ひかりゼロ さん プロフィール

  •  
ひかりゼロさん: ひかりゼロの鉄道雑記帳&徒然日記
ハンドル名ひかりゼロ さん
ブログタイトルひかりゼロの鉄道雑記帳&徒然日記
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/hikarizero3
サイト紹介文ひかりゼロが運営する鉄道大好きブログ。時々雑談。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/05/09 00:19

ひかりゼロ さんのブログ記事

  • 国宝 瑠璃光寺五重塔
  • 応仁の乱で戦死した大内義弘の菩提を弔うために建立された五重塔。もともと大内義弘が建立した香積寺の境内であったが、毛利氏が長州を治める時代に香積寺は萩へ。洞春寺の境内になり解体の憂き目に遭うも存続、... [続きを読む]
  • 太鼓谷稲荷
  • 山口県は津和野。SLやまぐち号などの下り列車が津和野に着く手前、左手に見える赤い鳥居の群れ、太鼓谷稲成神社に行く。入り口から入り、ひたすら続く千本鳥居の階段を登り続け、ようやく拝殿に到着。下を見ると... [続きを読む]
  • つのしま
  • 日本海の海上交通の要衝、角島です。北から南下する船は、この島を目印にして、そのまま南下、または下関方面へ旋回、北上してきた船は、島を見たら北上または下関方面へ旋回、下関から来た船は、島を見て南北に... [続きを読む]
  • 秋芳洞
  • 日本最大の鍾乳洞。秋芳洞。石灰石を地下水が削って削って堆積して、広い広い洞窟ができました。入ってから、大自然の前に語彙力を喪失して「やべえ」しか言えなくなり。体験できるルートはおよそ1キロ。広いと... [続きを読む]
  • 小倉と博多をハシゴ
  • 新潟からボンバルディアDHC8-Q400で福岡まで飛び、夜通しフラフラして朝から小倉へ。小倉から南小倉に行き歩いて小倉工場へ。九州の全車両のメンテナンスする工場だけあっていろいろ見られた。開場と同時に吹奏楽... [続きを読む]
  • 153系 こだま
  • 大船駅からフラフラと少し歩いた場所にある「鎌倉ホビー館」という模型屋。 以前はアリック日進→鎌倉ホビー館という定番ルートで巡回していたが、アリック日進が消えてから足が遠のき、年に数回行くか行かないか... [続きを読む]
  • トーキューの日 池上線へ
  • 10月9日でトーキューの日だそうで、本日に限り池上線が無料らしい。 なので、行ってみる。東急の思う壺である。 予想通りの大混雑。だが案外すんなりと列車に乗れた。 どこへ行こうか。 池上線なので、池上本... [続きを読む]
  • 橋が好き
  • 橋という構造物がなぜだか知らんが大好きである。橋を見に行くくらい好きである。日比谷公園の鉄橋フェスティバルに毎度のように出かけた。いつも見るだけで何を買うわけでもないが、交通新聞社ブースで本を買う... [続きを読む]
  • 秋葉原総武線の自販機
  • ミルクスタンドの並びにある自販機は、中身が牛乳のみとかでかなり攻めている品揃えのものがいくつかある。その並びで、一見普通のアキュア自販機があるが、よく見ると何故か甘酒で攻めている。JR構内のアキュア... [続きを読む]
  • 伊豆クレイル祭り。
  • ラウンドハウスから伊豆クレイルが発売された。651系1000番台「伊豆クレイル」タイプ 4両セット発売直後に運転会をやったら伊豆クレイルが4本並んでしまう、予想通りのパターン。1本だけテイストが違うのは、自... [続きを読む]
  • 12系1000番台
  • Tomixの12系1000番台を買ってみた。【送料無料】 TOMIX 【Nゲージ】92303 国鉄 12-1000系 客車セット(4両) 昔、鳥取駅の側線とか中線とかでよく寝てた。 列車によっては最後尾にキハ47とかをくっつけて回送... [続きを読む]
  • をちこち
  • 名古屋銘菓である。両口屋是清の和菓子である。をちこち。美味いのである。何故か名古屋に縁が無い母親の大好物である。ただし、これを朝食にしている私の生活崩壊っぷりは目も当てられない。見なかったことにす... [続きを読む]
  • 二十世紀梨
  • 鳥取から送られてきた二十世紀梨。梨が来たので今日から秋。二十世紀梨はシャキシャキした食感の梨なので、こればっかり食べてた自分は、豊水とか幸水とかを食べると「梨のくせにベチャベチャだな。」と思ってし... [続きを読む]
  • キーケース
  • 定期入れと鍵を一緒に入れて持ち歩いてるが、五年も使えばケースはボロボロで、命綱が切れそうになり新規購入。と言っても同じものなのだが、毎日のように持ち歩けばこうも変わるものなのね、としみじみ見てたり。 [続きを読む]
  • 財布を買う
  • 所持品が次々と壊れてどうにもならんのですが、財布の小銭入れが開かなくなってえらく難儀してたのはようやく解消であります。 イタリアのランボルギーニ製革財布(たしか蛇革)から日本製の革財布にようやくバ... [続きを読む]
  • 純喫茶モデル
  • 用があって石川町駅の中華街側に降り立つ。所用の時間より早めに駅につき、駅隣りの建物に吸い込まれる。職場が変わってからしばらく来てなかったお気に入りの喫茶店。「純喫茶モデル」レトロ店内は映画とかドラ... [続きを読む]