野牛 トウ兵衛 さん プロフィール

  •  
野牛 トウ兵衛さん: とことん写真
ハンドル名野牛 トウ兵衛 さん
ブログタイトルとことん写真
ブログURLhttp://tocofoto.exblog.jp/
サイト紹介文海外で撮影。1日1枚、オリジナル写真を撮影に使ったカメラの解説を交えて紹介。
自由文こだわりの写真が満載。写真一枚一枚、工夫しながら撮ってます。今のところ数台のデジカメを使い比べてみてます。毎日撮っていて気づいた裏技なども紹介してますよ。
カメラ大好き、写真を楽しみたい人たちにぜひ見てもらいたいです。もちろん話はカメラのことだけではなく、風景や、自然についても語らせてもらってます。
熱帯雨林特有の自然、時にはポートレイトも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/08 21:51

野牛 トウ兵衛 さんのブログ記事

  • 日本 水面を飛ぶカワアイサ
  •  今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くの、散歩コースにあたる根尾川で見かけたカワアイサで、メスの2羽が川上に向かって飛んでいる場面です。 この写真のすぐ下流に川岸の片方が崖になった淵があり、そこにはいつもマガモ、カワアイサ、時にはオシドリやカイツブリなど水鳥たちが岸で休んだり、水面に浮いたりしています。 以前、私がその水鳥たちを見ようと散歩道に立ち止まると、彼らは警戒し飛び立つことが多... [続きを読む]
  • 日本 背景は公園のサルスベリ
  •  岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの所に、広々とした敷地を持つ緑地運動公園があります。これは揖斐郡大野町が持つ施設で、一部には傾斜のゆるい山すそを利用した散策道もありますから、森林浴の散歩にも適しています。 この散策道ですが、針葉樹林のほかに広葉樹林もありますから一年を通じてバードウオッチングが楽しめそうです。でもまだ2回しか訪れていないことからはっきりとは言えないのですが。ただ先日... [続きを読む]
  • 日本 イカルたちの木
  •  今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くの散歩道で出会ったイカルたちです。 この木には冬になるとイカルやシメ、カワラヒワなどが停まる彼らのお気に入りの場所なのです。多分この木が非常に高く、また周りに同じような高木がないことから安全で、見晴らしの良さが人気の秘密だろうと思います。 この木は周りをフェンスで囲った農場の中の、そのフェンスから離れた位置にあるため近づけず、たとえたくさんの野鳥が... [続きを読む]
  • 日本 見つけにくいカシラダカ
  •  岐阜市近郊にある自宅は、田園とその向こうに山が見える典型的な里山風景で、平野部の中央には根尾川が流れ、平地に水田と共に多いのはこの地方特産の富有柿の畑です。 こういった環境の中を、お天気の良い日はカメラを持って散歩するのですが、それは運動不足の解消と共に野鳥の撮影がお目当てです。 現在は冬に入り、北からの渡り鳥たちを見かけるようになりました。それが今日の写真のカシラダカとマガモたちです... [続きを読む]
  • 思わぬゴースト その後(ゴーストの解消)
  •  12月8日のこのブログ上で、「思わぬゴーズと」というタイトルで、最近入手したソニーのカメラで撮った写真に現れるノイズのお話をしました。 それは画面の中央部に、太陽光がレンズに直接当たるような角度の逆光で撮影した場合に、長方形の白いゴーストが現れるというものでした。 これをソニーに、ブログに載せた写真を参考にして、メーカーがウエブサイト上で紹介しているメールアドレスに問い合わせたところ、... [続きを読む]
  • 日本 畑のトビたち
  •  空を舞うトビたちを見るといつも思うのですが、彼らはどうやって餌を手に入れているのだろうか、餌は十分にあるのだろうかと。 いつも空高く舞っているトビを、時には何十羽と見かけ、ああして生きているのですから、彼らが食べていけるだけの餌があるのだろうとは思うのですが、この日本の野山に、彼らに十分な食料がどこにあるのかといつも思ってしまいます。 以前トビたちが空中で、飛びながら虫を捕まえているの... [続きを読む]
  • 日本 水鳥たちの淵
  •  岐阜市近郊にある自宅近くを、お天気さえ良ければ散歩するのですが、そのルートの距離は約1.8Km 。コースの最初は国道沿いをしばらく歩いた後、そこを離れて河原の農道へ降ります。 そこから根尾川が広く見渡せるのですが、その位置のすぐ正面は淵の深みになっています。そこの岸や川面にいつも数羽の水鳥たちが休んでいます。多分そこは対岸が崖になっていることから、彼らにとって安全な場所なのでしょう。 ... [続きを読む]
  • 日本 谷汲のアオゲラ
