の内部(再)
  • 太陽編2・太陽の内部(再)太陽の中心部でつくられたエネルギーは、放射層や対流層を通り抜けて、しだいに表面へ送られてきます。私たちが目にする「光球」、つまり太陽の光り輝く表面は、実はガスでできたうすい彩層と、いちばん外側の大気、コロナを通して見えているものです。 [続きを読む]
  • 宇宙の飛行物体(小惑星と流星体編3)(再)
  • 宇宙の飛行物体(小惑星と流星体編3)(再)1983年6月、飛行中のスペースシャトル・チャレンジャー号は、流星体が、まえに飛行した宇宙船から、はがれたペンキ塗装のかけらと思われる、ごく小さな粒子にぶつかったのです。スペースシャトルも、小さな粒子も、たいへんなスピードで、飛んでいたので、この衝突で、スペースシャトルの窓に小さなクレーターが、残ったのです。宇宙では、ごく小さな物質も、高速度で、動いているため、 [続きを読む]
  • 小惑星と流星体(太陽系のなかまたち)(再)
  • 小惑星と流星体(太陽系のなかまたち)(再)太陽系には、大きさも性質もさまざまな仲間がいます。小惑星は、宇宙に浮かぶ小さな岩石です。[#IMAGES43#]なかでも、いちばん小さいのが小惑星と流星体です。[#IMAGE" alt="S34#]小惑星は、宇宙に浮かぶ小さな岩石です。[#IMAGES43#]なかでも、いちばん小さいのが小惑星と流星体です。[#IMAGE" class="IMAGE_MID" height="S45" width="S22#]そのほとんどは、小惑星帯と呼ばれています [続きを読む]
  • 太陽(再)
  • 太陽(再)太陽系の中心、太陽。とはいえ、太陽は銀河系で、いちばん大きな恒星ではありません。[#IMAGES58#]私たちが生きていくことが出来るのも、この巨大な恒星から、受ける光と熱のおかげです。[#IMAGE" alt="S38#]とはいえ、太陽は銀河系で、いちばん大きな恒星ではありません。[#IMAGES58#]私たちが生きていくことが出来るのも、この巨大な恒星から、受ける光と熱のおかげです。[#IMAGE" class="IMAGE_MID" height="S19" wid [続きを読む]