アインシュタイン さん プロフィール

  •  
アインシュタインさん: 気ままに映画
ハンドル名アインシュタイン さん
ブログタイトル気ままに映画
ブログURLhttp://kimamanieiga.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文映画に関することや作品についての感想、雑感を気ままに綴っています。
自由文ジャンルを問わず色々な作品を劇場やレンタルで観賞しています。涙を流したり、びっくりしたり、感動したりと心の運動が出来てしまう映画は素晴らしいです。日記のような感覚で綴って参りたいと思います。ハンドル名の「アインシュタイン」は相対性理論の方ではなく「バックトゥーザフューチャー」に登場する犬の名前を頂きました。カルトなネイミングですがよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/05/05 17:20

アインシュタイン さんのブログ記事

  • 「ニンジャバットマン」
  • 2018 ワールドカップのニッポン初戦(対コロンビア戦)は金星スタート!先日20日の朝刊記事も期待以上の一面トップでした!前半香川選手のいきなりPK先制点に大興奮!そして後半大迫選手のヘディングシュート!初戦の勝利を弾みに25日のセネガル戦の結果も一面トップで飾られるようにお願いします(笑)マーベルシリーズのフラッグシップ作品「アベンジャーズ」がいよいよ大詰めを迎えているタイミングでその後継を担えるか?注 [続きを読む]
  • 「空飛ぶタイヤ」
  • 2018 ワールドカップ ロシア大会が開幕し、明日19日はいよいよニッポン対コロンビア戦です。20日の朝刊記事には、カラーで大きく(強調)紙面を飾ってくれることを期待しています(笑)ワールドカップも熱いけど、この映画も熱く戦う男のドラマ!池井戸 潤さん原作の「空飛ぶタイヤ」です。自社トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた赤松運送社長 赤松 徳郎(長瀬 智也)は、整備担当者の記録から整備に落ち度はないと判 [続きを読む]
  • 「デッドプール2」
  • 6月6日です。映画に登場するキャラの誕生日で唯一出てくるのが「オーメン」のダミアン(6月6日6時)。今日は誕生日だからサプライズは?とおねだりする人が時々おりますが、主張しないで人に誕生日を強烈に印象づけたキャラという意味では、表彰ものですよね(笑)多くのヒーローの中でも「芸人ヒーロー」と言えば、デッドプールが筆頭です。撃たれても刺されても死なない不死身の肉体、しかも高い戦闘能力を併せ持ち、ほおってお [続きを読む]
  • 何という「幸運!」
  • 5月最終日です。仕事から帰って来て慣例のようにPC立ち上げて、メールチェックしていたらなんと!「ワンダー 君は太陽」の試写会に当選しているじゃ、あ〜りませんか(やった〜!)。前回イオンシネマさんで当選したことに味を占めて、色々な映画の試写会応募にここぞとばかりに絨毯爆撃です(笑)すでに何本かは外れているんですけど、今回もまたまたイオンシネマさんです(感謝!カンシャ!)。ルンルン気分でご招待状をプリ [続きを読む]
  • 「GODZILLA  決戦機動増殖都市」
  • 本日の朝刊一面は、「是枝監督作 カンヌ最高賞」と映画の話題がトップを飾りました。受賞作品は「万引き家族」で邦画21年ぶり(最高賞パルムドール賞は、1997年の今村 昌平監督作「うなぎ」以来の快挙!)。邦画作品が、海外で認めてもらえることは、日本の誇りです。作品は、6月8日の上映。是枝監督おめでとうございます!世界的なスーパースター「ゴジラ」の邦画3DCGアニメ作品「GODZILLA  決戦機動増殖都市」は、三部作の [続きを読む]
  • 「ランペイジ〜巨獣大乱闘〜」