  •  岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの所に、揖斐川町谷汲のキャンプ場がある緑地公園があります。広い芝生の中に野外ステージやバーべキュウテラスがあり、シーズンには家族で楽しめる場所となっています。 その周辺の谷川や山の裾も整備されており、緩やかな斜面の山肌には散策道が設けられ、紅葉を楽しんだり自然に親しんだりとゆっくり過ごせる環境作りがされています。 昨日の日曜日、久しぶりにその公園を... [続きを読む]
  • セントルシア ピジョンアイランド国立公園の風景
  •  カリブ海の小さな島国セントルシアは、プエルトリコから南米のベネズエラに向かって点々と続く東インド諸島に属し、北にフランス領マルチニーク、南にセントビンセントがあります。この東インド諸島は、海を大西洋とカリブ海とに分けるという役目も果たしています。 セントルシアは日本の淡路島ほどの面積で、人口は16万人ほど。人種は9割がアフリカ系黒人ですが、シーズンになると観光客が多く、いたるところで白人... [続きを読む]
  • ベリーズ 朝晩に群れで移動する鳥たち
  •  中米の国ベリーズに住んでいた頃のこと、この国最大の都市であるベリーズシティの住宅地にある自宅上空を、毎日ほぼ決まった時刻に野鳥の群れが通過します。種類はシロトキや今日の写真のコサギたちで、この他にはブラックバードと呼ばれるムクドリモドキや、美しいインコの仲間もいました。 彼らは明け方に集団のねぐらから餌場に、夕方はその逆のコースをたどるのですが、その移動は、たまに1,2羽ということもあり... [続きを読む]
  • 思わぬゴースト
  •  昨日お天気に誘われて、岐阜市近郊にある自宅近くの谷汲山華厳寺へ行ってきました。お寺の紅葉はまだ少し残っていますが、空気の冷たさと落ち葉の積もった境内はもう冬の装いでした。 そんな初冬の参道や境内で写真を撮ったのですが、その中の半分ほどに、ここに掲載した写真の通り非常に目立つゴーストが現れています。 ゴーストのあらわれる位置は、どの写真を見ても画面のほぼ中央で、1か所のときがあれば中に... [続きを読む]
  • ベリーズ 道路沿いの White Ibis (ホワイト イビス)の群れ
  •  中米の国ベリーズの、最大の都市ベリーズシティから車で30分ほど西に行くと、この国最大の川であるベリーズ川の近くに沿って走る道路があります。 ベリーズ川の両岸は大木が林立が林立するうっそうとしたジャングルになっており、よって道路が川に近づく場所ほど、その密林の様子が見られることになります。 そうした環境からこの道路沿いは多種の野生生物が多く生息し、都市に近いにもかかわらず、ここならではの... [続きを読む]
  • 日本 背景はもみじとドウダンツツジ
  •  岐阜市近郊にある自宅の近くにの道路沿いに、小さなパーキングエリアがあるのですが、そこの植え込みに桜、もみじ、ドウダンツツジが植えられています。ですから春には桜が美しく、秋にはもみじとドウダンツツジの紅葉が楽しめます。 そのパーキングエリアに隣接して、高さ15mほどのほぼ垂直の岩壁があり、そこにかつて直径20?になろうかというフジズルが張り付いて、春にはそれが美しい花をつけ、見事な景観を見... [続きを読む]
  • ベリーズ 動物園の American Redstart (アリカン レッドスタート)
  •  今日の写真は、中米ベリーズにあるこの国唯一の動物園で見かけた野鳥です。 先日も少しお話ししましたが、動物園は森の中にあり、ミニジャングルのような環境となっています。園内の樹木、草木、花などは多様な種類が植えられており、植物に興味がある人も楽しめるような工夫がされています。 飼育用の餌につられて集まるのは当然ですが、このさまざまな植物にも誘われてか、檻の外で野鳥を見る機会も多いのです。... [続きを読む]
  • 日本 背景は秋の朝の光
  •  時間の経つのは早いもので、もう秋が終わりに近づいており、紅葉に彩られていた野山の木々が葉を落とし始めました。 自宅隣の敷地は栗畑で、多くの木が茶色くなった葉を落としていますが、夏の間に消毒が行き届いた木は他に比べて葉の寿命が長く、まだ黄色のまま枝についており、その差は歴然です。 2日前から続いている快晴のお天気が、今日も朝から明るい光をもたらし、まだ元気な栗の葉が朝日を浴びて黄色く光っ... [続きを読む]
  • ベリーズ 背景は動物園の植物
  •  中米の国ベリーズにはこの国唯一の動物園が、海岸部にあるこの国最大の都市と、内陸部にある首都との丁度中間地点にあります。 動物園のある辺りの自然環境は、深いジャングルに覆われているのではなく、土地は湿潤ですが樹木が密生というほどではなく、割と明るい森といった感じで、また幹線道路沿いは開発が行われたためか、灌木のある牧草地的な風景といった感じです。どちらにしても緑濃いジャングルのように、上か... [続きを読む]
