organvita さん プロフィール

  •  
organvitaさん: オルガニスト愛のイタリア山小屋生活
ハンドル名organvita さん
ブログタイトルオルガニスト愛のイタリア山小屋生活
ブログURLhttps://organvita.exblog.jp
サイト紹介文北イタリア・ドロミテ渓谷の麓で暮らすパイプオルガン弾き、吉田愛のスローライフを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/05/05 20:56

organvita さんのブログ記事

  • イースターおめでとう
  • ☆イースターおめでとうございます☆イースター前夜祭、おらが谷ではうっすら雪が降りました。が、それでも春の訪れを少しずつ感じられるような今日この頃。イースターの朝は快晴!最近毎日のように弾いていたミサも、この日が一段落。黄色と白の花で飾られた喜ばしいイースターの祭壇。イースター前夜祭も日曜日の朝も、教会の中はいっぱいの人。ドイツ語ミサとイタリア語ミサを二回弾きました。こっちは... [続きを読む]
  • バロックヴァイオリンとコンサート
  • 日曜日夕方。おらが村の公民館でバロックヴァイオリン、チェンバロ、オルガンでのアンサンブルコンサートを弾きました。大きな窓からおらが谷を見渡しながら。チェンバロは私の練習楽器。ミラノのマスケローニ工房で作ってもらったもの。オルガンはアンドレア・ゼーニ工房で作り、村の音楽教室で使っている3ストップ半のポジティフオルガン。イタリアンバロック大好きな私。いつかこんなプログラムをおら... [続きを読む]
  • JITRAに寄稿しました。
  • イタリア旅行情報サイトJITRAに第5回目の連載を寄稿しました。冬のドロミテの生活、ウインタースポーツについて書きました。こちらのリンクからどうぞ読んでくださいね☆・・・・・・・リンクA.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。今日もご訪... [続きを読む]
  • シベリア寒波
  • イタリアは今週、シベリアからの寒波がやってきて大騒ぎ。普段雪が降らないローマや南の方でも雪が降って大変なようです。標高1000メートルのおらが谷も、予想最低気温が−17度とかでどうなることかと思いましたが、昨日の朝は−12度。日中は−5度。予想よりもアタタカイです(笑)。そうはいってもやっぱり寒い。。。!車の中に置きっぱなしだったペットボトルの水が完全に氷の塊と化していました... [続きを読む]
  • 週末のカントリースキー
  • 週末、カントリースキーに行ってきました!場所はおらが谷の山の上、トレンティーノ州と南チロル州に跨るラヴァツェ峠。今回はスキーコーチ付き☆コーチは私のピアノの生徒、77歳のジョヴァンニ。山を愛する彼は、若い時に中部イタリアの美しい町からドロミテのおらが谷に家族仕事共々移り住んで、今はリタイア・ライフを謳歌中。毎日のように愛犬のゴールデンレトリバーを連れて、夏は岩山、冬はア... [続きを読む]
  • 工房見学の週末&山歩き
  • 向こう谷の友人が仲間を連れてオルガン工房見学&おらが谷歩きにやってきました。定年した元学校教師のグループ。飛び交う質問がさすが元先生たち。いいとこ突いてきます!アンドレア社長も説明し甲斐があるみたいで楽しそう。完成間近のこのオルガンを見てもらえてよかった☆たっぷり工房を堪能した後は、森の中をみんなで軽く2時間ほどハイキング。雪道の上をザクザクとおしゃべりしながら歩きました... [続きを読む]
  • 公現祭のコンサート
  • もう一ヶ月前になるのですが・・・クリスマスの締めくくり「公現祭」にちなんだコンサートを弾きました。ここはおらが村の多目的ホール。ここにポジティフオルガンを運んで。オーボエ&ソプラノ&オルガンの共演。プロのカメラマンが撮ってくれた写真がとてもきれいなので、ここに載せちゃいます☆オーボエとオルガン、とってもよく合う☆バッハからモーツァルト、チマローザ、シューマンや、クリスマ... [続きを読む]
  • 2018年 ドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内