  • やっと当たりました、試写会(感激!)当てようと思っても当たらない、当たらないと思って応募しなければ当たらない、ダメ元で期待しなかったら当たった!こんなもんですよね(笑)イオンシネマさんに感謝!カンシャ!遺伝子操作技術のトラブル、暴走で巨大化してしまったオオカミ、ワニ、ゴリラ。単なる巨大化ではなく、異種生物の特徴をも兼ね備えるこいつらは、銃やマシンガンなどは通用しない巨大生物というよりも怪獣です。主 [続きを読む]
  • 「弧狼の血」&「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」
  • 12日の朝刊社会面にこれまで実写映画化されてきた漫画「愛と誠」の紛失原画が無断で競売に出され400万円で落札されたとありました。「愛と誠」は、私も当時夢中でしたので、このような事例の決着はどうなるのか?とても気掛かりです。密かなマイブームR指定作品「弧狼の血」は、久しぶりにガツンとやられた骨太な邦画作品でした。やくざ抗争の作品ですからお話もストレートと思いきやスライダーもあったりなんかして(笑) 誰が [続きを読む]
  • 「アイ、トーニャ」&「君の名前で僕を呼んで」
  • 5月3日の朝刊記事22面の文化・文芸欄に「アメコミ映画 無敵のパワー」と題した記事でマーベルが取り上げられていました。マーベル10周年 世界興収1.6兆円!日本映画の弱いところ「世界興収」、コンテンツは、あるけれど世界のマーケットでは、まだ途上です。ガンバレ!ニッポン。私が、気になったのは、記事の締めの部分で「来年には、日本が登場する " アベンジャーズ " の続編も控える。」とありました。 " アベンジャーズ " [続きを読む]
  • 「アベンジャーズ/インフィニティウォー」
  • 四月最終日の今日、ある用件でご無沙汰の友人に電話をしたら、脳梗塞でリハビリ中と告げられビックリ仰天!友人の病気、明日は我が身と肝に銘じ、心と体の " バランス " も考えなくっちゃ。「人生楽しく!」これが、私の生きる道(笑)これだけは絶対に外せない作品「アベンジャーズ/インフィニティウォー(日本語吹替え版)」を観て参りました。偶然にも私のブログも制作のマーベルスタジオも10周年記念!映画を趣味と定めた日か [続きを読む]
  • 「ミスミソウ」
  • ゴールデンウィークが、始まりました。ゴールデンウィークの由来について、ラジオ ニッポン放送の番組「八木亜希子LOVE&MELODY」で聴いたのですが、1951年に現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画「自由学校」が、正月やお盆時期よりヒットしたのを機に多くの人に映画を見てもらおうということで作られた造語だったそうです。映画行きませんか(笑)押切 蓮介原作のコミック映画化作品「ミスミソウ」は、「ヒメ [続きを読む]
  • 「レディ・プレイヤー・ワン」
  • 本日23日の朝刊記事にネトフリ(ネットフリックス)の躍進が報じられていました。躍進の原動力となっているのが、視聴者の好みを分析して作品作りにも生かす「機械学習(マシンラーニング)」。視聴者の視聴する作品の数が多いほど、その精度が上がり、潜在的な好みもピタリと当てるというもの。好みの集積がヒット作を生む流れは、私たちの消費行動にも大きな影響を与えつつあるとありました。好み(嗜好)の作品として鑑賞宣言し [続きを読む]
  • 感謝!お陰様で満10歳!わたし、こんな手順でブログ書いてます(笑)
  • 2008年4月12日に産声を上げてからまる10年!ここまで続けることが出来たのも皆さまのお陰です。好きな映画を観たら終わりではなく、記録に残したいという気持ちとブログにチャレンジしてみようと始めたのが拙ブログです。この10年間、色々な思いもありますがそれは置いといて、今回は拙ブログがどんな手順でアップされているのかを公開します。手順1(下準備)1)映画を観る、ついでに劇場に設置されているチラシコーナーからPR [続きを読む]
