デジプリ さん プロフィール

  •  
デジプリさん: 地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ハンドル名デジプリ さん
ブログタイトル地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ブログURLhttps://dejipuri.exblog.jp/
サイト紹介文プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、全宇宙地球を、愛することを伝えていくブログです。
自由文私は、全世界(地球)・全宇宙に
生きる人たちのために、ブログを毎日更新して作っています。
<地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
と言うブログです。
プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、地球を愛することを伝えていくブログです。
是非、遊びに来てください。
御待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/03 20:39

デジプリ さんのブログ記事

  • 旅と交易・ヨーロッパの商人(再)
  • 旅と交易・ヨーロッパの商人(再)中世のヨーロッパは、11世紀から12世紀にかけて一気に発展し始める。土地の開拓が進んで農業の技術も進歩し人口も増えたのです。中世ヨーロッパの社会では人は3つの身分に分けられていました。戦争で戦う王や騎士、土地を耕す農民、そして、神に祈る聖職者です。身分が上の者は下の者に土地を与え、身分が下の者はその見返りに、上の者を守り、家来として忠実に使える。土地を中心としたこのよう [続きを読む]
  • 旅と交易・十字軍編3・兵士たちの末路&東方での生活(再)
  • 旅と交易・十字軍編3・兵士たちの末路&東方での生活(再)●兵士たちの末路男たちは、妻子を家に残して十字軍に参加し、遠い異国の戦場で傷ついていたのです。病気や食料不足で命を落としたり、奴隷になる者もいました。1212年の少年十字軍では参加した3万人以上の、子供たちのほとんどが、故郷に戻らなかったと言います。●東方での生活東方の国の豊かさや生活スタイルは、十字軍の兵士たちにとって強烈な魅力でした。干しブド [続きを読む]
  • 旅と交易・十字軍編2・東方との貿易(再)
  • 旅と交易・十字軍編2・東方との貿易(再)ジェノバやピサやベネチアの船主たちは、地中海を横切り、十字軍を戦場へ送りました。その見返りにコンスタンティノープルなどの、イスラム都市を十字軍が占領すると、これらの、土地で商売をする権利を手に入れました。こうして、イタリア商人は、イスラム商人の手をへずに、アジアの国々と、直接取引きして、莫大な富を得たのです。だが、イタリアの都市とコンスタンティノープルは、通 [続きを読む]
  • 旅と交易・十字軍編1・聖なる都市&巡礼の記念品(再)
  • 旅と交易・十字軍編1・聖なる都市&巡礼の記念品(再)●聖なる都市パレスチナの町エルサレムはキリスト教でも、イスラム教でも、ユダヤ教でも、特別な聖地でした。1099年の第1次十字軍で、キリスト教徒の兵士たちは、コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)に、集まり、エルサレムへ進軍したのです。十字軍は町を占領して男たちを殺め、金や宝物や女たちを奪ったが、最期にはイスラム教徒が、町を奪い返したのです。● [続きを読む]
  • 旅と交易・十字軍(再)
  • 旅と交易・十字軍(再)1095年、ローマ教皇ウルパヌス2世は、キリスト教の聖地エルサレムをイスラム教徒から、奪い返そうと、ヨーロッパの王たちに呼びかけました。昔、イエス・キリストが、最初に教えを広めた、エルサレムの土地はこの頃にはイスラム教徒のものになっていたからです。その後200年にわたって、ヨーロッパの王や騎士は、教皇の呼びかけに応じて大規模な十字軍を3度送りました。また、1096年の先発隊のように民集が [続きを読む]
  • 旅と交易・シルクロード編3・大陸をまたにかけて&絹の秘密(再)
  • 旅と交易・シルクロード編3・大陸をまたにかけて&絹の秘密(再)●大陸をまたにかけて様々な国の商人や旅人がシルクロードを行き交ったのです。●絹の秘密絹は中国の特産品で、作り方は秘密にされていましたしなやかで光沢のある絹布はカイコのまゆから、出来る細い糸をおったものでした。500gの糸を紡ぐのに2500個以上のまゆを解さなければならないので絹は大変高価でした。中国人は、絹布に刺繍したり絵を描いたり服に仕立 [続きを読む]
