トムヤム さん プロフィール

  •  
トムヤムさん: タイランドからの便り
ハンドル名トムヤム さん
ブログタイトルタイランドからの便り
ブログURLhttp://thai-letter.jugem.jp/
サイト紹介文タイのモデルとコンパニオンの1200*800サイズの高品質画像と、タイ語を交えた定点観測エッセイ。
自由文タイのコンパニオンの1200*800サイズの高品質画像と、タイ語を交えたバンコク発の定点観測エッセイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/05/04 23:50

トムヤム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 金がかかる日本行き
  • 妻を連れて日本に行きます。タイ人にとって短期滞在であればビザも必要なく、その点では気軽に日本に行くことができるようになりましたが、今回は諸般の事情で実家近くのホテル滞在です。また、滞在期間中の移動のためにレンタカーを使うほか、日本国内で使用するためのスマートフォンを借りるつもりです。それらの費用を試算しますと、わずか1週間にも満たない行程ですが、とんでもない金額になってしまいました。-宿代 約50,000 [続きを読む]
  • あっけなかった出国カードの紛失
  • 街中に用事があったついでに、紛失してしまった出国カードの再発行の件で、チャームチュリーの出入国管理局に行って来ました。受付で用件を述べますと、受付の女の子は私に番号札を渡すことなく90日レポートの窓口に行くように言いました。何となく腑に落ちないままに指定された窓口で、私は再び用件を伝えます。「出入国カードを紛失しちゃいました。すみませんが再発行してほしいのですが、できますか。紛失したカードの番号はわ [続きを読む]
  • 応援したくなる姿
  • 売れているわけではないからこそ、その懸命な姿に心打たれて応援しているシンラピンがいます。最初に会ったのが某イサーン料理屋での食事会の折です。音楽仲間の友人が食事会に招待したようでした。多くの場合、マネージャーや友達と一緒に来るのですが、彼女はブラっと一人で店に来て、その立居振舞いが印象的でした。そして、一週間のうちで何日かはミンブリーのパブ風の飯屋で歌っていることを教えてもらいました。過日の土曜は [続きを読む]
  • 血液検査の副産物
  • WP更新に必要な健康診断のため、バンコク都内の某病院に行って来ました。受付で用件を告げますと「血液検査の結果がわかるまで1時間かかるから、所要時間は全部で2時間必要となるが大丈夫か?」という由を聞かれます。WPの健康診断の要件の一つとして「梅毒(タイ語でシフィリス)の第3ステージ以降ではない」という証明が必要なのは承知済みで、その日は十分に時間がありましたので、規定に忠実に血液検査をしてもらいました。実 [続きを読む]
  • キャッシュオン・デリバリーが好き
  • レストランでもイサーンカフェでも屋台でも、普通は客が店を出る時に店員を呼んで会計をしてもらいます。食事目的でのレストランであれば、店員を呼んで伝票を持って来るのが多少遅くても気にはなりません。それに対して、食事目的ではなくライブ目的で行ったイサーンカフェの場合では、伝票が来るのが遅いとテーブルを離れて支度部屋に行くのに遅れをとってしまいます。それゆえ、客が多く入っている場合は特にそのことに気を配り [続きを読む]
  • タイのライブを日本のディナーショーに例えると
  • 所用にて日本でのディナーショーのことを調べていました。自分が足繁く行くタイでのライブと比較して、思いのほかに内容(だけ)が似通っていて、嬉しくなってしまいました。ただし、そう感じるに至る過程は雲泥の差であり、それらに関して主観を交えて列記してみることにします。クリスマスが稼ぎ時?大物歌手が挙って開く「ディナーショー」事情12月のクリスマス・年末シーズンは有名歌手などディナーショーが目白押しその通りで [続きを読む]
  • 義理を欠いてはいけない
  • 訪タイしていた友人が帰国するということで、帰国前夜にシンラピンを交えての食事会を開催しました。具体的に話が決まったのが当日の夕方4時、その段階で参謀コム君と私とで馴染みのシンラピンに架電しまくりです。こういう時はメッセンジャーではなく電話に限ります。そして、その日に都合が良かった、-ベンチャー-イム・スティダー-チャイケーゥ-プレームがテーブルに華を添えてくれました。本当のことを言えば、会計を受け持つ [続きを読む]
  • 派手に晒してくれるシンラピン
  • 約1か月ぶりにモッデーンのライブに行きました。場所がイサーンカフェンゆえ、普通なら0時のキューなのですが、この日は早い時間の22時のキューです。私が20時に到着しますと、モッデーンを含んでのチームガーンが店内の応接室で夕飯を食べているところでした。つい先ほど私が自分で頼んだ料理を応接室に運んでもらい、私はチームガーンの話の中に加えてもらいながらモッデーンの登板時刻を待ちます。扉越しに店内を見ますと、やは [続きを読む]
  • 歌手の招聘で超VIP確定
  • 食事に招待して、一緒に飯を食べるという話ではありません。過去に、RSの某シンラピンを自分のポケットマネーでイベントに招聘したことがあります。テムウォング(フルバンド、かつフルダンサー)で招聘すれば、たとえ1時間のステージであってもそれなりの金額になってしまいますが、シンラピン自らが音源を持参し、ダンサーをつけない、つまりシンラピンの独演会とするならば、レーベル内での中堅クラスである限り、支払うことが [続きを読む]
  • ライブでの苦渋の選択
  • 「公表時刻は同じだが、実際時刻は少しズレていそうだ。」などと自分の都合が良いようにこじつけて、何とか両方に行くことができまいかと思案するのですが、どうにもならない場面に遭遇することが少なくありません。自分がどちらのライブに行きたいのか、それを自分なりに結論付けることは苦渋の選択です。親しさや義理の枝葉末節が複雑に絡み合い、私の心は千々に乱れます。私が日頃から接しているシンラピン50人に関し、すべての [続きを読む]
  • 立錐の余地がない満員御礼
  • これだけ多くの人が入れば、主催者冥利に尽きるに違いありません。私にとっての鬼門であるナワナコンのBIGCでのライブにて、あまりにもの人の多さで、カメラを持ってステージ前にいるのが危ないほどの賑わいでした。開演前、本日のシンラピンのラムヨーングが私に言いました。「前半部分はステージ下から普通に写真撮って。私だけを撮るんじゃなくって、ごった返す人も入れてね。で、後半のモーラムになったら、ステージの上から見 [続きを読む]
  • 夕方のコンサートは耳に優しい
  • 迦陵頻伽、「かりょうびんが」と読みます。辞書を紐解けば、「美しい声をたたえるときにに用いる。極楽浄土に住むという想像上の鳥。美しい声で鳴き、上半身は美女、下半身は鳥の姿をしているといわれる。」という説明です。過日土曜の夕方は、チャーゥプラヤー河畔のマハーラート船着場でのラジオ局主催のコンサートまで、迦陵頻伽たるラッチャノックに会いに行きました。この船着場は私が記憶していた10年前の様子とはすっかり異 [続きを読む]
  • 野に暮らす諸葛孔明に会った
  • あたかも荊州の原野で晴耕雨読の生活をしていた諸葛孔明に会ったような感覚で、卓越した技量と指導力を有した一人の先生に魅了されました。一昨日の日曜の話です。その日、私は約3か月前に会ったカイムックの歌を聞くために、バンコク西方にあるミュージックスクールに行きました。折りしもスクール主催のコンサートがあり、その中でカイムックが歌うことになっていました。浅学ながらにカイムック以外の一切の予備知識を持たずに [続きを読む]
  • 過去の記事 …