デジプリ さん プロフィール

  •  
デジプリさん: 地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ハンドル名デジプリ さん
ブログタイトル地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
ブログURLhttps://dejipuri.exblog.jp/
サイト紹介文プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、全宇宙地球を、愛することを伝えていくブログです。
自由文私は、全世界(地球)・全宇宙に
生きる人たちのために、ブログを毎日更新して作っています。
<地球を愛するプリキュア&デジモンサイト
と言うブログです。
プリキュアやデジモンたちに、力を貸してもらい、地球を愛することを伝えていくブログです。
是非、遊びに来てください。
御待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/03 20:39

デジプリ さんのブログ記事

  • 古代ギリシャの世界・ファッション編3・糸つむぎと機織り(再)
  • 古代ギリシャの世界・ファッション編3・糸つむぎと機織り(再)主婦と娘たちは毎日何時間も機織り仕事に精を出したのです。壁かけや木の家具にかけるカバーやクッションを作るのに、布はいくらでも必要だったのです。羊から刈り取られたままの原毛はまず、糸につむがなければならないのです。ある壷絵では女性が糸巻き棒と紡錘を使って、糸を紡いでいるのです。左手には原毛を巻きつけた糸巻き棒を握り紡錘をくるくるまわしながら [続きを読む]
  • 古代ギリシャの生活・ファッション(再)
  • 古代ギリシャの生活・ファッション(再)ギリシャの夏はとても暑く、空気も乾いています。詩人ヘシオドスも、冬の突風は「牛の皮を吹き飛ばしてしまうほど」厳しい、とうたっているのです。[#IMAGES20#]冬は湿った北風が吹き荒ぶ。[#IMAGE" alt="S38#]詩人ヘシオドスも、冬の突風は「牛の皮を吹き飛ばしてしまうほど」厳しい、とうたっているのです。[#IMAGES20#]冬は湿った北風が吹き荒ぶ。[#IMAGE" class="IMAGE_MID" height="S2 [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・読み書きと教育編4・文字の発達(再)
  • 古代ギリシャの世界・読み書きと教育編4・文字の発達(再)粘土板に刻まれているのは、ミュケナイ文明につかわれた線文字B。ミノア文明で発明された線文字Aを、ギリシャ語を書けるように工夫した文字です。だが、線文字Bは暗黒時代に忘れられてしまうのです。ようやく、BC8世紀になって西アジアの国フェキニアの文字を参考に、ギリシャ語の文字が新しくつくられました。フェニキア文字は右から左へと書いたが、ギリシャでは [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・読み書きと教育(再)
  • 古代ギリシャの世界・読み書きと教育(再)古代ギリシャでは教育は無料ではなく、裕福な市民家庭の男の子だけが7歳ごろから学校に通って勉強したのです。18歳になると、男性はいつ戦争がきても戦えるよう、軍隊に入って訓練を受けることになるのでした。少女たちは家で読み書きを教わります。[#IMAGES29#]貧しい家の男の子は父親の仕事を教わったのです。[#IMAGE" alt="S39#]18歳になると、男性はいつ戦争がきても戦えるよう [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・家での暮らし編4・結婚の仕来たり(再)
  • 古代ギリシャの世界・家での暮らし編4・結婚の仕来たり(再)結婚の日、花嫁は神聖な泉の水で体を清め、純白の服で装うのです。一行は、裕福なら馬車、そうでなければ、荷車や徒歩で花嫁の家に向かいます。[#IMAGES29#]夜には花婿とその友人たちが花嫁を迎えにやって来ます。[#IMAGE" alt="S25#]一行は、裕福なら馬車、そうでなければ、荷車や徒歩で花嫁の家に向かいます。[#IMAGES29#]夜には花婿とその友人たちが花嫁を迎えにや [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・家での暮らし(再)
  • 古代ギリシャの世界・家での暮らし(再)家は土台を石でつくり、日干しレンガの壁に陶製の屋根をのせた。ドアや窓の日除けは木でつくったのです。[#IMAGES23#]小さな窓を高いところにあけたのは、あつい空気や泥棒を、家の中に入れないための工夫でした。[#IMAGE" alt="S34#]ドアや窓の日除けは木でつくったのです。[#IMAGES23#]小さな窓を高いところにあけたのは、あつい空気や泥棒を、家の中に入れないための工夫でした。[#IMAGE [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・英雄たち編2・ヘスペリデスの園(再)
  • 古代ギリシャの世界・英雄たち編2・ヘスペリデスの園(再)ヘラクレスが命じられた仕事の1つは、ヘスペリデスと呼ばれるニンフの姉妹たちが、守る園に行き、永遠の若さを恵んでくれる黄金の、リンゴを盗んでくることでした。ヘラクレスはリンゴの番をしていた、100の頭をもつ大蛇を倒し、3つの実をとって戻ったのです。12の仕事をすべて終えると神々はヘラクレスに永遠の命を与えました。ヘラクレスが被っているのは、第1 [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・英雄たち(再)
  • 古代ギリシャの世界・英雄たち(再)ギリシャ神話には戦争や冒険で素晴らしい手柄をたてる英雄たちが登場します。詩人は英雄たちの物語を長い詩にうたい、詩を聞いた人々はそれを暗唱し口伝えで伝えていきました。[#IMAGES22#]古代ギリシャの人々にとって英雄は勇気と力強さと知恵のシンボルでした。[#IMAGE" alt="S42#]詩人は英雄たちの物語を長い詩にうたい、詩を聞いた人々はそれを暗唱し口伝えで伝えていきました。[#IMAGES22# [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・オリュンポスの神々編2・自然の精、パン(再)
  • 古代ギリシャの世界・オリュンポスの神々編2・自然の精、パン(再)田舎であつく信仰されたのが野山の精であるパン神です。パンはオリュンポスの12神よりは、格下ですが、羊やヤギ、牧人たちの、守り神として広く親しまれました。酒の神ディオニュソスにつかえるサテュロスたちと同じように、パンは上半身は人間ですが下半身が獣の姿をしているのです。両脚がヤギ、顔にもヤギのあごひげが生え頭には角がある。7本のアシの茎で [続きを読む]
  • 古代ギリシャの世界・オリュンポスの神々(再)
  • 古代ギリシャの世界・オリュンポスの神々(再)オリュンポス山はギリシャ本土でいちばん高く、頂がときどき雲に隠れてしまうほどです。人々はこの山の頂に神々が住んでいると信じていたのです。神々は姿も振舞いも人間にそっくりですが、アンプロシアという特別の食べ物や、ネクタルというお神酒を口にしているため、不老不死の存在です。また、人間界や自然界を支配し、未来を決めることができるとも、考えられていたのです。アポ [続きを読む]