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ〜最高機密文書〜」
  • 3月最終日です。昨日からプロ野球公式戦も開幕し熱戦が、繰り広げられています。応援しているDeNAベイスターズの活躍は勿論、ドキュメンタリー映画「FOR REAL」が、再びスクリーンに帰って来てくれることも期待しています(笑)第90回アカデミー賞作品賞・主演女優賞ノミネート作品「ペンタゴン・ペーパーズ〜最高機密文書〜(字幕スーパー版)」は、受賞こそ逃しましたが見応え充分!1971年当時、地方紙のワシントン・ポストが政 [続きを読む]
  • 「ちはやふる〜結び〜」&「リバーズ・エッジ」
  • 3月もカウントダウンとなりました。ラジオもテレビも4月からは番組改編の情報が流れています。少しづつ、世の中も変化していくわけですが、御多分に洩れず私も外回りの仕事から内勤へ(今週末で運転しながらのラジオも聴き納め。。。来月からは、タイムフリーで楽しみます)「ちはやふる」シリーズ最終章「ちはやふる〜結び〜」が現在放映中ですが、このタイミングでの鑑賞は私にとって、勇み足になってしまいました。なぜなら日本 [続きを読む]
  • 「北の桜守」
  • 桜の開花が始まり、お花見の季節がやって参りました。車で劇場に向かうまでの間に、いきなり花粉症に見舞われて、鑑賞中に鼻水とくしゃみ連発!薬を忘れたのは失敗でした。吉永 小百合さん、映画出演120本目にあたる「北の桜守」は、北の三部作と呼ばれ「北の零年」、「北のカナリアたち」に続く最終章だそうであります。私は、三部作ということはぜんぜん意識していなかったのですが、一応コンプリート鑑賞出来たので良かったと [続きを読む]
  • 「リメンバー・ミー」&「ブラック・パンサー」
  • 先週のラジオ ニッポン放送「金曜ブラボー」で上ちゃんこと上柳アナのお薦めで知ったBS民放5局特別企画「池上 彰の5夜連続BIG対談」を視聴しています。民放が局をリレーする特別企画(いい企画です)、解りやすい解説でお馴染みの池上 彰さんと日本の各分野で活躍されるお歴々の皆さまとの文字通りビッグな対談は、見応え充分!昨日は、橋田 壽賀子さん、本日は美輪 明宏さんでした。ハッとする気付きやお考え、とても勉強 [続きを読む]
  • 「かぞくへ」
  • 本日の朝刊テレビ欄は、Eテレとテレビ東京を除く民放各社が「森友文書の財務省書き換え疑惑」で特番が組まれる異常事態になっていました。皮肉ではなく、テレビ東京のマイペースさが目立っておりますが、悪いことだとは思っておりません(笑)横浜シネマリンさんで10日に初日を迎えた「かぞくへ」の上映は、仕事で出掛けることが出来ず、予定されていた春本監督や出演俳優さんの舞台挨拶を断念、涙を呑みました。気を取り直し、翌 [続きを読む]
  • 「シェイプ・オブ・ウォーター」
  • 3月5日月曜日にアカデミー賞の結果が明らかになりました。WOWOWを契約していないので授賞式の模様を観ることは出来なかったのですが、結果をネットで調べてみましたら、何と作品賞に「シェイプ・オブ・ウォーター」が …( アカデミー賞始まって以来の事件?)! 本編は発表の前日に鑑賞済みでしたけど、まさかこのような結果になるなんて…ウレシイッ!アカデミー賞ノミネート作品の鑑賞マラソンを初めていきなり山場を迎えまし [続きを読む]
  • 「ゲット・アウト」
  • 冬期五輪で獲得のメダルが、これまで最多の長野五輪を上回ったとラジオで聴きました。女子団体追い抜きでの金メダルは、残念ながら観戦することが出来ませんでした、観たかったです。今回は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた「ゲット・アウト(字幕スーパー版)」です。本作を鑑賞してみますとノミネート作品の多彩さを実感します。作品賞ノミネートとしては異色な部類だと思いますが、もっと異色なのは「シェイプ・オブ・ウ [続きを読む]