  • ※しばらくこの記事をトップでご案内します。更新記事はこの下からお楽しみください☆2018年のドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内です。夏のドロミテの山を仰ぎながら、パイプオルガンを弾いてみませんか。世界遺産ドロミテ山塊の麓フィエンメ渓谷を拠点に、近郊の教会を巡りながら、様式の異なる様々なオルガンでレッスンを受講、聴講していただきます。また、オルガン工房を見学、ドロミテ散策... [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます 2018
  • 遅ればせながら、あけましておめでとうございますいつもブログに遊びにきてくださり、ありがとうございます!今年ものんびりと更新していきます。どうぞよろしくお願いします☆2週間の冬休み。ミサをたくさん弾いて(16回!)ヨレヨレになったり、アレちゃん実家でダラダラと過ごしたり、あっという間に過ぎていきました。年越しはおらが村の友達と持ち寄り料理でお祝い。私はリクエストに答えて... [続きを読む]
  • おらが谷のクリスマス市
  • トレントやボルツァーノ、メラノなど北イタリアの町には大規模なクリスマス市があって観光客で賑わっていますが、おらが谷では、小さなかわいらしい市が村ごとに立っています。カヴァレーゼ村ではこんな馬車も運行中☆数は多くないけれど、谷のスローフードや地元の作家さんの作品を並べた谷の色濃いローカルな出店。ただぶらつくだけでも楽しい☆こちらはおらが村の広場。等身大のプレゼピオの横には... [続きを読む]
  • クリスマスの準備
  • 今週は朝−10℃まで冷え込む日が続きました。雪が残ったおらが谷の、晴れたある朝。寒いけど空気は乾燥しているので案外過ごしやすいです。毎年恒例、村で配布されるモミの木を買ってきたら、バンブー興味深々。2メートルで10ユーロ。山の間伐材です。天井まで届くツリーを飾り付けて、部屋の中はクリスマスモード。こっちは暖炉。駐車場に積んである暖炉にくべる木を取りに外に出ようとすると、い... [続きを読む]
  • 赤羽モーツァルトサロン オルガンデュオコンサートのご案内
  • まだ少し先なのですが、6月17日に東京、赤羽にあるモーツァルト・サロンにてオルガンデュオコンサートを弾かせていただくこととなりました。ドロミテのオルガン工房で数年前に制作して運んだポジティフオルガンが設置された素敵な音楽空間のサロンです。チケット販売が始まりましたのでご案内させていただきます。数に限りがありますので、ご興味のあります方はどうぞお早めにお申し込みください☆皆... [続きを読む]
  • 今日から12月。村に3度目の雪が降りました。白銀の世界に様変わりしたおらが谷。この雪は残りそう。来週末は大雪の予報。去年の12月は暖かくて、なんだかクリスマスも冴えない感じでしたが、今年はホワイトクリスマスになりそうです。寒いけど、クリスマスが白いのはやっぱり雰囲気がでますよね。今朝は−10度。日中も3、4度。日曜日からアドヴェントも始まるので、村でも徐々にクリスマスの... [続きを読む]
  • バンブー 三歳
  • しばらくブログに登場してなかったですけど、バンブーは至って元気。昨日は3歳の誕生日でした☆☆私たちの夕飯の後、お気に入りの毛布の上ですでに爆睡中のところを「記念写真を撮るんだ」という勝手な理由で抱き起こされ、「誕生日だからオメカシするんだ」という意味不明な理由でパピヨンをつけられ。まだ半起きの状態で状況つかめず、とりあえずテーブルの下に避難。zzzzz。「カメラ二台でたかっ... [続きを読む]
  • マルティニャーノのオルガン Martignano
  • トレントの北、マルティニャーノという町の教会でメゾソプラノのオダとコンサートをしました。アンドレア・ゼーニが2009年に制作した、12(実質15)ストップの中型のオルガン。15個の音色が組み合わせによって様々な表情が出るように、考えられた素晴らしい整音が施されているので、単調になりやすい「伴奏」の音色もカラフルに作れました。強弱を出せるスウェルペダルもあるので、他の楽器や歌... [続きを読む]
  • こっち谷とあっち谷でコンサート
  • 秋も深まる10月最後の週末。こっち谷フィエンメ渓谷と、あっち谷ガルデナ渓谷のオケ&合唱団の合同コンサートで共演しました。まずはこっち谷、フィエンメ渓谷のカヴァレーゼの公園に建つ美しい教会で。合唱団とオケ団員を合わせて全員で50人以上。谷のあっちとこっちのクラシックの音楽家が集まって大編成でイベントをすることはなかなかない機会。リハーサル風景。アンドレア・ゼーニのポジティフ... [続きを読む]
  • JITRAに寄稿しました。