  • 旅と交易・シルクロード(再)
  • 旅と交易・シルクロード(再)中国は何世紀もの間、山脈や森林、広大な砂漠などによって、周りの世界から隔てられていました。だが、紀元前138年頃、西方への使節として張騫一行を送る。北方民族の侵攻に対抗するための同盟国と、強い軍馬を探すためでした。張騫によって、異国の情報や物品が齎されると、商人や旅人も、遥か西方へ出かけて行くようになりました。アジアを横断する、シルクロード(絹の道)と、呼ばれる交易のネッ [続きを読む]
  • 海の王者たち・太平洋を越えて編1・巨大な石像&新しい土地を探して(再)
  • 海の王者たち・太平洋を越えて編1・巨大な石像&新しい土地を探して(再)●巨大な石像イースター島の海岸には巨大な石像が並んでいる。人々は柔らかい火山岩で島の守り神となる石像をほると海を見下ろす高台に運び上げたのです。●新しい土地を探してポリネシアの人々が、船体を2つ横に並べたダブルカヌーに乗り込んで、太平洋を渡って行きます。パンの実やサツマイモ、タロイモにヤムイモ、バナナやココナッツといった食料、そ [続きを読む]
  • 海の王者たち・太平洋を越えて(再)
  • 海の王者たち・太平洋を越えて(再)ポリネシア(「沢山の島」の意味)の島々は、太平洋の真っ只中に点在しているのです。インドネシアやマレーシアから太平洋を東へ進んできた航海者たちは、紀元前2000年頃から、木をくり貫いたカヌーに乗って、この海域を移動し続け、紀元1000年頃にかけて、ポリネシアの島々に住み着いていったのです。彼らが持ち運んだラピタ式土器の出土地を繋いでいくと、移動の道筋を考古学的に辿ることが出 [続きを読む]
  • 海の王者たち・バイキング編1・来世のために&西アジアへの進出(再)
  • 海の王者たち・バイキング編1・来世のために&西アジアへの進出(再)●来世のために彫刻が施されたある木の柱はノルウェーのオーセベルで、発掘されたバイキング船の一部です。船の中には、ノルウェーの王族らしい人物が埋葬されていたのです。●西アジアへの進出バイキングの商人が西アジアの国々との、交易を始めたのは、9世紀のことでした。ある金の仏像も、西アジアのイスラム商人との取引きで手に入れた物だろう。 [続きを読む]
  • 海の王者たち・バイキング(再)
  • 海の王者たち・バイキング(再)スカンジナビア半島周辺に住むバイキングは、船を巧みに操って海や川で漁業や交易をしたのです。沿岸の土地では農耕も行っていたが、やがて人口が増え、土地が足りなくなったのです。こうして8世紀の終わり頃、バイキングはスピードの出る頑丈な船で大海原に乗り出したのでした。スウェーデンのバイキングは東に向かい、パルト海周辺の国々と交易して、セイウチの、牙や毛皮を、銀や真珠や中国の絹 [続きを読む]
  • 海の王者たち・イスラム商人たち編3・ダウ船&イスラム教(再)
  • 海の王者たち・イスラム商人たち編3・ダウ船&イスラム教(再)●ダウ船イスラム商人たちは、ダウ船と呼ばれる帆船で航海した。ダウ船は軽量なうえ、大きな三角帆で、風をとらえるので、スピードが出るのです。今日でも、何百年も昔とかわらない形のダウ船が、沢山使われているのです。●イスラム教イスラム教は7世紀に預言者ムハンマドによって始められました。イスラムとは「アラー(神)の意志に従う」という意味なのです。イ [続きを読む]
  • 海の王者たち・イスラム商人たち(再)
  • 海の王者たち・イスラム商人たち(再)9世紀にはイスラム教を信じるアラブの人々が、アラビア半島を中心に勢力を伸ばして、世界各地で盛んに商売をするようになった。イスラム商人の船は、アフリカの東海岸沿いを南下しモンスーンにのってインドへ。さらに中国にまで出かけて行ったのです。経路ではキャラバンと呼ばれる隊商が、ラクダやロバや馬を連ねて、アジアの大地を旅をしました。西アフリカの金属を目指して、サハラ砂漠を行 [続きを読む]
  • 海の王者たち・地中海の交易編3・珍しい動物&硬貨(再)
  • 海の王者たち・地中海の交易編3・珍しい動物&硬貨(再)●珍しい動物ローマ人は必要な品物のほとんどを、自分たちの帝国の中で手に入れたのです。だが、円形劇場で剣闘士と戦うライオンなどの、野生動物は外国との交易で取り寄せなければならなかったのです。●硬貨小アジア西岸では、はやくも紀元前7世紀に、銀貨が作られるようになったのです。リュディア王国では、クロイソス王の時代に、銀貨や金貨が作られたのです。それぞ [続きを読む]