  • ベリーズ 道路脇の Squirrel Cuckoo (スキレル カックー)
  •  中米の国ベリーズは熱帯の国ですから、温帯地方の日本では見られない鳥たちがたくさん生息していますというお話を昨日したのですが、今日はその続きです。 この国最大の都市であるベリーズシティは、自然がたくさん残っていることから市内においても、こんなのが街にいるとと思われるような野鳥にまで出会うことがしばしばあります。 そしてもちろん都市を離れて郊外に出れば、更にたくさんの鳥たちに出会うことがで... [続きを読む]
  • ベリーズ 自宅周辺で見かける鳥たち
  •  中米の国ベリーズは、熱帯地方に位置することから日本では見られない種類の鳥がたくさん生息しています。では日本では熱帯の鳥が見られないのかというとそうではなく、夏には多くの鳥が南方から渡ってきます。その代表がツバメですね。 さて今日の写真は、私がベリーズに住んでいた時に見かけた鳥たちです。当時自宅はこの国最大の都市ベリーズシティの住宅地にあり、市内でしたが周りの自然は豊かでした。 週末には... [続きを読む]
  • 日本 電柱に集まるトビ
  •  昨日のこのブログ上で、土を掘り起こしている田畑の周辺に、多くのトビたちが集まっているというお話をしましたが、今日はその続きです。 トビたちは田畑を見下ろせる場所の中で、最も安全でかつ素早く餌に駆け付けられると思われる場所に集中して停まっています。それがここでは畑の角に立つ電柱です。 今日の写真はその電柱に停まるトビたちで、ちょうど一羽が、まさにその群れに加わろうと空から降りてきた場面で... [続きを読む]
  • 日本 電線のカラスとトビ
  •  先日、雲一つなく良く晴れ渡った日に、岐阜市近郊にある自宅近くをカメラを持って散歩に出かけました。 根尾川には先週あたりから見ることができるようになった水鳥のマガモ、カワアイサを、いつもと同じ場所で見かけ、その日は近くにカイツブリもいました。 根尾川沿いの道が終わると、この辺りの名産である富有柿の畑を抜けるのですが、ここには2基の爆発音機が仕掛けられており、野鳥は一切見ることができません... [続きを読む]
  • Sony Cyber-shot RX10 Ⅳ の試写 その2 
  •   今日も昨日に引き続き、空に雲一つない秋晴れとなり、空気は朝からの陽射しで暖められ、11月末とは思えないほどに気温が上がりました。絶好のお出かけ日和です。 7年ほど前に訪れたことがある、自宅近くの広々とした運動公園で写真を撮ったことがあり、最近その時の写真を見て懐かしく思い出し、このお天気に誘われて行ってみることにしました。 公園の場所は揖斐郡大野町で、地元では柿の産地として有名で、... [続きを読む]
  • 日本 久し振りのオオタカ
  •  岐阜市近郊にある自宅は、今日は朝からほとんど雲一つない空で、久しぶりの快晴です。この青空がもう少し早ければ、盛りの紅葉が一層映えたかと思うと残念ですが、お天気相手では致し方ありません。 この晴天に誘われて、以前から気になっていた自宅近くのウオーキングロードに行ってみました。樽見鉄道の自宅近くの駅前に観光案内の地図の入った看板が立ち、それに記されていることで知ったルートです。 しかし現場... [続きを読む]
  • コスタリカ 順光と逆光
  •  今日の写真の場所は、中米コスタリカの首都サンホセの住宅地にある、当時住んでいた自宅近くの公園で、そこは特に公園らしい設備はなく、ただの空き地のような一角です。 その敷地は中央を小川が流れ、まばらな樹木があまり整備されていない芝生の中にあるのですが、その樹木の中には今日の写真のバナナの木も混じっています。 写真はそのバナナの木の横で撮った2枚ですが、この2枚、場所、時間とも同じで、ただ撮... [続きを読む]
  • 背景は根尾平野の紅葉
  •  岐阜から本巣市の根尾に向かう国道で、金原を過ぎると見晴らしの良い傾斜のある橋を渡り、すぐそのままトンネルに入りますが、これは新しくできた道路で、旧道はトンネルをくぐることなく日当の集落を抜け、カーブの多い根尾谷沿いの道を走り平野に出ます。 今日の写真はその途中の平野集落寄りにある小さなパーキングエリアで、モミジが美しく紅葉していたことから車を停め撮影した3枚です。 2枚目の写真がこのエ... [続きを読む]
  • 散歩道のカシラダカ(ホオジロのメス?)
  •  昨日に続いて、岐阜市近郊にある自宅周辺の、散歩の際に出会った野鳥の写真です。 これまで木々は葉を茂らせ、野鳥たちの発見を難しくしていましたが、野山の紅葉が終わりに近づき、葉を落とし始めた木もあります。これから散歩道にいろいろな野鳥が現れると思うと、散歩のし甲斐があろうというものです。 今日出会った野鳥は写真のカシラダカ(ホオジロのメス?)、川面のマガモ、そしてあちらが先にこちらを発見し... [続きを読む]