  • イタリア旅行情報サイトJITRAの記事を更新しました。「ドロミテの秋」について書きました。こちらのリンクからどうぞ読んでくださいね☆・・・・・・・リンク集A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。今日もご訪問ありがとう。 してね。 ... [続きを読む]
  • バス停のマルティン・ルター。
  • 10月31日はルターの宗教改革500年記念日で、ドイツはもちろん、カトリックのイタリアでも大きく取り上げられています。難しいことを書くつもりは全くないです。でも、おらが谷へ帰る途中の、林檎畑のバス停が、ちょっと前から気になってたので。だって、バス停にルターが。。。!!南チロル州の、メラノという町の郊外にあるチロル城で、「ルターとチロル」という特別展示をしている、というポスター... [続きを読む]
  • チェーチェ湖 Lago di cece
  • おらが谷を見下ろしながらハイキング。黄色に染まった木々が一本だけ聳え立っていたり。観光客のいなくなった山はひっそり。木々の間を通り抜ける風の音と、鳥のさえずりしか聴こえない。大きな木に抱きついてみる。木の根っ子が入り組む大地。小人が現れそう。そうそう、鹿のカップルが駆けていくのを遠くに見ました!写真取れなかったけど。ひたすら歩くこと約一時間半。突然視界が広がって、... [続きを読む]
  • 10月のポルドイ Sasso Pordoi
  • 低地が続く北ドイツ生まれのイムケに、高い山に登ってもらいたくて、またポルドイ峠にやってきました。ロープウェイに乗れると知って子供たちのテンションは上がりっぱなし!一方、こんなゴツイ山を見たことがないイムケは怖がっていましたが。9月後半にも入るとドロミテの多くのロープウェイやケーブルカーは休暇に入ってしまいますが、ここポルドイは10月半ばまで運行しています。このロープウェイで一気に... [続きを読む]
  • アレックスピザ教室
  • 「イタリアではピザが食べたい!」との子供たちの要望により、それなら自分の分は自分で作って食べようと、アレックスピザ教室開催☆アレックスが仕込んだ生地をものすごい集中力で伸ばしてます。(「ああ5分間の静寂の一時」←大人談)で、自分たちの好きなようにトッピング。いろんなハムを買っといたよ。オーブンに入れる前にオリーブオイル垂らすことも忘れずに。自分のピザ証拠写真撮影中。できあがっ... [続きを読む]
  • コルブリコン湖 Laghetti Colbricon
  • 留学して一番初めに友達になったドイツ人のイムケが、旦那さんと子供3人連れてヴァカンスに来てくれました。下の子が双子なので計4人いるんだけど、連れてきたのは3人。ドイツは今、秋休み中だとか。数えてみれば22年来(!)の友達。あれからそんなに時間が経ったんだねー。いつの間にか立派なママ&合唱団を7つ抱える教会音楽家としてたくましく活躍中。旦那のシュテファンも一緒に勉強していたギタ... [続きを読む]
  • ポルトガル、レイリア Leiria
  • ポルトガルのほぼ中央に位置するレイリアの町。丘の上のお城を中心に栄えた様子がよくわかります。特に観光地という感じではないけれど、ここには大学もあって、若者で賑わう活気のあるところ。普段着のポルトガルが見られる印象の、素敵な町です。交通の要でもあって、ファティマから30分。早速お城に登りました。15分くらい軽く汗を流しながら。オルガンの仕事中のカテドラルが左側に、そしてその前... [続きを読む]
  • オルガンのオーバーホール in ポルトガル
  • 9月の2週間、ポルトガルに行ってきました!場所は中部、レイリアLeiriaという町。町の中心にあるカテドラルがこの旅行の目的地。旅の目的は、ドイツ人オルガンビルダーが20年前に建てた、このカテドラルの大オルガンの大掃除、オーバーホール。このドイツのビルダーが今は現存しないため、色んな繋がりから、イタリアの2つのオルガン工房が共同で作業を行うことになったのです。到着すると、祭壇... [続きを読む]
  • ヤギの下山
  • 暑かった夏も終わり。先週から急に秋の気配を感じるようになりました。この季節、アルプス各地では動物の下山祭が行われます。おらが谷でも今日、隣村で羊とヤギの下山祭がありました。ちょっと雨が降る中、のんびり向かったらヤギの行列は終わってた・・汗街中をヤギと羊が練り歩くんだけど!教会前の広場に集められた羊ヤギたち。角や首に勲章をつけられてます。羊フェチの私にはタマラナイ行事☆☆... [続きを読む]